QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サプライズ』(2011) - You're Next -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_367
You're Next」の血文字を見たら、次にやられるのは自分・・。理由も目的も分からないまま、突如、命の危機にさらされる。前回レビューの『ビューティフル・ダイ』に比べると、理由の分からない恐怖あり、スプラッターあり、反撃ありだが、まだまだスピード感が足りず、途中でちとダレる。が、人道にもとるどんでん返しのまま終わらせず、最後までスプラッターに徹した点はよし

You're_Next_04■サプライズ - You're Next -■
 2011年/アメリカ/94分
 監督:アダム・ウィンガード
 脚本:サイモン・バレット
 製作:キース・コルダー 他
 撮影:アンドリュー・ドロス・パレルモ
 出演:シャーニ・ビンソン(エリン)
    AJ・ボーウェン(クリスピアン・デビソン)
    ジョー・スワンバーグ(ドレイク・デビソン)
    ニコラス・トゥッチ(フェリックス・デビソン)
    ウェンディ・グレン(ジー)
    バーバラ・クランプトン(オーブリー・デビソン)
    ロブ・モラン(ポール・デビソン)
    エイミー・サイメッツ(エイミー・デイビソン)
    マーガレット・ラニー(ケリー・デイビソン)
    タイ・ウェスト(タリク)

解説:
ホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」や「V/H/S シンドローム」に抜擢されるなど、ハリウッドの期待を集める若手ホラー監督アダム・ウィンガードが注目されるきっかけとなったスリリングかつトリッキーなホーム・インベージョン・スリラー。
(allcinema)

あらすじ:
両親の結婚35周年を祝うため、郊外の別荘に集まった4人の子供達とそのパートナー。和やかに晩餐が始まったところに突然、動物の仮面を付けた男達が現れ、家の外から彼らに向けてボウガンを撃ち始める。被害者が出る中、助けを求めになんとか脱出しようと図るが ―


You're_Next_26色んなお面があるもんだ。
歴代大統領(『ハートブルー』)や各種ピエロ(『ダークナイト』)、能面(『SUSHi GiRL』)もなかなかキモコワだったけど、この映画のお面も負けていない。

行動も見た目通り、クールで計画的。このデビソン一家を襲撃するために、前もって近所の家も襲って家人の息の根を止めている。ここは別荘地だから、家はポツポツとしか無くて走って助けを求めに行けそうな家はその一軒くらいしかない。
両親含め、デビソン一家が集まってくるまでデビソンの別荘に潜んでいた彼ら。ただ、単に身を隠していた犯罪者なのか、それともデビソン家に恨みでもあるのか分からないまま殺戮開始。

You're_Next_13一人目は羊さんがボウガンで家の外から、ヒュンっと一撃。ここでパニックになってキャーとか言っている間に二矢目が撃ち込まれるが死には至らない。なおも矢は撃ち込まれるものの、ダイニングチェアに身を隠して移動したから助かった。この間、一矢、一矢が放たれるたびに、やられたっ!と思わせては大丈夫、次こそはっ(何故か期待している)と思わせて大丈夫の、ハラハラな間の取り方がうまい。
こうなると、動物お面達と一家がどうなるのかが気になって、目が離せなくなる。

You're_Next_19とは言え、一人一人やられていくんだろーなー、と思っていると、今度はナタを持つキツネさん登場。同時に家の周りには罠が仕掛けられていることが分かり、家の外に出ることも出来なくなった一家。羊さんもウロウロしている。この時点で三人目があの世に。あ、トラさんは斧です、基本。
けれども一家チームの中にサバイバル術に長けている者が一人いて、反撃を開始。
このあたりから、クールで理知的であったはずの動物お面チームが足並みを乱し始め、話が違うものへと変化。サイコホラーとは打って変わって、サバイバル人間・ランボーのお話になっていく。
で、ランボーが活躍してお面チームをやっつけて終わりかと思っていると、また一展開。オチへと収束していくが、この監督は最後まで“血”を忘れていなかった。

そうなんですよ。アレがいつ誰に襲いかかるのか、最後の方はそれが気になって気になって。この人か?と思えば違うし、じゃあコイツ?と思えば違うし、勿体付けてハラハラさせるのがうまい。
途中、ランボーの活躍にもちょっとダレてはくるけれど、最後の一発に喜びを見いだせたから良しとしよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング

 
関連記事

-4 Comments

maki says..."こんにちは"
「君が殺しが上手いなんて知らなかった、あまりにも凄いんで引いちゃった」
的な事をいわれてましたが、
あの犯人一味の2人も茫然自失してましたもんね
犯人一人をボコボコにしてる時。

それにしても、動機がほんとつまんない内容で、なんだかなーと思わせられての
ラストオチがいいですねっ
あそこのタイトル出がまた良かったです
2014.04.20 10:25 | URL | #jQTfdwCM [edit]
momorex says..."makiさん 確かに引きました"
ボコボコでしたよね、なんかこれはただ事ではない、と^^;
確かにあの二人もそう思ったことでしょう。

この監督の『V/H/S』作品が面白かったから期待値が高かったんですけど、ちょっと残念だったかなー、と。
ただ、ぐっと引きつける小道具の使い方はうまいですよね。今後もきっと新作が出たら観ると思います^^
2014.04.20 20:18 | URL | #- [edit]
ヒロ之 says..."こんばんは!"
はい!サプライズ観ましたよ!
自分的にはかなり面白かったです。
テンポの良さとシンプルなストーリーがこの作品の良さでしょう。
それと主役のお姉ちゃんの無茶を通り越した反撃に自然と私もガンバレ!と(笑)
最後に仕掛けたトラップ、不発のまま終わっちゃうのか?と思っていたらまさかのあんたかい!に笑ってしまいました。
ああいうオチ、大好きです!
という事でとっても楽しく観れました。
2014.04.22 04:12 | URL | #- [edit]
momorex says..."ヒロ之さん 何故かあの映画の"
途中、ちょっとだらつくように思いましたが、助かったと思わせての最後の一撃!
ホラーでは常套手段なラストでしょうが、今思うと、元祖『死霊のはらわた』の読後感(映画ではなんて言うんでしたっけか、、)に似ている気が。

恐怖と絶望と希望と笑いが一緒になったような感じです^^

※このお姉ちゃんはあまり好みではありませんでした。スミマセーン
2014.04.22 10:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momorex.blog.fc2.com/tb.php/367-8bc612ee
サプライズ
このアニマルマスクは出来が結構いいなあ。「ビューティフル・ダイ」のアダム・ウィンガード監督作品。 普通に「見れる」作品になってます。ヨカッタ 両親の結婚35周年を祝うために集まった、恋人同伴子供たちのぎくしゃく10人。そこへ乱入するはキツネ、ヒツジ、トラのアニマルマスク集団。計画的犯行なのか、近所の人も虐殺済み。 途中までは、ギャーギャー喚きながら逃げ惑うという定番の展開が続きますが、こ...
サプライズ
YOU'RE NEXT 2011年 アメリカ 94分 ホラー/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/11/14) 監督: アダム・ウィンガード 『ビューティフル・ダイ』 編集: アダム・ウィンガード 出演: シャーニ・ヴィンソン:エリン ニコラス・トゥッチ:フェリッ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。