QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『青鬼』(2014/映画)

Posted by momorex on   6  2

entry-image_480
「青鬼」って?民間伝承の類いの“日本昔話”みたいなお話かと思ったら、なんと元はゲームなんですね。人喰い鬼がうろうろする洋館脱出ゲーム。映画の内容も基本的にはコレで、同級生が次々食われていく中、杏奈ちゃんが必死に脱出を試みますよ。なんでかさっきからこの唄が “白山羊さんたらお手紙食べた~”


青鬼_00

■ 青鬼 ■
2014年/日本/70分
監督:小林大介
脚本:小鶴
原作:noprops
製作総指揮:吉田尚剛
撮影:南秋寿
音楽:きだしゅんすけ
主題歌:「蒼いクレスト」 山田奈都美

出演:
入山杏奈(杏奈)
須賀健太(シュン)
陳内 将(卓郎)
聖也(ヒロシ)
古畑星夏(美香)
尾関 陸(タケシ)



解説:
noprops制作の同名ヒット・ホラー・ゲームをAKB48の入山杏奈主演で実写映画化。共演は「釣りキチ三平」の須賀健太。監督は本作がデビューの小林大介。
(allcinema)

あらすじ:
同級生に虐められているシュン。ある日、成り行きで虐めメグループと廃屋になっている洋館に足を踏み入れるが、シュンを心配してこっそり付いて来た杏奈もろとも建物に閉じ込められてしまう。やがて正体の分からない不気味な気配を感じた彼らは脱出ルートを探し、必死に逃げ惑うが ―


【ペラペラとネタバレしてるかもしれません】

まさかこんな化け物が出てくるとは知らずに観ていたので、すごく楽しめた。虐めグループのリーダーもすごくイヤなヤツ感が(自然に)出てて、最高。最後にどうなろうと誰も同情しないよねぇ、あれじゃ。

青鬼_21-2オチは結構早めに分かる。
だって、あんなイヤなヤツが隣に虐めるターゲットがいながら、自分で面倒くさい荷物を運ぶはずが無い。ガ~ラ、ガ~ラってね。
で、今回、この荷物を処分するためにイヤなヤツ卓郎君が部下の者なんかをゾロゾロ連れて訪れたのが、舞台となる廃屋。洋館って事になっているけど、家なのか、会社の建物なのか、よく分からない、昭和のバブルよりも前に建てられたような妙ちきりんな建物。増築が重ねられたらしく内部は迷路のようになっていて、あちこちある階段、うねうね続く廊下に、地下室、隠し扉が満載。ここはどうやら金持ち君でもある卓郎君の家が持っている場所らしい。

青鬼_20何よ、お前達コワイの~?なんて言う卓郎君。じゃあ、お前が一人で行けよって思うんだけど、それじゃあお話にならない。卓郎君以下、部下2人とたまたま近所に居合わせた1人の子、虐め対象のシュン君、シュン君を心配してこっそり付いて来た杏奈ちゃんが建物に入った途端、玄関ドアが閉ってしまった。

窓はあったとしても打ち付けられている物が多くて、中は暗い。その上、どこからともなく妙な音が聞こえ、何者かが動く影が・・・!
ここでようやく“青鬼か!”と気が付いた管理人 。こんなゲームだったんですねー。
青鬼_23ちょっとずつ姿を現した青鬼さん。ぅおー、こんなに顔が大きいんじゃ、全体はさぞかしデカイのだろう、と思っていたら、なんと三頭身ときた。
でも油断は禁物。体型は幼児体型ながら、顔はコワイ鬼そのもので歯はジョーズ並み。顔が大きいのは大口開けて人を丸かじりするためなのかも。その上、こっそり扉の陰から覗いていたかと思えば、人の声音の物真似をしたり、頭の重さをものともせずに動きが速い。まさに廃屋に住むジョーズそのもの。

青鬼_24 青鬼_15-2

そして彼が通った後、どうなるかと言えば・・・
青鬼_17 青鬼_19-2

さて、このただ事では無い状況の中、シュン君が大事な事に思い当たる。シュン君の趣味はゲームのプログラミングなのだが、この建物、このシチュエーション・・・。全てが彼の作った脱出ゲームそのものだったのだ。そこで巧妙に仕掛けられた脱出するためのロジックを解いていく。
果たして彼らは無事に脱出出来るのだろうか!?既に2人やられているゾ!

  


青鬼_22よくあるシチュエーション・スリラーに比べても面白く出来ていた。
脱出ゲームに絡められる話もうまく出来ていたし、この狭いようで広い建物の中を走って逃げる杏奈ちゃんの息づかいを聞いていたら、こっちまで苦しくなってくる。70分という短さも無駄が無い(唯一、いらんやろと思ったのはヒロシ君の虫話1分くらい)。
何より青鬼がよく出来てる。不条理な話ではあるんだけれど、スカッとする部分もあったり。
最初にオチは分かりやすい、と書いたけど、オチは2段階になっていて、、、これ以上、書くとホントにバレちゃうからこのくらいで。




   ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング
関連記事

-6 Comments

ヒロ之 says..."こんばんは!"
AKBメンバーが出演するホラー作品は結構観てます。
何故か彼女らはホラー映画の出演が多いんですよね~。
秋元康の意向かしら(笑)
で、そのメンバーが出たホラー作品は大概酷いものばかりなのですが、今作は割とマシかなぁとは思いました。
青鬼さんも悪くないと思います。
迫力ありましたし。
グロい描写もあったり、ゲームを意識したカメラワークだったり、良い部分も見当たりそれなりに私は楽しめたのですが、それもラストまででした。
取って付けたかのような夢オチ、あれはいらないかなぁ。
はぁ?てなったので評価下がりました。
私のコメント欄でも皆さん評価悪いです(^^;
2014.12.18 03:30 | URL | #- [edit]
momorex says..."ヒロ之さん こんにちはー"
ぁらやだ、また評価がワルイ系なんですね。
ぃやあ、あの苛めっ子の卓郎君があまりにヒドかったので、ラストのラスト、シュン君よかったーって素直に喜んでしまいました^^
最初は実は2人とも○んでいるんぢゃ?とも思っていたもので...
尺の短さは、ちょっと長目の「世にも奇妙な物語」風でもあり、内容に合ったちょうどいい長さであったかもしれません。

AKBメンバーのホラー作品多いんですね。
知らなかったー。どうして見てないんだろう?見ていても気が付いていないのか・・(-_-)
2014.12.18 14:20 | URL | #- [edit]
maki says..."こんばんは"
実際のPCゲーム「青鬼」はプレイしてないんですけど
画像検索なんかででてくる青鬼さんを
モットリアルにしたのが本作の青鬼さんという感じで
青鬼ビジュアルに関してはなかなか良かったと思ってます
あのオチはまあ…私はこういう不条理もアリかな。とは思いますが…どうでしょう
2014.12.19 21:05 | URL | #jQTfdwCM [edit]
晴雨堂ミカエル says..."小学生の姪っ子がはまっています。"
 ウチの小学生の姪っ子がはまっています。こないだ遊びに来たとき小説本を持っていました。姪っ子はパソコンでyou tubeのチャンネルからヒカキンの青鬼プレイ実況を観て楽しんでいました。ウチの2歳児の息子も覗き込んで喜んでいました。

https://www.youtube.com/watch?v=x0WIWGAreS4

 動きが面白いですね。よくできたゲームです。映画では味付けのため些かドロドロした少年少女社会を背景にしているので、私は少しそれが余計かなと思っています。
2014.12.20 13:05 | URL | #- [edit]
momorex says..."makiさん こんにちはー"
映画館で1,800円だったら、ちょっと悲しい内容と長さと思ったかもしれません..
私もゲームのことは全く知らなかったんですが、アレですよ。DISCASで近日新作見てたら、どうやっても目に付くタイトルですよね、ホラー好きには^^; 
で、期待していなかったせいもあったのか、小一時間楽しませてもらいました。グワァ~って開く青鬼の血にまみれた汚いお口が最高でした^^
2014.12.20 13:47 | URL | #- [edit]
momorex says..."晴雨堂ミカエルさん こんにちはー"
息子さん、2歳になられたんですね!可愛い盛りですよねー。

ヒカキンさんの実況見てきました。こんなゲームなんですね。
懐かしい雰囲気のするゲームですが、アイテムとかお金とか結構作り込まれてる感じがしました。小学生でも出来るんですねー。
でも小さいとはいえ、青鬼はちょっとコワイですよね。

映画の方は確かに中高生達の問題がベースとなって、子供向けとも言い難い内容に。人喰い青鬼よりもそっちがゾッとしました。復讐劇でもありましたし..
2014.12.20 13:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momorex.blog.fc2.com/tb.php/480-8743a270
青鬼
2014年 日本 70分 ホラー PG12 劇場公開(2014/07/05) 監督: 小林大介 原作: noprops 出演: 入山杏奈:杏奈 須賀健太:シュン 陳内将:卓郎 聖也:ヒロシ 古畑星夏:美香 尾関陸:タケシ <ストーリー> クラスに馴染めない転校生のシュンを気に掛けてい...
青鬼
【概略】 クラスに馴染めない転校生のシュンと彼を気に掛けていた杏奈は、ある日、同級生らと共に化け物が現れると噂される不気味な洋館に足を踏み入れるが、彼らに巨大な青い影が忍び寄り…。 ホラー シュンは転校してきたばかりで勝手がわからず、いじめっこに絡まれたりしていた。弟の直樹を亡くした杏奈は河原でシュンの作った脱出ゲームで一緒に遊んでいたのだが、別れたあと案の定いじめっ子に...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。