QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HK/変態仮面」がお家で観られる!オンライン/ストリーミング方式で公開中!

Posted by momorex on   2  0

4月13日から公開されているあの「HK/変態仮面」が、2013年6月1日(土)までの期間限定で、オンラインでも鑑賞できるようになったということなのでご紹介いたします。

変態仮面_01■ HK/変態仮面 ■ 2013年/日本/105分
 監督 :福田 雄一
 脚本 :福田 雄一
 原作 :あんど慶周「HENTAI KAMEN」
 製作 :間宮登良松 他
 撮影 :工藤 哲也
 主題歌:MAN WITH A MISSION「Emotions」
 出演 :鈴木 亮平  (色丞狂介/変態仮面)
     清水富美加  (姫野愛子)
     ムロツヨシ  (大金玉男)
     安田 顕   (謎の教師 戸渡)


解説:
90年代前半に『週刊少年ジャンプ』に連載されていたあんど慶周のギャグ漫画を、TV「勇者ヨシヒコと魔王の城」、「コドモ警察」の福田雄一監督で実写映画化。主演は「シュアリー・サムデイ」「ふたたび swing me again」の鈴木亮平。共演に「仮面ライダーフォーゼ」の清水富美加。また、本作の映画化を熱望した小栗旬が脚本協力で参加。


あらすじ:
紅游高校拳法部員の色丞狂介は、刑事だった父親の血を受け継ぐ正義感あふれる青年。転校生のお嬢様・姫野愛子に一目惚れした彼だったが、ある時、銀行強盗に巻き込まれた愛子を救おうと覆面をして変装するはずが間違って女性用パンティを被ってしまう。すると、ドMの父とドSの女王様だった母から受け継いだ変態の血が覚醒し、潜在能力を極限まで引き出すことができる超人“変態仮面”に変身したのだった。それは決して誰からも賞賛されないヒーローだが、狂介はそこに悪者がいる限り、パンティを被り、変態仮面へと変身する-
 (allcinema)





変態仮面_024月13日に全国公開された「HK/変態仮面」が、2013年6月1日(土)までの期間限定で、オンラインでも鑑賞できるようになりました。パソコンだけでなく、iPadiPhoneからも楽しめます。サービスの利用には、KINEZO CINEMAへの無料会員登録が必要です。
「HK/変態仮面」は、あんど慶周さんのマンガ「HENTAI KAMEN」(集英社文庫コミック版刊)を原作とした作品です。主人公は、ドMの刑事とドSの女王様の間に生まれた色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。ヒロインの姫野愛子を銀行強盗から救うために覆面で変装しようとしたところ、間違って女性用のパンティをかぶってしまい、変態の血が覚醒。人間の潜在能力が100%引き出された超人「変態仮面」に変身し、ヒーローとして活躍します。色丞を演じるのは、俳優の鈴木亮平さん。監督・脚本は福田雄一さんで、脚本には俳優の小栗旬さんが協力しています。


〈KINEZO CINEMAとは〉  公式サイト:KINEZO CINEMA
◆オンラインシアター<KINEZO CINEMA>
劇場公開中の映画を、期間限定(劇場公開終了まで)で配信する、“劇場同時公開”専門のオンラインシアター。
1コンテンツごと課金制で、ストリーミング方式による視聴が可能です。
 1コンテンツの視聴価格 →1,200円

ユーザーはKINEZO CINEMAの会員に登録するか(登録無料)、またはfacebook, twitter, googleアカウントで専用ページにログイン後、コンテンツを選択して、クレジットカード決済により視聴いただけます。
ユーザーは決済から24時間以内であれば、何度でも再生が可能となります!



ちょっと興味あるけど映画館に行くのは・・・という方にはうってつけ。
こっそり言うと、1200円で1人(以上)で観ることが出来るのもポイントかな。

「HK/変態仮面」オフィシャルサイト

予告編


ショートムービー集など
 映画『HK/変態仮面』Youtube公式

DVDは2013年7月12日発売予定


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

スポンサーサイト

『バンド・オブ・ブラザース』(HBO 2001) 全話無料IMAGICA BS放送告知

Posted by momorex on   0  0

先日の記事『ワンス・アンド・フォーエバー』つながりで、今日はIMAGICA BSで無料放送される『バンド・オブ・ブラザース』のご紹介を。

Band of Brothers_00


■バンド・オブ・ブラザース -Band of Brothers-■
2001年/アメリカ/全10話
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス、スティーヴン・アンブローズ
原作:スティーヴン・アンブローズ「バンド・オブ・ブラザース」
出演:
“ディック”リチャード・ウィンターズ少佐(ダミアン・ルイス)
ルイス・ニクソン大尉(ロン・リビングストン)
カーウッド・リプトン少尉(ドニー・ウォルバーグ)
“ビル”ウィリアム・ガルニア軍曹(フランク・ジョン・ヒューズ)
“ドン”ドナルド・マラーキー軍曹(スコット・グライムス)
“バック”リン・コンプトン中尉(ニール・マクドノー)
ロナルド・スピアーズ大尉(マシュー・セトル)
“ブル”デンバー・ランドルマン軍曹(マイケル・ガドリッツ)
フランク・ペルコンテ軍曹(ジェームズ・マディオ)
ジョージ・ラズ軍曹(リック・ゴメス)
ジョセフ・リーブゴット伍長(ロス・マッコール)
“ケニヨン”デビッド・ウェブスター一等兵(イーオン・ベイリー)
“ジョー”ジョセフ・トイ伍長(カーク・アセベド)
ドナルド・フーブラ伍長(ピーター・マッケイブ)
フロイド・タルバート一等軍曹(マシュー・リーチ)
アルバート・ブライス二等兵(マーク・ウォレン)
ハーバート・ソベル大尉(デヴィッド・シュワイマー)

解説:
第2次大戦のヨーロッパ戦史に、新たな1ページを記した戦争ドラマ『バンド・オブ・ブラザース』。スティーヴン・アンブローズの同名ノンフィクション小説を基に、新しい角度からより深く激しく戦争と人間を語り直し、2001年度ゴールデン・グローブ賞に輝いた超大作である。
物語は1942~45年の3年間に渡る。米陸軍101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊のエリート「E中隊」の激闘を、製作費1億2000万ドルを注いで徹底的に再現。全10話・10時間余りという桁はずれのスケールで、戦争の真実をつぶさに描写している。特筆すべきは、従来の戦争映画にあるような情感を排した演出。トム・ハンクスが「真実の重みを伝えたかった」と語る通り、史実に基づく「戦闘シーン」と兵士たち個々の「人間模様」を両輪にエピソードが構成され、冷徹に、詳細に、戦争の現実を突きつけてくる。
 (WOWOWより)

あらすじ:
Band of Brothers_031944年6月6日に決行されたノルマンディ上陸作戦。この作戦に海からではなく、空から参加した米陸軍101空挺師団所属、第506パラシュート歩兵連隊「E中隊(Easy Company)」。
これは、彼らが作戦参加のための猛訓練を耐え、実際のパラシュート降下、その後の熾烈な戦闘につぐ戦闘、それを越えてのドイツ降伏までを体験した3年間の物語である。





WOWOWで初めて放送されたのは、確か2002年夏。
以後もCSで放送されたり、DVDにもなったので、映画、特に戦争物が好きな方などはすでにご覧になられた方も多いと思う。IMAGICAでも1~2年ほど前に放送済みだが、今回ハイビジョンで、それもGWに無料で放送してくれるということなので、ぜひ未見の方にも観て頂きたいと思い記事を書いています。

全10話約10時間という長い物語のうえ、たくさんの登場人物が出てくる。
でも1話1話とても丁寧に作られており、基本的に1話ごとに1~2人のメインキャストが決められ、その話が主軸になっているので、分かりやすくはなっている。が、、自分は1回観ただけでは、メイン以外のキャストの顔がなかなか覚えられなくて、結果何回も観るはめに。
これが俗に言うBOB(Band of Brothers)症候群です(あ、、、冗談です)

では予習を兼ねて少しお勉強を。
ノルマンディ上陸作戦を扱った比較的最近の映画にスティーヴン・スピルバーグ監督、主演トム・ハンクスの『プライベート・ライアン Saving Private Ryan(1998)』がある。この作品は海側からの上陸を描いたもので、その上陸時の戦闘の恐ろしいほどのリアルさが有名だ。

しかし彼ら(スピルバーグとトム・ハンクス)は、満足できなかった。
この戦いをもっと掘り下げ、第二次大戦のヒーローたちに関して語るべき物語を映像にしたい、ということでスティーヴン・アンブローズ「バンド・オブ・ブラザース」を選ぶ。2人は、真実を語るには映画の尺では短すぎると判断。10時間にも及ぶドラマシリーズを構想し、米国の大手ケーブルテレビ会社HBOと共同製作することに決めた。
こうして、TV史上空前の超大作ドラマ『バンド・オブ・ブラザース』が完成した。

では、この史上最大の作戦といわれる
ノルマンディ上陸作戦とは
第二次世界大戦中の1944年6月6日に行われたオーバーロード(大君主)作戦を指す(Operation Overlord)。ナチス・ドイツによって占領された西ヨーロッパへの侵攻作戦。最終的に、300万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディーに上陸した。史上最大の上陸作戦であり、その後これを超える規模の上陸作戦は行われていない。
Band of Brothers_08本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。
ノルマンディー上陸作戦は今日まで第二次世界大戦中の最もよく知られる戦いの一つとして数えられる。「D-DAY(Day of Days)」は作戦決行日を表し、現在では作戦開始当日の1944年6月6日を意味する用語として使われる。

作戦参加国はイギリス、アメリカ、フランス、カナダ、ポーランド、ノルウェー、オーストラリア、ニュージーランド。計画立案のプロセスは連合軍総司令部のスタッフによって1943年の1月に始められた。
Band of Brothers_09一方、ドイツ軍は諜報活動により上陸作戦の存在を当然知っており、実際の上陸地点を知るため盛んに諜報活動を行っていたが、うまく情報はとれず、カレーが上陸地点であると考えるようになっていた。
ドーバー海峡付近の激しい暴風雨により1日延期され、6月6日決行。
ドイツ軍はこの悪天候が9日まで回復しないであろうと予想し、連合軍の上陸はないと判定したため幹部の休暇要請を許可している。その後「48時間以内に上陸開始」との暗号を受け警報を発するも、ドイツ軍各部隊は表立った対応をとらず、警戒態勢をとったのはカレー方面に展開した第15軍のみであった。

上陸の実際
■空挺部隊
海側からの上陸開始に先立ち、午前0時過ぎよりイギリス第6空挺師団(4255名)、アメリカ第82、第101空挺師団がノルマンディー一帯に降下。どの部隊も降下そのものが困難を極め、降下できた兵士も広い範囲に散らばってしまった。第101空挺師団のうち24時間後集合できたのは3000名だけだった。
■上陸部隊
1944年6月6日午前6時30分、5つの管区で一斉に上陸開始。ドイツ軍の防衛態度の意見の混乱から、オマハ以外では犠牲を少数にとどめ上陸を果たした。
 ・ソード・ビーチ  イギリス第3歩兵師団他フランス(28,845人)
 ・ジュノー・ビーチ カナダ第3歩兵師団(15,000人)
 ・ゴールド・ビーチ イギリス第50歩兵師団、第8機甲旅団と第2機甲旅団(計24,970人)
 ・オマハ・ビーチ  アメリカ第1歩兵師団、第29歩兵師団(34,000人)
 ・ユタ・ビーチ   アメリカ第4歩兵師団(32,000人)

Wikiより



ドイツ軍を挟み撃ちにするため、ユタビーチに向かったE中隊。困難を極めた敵のまっただ中への降下から、散り散りになった部隊を集め、目的地を目指すリアルな場面は目を離せない。
またこの物語に登場する主立った兵士達は、そのほとんどが実在の人物で実名が使われている。
各話の最初に実際の当人達が、当時を振り返って語る場面も見逃せない。どの人が誰なのかは、10話の最後に明かされる。

IMAGICA BS『バンド・オブ・ブラザース』の放送日
 5月4日(金)16:00~20:45 第1話~4話
 5月5日(土)17:00~21:00 第5話~7話
 5月6日(日)17:00~21:00 第8話~10話


■各話あらすじとブログ内記事リンク
放送告知 (この記事)ノルマンディ上陸作戦概要
第1話翼のために
 -Currahee
1944年6月4日、ノルマンディ上陸作戦決行直前。
E中隊のウィンターズ中尉は2年前の夏、ジョージア州トコア基地での訓練の日々を思い返していた。
第2話ノルマンディ降下作戦
 -Day of Days
1944年6月5日、ノルマンディ上陸作戦決行前夜。激しい対空砲火の中、E中隊はパラシュートでドイツ軍占領下のノルマンディに降り立つ。だが部隊は散り散りになり、目的地に向かうにも困難が立ちはだかる。
第3話カランタン攻略
 -Carentan
上陸作戦決行日から6日後、E中隊はカランタンの町に入る。ドイツ軍の精鋭部隊が防衛するカランタンでは激しい市街戦が行われる。
第4話補充兵
 -Replacements
1944年9月、E中隊に新参の補充兵たちが配属され、オランダにパラシュートで降下する「マーケット・ガーデン作戦」が展開される。
第5話岐路
 -Crossroads
1944 年10月、ウィンターズ中尉は膠着状態となっていたオランダの運河で危険な任務を遂行した後、第2連隊の幕僚に昇進する。休暇をとりパリを訪れたウィンターズだったが-。
第6話衛生兵
 -Bastogne
1944年12月、ベルギーの町・バストーニュで第101空挺師団がドイツ軍に完全包囲される一方で、E中隊は町の近郊にある森で塹壕を掘って布陣を張った。しかし深い雪と厳寒に苦しめられ、食料や弾薬、冬装備、医療品が不足する-。
第7話雪原の死闘
 -The Breaking Point
1945年1月2日、ベルギーのバストーニュでドイツ軍の度重なる攻撃に耐えたE中隊はついに反撃を開始し、フォイ村の攻略を命じられる。フォイ村までの雪原を進攻し始めたE中隊だったが-。
第8話捕虜を捉えろ
 -The Patrol
1945年2月、E中隊はドイツ国境に近いアルザス地方の町・ハーゲナウに入った。負傷して前線を離れていたウェブスターが隊に復帰したが、仲間の反応は冷ややか。そんな中、ライン川を渡りドイツ軍の捕虜を捕らえるよう命令を受ける。
第9話なぜ戦うのか
 -Why We Fight
1945年4月、E中隊は国境を越えてついにドイツ領内に侵攻した。ドイツ軍の抵抗はほとんどなく、さらにルーズベルト大統領死去の報せが連隊に届く。そんな中、パトロール中の兵士が強制収容所を発見する。
第10話戦いの後で
 -Points
1945年7月、E中隊はドイツのバイエルン地方にあるヒトラーの山荘「イーグルズ・ネスト」を占拠することに成功。ウィンターズはドイツ軍が降伏したことを知らされる。



3月は『ヘル・レイザー』、4月は『ピクニックatハンギング・ロック』をこのブログで特集したので、5月はこれにしようかな・・・。でも大変そう

ではまた

2013/8/7『バンド・オブ・ブラザース』待望コンプリート・ボックスがリリース決定

ブログランキング・にほんブログ村へ



30秒で読めるお気楽レビューはこちらfacebookで
Momoな毎日 | Facebookページも宣伝

BSプレミアム4~5月 好きな映画の「勝手に放送告知」

Posted by momorex on   2  0

ついついチェックし忘れてしまうBSプレミアムの映画
今日の記事は自分の備忘録として。情報はBSプレミアム公式からです。
自分の好きな映画5作品をアップしていますが、BSプレミアムではほぼ毎日映画が放送されています。
よければチェックしてみてくださいね。

4月24日(火) 蒲田行進曲(1982)

〔製作〕角川春樹
〔プロデューサー〕佐藤雅夫、斉藤一重、小坂一雄
〔監督〕深作欣二
〔原作・脚本〕つかこうへい
〔撮影〕北坂清
〔音楽〕甲斐正人
〔出演〕風間杜夫、松坂慶子、平田満、清川虹子、蟹江敬三、原田大二郎 ほか
〔カラー/レターボックス・サイズ〕
2010年7月に急逝した劇作家つかこうへいの直木賞受賞作品を本人が脚色し、「仁義なき戦い」の深作欣二監督が映画化。花形スター、銀ちゃんの子供を妊娠した小夏と一緒になってくれと頼まれた大部屋俳優のヤス。銀ちゃんを心から尊敬する彼は、小夏との生活のため必死で仕事をこなし、やがて小夏もヤスに愛情を抱くようになるが・・・。ヤスが銀ちゃんのために決死の覚悟で挑む“階段落ち”のシーンは、必見の名場面。

4月27日(金) 泥の河(1981)

〔製作〕木村元保
〔監督〕小栗康平
〔原作〕宮本輝
〔脚本〕重森孝子
〔撮影〕安藤庄平
〔音楽〕毛利蔵人
〔出演〕田村高廣、藤田弓子、加賀まりこ、桜井稔、朝原靖貴、芦屋雁之助 ほか
〔白黒/スタンダード・サイズ〕
宮本輝の太宰治賞受賞小説を映画化、アカデミー外国語映画賞にノミネートされたほか国内でも様々な映画賞を受賞し、高い評価を得た名匠小栗康平の監督デビュー作。高度経済成長期、時代の流れから取り残された庶民の生活が、幼い子供たちのつかの間の交流を通して、きめ細やかにつづられていく。

5月8日(火) ドゥ・ザ・ライト・シング(1989)

〔製作・監督・脚本〕スパイク・リー
〔撮影〕アーネスト・ディッカーソン
〔音楽〕ビル・リー
〔出演〕スパイク・リー、ダニー・アイエロ、オシー・デイビス ほか
人種差別問題を真っ向から描き、一躍スパイク・リー監督の名を世界に知らしめた話題作。ブルックリンの黒人街に暮らす個性的な住民たちが、うだるような暑さの中でやり場のない怒りをつのらせ、やがて大きな悲劇を巻き起こすまでをリアルに映し出す。ブレイク前のサミュエル・L・ジャクソンがDJ役で出演。カンヌ映画祭パルム・ドール、アカデミー脚本賞をはじめ多くの映画賞にノミネートされた。

5月22日(火) アラバマ物語(1962)

〔製作〕アラン・J・パクラ
〔監督〕ロバート・マリガン
〔原作〕ハーパー・リー
〔脚本〕ホートン・フート
〔撮影〕ラッセル・ハーラン
〔音楽〕エルマー・バーンスタイン
〔出演〕グレゴリー・ペック、メアリー・バダム、フィリップ・アルフォード ほか
ハーパー・リーのピュリツァー賞受賞小説「ものまね鳥を殺すには」の映画化。不況の1930年代、アメリカ南部、アラバマ州の小さな町での出来事を、2人の子供の目を通して描いた社会派ドラマ。誠実で頼もしい父親であると同時に、黒人差別とたたかう勇気ある弁護士にふんしたグレゴリー・ペックがアカデミー主演男優賞に輝いたほか、脚色賞、美術・装置賞を受賞した。

5月25日(金) 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
(1963)

〔製作・監督・脚本〕スタンリー・キューブリック
〔原作・脚本〕ピーター・ジョージ
〔脚本〕テリー・サザーン
〔撮影〕ギルバート・テイラー
〔音楽〕ローリー・ジョンソン
〔出演〕ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン ほか
冷戦下、正気を失ったアメリカの将軍がソ連への核攻撃を命じた。事態を収拾しようと右往左往する米国大統領や高官たちの姿を通して、核兵器に頼る社会を痛烈に風刺した、鬼才キューブリック監督の傑作コメディー。ピーター・セラーズが大統領、核攻撃の命令を受ける英国大佐、そして人類がいかにして生き残れるかを不敵な笑みで語るストレンジラブ博士の3役を見事に演じ分け、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。




最近の邦画はあまり観ないのですが、4月に放送のある『蒲田行進曲』『泥の河』は好きな映画で、そろそろ又観たいなと思ってたところ。この時代の邦画で松本清張原作、野村芳太郎監督『鬼畜』(1978)も好きな作品です。これは録画したものを持っているのですが、奥の深い問題作でどう記事にするか考えているうちに日が過ぎていく。。でも必ず書きたい作品です。

5月22日の『アラバマ物語』の原作者ハーパー・リーは、「冷血」の作家トルーマン・カポーティの幼なじみで、カポーティの支えにもなっていた人物だと、映画『カポーティ(2005)』で知りました。カポーティが「冷血」を書き上げるのに苦心していた頃に「アラバマ物語」が出版されるというシーンが映画『カポーティ』にあって、機会があれば観てみたいと思っていたところでした。

なんか以前よりも観たい映画とうまく出会えるようになったような気がします。
これもブログを始めたおかげかな。

ではまた



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ


カール・ドライヤー監督作品 IMAGICA BS放送告知

Posted by momorex on   2  0

先日、記事を書かせて頂いたカール・ドライヤー監督作『吸血鬼』。
IMAGICA BSでは3月から同監督の特集をやっており、月1本のペースで7月まで放送。
自分の備忘録として、またいつもこの拙いブログを見てくださっている方のためにこの記事をアップ


Carl_Theodor_Dreyer
帰属: photo©ErlingMandelmann.ch

カール・テオドール・ドライヤー(Carl Theodor Dreyer)
1889年2月3日、デンマークのコペンハーゲンで生まれる。裕福な地主の非嫡出子だったため養子に出されたが、17歳で仕事につき家を出た。その後、ジャーナリストを経て映画の世界へと入り、編集などをしながら映画の技術を学ぶと、さらに脚本を書いて映画の制作を始めた。監督第二作目の「サタンの書の数ページ」(1919)の制作後、経済的理由からデンマークを離れ、ヨーロッパを渡り歩きながら、映画制作を続けた。そこで生み出された「あるじ」(1925)、「裁かるゝジャンヌ」(1928)、「吸血鬼」(1931)、「奇跡」(1954)など代表作の数々は、その独創的なスタイルと他に類を見ない神秘性から、映画史上の伝説かつ孤高の存在として数々の映画監督たちに影響を与え続けている。
1968年3月、この世を去った。(IMAGICA BS)




 3月 『奇跡(1954)』 敬虔なキリスト教徒の一家の姿を描いた名作。

 4月 『吸血鬼(1931)』 ある青年の不思議な吸血鬼体験(このブログの記事はこちら

 5月6日(日)、11日(金) 『怒りの日(1943)』
17世紀のノルウェー。小さな村で暮らす老司祭代理のアブサロンは、自分の息子よりも若い後妻アンヌを迎えている。そんな折、遊学に出ていた息子マッティンが帰郷。2歳しか歳の違わないアンヌとマッティンは接近し、愛し合うようになる。それを知ったアブサロンは、ショックのあまり死亡。つかの間、解放感を味わうアンヌだったが、魔女との告発を受けてしまう……。ドライヤー作品ならではの圧倒的な画面の美しさに魅了される。(IMAGICA BSより)

 6月 『ゲアトルーズ(1964)』
愛を求めて苦悩する女の姿を通して、魂の渇望を描いた、 カール・Th・ドライヤーの遺作にして、集大成。
弁護士の夫との結婚生活に失望したゲアトルーズは、若い作曲家に愛を求める。だがその想いは理解されることがなかった。深く傷ついた彼女は……。空間構成と陰影の様式美に溢れた、芸術的な作品。(AMAZONより)

 7月 『あるじ(1925)』
サイレント時代の傑作喜劇。
普通の人々の日常を描写し、室内劇の可能性を追求した作品。
本作はパリで大ヒットし、ドライヤーは国際的に認められることとなった。
フランセン家の主人ヴィクトアは、家族に対し粗暴に振る舞っており、特に妻のイダに対しては容赦がない。手伝いにやってきたマースはこの状況に耐え切れずに、ヴィクトアに激しい言葉を投げかける。ふてくされたヴィクトアは家を出てしまい、妻のイダも母親と共に家を出るのだが……。(AMAZONより)




残念ながら3月『奇跡』、4月『吸血鬼』は放送が終わってしまい、今のところ予定はありませんが、今後に期待しましょう。

ではまた

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

『ピクニックatハンギング・ロック』(1975) - Picnic at Hanging Rock - 放送告知

Posted by momorex on   4  0

4月6日(金)午後10時 BS241で放送だっ


■ピクニックatハンギング・ロック -Picnic at Hanging Rock-■ 1975年/オーストラリア/116分
 監督   :ピーター・ウィアー
 脚本   :クリフ・グリーン
 原作   :ジョーン・リンジー
 製作   :ハル・マッケルロイ他
 製作総指揮:パトリシア・ラヴェル
 音楽   :ブルース・スミートン
 撮影   :ラッセル・ボイド
 出演   :レイチェル・ロバーツ(アップルヤード)
       アン・ランバート(ミランダ)
       ドミニク・ガード(マイクル)
       カレン・ロブソン(イルマ)
       ジェーン・ヴァリス(マリオン)
       ヘレン・モース(マドモアゼル・ポワテール)
       ヴィヴィアン・グレイ(ミス・マクロウ)
       カースティ・チャイルド(ミス・ラムレイ)
       トニー・リュウェリン=ジョーンズ(トニー)

解説:
オーストラリアで実際に起こった謎の女生徒失踪事件の映画化。映画は、1900年2月24日、ピクニックに出掛けた名門女子学園の生徒たちの内数名が忽然と姿を消してしまったこの事件を、独特の色彩美で、かつ神秘的な雰囲気で描いてゆく。この“美しさ”がキーワードとなり、いわゆる“ホラー”とは違った意味での“怖さ”がある作品。オーストラリア時代には「ザ・ラスト・ウェーブ」や本作のように幻想的な作品を手掛けていたP.ウィアーの秀作。
  Allcinemaより



ずっと昔に映画館でやっていたのを観た。
一緒にいった友人は「なにこれ」と感想をのたまっていたが、自分は夢心地で映画館を出てきたのを覚えている。
監督は『刑事ジョン・ブック 目撃者』(1985)のピーター・ウィアー
オーストラリア・シドニー出身で脚本家でもある。他に『いまを生きる』(1989)、『トゥルーマン・ショー』(1998)、『マスター・アンド・コマンダー』(2003)などの作品がある。


常々、もう一度観たいなぁと思っていたところ、たまたま眺めていたスカパーサイトで放送予定のあることを発見した。放送チャンネルはスカパー!e2の「Ch.241 BSスカパー!」。
e2に入っていたら9月30日まで無料で観ることが出来るBSの241チャンネルだ。
ぐぬぬっと考えた末、ずっと大事に取っておいたスカパー16日間無料体験が使えるサラっぴんのB-CASカードを手に持ち、急いで申込み。
観るぞぉー!録るぞぉー!アップするぞぉー

しかしこんなに古い映画とは知らなかった。
ちなみに翌日4月7日にも『TIME CRIMES タイム クライムス』という面白そうなのが放送予定だ。
充実した週末になりそうだ。
フシギちゃんに興味のある方、観ることが出来る環境の方、ぜひご一緒に。

では視聴後、お会いしましょう。



関連記事:『ピクニックatハンギング・ロック』視聴直後レビュー編(4月7日)
     『ピクニックatハンギング・ロック』の謎を解く!編(4月8日)


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ



『ヘル・レイザー』3作一挙放送! WOWOWで2/3(金)

Posted by momorex on   0  0

いかがお過ごしですか?
今日も寒いですね(大阪)。
寒い中、一緒にもっと凍えてみませんか

WOWOWで「4週連続企画 怒涛のホラー・オールナイト!」という企画をやっておりまして
今週はあのホラームービーの傑作【ヘル・レイザー編】です
1987年・1988年・1992年製作の初期3作品一挙放送 

ヘル・レイザー


初めて観たのはむかぁしレンタルビデオで。
2001年に発売が予定されていたDVDが発売中止になり、2011年9月に10年の時を経てようやく初期3作品のDVD&ブルーレイ発売が実現したといういわく付き。
この初期3作品DVDはTSUTAYA DISCASでもレンタルしていないのだ(4~8作目はあり)。
   → 2012年5月9日からレンタル開始いたしました(追記)

そんな貴重な初期3作の放送日は
ヘル・レイザー  2/3(金)よる11:00
ヘル・レイザー2  2/3(金)深夜0:45
ヘル・レイザー3  2/3(金)深夜2:30
WOWOWなんで加入してないとダメなんですが、あまりの嬉しさに書き込んでしまいました。
ごめんね、入ってない人

ホラー好きなら知らない人はいないこの作品。
マニアックな世界観でとても人気があり、ファン垂涎の作品となっています。
Wikiによると

                        
『ヘル・レイザー』(原題:Hellraiser、イギリス:Clive Barker's Hellraiser)は1987年のイギリスのホラー映画。ヘルレイザーシリーズ第1作。これまでに7作の続編が作られ、2007年にはこの作品のリメイク計画が発表された 。
本作のテーマは「快楽の源となる苦痛、拘束と恐怖の下での道徳性」である。
原作はクライヴ・バーカーの小説『ヘルバウンド・ハート』(1986年)。バーカーは本作の脚本、監督も担当している。

とあります。
クライヴ・バーカー原作だったんだ。知らんかった。
クライヴ・バーカーで最近よく目にするのは『血の本』シリーズです。(自分だけか?
      
などなど
(1)の『ミッドナイト・ミートトレイン 真夜中の人肉列車』これは映画化されていて最近観ました。

レンタルしてウホウホ観たすぐ後にWOWOWでやりはりましたけど。

またこの映画には自分の大好きなヴィニー・ジョーンズ(『スナッチ』2000年)が出演しておりまして相変わらずの怪演を惜しげもなく披露してくれています。
Vinnie Jones
ヴィニー・ジョーンズについては、また今度詳しく『スナッチ』と一緒にご紹介したいと思います。



・・・話を元に戻します。
ということで1作目のあらすじだけ書いときますね。Wikiからです。書くまでもないかな。

■ヘル・レイザー■ 1987年/イギリス/94分
製作:クリストファー・フィッグ
監督:クライヴ・バーカー
脚本:クライヴ・バーカー

フランク・コットンが手に入れたルマルシャンの箱と呼ばれる小箱は、「組み替えることで究極の性的官能を体験できる」という伝説を持つ謎のパズルボックスだった。パズルの組み換えを成し遂げたフランクだが、同時にその肉体を失う。
数年後、フランクの弟であるラリーが妻子を連れて、現在は行方不明となっているフランクの家へ越して来た。ラリーの娘カースティーは、ラリーの新妻であり義母のジュリアが街の男達を家へ連れ込んでいることに気付き、2階の部屋へ侵入。彼女は、いなくなったはずのフランクがジュリアと共謀し、失われた彼の肉体を男達の血肉によって蘇らせようとしていることを知る。パズルボックスの正体を知らぬままにそれを奪って逃げるカースティー。何気なく触れるうち、偶然にもパズルの組み替えに成功した彼女の前に、異世界が姿を現す。

    




初見の人は要注意です!これだけは言っておきましょう。 痛い です。
ではまた放送後にお会いしましょう。


にほんブログ村 映画ブログへ
 



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。