QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サベージ・キラー』(2013) - Savaged -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_504
これ、日本のジャケ写に商業的な悪意(騙し技)を感じる・・・ 俗に言うレイプ・リベンジものとは雰囲気がなかり違っていて、もっとグロなオカルトで、大胆なバイオレンス・アクションもの。すごく楽しいけど基本は“グロ・ホラー”なのでお気をつけを

関連記事
スポンサーサイト

『キョンシー/殭屍』(2013) - Rigor Mortis -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_501
キョンシーが苦手で後回しにしていたんだけど、これは・・・面白い!中国の妖怪臭さは上手い具合にぼかされて話の運びはテンポよし。中国臭はぼかされていながらも漂う異国情緒。次々出てくる異形の者の造形に目を見張るし、その登場の仕方も楽しい。ラスト?中身が面白くてそんなの気にならなかった

関連記事

『ラッシュ/プライドと友情』(2013) - Rush -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_499
F1レースとレーサーを扱った話だというのに、黄色みがかった暖かい質感の画面から伝わるこの感じはなんだろう?ヘルメットと車体に自分の名前を刻みつけた男達がサーキットで見るものは、狭い視界一杯に広がる互いのマシンだけ。それは鏡に映る自身の姿でもあるのだ。

関連記事

『モーガン・ブラザーズ』(2013) - 100 Bloody Acres -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_498
「ぼんくら」という言葉しか浮かばない登場人物の面々・・・。ぼんくらをいかに面白くホラーで見せるのかがキモな作品のはずなのに、ちょっと途中かったるい。おバカさ加減がしつこくて、お兄ちゃんの秘密もやり過ぎで引いちまった。シッチェスにしてはあんまりだったかなー

関連記事

『ゾンビ・リミット』(2013) - The Returned -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_497
ゾンビに人間的感情が残っていたとかのゾンビ映画がありますが、そのもう一歩先を行ったのがこの作品で、とうとう人類はワクチンを開発してゾンビ・ウィルスを抑える治療法を手に入れる。ゾンビもの作品は対立する人間ドラマが見どころでもある。治療法を手に入れたこの作品もそっちに向かっていきますよ

関連記事

『コロニー5』(2013) - The Colony -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_496
これも日本未公開だけど、うまい俳優を使って丁寧に作られた近未来SFサスペンス作品。何が起きるのか、何が出てくるのか?と緊迫感一杯の前半から、大きく動く後半のホラー展開が素晴らしい。カナダの映画って面白いのが多いから目が離せない。

関連記事

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013) - Under the Skin -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_491
これは一言で言うなら「釣り」のお話です。釣り人は地球外生命体、釣り餌はスカーレット・ヨハンソン、獲物は人間。釣り餌がよく出来ているから釣れるわ、釣れるわ、で地球外生命体うはうは状態。で捕った獲物をどうするのかというと、、
あ、結構ネタバレしてると思います!


Under_the_Skin-2013_01

■ アンダー・ザ・スキン 種の捕食 - Under the Skin - ■
2013年/イギリス・アメリカ・スイス/108分
監督:ジョナサン・グレイザー
脚本:ウォルター・キャンベル、ジョナサン・グレイザー
原作:ミッシェル・フェイバー「アンダー・ザ・スキン」
製作:ジェームズ・ウィルソン 他
製作総指揮:テッサ・ロス 他
撮影:ダニエル・ランディン
音楽:ミカ・レヴィ

出演:
スカーレット・ヨハンソン
ジェレミー・マクウィリアムス
ジョー・スズラ
クリシュトフ・ハーディック
ポール・ブラニガン
アダム・ピアソン
マイケル・モアランド
デイヴ・アクトン
ジェシカ・マンス



解説:
スカーレット・ヨハンソンがセクシーな美女に姿を変えた謎の地球外生命体を演じる異色のSFスリラー。道行く男たちを次々と飲み込んでいく孤独な捕食者のミステリアスな心の軌跡を、心象映像ベースのスタイリッシュな筆致で描き出す。原作はミッシェル・フェイバーの処女小説。監督は「セクシー・ビースト」「記憶の棘」の映像派、ジョナサン・グレイザー。
(allcinema)

あらすじ:
スコットランド。バンを運転し街で男に声をかけては家に誘う美しい女がいた。着いて行った男はそのまま姿を消すが、一人で歩いていた男や一人暮らしの男を狙っているという用意周到さで事件にもならない。だがある夜、顔に大きな腫瘍の出来た男に声をかけたことから、彼女の中で何かが変わり、ルール外の行動を取り始める ―


関連記事

『エスケイプ・フロム・トゥモロー』(2013) - Escape from Tomorrow -

Posted by momorex on   3  1

entry-image_490
有名テーマパークの「舞台裏」みたいなお話かと思いきや!ごく平凡な父親が失業したことから陥っていく「暗黒の世界」の舞台裏なお話でした。ぃゃー、これ、、、観る人によっては身につまされて胸が苦しくなるのではないだろうか・・・?


Escape_from_Tomorrow_04

■ エスケイプ・フロム・トゥモロー - Escape from Tomorrow - ■
2013年/アメリカ/90分
監督・脚本:ランディ・ムーア
製作:スジン・チャン
撮影:ルーカス・リー・グラハム
音楽:アベル・コジェニオウスキ

出演:
ロイ・アブラムソン(ジム)
エレナ・シューバー(エミリー)
ジャック・ダルトン(エリオット)
ケイトリン・ロドリゲス(サラ)
ダニエル・サファディ(ソフィー)
アネット・マヘンドリュ(イザベル)
スタッス・クラッセン
エイミー・ルーカス



解説:
ディズニー・ワールドで無許可撮影を敢行したことでも話題となった新人監督ランディ・ムーアによる低予算ファンタジー・ホラー。失業した父親が、それを隠したまま家族と過ごす夢の国のテーマパークで不気味な幻想に苛まれていくさまを全編モノクロ映像で描き出す。
(allcinema)

あらすじ:
家族と一緒にテーマパークで休暇を過ごしていた日の朝、勤務先から電話でクビを言い渡されたジム。妻に打ち明ける事も出来ないまま子供たちと夢の世界を堪能しようとした彼だったが、あまりのストレスのためなのか、夢の世界が暗黒の世界へと変貌していく様を目の当たりにして、さらにストレスを抱えることになる ―


関連記事

私はこうみた!『複製された男』(2013) - Enemy -

Posted by momorex on   8  5

entry-image_483
ぅわわ、久し振りに出ましたよー。まさか、こんな作品とは!何かの陰謀なのか?エイリアンによる侵略なのか?さぁ、どうでしょーねー。今回は自分なりにオチをつけましたので、後半はネタバレ全開になっていると思います。未見の方はお気をつけを


Enemy_02-3

■ 複製された男 - Enemy - ■
2013年/カナダ・スペイン/90分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ハビエル・グヨン
原作:ジョゼ・サラマーゴ「複製された男」
製作:ニヴ・フィッチマン 他
製作総指揮:フランソワ・イヴェルネル 他
撮影:ニコラ・ボルデュク
音楽:ダニー・ベンジー 他

出演:
ジェイク・ギレンホール(アダム/アンソニー)
メラニー・ロラン(メアリー)
サラ・ガドン(ヘレン)
イザベラ・ロッセリーニ(キャロライン)
ケダー・ブラウン(警備員)
ミシャ・ハイステッド(暗室の女性)
メーガン・メイン(暗室の女性)
アレクシス・ウイガ(暗室の女性)



解説:
「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」でタッグを組んだジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしまい、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ。
(allcinema)

あらすじ:
大学の歴史講師アダムは借りて観た映画に自分とそっくりな男が出演しているのを見つける。驚きのあまり瓜二つなその俳優アンソニーについて調べ始めたアダムは、彼の連絡先を入手、連絡を取り会うことになる。顔や体型だけで無く、身体の傷跡までもが同じもう1人の自分に恐怖を感じたアダムは逃げ帰るが、アンソニーは彼に興味を持ち、アダムの恋人に目を付ける ―


関連記事

『牢獄処刑人』(2013) - On the Job -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_482
囚人殺し屋とそれを追う捜査官。でも真実の敵は簡単には手に届かないほどの大きなモノだった ―。フィリピン産「L.A.コンフィデンシャル」いいですよー。アメリカものに比べてもっと人間的で綺麗事など何処にも無い。前観た『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』も面白かったもんねー


On_the_Job_00

■ 牢獄処刑人 - On the Job - ■
2013年/フィリピン/116分
監督:エリック・マッティ
脚本:エリック・マッティ、ミチコ・ヤマモト
製作:エリック・マッティ

出演:
ジョエル・トレ(タタン)
ジェラルド・アンダーソン(ダニエル)
ピオロ・パスクアル(フランシス・コロネル・Jr.)
ジョーイ・マルケス(アコスタ)
レオ・マルティネス(パチェコ将軍)



解説:
驚きの実話をもとに警察内部の腐敗を痛烈に描き、国内で数々の映画賞に輝いたほか、海外でも評判を呼び、ハリウッドでのリメイクも決まったフィリピン発の話題の犯罪映画。

あらすじ:
中年のタタンとまだ若いダニエルの2人組は、白昼の繁華街で大胆不敵な殺しの仕事を遂行し、ひとときの自由時間を思い思いに味わった後、元の刑務所内へと戻っていく。実は囚人である彼らは、刑務所を隠れ家にして権力の手先として働く殺し屋だった。一方、大物議員の娘婿である若手エリート捜査官のフランシスと、たたき上げの刑事アコスタは、コンビを組んで事件の調査に乗り出すうち、警察組織の腐敗の実態を知るようになる ―

(WOWOW)


関連記事

『オープン・グレイヴ-感染-』(2013) - Open Grave -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_465
「穴の底」シチュエーション・スリラーかと思っていたら、また間違えました。記憶が無い5人の男女と話すことが出来ない1人の女性の疑心暗鬼に満ちたサスペンスに始まり、段々と明らかになる驚愕の事実へと向かうパニック・スリラーへ。邦題からゾンビものかとも考えたけどそれも違うよ。


Open_Grave_00

■ オープン・グレイヴ-感染- - Open Grave - ■
2013年/アメリカ/102分
監督:ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
脚本:エディ・ボーレイ 他
製作:ウィリアム・グリーン 他
撮影:ホセ・ダビ・モンテーロ
音楽:フアン・ナバーソ

出演:
シャールト・コプリー
トーマス・クレッチマン
ジョシー・ホー
ジョセフ・モーガン
エリン・リチャーズ
マックス・ロッツリー



解説:
「NAKED マン・ハンティング」「アポロ18」のゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ監督が、「第9地区」「エリジウム」のシャールト・コプリーを主演に迎えて贈るミステリー・スリラー。
(allcinema)

あらすじ:
雨の夜、記憶が無くなり自分の名前も思い出せない男が深い穴の底で目覚めた。辺りには大量の死体が無造作に投げ入れられており、思わず助けの叫び声を上げる。そこへ1本のロープが降りてきて無事に穴の外に出た男は、深い森を彷徨ったあげく、一軒の家を見つけた。中には5人の男女がいたが、4人は彼と同じく記憶が無く、1人の女性は口がきけなかった ―

Grave :墓、死体を埋める穴

関連記事

『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_464
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思いきや、案外人間ドラマ的な部分もあり、ちと肩すかし。それでも充分手応えはありましたけどモ


Killers_02

■ KILLERS/キラーズ - Killers - ■
2013年/日本・インドネシア/138分
監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル)
原案・脚本:ティモ・ジャイアント、牛山拓二
製作:千葉善紀 他
製作総指揮:ギャレス・エヴァンス
撮影:グンナル・ニンプノ

出演:
北村一輝(野村)
オカ・アンタラ(バユ)
高梨 臨(久恵)
ルナ・マヤ(ディナ)
黒川芽以(みどり)
でんでん
レイ・サヘタピー



解説:
インドネシア映画「ザ・レイド」がセンセーションを巻き起こしたギャレス・エヴァンスが製作総指揮に名を連ね、日本とインドネシア両国の気鋭映画人の強力コラボで贈る戦慄のバイオレンス・ムービー。主演は北村一輝、共演にオカ・アンタラ、高梨臨。監督は2009年のスラッシャー映画「マカブル 永遠の血族」で世界的に注目を集め、ハリウッドのホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」、「V/H/S ネクストレベル」に立て続けに抜擢された期待の新鋭コンビ、モー・ブラザーズ。


あらすじ:
東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが ―

(allcinema)



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。