QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』(2012) - Before Dawn -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_458
おバカな若者グループも、美男美女も出てこない。代わりに登場するのは離婚の危機を迎えたある中年夫婦。次は風光明媚なイギリスの田舎の風景の中で唐突に現れ、叫びながら全力疾走で追いかけてくる血みどろの一人の男。ゾンビものだけど、ゾンビものではないような。この男を違うものに例えたらどうなる?


Before_Dawn_01

■ BEFORE DAWN ビフォア・ドーン - Before Dawn - ■
2012年/イギリス/82分
監督・製作:ドミニク・ブラント
脚本:ジョアンナ・ミッチェル 他
製作総指揮:マーク・プライス
撮影:アレックス・ネヴィル

出演:
ドミニク・ブラント(アレックス)
ジョアンナ・ミッチェル(メグ)
アイリーン・オブライエン(アイリーン)
ニッキー・エバンズ(スティーブン)
アレックス・バルダッチ(ゾンビ)
アラン・フレンチ(ピーター)



解説:
低予算ながら異色にして秀作のゾンビ映画「コリン LOVE OF THE DEAD」のM・プライスが製作総指揮を手がけた新たなゾンビ映画。冷え切った妻との仲を修復しようと努力する夫が、ゾンビにかまれた妻をなお愛し続ける姿を綴る。一途さから、やがて狂気にとらわれていく夫をD・ブラントが熱演、監督も自身が手がけた。ほとんど貸別荘だけという最小限の舞台ながら、恐怖だけでない見応えあるドラマが展開する。
(WOWOW)

あらすじ:
夫の浮気や失業ですれ違うようになってしまったアレックスとメグ夫婦。アレックスは愛する妻との関係修復を期待して2人の時間を持とうと田舎の貸別荘を借り出かけた。会話が弾まないまま朝を迎え、酒浸りの夫を残してジョギングに出たメグ。だがいきなり現れた血みどろの男に足を噛まれてしまい ―


関連記事
スポンサーサイト

『処刑島 みな殺しの女たち』(2012) - Black Rock -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_459
いやいや、こんなヒドイ映画を初めて観た(ほめてません)。女性が襲われて反撃、勢い余って殺してしまった男の仲間とのサバイバルバトル?悪いのはあなたでしょ、アビーさん。


Black_Rock_00

■ 処刑島 みな殺しの女たち - Black Rock - ■
2012年/アメリカ/83分
監督:ケイティ・アセルトン
脚本:マーク・デュプラス
製作:ケイティ・アセルトン 他
撮影:ヒラリー・スペラ
音楽:ベン・ラヴェット

出演:
ケイト・ボスワース(サラ)
ケイティ・アセルトン(アビー)
レイク・ベル(ルー)
ウィル・ブーヴィエ(ヘンリー)
ジェイ・ポールソン(デレク)
アンセルム・リチャードソン(アレックス)



解説:
無人島を舞台に男と女の生死を賭けたサバイバルバトルが展開するサスペンススリラー。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
幼馴染みの親友2人の関係修復のため、週末無人島旅行を計画したサラ。最初はギクシャクしていたものの徐々に溝が埋まりつつあった矢先、突然男達3人が姿を現した ―


関連記事

『オールド・ボーイ』(2013/アメリカ) - Oldboy -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_460
ぅー、、ジョシュ・ブローリンが格好良すぎるなー。韓国版の主人公オ・デスはどこまでもうだつの上がらないサラリーマンとして描かれていたように思う。印象的な雨の拉致場面、横動きのアクション、監禁理由が明かされる場面、あの衝撃的なラストシーンなんかも残念ながら完璧に負けている。そのラストなんですけどね、―


Oldboy_2013_01

■ オールド・ボーイ - Oldboy - ■
2013年/アメリカ/103分
監督:スパイク・リー
脚本:マーク・プロトセヴィッチ
製作:ロイ・リー 他
製作総指揮:ジョー・ドレイク 他
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ロケ・バニョス

出演:
ジョシュ・ブローリン(ジョー・デュセット)
エリザベス・オルセン(マリー・セバスチャン)
シャールト・コプリー(エイドリアン/謎の男)
サミュエル・L・ジャクソン(チェイニー)
マイケル・インペリオリ
ポム・クメメンティーフ
ジェームズ・ランソン



解説:
土屋ガロンと嶺岸信明による同名マンガを韓国の鬼才パク・チャヌク監督が映画化した衝撃のクライム・アクションを「ドゥ・ザ・ライト・シング」のスパイク・リー監督でハリウッド・リメイク。理由もわからぬまま20年間も監禁された末に、突然解放された男が辿るあまりにも凄惨で哀しい復讐の旅路を描く。主演は「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のジョシュ・ブローリン、共演に「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、「第9地区」のシャールト・コプリー。


あらすじ:
1993年10月。泥酔したジョー・デュセットが目を覚ますと、見知らぬ部屋に監禁されていた。何者かが監視しているその部屋では、食事が与えられ、テレビでニュースを見ることも出来た。そのニュースで彼は、妻が殺害され、自分が容疑者にされていること、幼い娘ミナが養子に出されていることを知る。やがて20年の歳月が流れ、彼は何の前触れもなく解放された。自分は、なぜ20年も監禁され、突然解放されたのか。理不尽な仕打ちに対する激しい怒りが、ジョーを凄絶な復讐へと駆り立てていくが ―

(allcinema)



関連記事

『暗闇にベルが鳴る』(1974) - Black Christmas -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_461
『エクソシスト』『悪魔のいけにえ』『ジョーズ』なんかと同じ頃に公開されたサスペンス・ホラー映画。有名なこれらの作品と比べてもひけをとらない内容で、ホラーと言うよりサスペンス寄りの殺人鬼もの。これを観て思いだしたのは『サイコ(1960)』かなー。


Black_Christmas_04

■ 暗闇にベルが鳴る - Black Christmas - ■
1974年/カナダ/98分
監督・製作:ボブ・クラーク
脚本:ロイ・ムーア
製作総指揮:フィンドレイ・クイン
撮影:レジナルド・モリス
音楽:カール・ジットラー

出演:
オリヴィア・ハッセー(ジェス)
キア・デュリア(ピーター)
マーゴット・キダー(バーブ)
ジョン・サクソン(フラー警部)
アンドレア・マーティン(フィル)
マリアン・ウォルドマン(マック寮母)
アート・ヒンドル(クリス)
リン・グリフィン(クレア)



解説:
クリスマス前後の女子学生寮を舞台に、奇怪なイタズラ電話に端を発した猟奇殺人を描いた恐怖映画。雪降るカナダの森閑とした風景と、O・ハッセーの恐怖におののく姿のみが印象に残る作品で、犯人に関する説明を一切省いた手法をどう受け取るかで評価は大きく分かれるだろう。
(allcinema)

あらすじ:
以前から気持ちの悪いイタズラ電話に悩んでいた女子学生寮で今年もクリスマスパーティが行われていた。だがその翌日、実家に戻るため父親と待ち合わせていたクレアが行方不明になったことを皮切りに、電話が頻繁にかかるようになったうえ、とうとう近所で女子中学生の遺体が発見される。警察は捜査に乗り出すが、寮では一人、また一人と正体の知れない男に学生達が殺されていき ―


関連記事

『呪(のろい)』(2013/TV Movie) - Grave Halloween -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_462
TVムービーだったんだ。だとしたら、割と良く出来ていると思う。お母さんの顔は迫力あるし、何より舞台の“樹海(青木ヶ原)”がコワイ(-.-)。日本人だったらジンおじさんの言うことを絶対きく!感覚で分かるからね。そういった日本の風習を知らなかった上、忠告を無視した外国人大学生グループの自業自得物語かなー


Grave_Halloween_00

■ 呪(のろい) - Grave Halloween - ■
2013年・TV Movie/カナダ/89分
監督:スティーヴン・R・モンロー
脚本:ライアン・W・スミス
製作総指揮:トム・ベリー 他
撮影:マイケル・C・ブランデル
音楽:アンドリュー・ハリス

出演:
ケイトリン・リーヴ
キャシー・トムソン
デヤン・ロヨーラ
グレアム・ウォードル
ジェシー・ウィーラー
トム・スティーヴンス
ジェフリー・バラード
ヒロ・カナガワ



解説:
『呪怨』『リング』『仄暗い水の底から』など、世界の恐怖映画ファンを熱狂させ、ハリウッドリメイクも果たしたジャパニーズホラー(Jホラー)を基盤に、ゾンビ、オカルト、学園ホラーを盛り込んだ和魂洋才ホラー。メガホンを取るのは、カルト映画『発情アニマル』をリメイクした復讐バイオレンス『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』で手腕を発揮した俊英スティーヴン・R・モンロー。


あらすじ:
ハロウィンの日、山梨国際大学に通う日系アメリカ人マイコは、樹海で自殺した母の霊を成仏せるため、ドキュメンタリー・サークルの仲間4人と青木ヶ原へと向かう。頼りは、箱に残された1枚の樹木の写真。それをもとに母が亡くなった場所を探し始めるが、途中、謎の日本人ジンと出会ってから、仲間が次々と霊の餌食になり、惨殺されていき ―
 (amazon)



関連記事

『チェンジリング』(1980) - The Changeling -

Posted by momorex on   6  2

entry-image_463
カナダ産ホラー続いてます。有名な作品との事ですが、この映画は知らなかったー。80年代前後の血しぶきホラー量産時代に珍しく、少し古めのオカルト・ミステリー的な内容と舞台のようなカメラ撮りで、主人公は初老の作曲家とお屋敷。この古い屋敷に眠る悲しく恐ろしい“ある事実”を主人公が解き明かしていく。


The_Changeling_1980_01

■ チェンジリング - The Changeling - ■
1980年/カナダ/107分
監督:ピーター・メダック
脚本:ウィリアム・グレイ 他
原作:ラッセル・ハンター
製作:ジョエル・B・マイケルズ 他
撮影:ジョン・コキロン
音楽:リック・ウィリアムズ

出演:
ジョージ・C・スコット(ジョン・ラッセル)
トリッシュ・ヴァン・ディーヴァー(クレア)
メルヴィン・ダグラス(ジョセフ)
ジーン・マーシュ(ジョアンナ)
バリー・モース
ジョン・コリコス
マデレーン・シャーウッド



解説:
70年前に起きた惨劇が引き起こす怪異現象を、ショック演出ではないミステリー・タッチで淡々と描いた良質の怪談映画。冬のカナダの森閑とした背景も雰囲気充分。余談だが、劇場公開時にはヒカシューの歌う“パイク”がイメージ・ソングに使われた事でも有名。
(allcinema)

あらすじ:
交通事故で妻子を一度に亡くした作曲家ジョンは傷心を抱えたまま、暮らし慣れたニューヨークを離れシアトルへ。ある財団が管理する古い屋敷に移り住んだ。作曲活動の傍ら大学で講義を受け持ち、妻子を悼みつつ始まった新生活だったが、ほどなく屋敷内で不気味な現象が起き始める ―


関連記事

『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_464
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思いきや、案外人間ドラマ的な部分もあり、ちと肩すかし。それでも充分手応えはありましたけどモ


Killers_02

■ KILLERS/キラーズ - Killers - ■
2013年/日本・インドネシア/138分
監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル)
原案・脚本:ティモ・ジャイアント、牛山拓二
製作:千葉善紀 他
製作総指揮:ギャレス・エヴァンス
撮影:グンナル・ニンプノ

出演:
北村一輝(野村)
オカ・アンタラ(バユ)
高梨 臨(久恵)
ルナ・マヤ(ディナ)
黒川芽以(みどり)
でんでん
レイ・サヘタピー



解説:
インドネシア映画「ザ・レイド」がセンセーションを巻き起こしたギャレス・エヴァンスが製作総指揮に名を連ね、日本とインドネシア両国の気鋭映画人の強力コラボで贈る戦慄のバイオレンス・ムービー。主演は北村一輝、共演にオカ・アンタラ、高梨臨。監督は2009年のスラッシャー映画「マカブル 永遠の血族」で世界的に注目を集め、ハリウッドのホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」、「V/H/S ネクストレベル」に立て続けに抜擢された期待の新鋭コンビ、モー・ブラザーズ。


あらすじ:
東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが ―

(allcinema)



関連記事

『オープン・グレイヴ-感染-』(2013) - Open Grave -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_465
「穴の底」シチュエーション・スリラーかと思っていたら、また間違えました。記憶が無い5人の男女と話すことが出来ない1人の女性の疑心暗鬼に満ちたサスペンスに始まり、段々と明らかになる驚愕の事実へと向かうパニック・スリラーへ。邦題からゾンビものかとも考えたけどそれも違うよ。


Open_Grave_00

■ オープン・グレイヴ-感染- - Open Grave - ■
2013年/アメリカ/102分
監督:ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
脚本:エディ・ボーレイ 他
製作:ウィリアム・グリーン 他
撮影:ホセ・ダビ・モンテーロ
音楽:フアン・ナバーソ

出演:
シャールト・コプリー
トーマス・クレッチマン
ジョシー・ホー
ジョセフ・モーガン
エリン・リチャーズ
マックス・ロッツリー



解説:
「NAKED マン・ハンティング」「アポロ18」のゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ監督が、「第9地区」「エリジウム」のシャールト・コプリーを主演に迎えて贈るミステリー・スリラー。
(allcinema)

あらすじ:
雨の夜、記憶が無くなり自分の名前も思い出せない男が深い穴の底で目覚めた。辺りには大量の死体が無造作に投げ入れられており、思わず助けの叫び声を上げる。そこへ1本のロープが降りてきて無事に穴の外に出た男は、深い森を彷徨ったあげく、一軒の家を見つけた。中には5人の男女がいたが、4人は彼と同じく記憶が無く、1人の女性は口がきけなかった ―

Grave :墓、死体を埋める穴

関連記事

『八甲田山』(1977)

Posted by momorex on   2  1

entry-image_466
明治35年に起きた「八甲田雪中行軍遭難事件」を元にした小説「八甲田山 死の彷徨」を映画化した作品。10代の頃から何度か観てきたが、その時々で少しずつ感想が変わるものの、何かが大きく胸を打つ作品であることには変わらない。


八甲田山_00

■ 八甲田山 ■
1977年/日本/169分
監督:森谷司郎
脚本:橋本 忍
原作:新田次郎 「八甲田山 死の彷徨」
製作:橋本 忍 他
撮影:木村大作
音楽:芥川也寸志

出演:
<弘前第八師団>
島田正吾(友田少将/第四旅団長)
大滝秀治(中林大佐/参謀長)
<弘前歩兵第三十一連隊>
丹波哲郎(児島大佐/連隊長)
藤岡琢也(門間少佐/第1大隊長)
高倉 健(徳島大尉/第1大隊第2中隊長)
前田 吟(斉藤伍長)
渡会洋幸(徳島の従卒)
<青森歩兵第五連隊>
小林桂樹(津村中佐/連隊長)
神山 繁(木宮少佐/連隊本部)
森田健作(三上少尉)
北大路欣也(神田大尉/第2大隊第5中隊長)
緒形 拳(村山伍長)
下条アトム(平山一等卒)
<雪中行軍随行大隊本部>
三國連太郎(山田少佐/第2大隊長)
加山雄三(倉田大尉)
<案内人、他>
秋吉久美子(滝口さわ/宇樽部村)
山谷初男(沢中吉平/熊ノ沢部落)
丹古母鬼馬二(福沢鉄太郎/熊ノ沢部落)
加藤 嘉(作右衛門/田茂木野村・村長)
花沢徳衛(滝口伝蔵/宇樽部村)



解説:
「小説吉田学校」「日本沈没」の森谷司郎監督が、高倉健を主演に、壮大なスケールで描いたドラマ。


あらすじ:
明治34年末、日露戦争を目前にして陸軍は寒冷地教育の不足を痛感していた。ロシア軍と戦うためには雪中行軍をして、雪とは何か、寒さとは何かを知らねばならなかった。その行軍の目標となったのが生きては帰れぬ冬の八甲田であった ―

(allcinema)



関連記事

『渇き。』(2014)

Posted by momorex on   2  1

entry-image_467
これ、正真正銘の日本映画なんですねー、ビックリです。
タランティーノと『シン・シティ』、『オールド・ボーイ(2003)』をミックスして、今時の日本の高校生と和製アニメを足して割ったような作品。よくこの雑多で個性豊か、迫力ある登場人物達をまとめたものだと感心した。結構、グロありのバイオレンス作品だから、そういうのが苦手な人はちとキツいかも。


渇き_03

■ 渇き。 ■
2014年/日本/118分
監督:中島哲也
アニメーション監督:大平晋也
脚本:中島哲也 他
原作:深町秋生「果てしなき渇き」
製作:依田 巽 他
撮影:阿藤正一
音楽:GRAND FUNK ink.

出演:
役所広司(藤島昭和)
小松菜奈(加奈子)
妻夫木聡(浅井)
清水尋也(ボク)
二階堂ふみ(遠藤那美)
橋本 愛(森下)
森川 葵(長野)
高杉真宙(松永)
國村 隼(辻村医師)
黒沢あすか(桐子)
青木崇高(咲山)
オダギリジョー(愛川)
中谷美紀(東里恵)



解説:
「嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也監督が、深町秋生の第3回このミステリーがすごい!大賞受賞作『果てしなき渇き』を映画化した戦慄のバイオレンス・エンタテインメント。失踪した娘の行方を追う元刑事のロクデナシ親父が、次第に明らかとなる娘の裏の顔と闇の交友関係に翻弄され、狂気と怒りで大暴走していくさまを、スタイリッシュかつ過激な映像表現満載に描く。出演は父親役に役所広司、その娘役にモデル出身で本作が本格スクリーン・デビューとなる小松菜奈。


あらすじ:
妻・桐子の不倫相手に対して傷害沙汰を起こし警察を追われ、妻とも別れて自暴自棄になった男、藤島昭和。ある日、桐子から娘の加奈子が失踪したとの連絡が入る。成績優秀で容姿端麗な学園のカリスマだった高校3年生の加奈子。そんな彼女が、何日も帰っていないというのだ。自ら捜索に乗り出した藤島は、娘の交友関係を辿っていくうちに、優等生だとばかり思っていた加奈子の意外な一面が次々と暴かれていき、自分が娘のことを何一つ知らなかったことに愕然とする。おまけに行く先々で常軌を逸した狂った奴らに遭遇し、自身の暴走にも歯止めが掛からなくなっていく藤島だったが ―

(allcinema)



関連記事

『スリー・モンキーズ/Three Monkeys ~愚かなる連鎖~』(2008) - Üç maymun -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_468
慎ましくも勤勉であったはずのある一家が、少しずつ人の道から外れていく様子を描いた静かな作品。そこに横たわるものは金と快楽である点が人類普遍の問題であり、宿命であると言える。今の時代、「見ざる、聞かざる、言わざる」に徹する事が出来た者だけが生き残る権利を得られるのかも ―


Three_Monkeys_00

■ スリー・モンキーズ/Three Monkeys ~愚かなる連鎖~ - Üç maymun - ■
2008年/トルコ・フランス・イタリア/109分
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 他

出演:
ヤヴーズ・ビンゴル
ハティジェ・アスラン
アルジャン・ケサル



解説:
2014年のカンヌ映画祭で、ついにパルム・ドール獲得! (『ウインター・スリープ』) 2度のグランプリ(『冬の街』『昔々、アナトリアで』)、本作での監督賞受賞と、今や21世紀の映画界を代表する名匠ジェイラン監督の第5作。トルコ初のアカデミー賞外国語映画賞出品となった記念すべき傑作。


あらすじ:
街の有力者セルヴェットは車で人をはねて死なせてしまうが、選挙に出馬中という理由から大金と引き替えに運転手のエユップを身代わりに立てる。エユップの服役中、妻のハジェルは金の前払いを頼みにセルヴェットの元を訪れ、彼に誘惑されて関係をもってしまう ―

(Amazon)



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。