QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~』(2007) - The Mad -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_338
ぁらら~、こんな所に『タイタニック』の天敵が。成長ホルモンを使いすぎた牛が原因で、人食いとなった恐怖の「ミート」が人間を襲う。あの「悪魔の毒々」シリーズの新作(と言っても2007年製作)かと思ったけれど違いましたー。スプラッター・コメディです。

The_Mad_02■悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~ - The Mad -■
 2007年/アメリカ・カナダ/83分
 監督:ジョン・カランギス
 脚本:ケヴィン・ヘネリー 他
 製作:ハーヴェイ・グレイザー 他
 製作総指揮:ケイト・ハリソン 他
 撮影:ブレンダン・スティーシー
 出演:ビリー・ゼイン(ジェイソン)
    ショーナ・マクドナルド(モニカ)
    ジョーダン・マドリー
    マギー・キャッスル
    エヴァン・チャールズ・フロック
    マイケル・ローデス
    マシュー・デスリップ

解説:
『タイタニック』のビリー・ゼイン主演によるスプラッターホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
南部の田舎町を通りがかった4人の男女。モーテルの部屋を取り、早速併設されているファーストフード店へ食事に。地元の牧場から直送された肉を使ったハンバーガーがオススメのこの店。だが、そのハンバーガーを食べていた他の客の様子がおかしくなり ―


【きっとあちこちネタバレが】

父親ジェイソン(ビリー・ゼイン)と恋人モニカ、娘エイミーと恋人ブレイクという、仲の悪い奇妙な4人連れが関係修復の旅に出て、たまたま立ち寄った田舎町の小さな食堂でエラい目に遭うお話。
その店の売りであるハンバーガー(16ドルとえらく高い)を食べていた客の体調が悪くなり、医者を呼べ、とか言っているちょっとの間にこんな事に。↓
The_Mad_17ハンバーガーを食べた人、ソレに噛まれた人が次々と、あっという間に町中が凶暴な生き物に変身。仲の悪かった父娘はそれぞれの恋人を失って、喧嘩をしながらもこの状況に立ち向かっていくが、、
凶暴そうに見えて結構簡単に倒せるこのゾンビもどき。売り切れでハンバーガーを食べなかった自分たちが無事なことから、どうやら「肉」に原因があるのでは?と考える。

で、仕入れ先の牧場へと赴くと、親切そうな息子が出てきて対応。父親と2人しかいないこの牧場にはゾンビ騒ぎが伝えられていないようで、のんびりと会話する彼ら。父娘ももうちょっと緊迫感を持ってもらいたいものだが

The_Mad_16ゾンビもどきの原因は間違いなくこの牧場にあるんだけど、話は牧場に対する厳しい規制なんかへの反発が絡んできたりして、少しだけややこしくなっていく。それでも最後にはうまく解決されて、無事、警官とこの町から離れることになった父娘。でも想像通り、そうは上手くいかなかった、と。


なんでしょうね?この虚脱感は・・。
ほとんど前半は「なぜ、ビリー・ゼインはこんなのに出ているんだろう?」という疑問が頭を渦巻く。でも、結構面白いんですよ、あの嫌らしい『タイタニック』キャルとのギャップが。The_Mad_13コミカルで、身体全体を使ってゾンビと戦う様子も新しい。
それで後半になってくると、ゾンビもどきの倒し方にも慣れてきて、カメラの端っこの方で娘がバキバキっと倒す様子も適当に、父と娘の関係修復がメインになってくる。でも、軽い。
多量の成長ホルモンを飲んでしまった牛から作られた肉が全ての原因らしいけれど、その肉=バーガーパテが生きているように動く様も漫画チック。このパテを見て思い出したのが『人喰いアメーバの恐怖』。あのアメーバのようにこれ自体が意思を持って人を襲うんですねー。でも、軽い。
↓これが動きます。
The_Mad_14


この映画の一番面白いところは、カメラの端っこに映る俳優さんの動きで、ゾンビを倒す娘もそうだけど、最後、警官が服の中に入ったバーガーパテと格闘しているところとか、ほとんどコント。
邦題の「悪魔の毒々」は公募で付けられたらしいけれど、まぁよく考えれば本家もZ級と評されましたよね。
で、調べてみました。本家毒々一覧です。
トロマ・エンターテインメントによる毒々シリーズ
[毒々モンスターシリーズ ]
・悪魔の毒々モンスター(1984)
・悪魔の毒々モンスター 東京へ行く(1989)
・悪魔の毒々モンスター 毒々最後の誘惑(1989)
 (ビデオタイトル:悪魔の毒々モンスター3 毒々最後の誘惑)
・悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000)

[毒々ハイスクールシリーズ]
The Toxic Avenger・悪魔の毒々ハイスクール(1986)
・悪魔の毒々ハイスクール2/ヒューマノイド・パニック(1991)
・悪魔の毒々ハイスクール3/ダブル・ヒューマノイド (1994)

・悪魔の毒々サーファー (1986)
・悪魔の毒々おばあちゃん(1988)
・悪魔の毒々プラトーン(1988)
・悪魔の毒々モンスター 毒々あにめいしょん! (1991-1992)
・悪魔の毒々映画をカンヌで売る方法! (2002)
・チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット (2007)

こんなにあったんですね 数本しか観たことなかったわー

でも最新作『チキン・オブ・ザ・デッド』が公開された同じ2007年に「あの毒々シリーズが復活」と宣伝するとはネー

 

ブログランキング・にほんブログ村へ blogramのブログランキング
関連記事

-2 Comments

ふじつぼだんき says..."添加物以外使用しておりません"
これ、私もトロマのシリーズかと思ってレンタルしたら違ってて、
何じゃ~と思いながら観たんですが、これはこれで結構面白
かったですね。何と言うか、誠に実直な作りというか、良く言えば
ブレない、みたいな。

細かいところは忘れてしまってますけど、貴レビュー拝読して
ちょっと思い出しました。そうそう、パテ動いてましたなー。

整理していただいた本家のシリーズも幾つか観たはずなん
ですが、どれがどれやら…ですわ…。
2014.03.05 23:01 | URL | #LWshcgts [edit]
momorex says..."ふじつぼだんきさん"
確かに、おふざけ部分はブレて無かったですね^^;
本家を初めて観たのは随分前ですが、まだB級というのをあまり観たことがなくて、世の中にこんなバカげた映画があっていいものなんだー、と感心したのを覚えています。でも嫌いじゃ無かったですねー。
今度、最新作(と言っても2007年)の『チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット』でも観てみようかな。
2014.03.06 16:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://momorex.blog.fc2.com/tb.php/338-354dd8b7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。