QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『凍える夜に、盲目の殺し屋トポ』(2013) - Cold Comes the Night -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_433
風貌が似ているものですから、『レオン』の年齢いったバージョンなお話かと思っていたら(また)違いました。主役は殺し屋トポというよりは、シングルマザーのクロエ。娘を一人で育てる彼女の戦いのお話だ。..けれども、彼女が真っ当で、誰もが賞賛する戦う母親か、といえばそれもちょっと違っていたりして一筋縄ではいかない。


Cold_Comes_the_Night_04

■ 凍える夜に、盲目の殺し屋トポ - Cold Comes the Night - ■
2013年/アメリカ/90分
監督:ジー・チャン
脚本:ジー・チャン 他
製作:マイネット・ルーイー 他
製作総指揮:スコット・ヘイル 他
撮影:ノア・M・ローゼンタール
音楽:ジェフ・グレイス

出演:
アリス・イヴ(クロエ)
ブライアン・クランストン(トポ)
ローガン・マーシャル=グリーン(ビリー)
アースラ・パーカー
レオ・フィッツパトリック
エリン・カミングス



解説:
『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン主演による犯罪サスペンス。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
幼い娘を育てながら住み込みで管理をしているクロエのモーテルである夜、客が殺人事件を起こした。客の車は警察が押収したが、その車には犯罪絡みの現金が隠されていた。同じくモーテルに宿泊していたその客の連れ、トポは現金を取り戻すためクロエの娘を人質にして脅し、彼女に金の奪還を手助けすよう脅しつける ―


Cold_Comes_the_Night_22半ば売春宿、麻薬売買の温床と化しているモーテルの管理人クロエ。夫は事故死、一人娘を抱えて精一杯生きているものの周囲の目は冷たい。
彼女には身体の関係だけの愛人ビリーがいる。ビリーは妻帯者の上、悪徳警官で、押収した車の横流しはもちろんのこと、クロエのモーテルで稼いでいる売春婦のお目こぼしの代償として上前をはねるという嫌らしさ。
そんな愛人に半ば強請られて売春婦を受け入れているクロエ。その上、モーテルの噂を聞いて仕事を変えなくては娘を取り上げる、と社会福祉局に通告されている彼女はまさに崖っぷちだった。

Cold_Comes_the_Night_15そんなクロエのモーテルにある夜、2人の男がチェックインする。別々の部屋に入った男達だったが、1人が事件を起こし警察沙汰に。男達の車は警察に押収される。
だが、2人は犯罪絡みの現金を組織に運搬途中で、その車には大金が隠されていた。残ったサングラスの男、トポは何としてでも現金を取り戻すため、クロエの娘を人質に彼女を脅して押収車の場所を特定し、現金を取ってくるように指示。しかし既に現金は無くなっており、押収車横流しの常習犯である警官ビリーが関わっていたことにより、事態はさらに複雑に ―


Cold_Comes_the_Night_13寡黙な男トポ。
邦題にあるように盲目なのではなく、徐々に視力が失われていっている殺し屋だが、最近はそのせいでか仕事をあまり受けていないことが会話から分かる。
今回の仕事は現金運搬という簡単なものだったが、相方のせいでトラブルに巻き込まれ現金を失うことに。これは命を失いかねない失敗だった。彼もまた崖っぷち。

Cold_Comes_the_Night_12クロエの愛人、警官ビリーも汚職まみれで滅茶苦茶な毎日を過ごしている。
金のためなら何でもやって、愛人であるクロエでさえ利用する。クロエのことを大事に思っているはずもなく、娘と引き離されかねないからと売春婦のモーテル受け入れを拒否しても、反対にお前も同罪だなどと脅しては、自分の実入りのためにねじ伏せる。

Cold_Comes_the_Night_11彼の妻も決して大人しいタイプではない。そんな妻のいるビリーの自宅へ、トポに脅されているからとしても訪れるクロエ。妻に何を言われようとも動じず、その目には怒りの炎が揺らめいている。クロエにとって娘以外は全て敵と言わんばかりに。

登場人物の誰もが他人の弱点を突いて言いなりにする輩ばかり。トポを使っている犯罪組織の人間はトポのサングラスを見て状況を察知、もちろん心配するわけでは無くて徹底的にそこを追求する。今回の失敗はソレのせいか?と。
弱肉強食の世界なのだ。

ビリーやトポの言いなりになっているように見えたクロエだったが、彼女はこの弱肉強食の世界で知恵を使い徐々に主導権は彼女の手に。守るものがある彼女こそが、この狭い世界の王者であったのかもしれない。運もかなり手伝った事は間違いないが...




   ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momorex.blog.fc2.com/tb.php/433-e4ff68a0
凍える夜に、盲目の殺し屋トポ
【概略】 幼い娘を持つクロエが働くモーテルである夜、事件が発生。チェックインした男・トポは警察に没収された車に隠した多額の現金を取り返すよう、娘を餌にクロエを脅迫し…。 サスペンス ヒロインのクロエにアリス・イヴさん。 モーテルで住み込みで働いているクロエは、養育環境が悪いので強制的に子供を施設へ送るという通告をされて困っていた。しかもモーテルを経営してるのは、悪徳警官...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。