QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミスト』(2007) - The Mist -

Posted by momorex on   10  2

The Mist_04s
久しぶりに観たけれど、これは面白い。救いのないラストも(かわいそうだけど)最高。それと今回新たな発見があった。なんとあのアメリカドラマに・・・

The Mist_00
■ミスト - The Mist -■ 2007年/アメリカ/125分
 監督 :フランク・ダラボン
 脚本 :フランク・ダラボン
 原作 :スティーヴン・キング「霧」
 製作 :フランク・ダラボン 他
 制作総指揮:リチャード・サパースタイン 他
 撮影 :ロン・シュミット
 音楽 :マーク・アイシャム
 出演 :トーマス・ジェーン(デヴィッド・ドレイトン)
     ネイサン・ギャンブル(ビリー・ドレイトン)
     マーシャ・ゲイ・ハーデン(ミセス・カーモディ)
     ローリー・ホールデン(アマンダ・ダンフリー)
     アンドレ・ブラウアー(ブレント・ノートン)
     トビー・ジョーンズ(オリー・ウィークス)
     ジェフリー・デマン(ダン・ミラー)
     フランシス・スターンハーゲン(アイリーン・レプラー)
     ウィリアム・サドラー(ジム・グロンディン)
     アレクサ・ダヴァロス(サリー)
     メリッサ・マクブライド(家に子供を残してきた女性)
   
解説:
原作者スティーヴン・キングとフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」に続いてコンビを組んだ驚愕のホラー・ミステリー。人々が突然町を包み込んだ濃い霧とその中にうごめく不気味な生物たちの恐怖でパニックに陥っていくさまを描く。主演は「パニッシャー」のトーマス・ジェーン。
 (allcinema)

あらすじ:
ひどい嵐の翌日、湖畔に建つ自宅の補修材料を買いにスーパーマーケットへ出かけたデヴィッドと息子ビリー。スーパーに着いてほどなく湖に出ていた霧は次第に町を覆い始める。濃い霧の中、けたたましいサイレンを鳴らしながら猛スピードで一方向に走って行くパトカーや軍車両に、不安を隠せなくなっていくスーパーの客達。そしてデヴィッドは霧の中に得体の知れない生物の存在を発見する-



関連記事
スポンサーサイト

『サイレントヒル』(2006) - Silent Hill -

Posted by momorex on   2  1

Silent Hill_05s
前回レビューした『ミスト』と同時期にお気に入りだったホラー。ゲームが原作であることが有名。霧なのか、煙なのか、灰なのか..。白く煙っているこの町に大きなサイレンが数時間おきに鳴り響く。それは地獄の門が開くサイン。扉の向こうからやって来る恐ろしい地獄の番人は容赦なく人間に襲いかかる。
さぁ、地獄の釜を炊け(←言ってみたかっただけ)

Silent Hill_00■サイレントヒル - Silent Hill -■
 2006年/カナダ・フランス/126分
 監督 :クリストフ・ガンズ
 脚本 :ロジャー・エイヴァリー
 製作 :サミュエル・ハディダ 他
 制作総指揮:山岡 晃
 撮影 :ダン・ローストセン
 音楽 :ジェフ・ダナ
 出演 :ラダ・ミッチェル(ローズ)
     ショーン・ビーン(クリストファー)
     ジョデル・フェルランド(シャロン/アレッサ)
     ローリー・ホールデン(シビル・ベネット)
     アリス・クリーグ(クリスタベラ)
     デボラ・カーラ・アンガー(ダリア)
     ターニャ・アレン(アンナ)
     
解説:
コナミの人気ホラーゲームを「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ監督で映画化。廃墟と化した不気味な街に足を踏み入れた母娘を、想像を絶する恐怖が襲う。主演の母親役に「ネバーランド」のラダ・ミッチェル、その娘シャロン役には「ローズ・イン・タイドランド」で注目を集めたジョデル・フェルランド。


あらすじ:
ローズとクリストファーの夫婦は、9歳になる娘シャロンの奇妙な言動に悩んでいた。しばしば情緒不安定になり、“サイレントヒル”とつぶやくシャロン。彼女を救う手掛かりを探すローズは、やがてサイレントヒルという街が実在することを突き止める。そこは、30年前に大火災に見舞われた忌まわしい過去のため今では誰も近づかないゴーストタウンと化していた。ローズはクリストファーの制止を振り切り、シャロンを車に乗せその街を目指す。しかしサイレントヒルへと続く狭い道の途中で事故に遭い、ローズは気を失ってしまう。彼女が意識を取り戻したとき、そこにシャロンの姿はなかった。ローズはシャロンの行方を追って、サイレントヒルの奥深くへと彷徨い込んでいくのだが-
 (allcinema)


関連記事

『キャビン』(2012) - The Cabin in the Woods -

Posted by momorex on   10  5

The Cabin in the Woods_02s
よくある『死霊のはらわた』系作品だと思いきや、ポスター↓が描写している通り、複数構造の壮大な物語だった マイティ・ソーが出ていることも意外だったが、ラストにあのシガニー・ウィーバーが登場。皆のために神とスーパーウーマンとなって敵と戦ってくれるのか?と思った人はまだまだ甘い

The Cabin in the Woods_00■キャビン - The Cabin in the Woods -■ 2012年/アメリカ/95分
 監督 :ドリュー・ゴダード
 脚本 :ドリュー・ゴダード、ジョス・ウィードン
 製作 :ジョス・ウィードン
 制作総指揮:ジェイソン・クラーク
 撮影 :ピーター・デミング
 音楽 :デヴィッド・ジュリアン
 出演 :クリステン・コノリー(デイナ)
     クリス・ヘムズワース(カート)
     アンナ・ハッチソン(ジュールズ)
     フラン・クランツ(マーティ)
     ジェシー・ウィリアムズ(ホールデン)
     リチャード・ジェンキンス(ゲイリー)
     ブラッドリー・ウィットフォード(スティーヴ)
     ブライアン・ホワイト(トルーマン)
     エイミー・アッカー(ウェンディ)
     ティム・デザーン(モーデカイ)
     シガニー・ウィーバー(監督)

解説:
若者たちが人里離れた山小屋で戦慄の恐怖に見舞われるという従来のホラー映画のお約束を踏まえた、巧妙かつ予測不能のストーリー展開が映画ファンから絶賛された異色のホラー・サスペンス。「クローバーフィールド/HAKAISHA」やTV「LOST」の脚本で知られる新鋭ドリュー・ゴダードが、TV「バフィー~恋する十字架~」などでタッグを組んだ「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンと共同で脚本を執筆、自ら初メガフォンをとり映画化。


あらすじ:
男女5人の大学生がバカンスにやって来たのは山奥に建つ古ぼけた小さな別荘。その夜、5人は地下室の入り口を見つけると、さっそく中へと入り古いノートを発見する。それは身の毛もよだつ殺人鬼が綴った日記だった。いい感じに盛り上がった5人は、調子に乗ってそこに書かれていた復活の呪文とやらを読み上げてしまうのだったが-
 (allcinema)


関連記事

『マーダー・ライド・ショー』(2003) - House of 1000 Corpses -

Posted by momorex on   0  0

House of 1000 Corpses_05s
田舎に潜む殺人一家。よくあるパターンは見るからに恐ろしげな風貌で、出会ったその時に命の危険を感じるが、この町に住む一家は陽気で一見美男美女揃い。しかし出会って5分もすると、しみ出してくる狂気..。助けを求めようにも隣の家までは何キロもあるような寂しい場所で車もほとんど通らない。頭に「絶望」の2文字が浮かんだ時、あなたをさらなる悪夢が襲いかかるっ!

House of 1000 Corpses_07
■マーダー・ライド・ショー - House of 1000 Corpses -■
 2003年/アメリカ/89分
 監督 :ロブ・ゾンビ
 脚本 :ロブ・ゾンビ
 製作 :アンディ・グールド
 製作総指揮:アンドリュー・D・ギヴン 他
 撮影 :アレックス・ポッパス 他
 音楽 :ロブ・ゾンビ 他
 出演 :シド・ヘイグ(キャプテン・スポールディング)
     ビル・モーズリイ(オーティス・ドリフトウッド)
     シェリ・ムーン(ベイビー・ファイアフライ)
     カレン・ブラック(マザー・ファイアフライ)
     デニス・フィンプル(グランパ)
     マシュー・マッグローリー(タイニー・ファイアフライ)
     ロバート・ミュークス(RJ・ファイアフライ)
     クリス・ハードウィック(ジェリー)
     エリン・ダニエルズ(デニース)
     ジェニファー・ジョスティン(メアリー)
     レイン・ウィルソン(ビル)
     トム・トウルズ(ワイデル警部補)
     ウォルトン・ゴギンズ(ナッシュ保安官)

解説:
ヘヴィ・ロック界の風雲児ロブ・ゾンビが映画監督に初挑戦したホラー映画。殺人一家の館に迷い込んだ若者たちを恐怖の殺人ショーが待ち受ける。もともとホラー映画に通じているばかりか、自身のアルバムのアートワークも手掛けるなど、イラストやデザインにも才能を発揮するロブ・ゾンビ監督ならではの、怪奇テイストと悪趣味満載の毒々しい極彩色の猟奇世界が展開する。
 (allcinema)

あらすじ:
全米各地のユニークな場所を取材するため旅を続けていた男女4人のグループが最後に立ち寄った田舎町ラグスヴィル。あるガソリンスタンドに併設されていた「バケモノ博物館」を見てテンションの上がった男子は、店のオーナーに教えてもらった殺人鬼ドクター・サタンの首縊りの木を嵐の中、見学することに。途中で美女ヒッチハイカーを乗せ目的地に向かったが、タイヤがパンク。急遽、ヒッチハイカーの家に避難させてもらった4人だったが-



関連記事

『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005) - The Devil's Rejects -

Posted by momorex on   2  0

The Devil's Rejects_04s
監督は続編ではなく前作のキャラを使った新しい物語だと言うが、内容的にはほとんど続編。とは言え、前作は雨降る暗い夜の中での惨劇であったため、いかにもなサイコホラーだったが、今作では明るい日差しの元で残虐な行為が繰り広げられるため、ホラーというよりバイオレンスなサイコキラー一家という感じに仕上がっており、よりリアルに描かれている。

The Devil's Rejects_05
■デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2 - The Devil's Rejects -■
 2005年/アメリカ/108分
 監督 :ロブ・ゾンビ
 脚本 :ロブ・ゾンビ
 製作 :マイク・エリオット、ロブ・ゾンビ 他
 製作総指揮:ピーター・ブロック 他
 撮影 :フィル・パーメット
 音楽 :ロブ・ゾンビ 他
 出演 :シド・ヘイグ(キャプテン・スポールディング)
     ビル・モーズリイ(オーティス・ドリフトウッド)
     シェリ・ムーン・ゾンビ(ベイビー・ファイアフライ)
     レスリー・イースターブルック(マザー・ファイアフライ)
     マシュー・マッグローリー(タイニー・ファイアフライ)
     ウィリアム・フォーサイス(ジョン・ワイデル保安官)
     ケン・フォリー(チャーリー)
     ダニー・トレホ(ロンド)
     ジェフリー・ルイス(ロイ)
     プリシラ・バーンズ(グロリア)
     デイヴ・シェリダン(レイ)
     ケイト・ノービー(ウェンディ)

解説:
ヘヴィ・ロック界の大物ロブ・ゾンビが映画監督デビューを果たし、カルト的な人気を集めたホラー・ムービー「マーダー・ライド・ショー」の続編。殺人鬼一家の館を舞台にド派手に展開する前作から一転、砂埃舞う荒野を舞台に復讐に燃える保安官の追跡劇と殺人鬼一家の逃避行が残酷描写と寂寥感いっぱいに綴られる。
 (allcinema)

あらすじ:
テキサスの田舎町に住む大量殺人鬼ファイアフライ一家。ついに警察による捜査の手が伸び、激しい銃撃戦の末、兄の一人RJは死亡、マザーは逮捕されたが、兄オーティスと妹ベイビーは逃亡に成功。途中で父キャプテン・スポールディングと落ち合い、殺人を重ねながら昔の知り合いの家を目指す。一方、警部補だった兄を殺されたワイデル保安官は、執拗に一家を追い続ける-



関連記事

『100年後・・・』(2006) - Zombies -

Posted by momorex on   2  1

Zombies_01s
あの有名なゾンビ映画もどきかと思ったら、もどきさえしていなかった..。原題はずばり「Zombies」だけど、よく知るゾンビものというよりも、100年前に見殺しにされた子供の怨念幽霊系。それも全然怖くない...

Zombies_02■100年後・・・ - Zombies -■ 2006年/アメリカ/94分
 監督 :J・S・カーダン
 原案 :ボアズ・デヴィッドソン
 脚本 :ベン・ネディヴィ
 製作 :J・S・カーダン 他
 製作総指揮:ボアズ・デヴィッドソン 他
 撮影 :エミール・トプゾフ
 音楽 :ティム・ジョーンズ
 出演 :ロリ・ヒューリング(カレン)
     スカウト・テイラー=コンプトン(サラ)
     クロエ・モレッツ(エマ)
     ジェフリー・ルイス
     ベン・クロス
解説:
父親を亡くしたばかりの不幸な一家を、世にも悲しい子供たちだけのゾンビが襲うパニック・ホラー。
 (allcinema)

あらすじ:
亡くした夫から相続した山中の寂しい一軒家に引っ越してきたカレンと2人の娘サラとエマ。埃だらけのぼろ屋にショックを受けつつも、とりあえずベッドに入ったその夜から姿のない人の気配に気付くカレン。ここは昔、炭鉱で多くの子供達が生き埋めになった事件現場に近い場所だった-



関連記事

『テルマエ・ロマエ』(2012) - THERMAE ROMAE -

Posted by momorex on   2  2

Terumae romae_04s
新しいアイデアに悩む古代ローマの浴場設計士が現代日本の銭湯にタイムスリップ。以前から少し気になりつつも邦画か~、邦画だもんな~、と観ないでいたが、WOWOWでやっていたのを機に我慢できずに視聴。阿部ちゃん、面白いー!最近観た『るろうに剣心』も想像以上に良かったし、もしかして最近の邦画は面白いんですか?

Terumae romae_03■テルマエ・ロマエ - THERMAE ROMAE -■ 2012年/日本/108分
 監督 :武内 英樹
 脚本 :武藤 将吾
 原作 :ヤマザキマリ
 製作 :「テルマエ・ロマエ」製作委員会
 撮影 :川越 一成
 音楽 :住友 紀人
 出演 :阿部 寛(ルシウス)
     市村正親(皇帝ハドリアヌス)
     北村一輝(ケイオニウス)
     宍戸 開(アントニヌス)
     上戸 彩(山越真実)
     笹野高史(真実の父)
     キムラ緑子(真実の母)
     竹内 力(厳つい男)
     外波山文明(棟梁)

解説:
古代ローマの実直で誇り高き浴場設計技師が、現代の日本にタイムスリップして未知のお風呂文化に驚愕し、その知識を古代ローマに持ち帰るという奇想天外なストーリーで大ヒットとなったヤマザキマリの痛快お風呂ギャグマンガを「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」「天国からのエール」の阿部寛主演で実写映画化したファンタジー・コメディ。共演は「あずみ」の上戸彩。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」の武内英樹。
 (allcinema)

あらすじ:
古代ローマ帝国に生きる浴場設計技師ルシウスは、新しいアイデアが浮かばず仕事が行き詰まっていた。ある日、友人に誘われ公衆浴場テルマエを訪れた彼は、そのあまりの喧噪に辟易して浴槽に潜り、排水溝に吸い込まれてしまう。そして彼が気が付いた場所はなんと現代日本の銭湯だった-


関連記事

『フリークショウ』(2007) - Freakshow -

Posted by momorex on   0  0

Freakshow_01s
80年代のB級映画かと思うほど、作りは古く途中で退屈になる。それでも一度観始めたのなら必ず最後まで観て欲しい。ラストを観て初めてこの映画の価値がわかる。

Freakshow_03■フリークショウ - Freakshow -■ 2007年/アメリカ/85分
 監督 :ドリュー・ベル
 脚本 :キース・レオパルド
 製作 :デヴィッド・マイケル・ラット
 製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー
 撮影 :マーク・アトキンス
 出演 :クリストファー・アダムソン(ロン)
     レベカ・コーチャン(ルーシー)
     デイン・ロッセリ(ハンク)
     マッケナ・グー
     マイティ・マイク・ムルガ
     ロバート・パイク・ダニエル
解説:
1930年代世界中を震撼させ史上最も呪われたカルトムービーと呼ばれた、トッド・ブラウニング監督の「フリークス」(邦題:『怪物団』)のリメイク版?今世紀最高の恐怖今解禁
 (Amazon)

あらすじ:
フリークスが運営する移動サーカス団に雇われて、うまく隠れた逃亡中の犯罪者グループ。ここから更に逃げるため、団長ロンの財産を盗むことを計画したが、それを聞かれた団員の少女を殺害してしまう。死体を隠そうともしない非道な振る舞いにサーカス団の皆は彼らに復讐を誓う-



関連記事

『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』(2011) - L'arrivo di Wang -

Posted by momorex on   2  1

L'arrivo di Wang_01s
なんかトボけたエイリアンもの、香港の映画なのかなー、くらいに思っていた。ところが、イタリア映画ではないですか!それも主役の女性ガイアが綺麗で可愛い! 少し変わったアプローチのエイリアンものだが、予想を裏切らない展開に安心して観ることができるSF・コメディ作品。

L'arrivo di Wang_03■宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 - L'arrivo di Wang -■
 2011年/イタリア/83分
 監督 :アントニオ・マネッティ、マルコ・マネッティ
 脚本 :アントニオ・マネッティ、マルコ・マネッティ
 撮影 :アレッサンドロ・キオド
 音楽 :ピヴィオ、アルド・デ・スカルツィ
 出演 :エンニオ・ファンタスティキーニ(キュルティ)
     フランチェスカ・クティカ(ガイア)
     ジュリエット・エセイ・ジョセフ(アモニーケ)
     アントネット・モローニ(マックス)
     リ・ヤング(王さん)

解説:
その奇想天外で人を食ったアイデアとストーリー設定で評判を呼び、世界各国の映画祭で上映されてカルト的な人気と支持を得た、ユニークきわまりない低予算SFコメディ。
 (WOWOW)

あらすじ:
通訳の仕事をしているイタリア人女性ガイアは、ある日、正体の知れない組織から緊急の仕事を請け負うことに。政府の組織らしい車に乗せられ連れて行かれたのは地下の尋問室。そしてそこに対象として座っていたのは、見たこともない生物、エイリアンだった-


英題:The Arrival of Wang


関連記事

『悪の教典 -序章-』(Web/2012)

Posted by momorex on   0  1

悪の教典-序章_00s
和製Natural Born Killersハスミンの前日譚。と言っても悪の主役は彼だけではない。このサイコキラーを取り巻く普通の人々の隠された「ワル」加減も容赦ない。悪は悪を呼ぶのか。それとも人は誰でも裏の顔があるのか。それを隠そうともしない人々に目がパチクリとなること受け合い。

悪の教典-序章_01

■悪の教典 -序章-■ 2012年/日本/Web
 監督 :野本 史生
 監修 :三池 崇史
 脚本 :渡辺 千穂
 原作 :貴志 祐介「悪の教典」
 音楽 :遠藤 浩二
 出演 :伊藤 英明(蓮実 聖司)
     中越 典子(水落 聡子)
     吹越 満 (釣井 正信)
     高岡 早紀(田浦 潤子)
     KENTA(蓼沼 将大)
     岩松 了
     高杉 亘

解説:
映画『悪の教典』の大殺りく前夜を描いたスピンオフドラマ。伊藤英明、三池崇史をはじめ映画版スタッフが総力を結集して放つ、“もうひとつの悪の教典”。


あらすじ:
アメリカの投資銀行で成功した蓮実聖司(伊藤英明)が、「やりがいのある仕事を見つけた」と突然帰国。私立高校の英語教師となった彼は、生徒から慕われ、校長や同僚からも絶大な信頼を得ていた。新任スクールカウンセラーの聡子(中越典子)も、明るく聡明な彼にシンパシーを感じるひとり。だがそのころ、学園内でにわかに不穏な出来事が起こり始める。物理教師の釣井(吹越満)は、執拗に蓮実の周囲を嗅ぎ回るが-
 (WOWOW)


関連記事

『388』(2011) - 388 Arletta Avenue -

Posted by momorex on   0  1

388_05s
『キューブ(1997)』では立方体に閉じ込められ極限状態にある人間を描き出したナタリ監督が、今度は安らぎの場である自分の家を監視され、目に見えない者と戦う孤独な夫を作品にした。この夫が暴き出したのは、見えない敵か、それとも自分の中に潜む何かだったのか―。

388_02■388 - 388 Arletta Avenue -■ 2011年/カナダ/87分
 監督 :ランドール・コール
 脚本 :ランドール・コール
 製作 :マーク・スミス 他
 製作総指揮:ヴィンチェンゾ・ナタリ
 撮影 :ギャヴィン・スミス
 出演 :ニック・スタール(ジェームズ)
     ミア・カーシュナー(エイミー)
     デヴォン・サワ(ビル)
     アーロン・エイブラムス(アレックス)
     シャーロット・サリヴァン(シェリー)
     クリスタ・ブリッジス(キャサリン)

解説:
とある高級住宅街の388番地に暮らす若夫婦。幸せなはずの2人が、何者かの悪意によって日常を破壊されていく。「CUBE」のV・ナタリ総指揮の不条理サスペンス。
 (WOWOW)

あらすじ:
カナダ、トロントの閑静な住宅街アレッタ通り388番地に暮らすジェームズとエイミー夫妻。ある日、出勤のために自分の車に乗り込んだジェームズは、自分の物ではない音楽CDがセットされていることに気付き、妻エイミーのイタズラと思い込んで口論に。仕事から戻ると妻は置き手紙を残して家出。最初は姉の所にでも行っているのだろうと考えていたジェームズだったが、妻はいつまでも戻らず居所も不明な上、家の中で不可解な出来事が起き始める-


関連記事

『トールマン』(2012) - The Tall Man -

Posted by momorex on   2  1

The Tall Man_04sあの『マーターズ』監督P・ロジェの最新作。普通はここで終わるよね?と思わせるような何段階にも分かれた舞台設定に驚かされ、驚愕のラストに度肝を抜かれた『マーターズ』だったが、本作では“まさか、ここで終わらないよね?”と謎が謎を呼ぶ物語に。一言だけ言っておきましょう。これはホラーではありません。

The Tall Man_02■トールマン - The Tall Man -■
 2012年/アメリカ・カナダ・フランス/106分
 監督 :パスカル・ロジェ
 脚本 :パスカル・ロジェ
 製作 :ジーン=チャールズ・レヴィ 他
 製作総指揮:
 撮影 :カマル・ダーカウイ
 音楽 :トッド・ブライアントン
 出演 :ジェシカ・ビール(ジュリア)
     ジョデル・フェルランド(ジェニー)
     スティーヴン・マクハティ(ドッド捜査官)
     サマンサ・フェリス(トレイシー)
     ウィリアム・B・デーヴィス(チェスナット)
     ジェイコブ・デイヴィーズ(デヴィッド)

解説:
町から子どもがいなくなる……。謎の男《トールマン》が子どもを隠すという噂のある田舎町で、消えたわが子を捜す母親の奔走を描く。ショッキングホラー「マーターズ」で一躍注目を浴びたフランス出身の気鋭監督、P・ロジェが放った新たな戦慄スリラー。
 (WOWOW)

あらすじ:
鉱山が閉鎖され、すっかり寂れてしまった町コールド・ロック。ここでは最近、立て続けに幼い子供が失踪する事件が続いていた。目撃証言などからフードを被った男《トールマン》の仕業だと噂されていたが、その正体は分からずじまいで警察もお手上げ状態だった。そしてとうとう、この町の看護師ジュリアの息子が誘拐される。必死に犯人の車を追いかけた彼女だったが-



関連記事

『V/H/S シンドローム』(2013) - V/H/S -

Posted by momorex on   4  1

VHS_01s
モンスターあり、オカルトあり、エイリアンあり、“人間が一番怖い”あり、の「ホントにあった呪いのビデオ」豪華アメリカ版!それぞれはそんなに怖くないんだけど、全てが「一般人の手持ちカメラ等を通して撮られたビデオ」という体裁で、1本1本が短いから次はどんなのだ?と楽しんで観ることができる。シリーズ2作目『V/H/S 2』は2014年1月日本公開予定。

VHS_00■V/H/S シンドローム - V/H/S -■ 2013年/アメリカ/116分
 製作:ゲイリー・ビンコウ 他
 製作総指揮:トム・オーウェン



最も血なまぐさい新進気鋭のホラー・ジャンル監督6人が集結!
解説:
「地球最後の男たち THE SIGNAL」のデヴィッド・ブルックナー、「キャビン・フィーバー2」のタイ・ウェストはじめ6組の若手ホラー作家が“ファウンド・フッテージ”スタイルで競作し、サンダンス映画祭など各地の映画祭で評判を呼んだホラー・アンソロジー。その他の監督は、アダム・ウィンガード、グレン・マクエイド、ジョー・スワンバーグ、そして4人組映像製作集団“レイディオ・サイレンス”。
 (allcinema)

あらすじ:
ある人物から1本のビデオテープを盗み出すよう依頼された4人の不良グループは、指示された古い一軒家に忍び込み、そこで大量のVHSテープと一体の死体を見つける。戸惑いながらも目的のテープを探すため1本1本再生していくが、そこには想像を絶する恐ろしい映像が収められていた-




関連記事

『ポゼッション』(2012) - The Possession -

Posted by momorex on   4  2

The Possession(2012)_06s
クラシックな面持ちの可愛らしい少女に“何か”が取り憑く・・。サム・ライミ製作のこのオカルト・ホラーを楽しみにしていた管理人。全体的な感想は「やはりエクソシストには及ばない」だけれど、ユダヤ教が絡むところに新鮮味が感じられたし、まぁ、それなりに楽しめたが、これ、ホントに実話なの?

The Possession(2012)_05■ポゼッション - The Possession -■ 2012年/アメリカ/92分
 監督 :オーレ・ボールネダル
 脚本 :ジュリエット・スノードン 他
 製作 :サム・ライミ 他
 製作総指揮:スタン・ワートリーブ 他
 撮影 :ダン・ローストセン
 音楽 :アントン・サンコー
 出演 :ジェフリー・ディーン・モーガン(クライド)
     キーラ・セジウィック(ステファニー)
     ナターシャ・カリス(エミリー)
     マディソン・ダヴェンポート(ハンナ)
     マティスヤフ(ザデック)
解説:
「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作で贈る低予算オカルト・ホラー。所有者に災いをもたらす木箱としてアメリカのオークション・サイトで大きな話題となった“ディビュークの箱”をモチーフに、ガレージセールで古い木箱を手に入れた少女とその家族に訪れる戦慄の恐怖を描く。出演はジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、ナターシャ・カリス。監督は「モルグ」のオーレ・ボールネダル。
 (allcinema)

あらすじ:
3ヵ月前に妻と離婚し、週末ごとにふたりの愛娘と一緒に過ごしている中年男クライドは、あどけない次女エミリーの異変に目を疑った。ふと立ち寄ったガレージセールでアンティークの木箱を購入して以来、エミリーがその箱に異常な執着を示し、時には凶暴な振る舞いを見せるようになったのだ。その後もエミリーの奇行はエスカレートし、天真爛漫だった我が子の信じがたい変わりように危機感を覚えたクライドは、現代医学では解明できない原因があるのではないかと独自の調査を開始する。しかしそのときすでにエミリーの小さな体には、この世ならぬ恐ろしい“何か”が棲みついていた-
 (公式サイト)


関連記事

『ザ・レイド』(2011) - The Raid -

Posted by momorex on   4  0

The Raid_05s8割方がアクションシーンという壮絶バトル作品。急襲作戦で優勢なはずだったSWATチームが大勢の敵の返り討ちに遭い、またたくまに劣勢になる。彼らはこの恐怖のビルから脱出出来るのか?その方法は銃ではなく最終的には自らが持つ技に頼ることになる。きびきびと、次々に繰り出される拳や蹴りに目が釘付けになること受け合い。

The Raid_01■ザ・レイド - The Raid -■
 2011年/インドネシア・アメリカ/101分
 監督 :ギャレス・エヴァンス
 脚本 :ギャレス・エヴァンス
 製作 :アリオ・サガントロ
 撮影 :マット・フラネリー
 音楽 :マイク・シノダ 他
 出演 :イコ・ウワイス(ラマ)
     ヤヤン・ルヒアン(マッド・ドッグ)
     ジョー・タスリム(ジャカ)
     ドニー・アラムシャー(アンディ)
     レイ・サヘタピー(タマ・リヤディ)
     ピエール・グルノ
     テガール・サトリヤ

解説:
“シラット”と呼ばれる東南アジアの伝統武術を駆使した超絶アクションが、世界中の映画ファンの間で話題騒然となったインドネシア発のノンストップ・バトル・アクション。麻薬王が支配する高層アパートに強制捜査(レイド)に入ったSWAT隊と、各階で待ち受ける無数のギャングとの壮絶な死闘を、多彩かつハードなアクションと容赦のないバイオレンス描写で描き出していく。主演は実際にシラットの使い手でもあるイコ・ウワイス。本作の監督を務める英国の新鋭ギャレス・エヴァンスに見出され、前作「ザ・タイガーキッド ~旅立ちの鉄拳~」で俳優デビューを飾り、2作目となる本作で一躍世界的アクション・スターの仲間入りを果たした。共演もそれぞれ格闘家としての実績を持つヤヤン・ルヒアン、ジョー・タスリム。
 (allcinema)

あらすじ:
インドネシア、ジャカルタのスラム街には麻薬王タマ・リヤディが支配する廃屋寸前の高層アパートがそびえる。警察はリヤディ逮捕のために悪の巣窟となったその建物への強制捜査(Raid)に乗り出す。チームは新人警官ラマを含む20人のSWAT隊員。彼らは各フロアを順次制圧しながらリヤディのいる階を目指して上っていくが、大勢のリヤディ手下が襲ってくる上に退路を断たれてしまい-

インドネシア原題:Serbuan maut


関連記事

『マルホランド・ドライブ』(2001) - Mulholland Drive -

Posted by momorex on   0  1

リンチ監督作6本目のレビューは『マルホランド・ドライブ』。
謎解きはブログ界でもさんざんされているでしょうから、今回のレビューは【ネタバレ】ありきで進めます。よって未見の方は鑑賞後にまた戻ってきてくださいねー。
Mulholland Drive_03

Mulholland Drive_04■マルホランド・ドライブ - Mulholland Drive -■
 2001年/アメリカ・フランス/145分
 監督 :デヴィッド・リンチ
 脚本 :デヴィッド・リンチ
 製作 :ニール・エデルスタイン 他
 製作総指揮:ピエール・エデルマン、デヴィッド・リンチ
 撮影 :ピーター・デミング
 音楽 :アンジェロ・バダラメンティ
 出演 :ナオミ・ワッツ(ベティ/ダイアン)
     ミローラ・エレナ・ハリング(リタ/カミーラ)
     アン・ミラー(ココ)
     ジャスティン・セロー(アダム・ケシャー)
     ダン・ヘダヤ(ヴィンチェンゾ・カスティリアーニ)
     メリッサ・クライダー(ウィンキーズのウェイトレス)
     レベッカ・デル・リオ(レベッカ・デル・リオ)
     リー・グラント(ルイーズ)

解説:
ロサンゼルス北部の山を横断する実在の道“マルホランド・ドライブ”。眼下にはハリウッドを一望できるこの曲がりくねった道路をモチーフに、「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督が描く妖しく危険なミステリー。当初、「ツイン・ピークス」同様TVシリーズとして企画されたが、その過激さから局側が尻込みし、新しく劇場版として甦った。
 (allconema)

あらすじ:
真夜中のマルホランド・ドライブで起きた車の衝突事故でただ一人助かった黒神の女。彼女は負傷しながらもなんとかハリウッドの街まで降りていき、有名女優の留守宅に潜り込む。直後、訪れた女優の姪ベティと鉢合わせて名前を聞かれ、自分が記憶喪失になっていることに気付くが-


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。