QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『呪(のろい)』(2013/TV Movie) - Grave Halloween -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_462
TVムービーだったんだ。だとしたら、割と良く出来ていると思う。お母さんの顔は迫力あるし、何より舞台の“樹海(青木ヶ原)”がコワイ(-.-)。日本人だったらジンおじさんの言うことを絶対きく!感覚で分かるからね。そういった日本の風習を知らなかった上、忠告を無視した外国人大学生グループの自業自得物語かなー


Grave_Halloween_00

■ 呪(のろい) - Grave Halloween - ■
2013年・TV Movie/カナダ/89分
監督:スティーヴン・R・モンロー
脚本:ライアン・W・スミス
製作総指揮:トム・ベリー 他
撮影:マイケル・C・ブランデル
音楽:アンドリュー・ハリス

出演:
ケイトリン・リーヴ
キャシー・トムソン
デヤン・ロヨーラ
グレアム・ウォードル
ジェシー・ウィーラー
トム・スティーヴンス
ジェフリー・バラード
ヒロ・カナガワ



解説:
『呪怨』『リング』『仄暗い水の底から』など、世界の恐怖映画ファンを熱狂させ、ハリウッドリメイクも果たしたジャパニーズホラー(Jホラー)を基盤に、ゾンビ、オカルト、学園ホラーを盛り込んだ和魂洋才ホラー。メガホンを取るのは、カルト映画『発情アニマル』をリメイクした復讐バイオレンス『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』で手腕を発揮した俊英スティーヴン・R・モンロー。


あらすじ:
ハロウィンの日、山梨国際大学に通う日系アメリカ人マイコは、樹海で自殺した母の霊を成仏せるため、ドキュメンタリー・サークルの仲間4人と青木ヶ原へと向かう。頼りは、箱に残された1枚の樹木の写真。それをもとに母が亡くなった場所を探し始めるが、途中、謎の日本人ジンと出会ってから、仲間が次々と霊の餌食になり、惨殺されていき ―
 (amazon)



関連記事

『オールド・ボーイ』(2013/アメリカ) - Oldboy -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_460
ぅー、、ジョシュ・ブローリンが格好良すぎるなー。韓国版の主人公オ・デスはどこまでもうだつの上がらないサラリーマンとして描かれていたように思う。印象的な雨の拉致場面、横動きのアクション、監禁理由が明かされる場面、あの衝撃的なラストシーンなんかも残念ながら完璧に負けている。そのラストなんですけどね、―


Oldboy_2013_01

■ オールド・ボーイ - Oldboy - ■
2013年/アメリカ/103分
監督:スパイク・リー
脚本:マーク・プロトセヴィッチ
製作:ロイ・リー 他
製作総指揮:ジョー・ドレイク 他
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ロケ・バニョス

出演:
ジョシュ・ブローリン(ジョー・デュセット)
エリザベス・オルセン(マリー・セバスチャン)
シャールト・コプリー(エイドリアン/謎の男)
サミュエル・L・ジャクソン(チェイニー)
マイケル・インペリオリ
ポム・クメメンティーフ
ジェームズ・ランソン



解説:
土屋ガロンと嶺岸信明による同名マンガを韓国の鬼才パク・チャヌク監督が映画化した衝撃のクライム・アクションを「ドゥ・ザ・ライト・シング」のスパイク・リー監督でハリウッド・リメイク。理由もわからぬまま20年間も監禁された末に、突然解放された男が辿るあまりにも凄惨で哀しい復讐の旅路を描く。主演は「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のジョシュ・ブローリン、共演に「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、「第9地区」のシャールト・コプリー。


あらすじ:
1993年10月。泥酔したジョー・デュセットが目を覚ますと、見知らぬ部屋に監禁されていた。何者かが監視しているその部屋では、食事が与えられ、テレビでニュースを見ることも出来た。そのニュースで彼は、妻が殺害され、自分が容疑者にされていること、幼い娘ミナが養子に出されていることを知る。やがて20年の歳月が流れ、彼は何の前触れもなく解放された。自分は、なぜ20年も監禁され、突然解放されたのか。理不尽な仕打ちに対する激しい怒りが、ジョーを凄絶な復讐へと駆り立てていくが ―

(allcinema)



関連記事

『ザ・サスペリア -生贄村の惨劇-』(2013) - Jug Face -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_455
なんとなく気持ち悪い映画。怖くもないし、それほどグロくもない。話はワケがあるような、無いような、よく分からない「不気味村」系。閉鎖された森の中で進められる生贄と子作りのための儀式的なものがリアルだからなのか..。まぁ元より不気味村ホラーは気持ち悪いのが多いけど。


Jug_Face_01

■ ザ・サスペリア -生贄村の惨劇- - Jug Face - ■
2013年/アメリカ/82分
監督:チャド・クロウフォード・キンクル

出演:
ダニエル・マンチ
ショーン・ブリジャース
ラリー・フェセンデン
ローレン・アシュリー・カーター
ショーン・ヤング



解説:
『隣の家の少女』などを手掛けてきた実力派スタッフが贈る戦慄のホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
森の奥深く、地面に空いた穴を“穴神様”として信仰し、定期的に生贄を捧げる事で人々の暮らしを安定させて頂くと信じている村があった。生贄の指名はトランス状態に陥った男の作る人面壷によって決められる。ある日、作られた人面壷の顔が自分だと知った娘エイダは思わず壷を隠してしまうが、それにより怒りに満ちた“穴神様”は、村の人々を襲い始める ―


関連記事

『プリズナーズ』(2013) - Prisoners -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_453
久し振りに見応えを感じたクライム・サスペンス。小さな娘達の誘拐事件を中心に、2組の家族、捜査担当の刑事、犯人と思われる人物達の、日常が失われていく様子がリアルに描かれる。台詞を多く使わない主役2人の演技に引き込まれ、時間の長さは全く気にならない。メリッサ・レオもまたもやいい仕事をしていた。


Prisoners_07

■ プリズナーズ - Prisoners - ■
2013年/アメリカ/153分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:アーロン・グジコウスキ
製作:ブロデリック・ジョンソン 他
製作総指揮:エドワード・L・マクドネル 他
撮影:ロジャー・A・ディーキンス
音楽:ヨハン・ヨハンソン

出演:
ヒュー・ジャックマン(ケラー・ドーヴァー)
ジェイク・ギレンホール(刑事ロキ)
マリア・ベロ(グレイス・ドーヴァー)
テレンス・ハワード(フランクリン・バーチ)
ヴィオラ・デイヴィス(ナンシー・バーチ)
メリッサ・レオ(ホリー・ジョーンズ)
ポール・ダノ(アレックス・ジョーンズ)
ディラン・ミネット



解説:
前作「灼熱の魂」が高い評価を受けたカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って繰り広げられる、冷静沈着に捜査を進めていく刑事(ジェイク・ギレンホール)と、自らの手で一刻も早く我が子を見つけ出そうと暴走していく父親(ヒュー・ジャックマン)の対照的な姿をスリリングに描き出していく。共演はヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ。
(allcinema)

あらすじ:
ペンシルヴェニア州の田舎町で工務店を営むケラー。ある年の感謝祭の日、親しい隣人家族とお祝いをしている最中に、自宅に戻った幼い娘が隣人の娘と一緒に行方知れずになってしまう。捜査を担当した刑事ロキは誘拐の可能性を考え、不審なRV車の目撃情報を中心に調べ始める。RV車の運転手アレックスはすぐに見つかり逮捕するも、彼は10歳ほどの知能しかなく聴取は困難を極め、何も分からないまま釈放されてしまい ―


関連記事

『ミック・テイラー 史上最強の追跡者』(2013) - Wolf Creek 2 -

Posted by momorex on   1  0

entry-image_451r
原題が『Wolf Creek 2』となっていたので、おや?と思ったらこれは『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』という映画の続編なんですね。どちらもホラーにカテゴライズされているけど実話ベースで、元ネタは「バックパッカー連続殺人事件」。犯人は終身刑で今も収監中...


Wolf_Creek2_04

■ ミック・テイラー 史上最強の追跡者 - Wolf Creek 2 - ■
2013年/オーストラリア/106分
監督:グレッグ・マクリーン

出演:
ジョン・ジャラット
ライアン・コール
シャノン・アシュリン



解説:
最凶の人間ハンター、ミック・テイラーの恐怖を描いたホラーアクション。
(allcinema)

あらすじ:
オーストラリアの大自然を満喫していたドイツ人バックパッカーのカップル。ある夜、国立公園内でキャンプしていたところを一人の男に注意される。街まで乗せていってやるとの申し出を丁寧に断った彼らは男の機嫌をそこねてしまい、あっという間に一人が殺され、残された彼女も逃げようとするが ―


関連記事

『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013) - Grand Piano -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_452
イライジャ・ウッドっていうことだけで借りてみた。なんとなく『マニアック』的なものをを想像してたんだけど、やっぱり違ってた。普通のサスペンス・スリラーで、これなら『フォーン・ブース』の方がよっぽど面白い。悪役は今回もジョン・キューザック。


Grand_Piano_00

■ グランドピアノ 狙われた黒鍵 - Grand Piano - ■
2013年/スペイン・アメリカ/91分
監督:エウヘニオ・ミラ
脚本:デイミアン・チャゼル
製作:アドリアン・ゲラ 他
製作総指揮:ヌリア・バルス 他
撮影:ウナクス・メンディア
音楽:ビクトル・レイェス

出演:
イライジャ・ウッド(トム・セルズニック)
ケリー・ビシェ(エマ・セルズニック)
ジョン・キューザック(スナイパー)
タムシン・エガートン
アレン・リーチ
ドン・マクマナス
アレックス・ウィンター
ディー・ウォーレス



解説:
「[リミット]」のロドリゴ・コルテスが製作を務め、イライジャ・ウッドが演奏中に何者かに命を狙われる天才ピアニストを演じるスペイン・アメリカ合作のシチュエーション・スリラー。共演はジョン・キューザック。監督は、本作に登場する『ラ・シンケッテ』の作曲も手がけるなど音楽家としても活躍し、これが長編3作目となるエウヘニオ・ミラ。


あらすじ:
若き天才ピアニストのトム・セルズニック。あるトラウマを乗り越え、恩師パトリック・ゴーダルーの追悼コンサートで5年ぶりのステージに立つことに。そこに用意されていたのは、恩師が遺した最高級のグランドピアノ。ところが、トムは演奏を始めると、譜面に書かれた“1音でも間違えるとお前を殺す”という謎のメッセージに気づく。しかもそれは冗談などではなく、姿なきスナイパーの照準はしっかりとトムを捉えていた。動揺しながらも演奏を続け、やがて犯人に命じられるまま『ラ・シンケッテ』に挑むトム。しかしその曲は、パトリックとトム以外に演奏できる者はいないと言われ、彼のトラウマの原因ともなった難曲中の難曲だった ―

(allcinema)



関連記事

『ホラー・ストーリーズ 2』(2013) - Horror Stories II -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_450
1作目も面白かったけど、2作目になって全体的にスケールアップ。だけど、アジアホラー独特のどろっとした怨霊、幽霊系はなりを潜め、派手に、ハリウッドっぽい作りになったと思う。特に最後の「脱出」と全体を閉めるラストは。
ネタバレしているおそれあり


Horror_Stories2_00

■ ホラー・ストーリーズ 2 - Horror Stories II - ■
2013年/韓国/95分
監督:ミン・ギュドン 他

出演:
パク・ソンウン
イ・セヨン
ソンジュン
イ・スヒョク
ペク・ジニ
キム・スルギ
チョン・インスン
コ・ギョンピョ
キム・ジウォン
イム・ウォニ
キム・イェウォン



解説:
オムニバスホラー『ホラー・ストーリーズ』の続編。
(TSUTAYA)

あらすじ:
保険会社に勤める透視能力を持つセヨン。彼女は上司に指示されて、過去の保険金支払い済み案件の資料に目を通し始めるが、資料に手を触れた途端、案件に纏わる事件が見え始める ―


関連記事

『カニバル』(2013) - Caníbal -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_448
雰囲気はスペイン映画『私が、生きる肌(2011)』に似ている。とても静かに静かに進行していく中に時折挟まる衝撃的な事実。ホラーと言うよりもドラマ的。それでもやっぱり恋愛ものとは違う気がする。


Caníbal_02

■ カニバル - Caníbal - ■
2013年/スペイン・ルーマニア・ロシア・フランス/117分
監督・脚本:マヌエル・マルティン・クエンカ
製作:マヌエル・マルティン・クエンカ 他
撮影:パウ・エステベ・ビルバ

出演:
アントニオ・デ・ラ・トレ(カルロス)
オリンピア・メリンテ(アレクサンドラ/ニーナ)
アルフォンサ・ロッソ
デルフィーヌ・テンペレス
マヌエル・ソロ
ホアキン・ヌニェス
ヨランダ・セラーノ
グレゴリー・ブロサール



解説:
カニバリストの連続殺人鬼という恐るべき悪魔の顔を隠し持つ紳士的な仕立職人を主人公に、静かな日常の中で繰り広げられる戦慄の凶行と、思いがけず訪れた純愛の行方を淡々と見つめた異色のスペイン製官能ホラー。スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞では作品・監督・主演男優賞を含む8部門にノミネートされた。主演は「気狂いピエロの決闘」「アイム・ソー・エキサイテッド!」のアントニオ・デ・ラ・トレ。監督はこれが日本初紹介のマヌエル・マルティン・クエンカ。
(allcinema)

あらすじ:
グラナダで暮らす腕のいい仕立て職人カルロス。几帳面で温厚な彼には美しい女性を狙う連続殺人鬼で、その肉を食すというもう一つの顔があった。彼なりの落ち着いた日々を過ごしていたカルロスだったが、アパートの上階に住む女性アレクサンドラを殺めることになり、連絡の取れなくなった妹を探しに彼女の姉ニーナが現れたことから、彼の日常が狂っていく ―

英題:Cannibal

関連記事

『恐怖ノ黒鉄扉』(2013) - Los inocentes -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_445
出ました「恐怖ノ」シリーズ第3弾。といってもそれぞれ何の関連も無くて、シッチェス映画祭に出品されたということと、邦題の最初の3文字が一緒というだけの作品群。前2作品は結構こったお話のホラーだったけど、こちらはかなり単純で一言で言うなら「スペイン産13金」。ですので今回のレビューはさくっとネタバレしているかもしれません。


Los_inocentes_02

■ 恐怖ノ黒鉄扉 - Los inocentes - ■
2013年/スペイン/69分
監督:
カルロス・アロンソ、ディダック・セルベーラ、マルタ・ディアス、ローラ・ガルシア、ギリェム・エウヘニ、アンダー・イリアルト、ジェラール・マルティ、マーク・マルチネス、ルーベン・モンテロ、アルナウ・ポンス、マーク・プジョラ、ミゲル・サンチェス

出演:
マリオ・マルゾ、シャルロッテ・ベガ、アレックス・バトローリ、ディアナ・ゴメス、ジョアン・アマルゴス、エンリク・アウケル、バルバラ・メスタンサ、アレイシュ・メレ、パウラ・マリア、サムエル・ルビン、シャルロット・ヴェガ、アレックス・バトジョリ、ダニエル・ゴメス



解説:
『インポッシブル』『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ監督や『EVA<エヴァ>』のキケ・マイジョ監督らを輩出した、バルセロナ映画学校出身の12人の監督による共同監督作品でシッチェス映画祭に正式出品された80年代式スプラッターホラー。
(amazon)

あらすじ:
ドライブに出かけた9人の男女が道に迷った末、元ホステルの廃墟を見つける。ここでパーティをしようと盛り上がった彼らは酒や食べ物を買って廃墟に乗り込むが、このホステルでは15年前に一人の少年の死亡事故が起きてから不気味な噂が流れており ―


関連記事

『肉』(2013) - We Are What We Are -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_444
今年公開される映画一覧の中に見つけた『肉』。何十と並ぶ公開作品の中で、それは後光が差すように目に留まり、レンタルを心待ちにしていたのであった。カニバリズムをテーマにしているものの極端なグロホラーには作られておらず、宗教的な要素もそう強くない。大自然の中で守られてきた「自然で必然的な行い」というように描写されている。


We_Are_What_We_Are_00

■ 肉 - We Are What We Are - ■
2013年/アメリカ/105分
監督:ジム・ミックル
脚本:ニック・ダミチ、ジム・ミックル
オリジナル脚本:ホルヘ・ミッチェル・グラウ
製作:ロドリゴ・ベロット 他
製作総指揮:エミリー・ジョルジュ 他
撮影:ライアン・サマル
音楽:フィリップ・モスマン 他

出演:
ビル・セイジ(フランク・パーカー)
アンバー・チルダーズ(アイリス)
ジュリア・ガーナー(ローズ)
ジャック・ゴア(ロリー)
ケリー・マクギリス(ミセス・マージ)
ワイアット・ラッセル
ニック・ダミチ
マイケル・パークス
ラリー・フェセンデン



解説:
「ネズミゾンビ」「ステイク・ランド 戦いの旅路」で注目を集めたジム・ミックル監督が、世界的に話題を呼んだメキシコ発のカニバル・ホラー「猟奇的な家族」を英語リメイク。静かな日常を送りながらも、人知れず忌まわしき犯行に手を染めてきた一家を主人公に、ふとしたことから歯車が狂い始めた彼らの運命を淡々とした筆致で描き出していく。
(allcinema)

あらすじ:
先祖代々、アメリカの片田舎にある森に住むパーカー家。厳しい父親の元、慎ましく暮らす一家だったが、母親が急死したことから一家に伝わる伝統の儀式を10代の長女アイリスが受け継ぐことに。次女ローズも手伝おうとするが、あまりの忌まわしさと過酷な内容に儀式そのものに疑問を抱き始める ―


関連記事

『ザ・コール 緊急通報指令室』(2013) - The Call -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_439
ハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。でも彼女を“主”に置きすぎて被害者少女役アビゲイル・ブレスリン以外の存在感が薄い、薄い。せっかくのサイコな犯人描写も中途半端で2時間火サス程度(ただし火サスは見たこと無い)。前半は良かったのになー。


The_Call_01

■ ザ・コール 緊急通報指令室 - The Call - ■
2013年/アメリカ/94分
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:リチャード・ドヴィディオ
製作:ジェフ・グラウプ 他
製作総指揮:ウィリアム・C・ギャロ 他
撮影:トーマス・ヤツコ
音楽:ジョン・デブニー

出演:
ハル・ベリー(ジョーダン)
アビゲイル・ブレスリン(ケイシー)
モリス・チェストナット(フィリップス巡査)
マイケル・エクランド(フォスター)
マイケル・インペリオリ(デナード)
デビッド・オタンガ(デヴァンス巡査)
ジャスティナ・マシャド(レイチェル)



解説:
「チョコレート」「クラウド アトラス」のハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。何者かに拉致され車のトランクに閉じ込められた少女からのSOSを受けた緊急電話911のベテラン・オペレーターが、一刻を争う緊迫の状況で通話だけを頼りに懸命の救出劇を展開するさまをスリリングに描き出す。共演は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「マシニスト」「リセット」のブラッド・アンダーソン。
(allcinema)

あらすじ:
911緊急通報指令室のベテランオペレーターのジョーダンは、ある夜、家宅侵入の通報を受けるが少しのミスから被害者誘拐、殺害事件と発展してしまい、そのトラウマから一線を退き教官となっていた。そんなある日、拉致されたらしい少女から911に救出コールが入る。その場に居合わせたジョーダンは、新人に代わってマイクを手に取るが ―


関連記事

『シー・オブ・ザ・デッド』(2013) - Mar Negro -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_436
ブラジルの小さな漁村で起きた、ある夜の出来事。綺麗な海の風景が出てくるのは最初だけで、ほぼ全編、赤と黒と茶色に染まった肉片に覆われるゾンビ・ホラー映画。ヒーロー、ヒロイン不在な中で展開される殺戮に次ぐ殺戮。汚いですよー。観ない方がいいと思う。


Mar_Negro_01

■ シー・オブ・ザ・デッド - Mar Negro - ■
2013年/ブラジル/96分
監督・脚本::ロドリゴ・アラガォン
製作:ヘルマン・ピドニー
撮影:マルセロ・カステニーラ

出演:
マークス・コンカ
ティアゴ・フェリ
キカ・オリヴェイラ
キャロル・アラガォン



解説:
初長編作品「デス・マングローヴ ゾンビ沼」がブエノスアイレス・スプラッター映画祭で最優秀作品賞、観客賞をダブル受賞、続く「吸血鬼チュパカブラ」が10カ国以上の国際映画祭に招待されるなど、世界中でカルト的人気を誇る鬼才ロドリコ・アラガオ監督によるゾンビホラー。ブラジル・ホラー映画祭2014で上映。
(Movie Walker)

あらすじ:
ブラジルの小さな漁村。ある夜、漁師ペロアは網にかかった奇怪な生物に噛み付かれ大怪我を負う。妻に傷を縫ってもらい療養していた彼だったが、体調がどんどん悪くなる。同じ頃、村に新しく出来たクラブに卸されたペロアの魚を食べた人々が、次々にゾンビ化、辺りの人間を襲いだしていた ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。