QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『るろうに剣心 京都大火編』(2014)

Posted by momorex on   6  3

entry-image_415
1作目を映画館で観ずに非常に後悔する事になった管理人momorex。行ってきました。前作よりアクションは多く、京都での大好きなシーン“屋根瓦走り”もあった。だが、だが、、、話が詰め込まれ、大事なシーンが削り取られ、原作読んでなきゃ分かりにくいのでは?なおかつ完全に「・・続く・・」状態で終わるし、3作目は更なる詰め込みになるのでは・・・

るろうに剣心京都大火編_00■ るろうに剣心 京都大火編 ■ 2014年/日本/139分
監督:大友啓史
脚本:藤井清美、大友啓史
原作:和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
製作:上木則安 他
制作総指揮:ウィリアム・アイアトン
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Mighty Long Fall」

出演:佐藤 健(緋村剣心)
   武井 咲(神谷 薫)
   青木崇高(相楽左之助)
   蒼井 優(高荷 恵)
   大八木凱斗(明神弥彦)
   藤原竜也(志々雄真実)
   神木隆之介(瀬田宗次郎)
   三浦涼介(沢下条張)
   高橋メアリージュン(駒形由美)
   江口洋介(斎藤 一)
   伊勢谷友介(四乃森蒼紫)
   田中 泯(翁)
   土屋太鳳(巻町 操)
   福山雅治(謎の男)

解説:
和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描く時代劇アクション大作の前編。“不殺の誓い”を立て神谷薫らとともに平穏に暮らしていた緋村剣心が、やがて日本の命運を懸けた過酷な戦いに身を投じるさまを、前作を上回る迫力のアクションとスケールで描き出す。共演は武井咲、藤原竜也、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介ほか。監督は前作に引き続き「ハゲタカ」「プラチナデータ」の大友啓史。

あらすじ:
幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられた伝説の男、緋村剣心。新時代を迎えた今は、女師範の神谷薫ら大切な仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた。そんなある日、新政府の大久保利通に呼び出され、剣心の後釜として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実の暗殺を依頼される。維新後、口封じのために新政府によって焼き殺されたはずの志々雄。しかし奇跡的に甦り、京都で恐るべき戦闘集団を作り上げると、日本転覆を目論み暗躍を始めていた。送り込まれた政府の討伐隊はあえなく返り討ちに遭い、もはや剣心しかその使命を託せる者はいなかった。やがて、大切な人を守るために自らの運命に立ち向かいことを決意した剣心は、薫の必死の制止を振り切り、ついに京都へと旅立つのだったが ―

(allcinema)



関連記事
スポンサーサイト

『スクリーム・アット・ナイト』(2005) - Grite Una Noche -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_416
先日の異色ホラー『ルームズ・フォー・ツーリスト』監督の次作品。真正面からホラーを見せるのではない手法は本作でも使われていて、映画全体の4/5は高校生女子の赤裸々な日々を描写する。まるで「あんた達の毎日が一番ホラーだよ」とでも言いたげに。

Scream_the_Night_02■スクリーム・アット・ナイト - Grite Una Noche -■
2005年/アルゼンチン・メキシコ/99分
監督・脚本・撮影:アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ
音楽:イグナシオ・ビターレ
出演:エリアナ・ポロナラ
   ヒメナ・ブレサ
   マリア・フェルナンダ・マテオ

解説:
アルゼンチンの天才ホラー監督アドリアン・ガルシア・ボグリアーノが挑む都市伝説スプラッター。Jホラーに影響し、作られた本作は洋画では珍しいJホラー的な陰湿でしつこい幽霊を描いた。
(amazon)
あらすじ:
青春を謳歌している女子高生グループ。その内の一人が学校のトイレに出ると噂の幽霊と交信してしまったことから、その霊に取り憑かれてしまう。と同時に次々と女子高生らの惨殺事件が起き始め ―

英題:Scream At Night


関連記事

『36 PASOS』(2006) - 36 PASOS -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_417
剣心やゴスリングにうっとりとしながらも、密かに進められているスパニッシュ・ホラー第3弾。何故かこの監督の作品に魅了されているらしい。女子集合体のキャーキャーした感じと、ザクザクいくグロスプラッターの融合がどうもツボにはまる。モノクロだった『ルームズ・フォー・ツーリスト』や適当だった『スクリーム・アット・ナイト』に比べて、こちらはかなり本格的。

36pasos_03■36 PASOS(36パスオーエス) - 36 PASOS -■
2006年/アルゼンチン・メキシコ/99分
監督・脚本:アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ
撮影:セルヒオ・フライシャー
音楽:ロドリゴ・フランコ
出演:ノエリア・バルボ
   イネス・スバラ
   アリアナ・マルチオーニ
   メリーサ・フェルナンデス
   プリシラ・ラウト
   アンドレア・ドゥアルテ

解説:
アルゼンチンホラーの鬼才、アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督によるソリッドシチュエーションホラー。
(amazon)
あらすじ:
素敵な豪邸でゲストのバースディ・パーティーの準備をする6人の美女。ビキニ姿で踊りながら楽しげに作業を進める彼女たちだったが、実は彼女たちは拉致されこの屋敷に連れてこられた囚われの身であった ―



関連記事

『スペースバンパイア』(1985) - Lifeforce -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_418
久し振りに観たいなー、と思っていたら、最近何かと古めホラーを放送しているザ・シネマ がまたやってくれました。宇宙から持って帰ってしまった全裸の美女に翻弄される人類(特に男性)を描くSFパニック・ヴァンパイアホラー『スペースバンパイア』。思っていたより真面目に壮大に作られていた1本。

Lifeforce_02■スペースバンパイア - Lifeforce -■
1985年/イギリス/116分
監督:トビー・フーパー
脚本:ダン・オバノン 他
原作:コリン・ウィルソン「宇宙バンパイア」
製作:メナヘム・ゴーラン 他
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:スティーヴ・レイルズバック(カールセン大佐)
   ピーター・ファース(ケイン大佐)
   フランク・フィンレー(ファラーダ教授)
   マイケル・ゴザード(ブコフスキー所長)
   オーブリー・モリス(パーシー卿)
   マチルダ・メイ(バンパイア)

解説:
C・ウィルソンの原作を「ポルターガイスト」のT・フーパーが映画化したSFパニック大作。スペースバンパイアのエネルギーが空を覆う中、精を吸われゾンビと化した人々が街に溢れかえるクライマックスの迫力は凄く、炎に包まれたロンドン市街の映像などスペクタクル・シーンを始め、個々の出来は悪くないが、全体的に1本スジが通っておらず散漫な印象を受けるのが惜しい。東宝マーチを思わせるH・マンシーニらしからぬテーマ曲と、全編裸で押し通す美女バンパイア、M・メイの肢体が印象的。
(allcinema)

あらすじ:
ハレー彗星探査のために宇宙に出向き、そのまま連絡を絶ったスペースシャトル“チャーチル号”。救援に向かったコロンビア号は、船内が火災により黒焦げになっているチャーチル号を発見する。にもかかわらず奥の部屋で透明のケースに収められた無傷の人体3体を見つけた彼らは、解剖のため、ロンドンに持ち帰るが ―


関連記事

『デッド/エンド』(2013) - Scenic Route -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_419
熱く夢を追い求めていたあの頃。それから何年も経ち、平凡に埋没した男と形を変えて青春を続けている男が久し振りに再会する。互いの理想と現実が合わせ鏡のように対峙した時、爆発する本音。キャッチコピーの『激突!』『ヒッチャー』『ブレーキダウン』はちと違うと思うけど、ありきたりの中盤に負けない面白いラストが待っていた。主演は意外なことに『トランスフォーマー』の男前レノックス大尉。

Scenic_Route_00■デッド/エンド - Scenic Route -■
2013年/カナダ/86分
監督:ケヴィン・ゴーツ、マイケル・ゴーツ
脚本:カイル・キレン
製作:ブライオン・ハンベル 他
製作総指揮:ジョシュ・デュアメル 他
撮影:ショーン・オディー
音楽:マイケル・アイジンガー
出演:ジョシュ・デュアメル(ミッチェル)
   ダン・フォグラー(カーター)
   ピーター・マイケル・ゴーツ
   クリスティ・バーソン
   ミラクル・ローリー

解説:
『激突!』『ヒッチャー』『ブレーキダウン』に続く、戦慄のロード・スリラー。
(Oricon)

あらすじ:
学生時代の親友2人が旅に出る。2人はミュージシャンを目指していたが、いつの間にか違う道を歩んでおり疎遠になっていた。そんな2人が久し振りに再会し、アメリカの広大な砂漠で車を走らせていたが、途中で車が故障、立ち往生してしまい ―


関連記事

『ザ・ヘル ネクストステージ』(2008) - No moriré sola -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_420
ずっとボグリアーノ監督作品を追っているスパニッシュ・ホラーシリーズ(といってもこの作品はシリーズには入ってないんですけど)。今回のこの作品は他3作品とは違ってスプラッターホラーではなく、もっと現実的なレイプリベンジもの。か弱き女性がやられっぱなしでは無いところも違ってた。

■ザ・ヘル ネクストステージ - No moriré sola -■
No_moriré_sola_022008年/アルゼンチン/83分
監督・脚本:アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ
撮影:ファブリシオ・バシロッタ
音楽:エルナン・ペンネル
出演:マリソル・トゥル
   ヒメナ・ブレサ
   アンドレア・ドゥアルテ
   マグダレーナ・デ・サント

解説:
暴漢魔に襲われる4人の女子大生たちの恐怖を描いたアルゼンチン発のパニックサスペンス。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
姉妹を含む女子大生4人が実家を目指し長いドライブをしていた。ある辺鄙な場所で道に倒れる女性を発見、車を停めて近寄ると、彼女は大怪我をしており付近には銃を持つ男達がたむろ。慌てて女性を車に乗せて走り去る。警察に事の次第を説明し再び車を出したが、すぐに先ほどの銃を持つ男達が追いかけてきて ―

英題:I'll Never Die Alone


関連記事

『8mm』(1999) - 8mm -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_421
これは初めて観た時に衝撃を受けた作品で、「スナッフ・フィルム」なる物の存在を初めて知った作品でもある。公平で清く正しく生きてきた私立探偵ニコラス・ケイジがどんどんアブノーマルな裏世界に足を踏み入れ変わっていく様子、一見ふざけた遊び人風のポルノショップ店員ホアキン・フェニックスの真面目さ、富豪と関わる悪人役ジェームズ・ガンドルフィーニ、ピーター・ストーメアのえげつなさなど見どころが多い社会派サスペンスだ。

8mm_01■8mm - 8mm -■
1999年/アメリカ/123分
監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
製作:ギャヴィン・ポローン 他
製作総指揮:ジョセフ・M・カラチオロ
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:マイケル・ダナ

出演:ニコラス・ケイジ(トム・ウェルズ)
   ホアキン・フェニックス(マックス・カリフォルニア)
   ジェームズ・ガンドルフィーニ(エディ・プール)
   ピーター・ストーメア(ディーノ・ベルベット)
   アンソニー・ヒールド(ダニエル・ロングデール)
   キャサリン・キーナー(エイミー・ウェルズ)
   ジェニー・パウエル(メリー・アン・マシューズ)
   エイミー・モートン(ジャネット・マシューズ)

解説:
「セブン」のアンドリュー・ケビン・ウォーカーの脚本を「評決のとき」のジョエル・シューマーカー監督が映画化した、センセーショナルなショッキング・サスペンス。
(Oricon)

あらすじ:
ペンシルバニアで妻子と暮らす、真面目で丁寧な仕事が自慢の私立探偵ウェルズ。ある日、亡くなった富豪の金庫から少女が殺される場面を撮った8ミリフィルムが見つかり、富豪の未亡人から調査を依頼される。早速、手がかりを追ってロサンゼルスへ発ったウェルズだったが、調べる内にハリウッドの危険なアブノーマルな世界に足を踏み入れることになっていく ―


関連記事

『リディック』(2004) - The Chronicles of Riddick -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_422
『リディック:ギャラクシー・バトル』をレンタルしたから前作をもう1回観とこ、って、、初めてだった... 1作目の『ピッチブラック』はちょっとしたSFながら面白かったと記憶。本作もちょっとしたSFアクションかと思いきや、壮大なスペースオペラに変身、有名な役者さんも多数出演。話は単純、セットにちとチープさがあるものの、リディックのアクションや衣装、背景の美術なんかは好みだー。

The_Chronicles_of_Riddick_02■リディック - The Chronicles of Riddick -■
2004年/アメリカ/118分
監督・脚本:デヴィッド・トゥーヒー
製作:ヴィン・ディーゼル 他
製作総指揮:テッド・フィールド 他
撮影:ヒュー・ジョンソン
音楽:グレーム・レヴェル
出演:ヴィン・ディーゼル(リディック)
   ジュディ・デンチ(エアリオン)
   コルム・フィオール(ロード・マーシャル)
   タンディ・ニュートン(デイム・ヴァーコ)
   カール・アーバン(ヴァーコ)
   ライナス・ローチ(ピュリファイア)
   ニック・チンランド(トゥームズ)
   アレクサ・ダヴァロス(キーラ)


解説:
「トリプルX」「ワイルド・スピード」のヴィン・ディーゼルが2000年に主演したSFアクション・スリラー「ピッチブラック」の続編。前作から5年後、お尋ね者として銀河系を又に掛けて逃亡を続けるアンチ・ヒーロー、リディックの活躍を前作を上回る迫力とスケールで描く。監督は引き続きデヴィッド・トゥーヒー。名女優「恋におちたシェイクスピア」のジュディ・デンチも出演。
(allcinema)

あらすじ:
あれから5年。賞金稼ぎの手を逃れて、銀河系を股にかけ逃亡の日々を送るリディック。同じ頃、凶悪な悪の軍団を持ち、次々と他種族を襲っては星々を手中に収めていく種族ネクロモンガーが銀河系を跋扈していた ―


関連記事

『リディック: ギャラクシー・バトル』(2013) - Riddick -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_423
「ギャラクシー・バトル」って付いているから前作よりも更に広く大きく宇宙大戦争になるのかと思ったら、、1作目『ピッチブラック』の雰囲気に戻った気が。と言っても、彼“リディック”にはその方が似合っている。だって彼は孤高の一匹狼なんだし、その彼が人類のためとかで邪悪な軍団と戦うなんて設定は似合わない。けれども今回、そのリディックにも相棒が。

Riddick_04■リディック: ギャラクシー・バトル - Riddick -■
2013年/アメリカ/119分
監督・脚本:デヴィッド・トゥーヒー
製作:ヴィン・ディーゼル 他
製作総指揮:サマンサ・ヴィンセント 他
撮影:デヴィッド・エグビー
音楽:グレーム・レヴェル
出演:ヴィン・ディーゼル(リディック)
   ジョルディ・モリャ(サンタナ)
   マット・ネイブル(ボス・ジョンズ)
   ケイティー・サッコフ(ダール)
   デイヴ・バウティスタ(ディアス)
   ボキーム・ウッドバイン(モス)
   ノーラン・ジェラード・ファンク(ルナ)
   カール・アーバン(ヴァーコ)

解説:
「トリプルX」「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼルが、デヴィッド・トゥーヒー監督とのコンビで放つSFアクション・シリーズの第3弾。重臣の裏切りに遭い、灼熱の惑星で絶体絶命の窮地に追い込まれた銀河最凶のお尋ね者“リディック”の運命を描く。
(allcinema)

あらすじ:
ネクロモンガー族のリーダーに収まったリディックだったが、家臣ヴァーコの罠に落ち、人に捨てられ忘れ去られた辺境の惑星に一人置き去りに。大型の動物型エイリアンが跋扈するその星でサバイバル、適応して暮らしていたリディック。ある日、彼は無人のシェルターに設置されていた非常用ビーコンを見つけ、考えあってそのボタンを押すが ―


関連記事

『ステイク・ランド 戦いの旅路』(2010) - Stake Land -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_424
蔓延るヴァンパイア達を逃れて北を目指すロード・ムービー。地味なタイトルが付いているからなのか、この映画全然知らなかった。「ウォーキング・デッド」ヴァンパイア版といった内容だけど、主人公の2人があまり感情的にならないため、何か事が起きた時にはそれが浮き彫りにされて分かりやすく、その世界に入り込みやすい。こんな世界になってしまったら、ギャーギャー叫んでも何も変わらないものねー

Stake_Land_00■ステイク・ランド 戦いの旅路 - Stake Land -■
2010年/アメリカ/98分
監督:ジム・ミックル
脚本:ニック・ダミチ 他
製作:デレク・カール 他
製作総指揮:マリク・B・アリ 他
撮影:ライアン・サマル
音楽:ジェフ・グレイス
出演:ニック・ダミチ(ミスター)
   コナー・パオロ(マーティン)
   ケリー・マクギリス(シスター)
   マイケル・セルヴェリス(邪教集団リーダー)
   グレゴリー・ジョーンズ(マーティンの父親)
   ダニエル・ハリス(ベル)

解説:
監督は「ネズミゾンビ」のジム・ミックル。ヴァンパイアと戦いながら旅を続ける人々を描くホラー作品。出演は「ワールド・トレード・センター」のニック・ダミチ、テレビシリーズ「ゴシップガール」のコナー・パオロ、「ダレン・シャン」のマイケル・セルヴェリス、「ハロウィン」のダニエル・ハリス。
(allcinema)

あらすじ:
近未来、爆発的に増えたヴァンパイアにより崩壊した人間社会。目の前で家族を殺された少年マーティンは、助けてくれたミスターと北を目指す旅に出る。北にはヴァンパイアのいない“ニュー・エデン”があると信じられていた ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。