QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミッシング・ポイント』(2012) - The Reluctant Fundamentalist -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_492
アメリカ対テロリスト構図の作品では無いです。主人公はあくまで自国を愛するパキスタンの青年であり、テロリストとは関係無い。巨大な夢の国“アメリカ”とこれから成長していこうとしている自国パキスタン。彼の目線で見るこれら2つの国の現実と、未来への期待を描く社会派ドラマ作品です。


The_Reluctant_Fundamentalist_Movie2012_02-2

■ ミッシング・ポイント - The Reluctant Fundamentalist - ■
2012年/アメリカ・イギリス・カタール/131分
監督:ミーラー・ナーイル
脚本:ウィリアム・ウィーラー
原作:モーシン・ハミッド「コウモリの見た夢」
製作:リディア・ディーン・ピルチャー
製作総指揮:ハニ・ファルシ
撮影:デクラン・クイン
音楽:マイケル・アンドリュース

出演:
リズ・アーメッド(チャンゲス)
リーヴ・シュレイバー(ボビー)
キーファー・サザーランド(ジム)
ケイト・ハドソン(エリカ)
オム・プリ
シャバナ・アズミ
マーティン・ドノヴァン
ネルサン・エリス
ハルク・ビルギナー



解説:
アメリカ社会で人生のエリート街道を歩んでいたさなか、2001年9月11日の同時多発テロ事件が勃発し、いわれなき人種差別により、アメリカン・ドリーム実現の夢を打ち砕かれてしまったひとりのパキスタン人青年。それ以後、祖国に戻り、反米の姿勢を打ち出すようになった彼と、テロ活動への彼の関与を疑うCIA工作員が鋭く対峙するさまを、「トリシュナ」のR・アーメッドや、L・シュライバー、K・サザーランドら、実力派キャストの競演でスリリングに描写。本邦劇場未公開ながら要注目の秀作ドラマ。
(WOWOW)

あらすじ:
パキスタンでテロリストによるアメリカ人大学教授の拉致事件が発生。アメリカ留学の経験があり、同じ大学で教授を務めるチャンゲス・カーンが関与しているとふんだCIAは、ジャーナリストを介して彼に接触を試みるが ―


関連記事
スポンサーサイト

『内なる迷宮』(2012) - L'Etrange couleur des larmes de ton corps -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_489
iTunesで見つけた一応、ホラーに分類されている不思議・混乱型作品。作品冒頭から中盤にかけて観る者を翻弄する内容と仕掛けが用意されている。それを乗り越えた者だけがラストの種明かしを知ることが。観終わって調べてみると、現在進行形で開催されているインターネット映画祭「第5回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」出品作だった。


L'étrange couleur des larmes de ton corps_00

■ 内なる迷宮 - L'Etrange couleur des larmes de ton corps - ■
2012年/フランス/97分
監督:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルザーニ
製作:エリック・ユエリアン 他

出演:
クラウス・タンゲ
ウルスラ・ベデナ
ジャン・ミッシェル・ウォフク
シルヴィヴァ・カマルダ
サム・ルーウィック



解説:
2015年開催【第5回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)】コンペティション部門・長編作品に出品された不思議・難解系サスペンス・ホラー作品。監督は『ABC・オブ・デス』で“O”を担当したエレーヌ・カッテ。


あらすじ:
出張から戻り妻の失踪を知ったダン。混乱しながらも近所の住民に聞いて回り、警察に捜索願を出した彼だったが、真相に近付くにつれ深い闇がさらに彼を覆い始め ―


関連記事

『処刑島 みな殺しの女たち』(2012) - Black Rock -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_459
いやいや、こんなヒドイ映画を初めて観た(ほめてません)。女性が襲われて反撃、勢い余って殺してしまった男の仲間とのサバイバルバトル?悪いのはあなたでしょ、アビーさん。


Black_Rock_00

■ 処刑島 みな殺しの女たち - Black Rock - ■
2012年/アメリカ/83分
監督:ケイティ・アセルトン
脚本:マーク・デュプラス
製作:ケイティ・アセルトン 他
撮影:ヒラリー・スペラ
音楽:ベン・ラヴェット

出演:
ケイト・ボスワース(サラ)
ケイティ・アセルトン(アビー)
レイク・ベル(ルー)
ウィル・ブーヴィエ(ヘンリー)
ジェイ・ポールソン(デレク)
アンセルム・リチャードソン(アレックス)



解説:
無人島を舞台に男と女の生死を賭けたサバイバルバトルが展開するサスペンススリラー。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
幼馴染みの親友2人の関係修復のため、週末無人島旅行を計画したサラ。最初はギクシャクしていたものの徐々に溝が埋まりつつあった矢先、突然男達3人が姿を現した ―


関連記事

『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』(2012) - Before Dawn -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_458
おバカな若者グループも、美男美女も出てこない。代わりに登場するのは離婚の危機を迎えたある中年夫婦。次は風光明媚なイギリスの田舎の風景の中で唐突に現れ、叫びながら全力疾走で追いかけてくる血みどろの一人の男。ゾンビものだけど、ゾンビものではないような。この男を違うものに例えたらどうなる?


Before_Dawn_01

■ BEFORE DAWN ビフォア・ドーン - Before Dawn - ■
2012年/イギリス/82分
監督・製作:ドミニク・ブラント
脚本:ジョアンナ・ミッチェル 他
製作総指揮:マーク・プライス
撮影:アレックス・ネヴィル

出演:
ドミニク・ブラント(アレックス)
ジョアンナ・ミッチェル(メグ)
アイリーン・オブライエン(アイリーン)
ニッキー・エバンズ(スティーブン)
アレックス・バルダッチ(ゾンビ)
アラン・フレンチ(ピーター)



解説:
低予算ながら異色にして秀作のゾンビ映画「コリン LOVE OF THE DEAD」のM・プライスが製作総指揮を手がけた新たなゾンビ映画。冷え切った妻との仲を修復しようと努力する夫が、ゾンビにかまれた妻をなお愛し続ける姿を綴る。一途さから、やがて狂気にとらわれていく夫をD・ブラントが熱演、監督も自身が手がけた。ほとんど貸別荘だけという最小限の舞台ながら、恐怖だけでない見応えあるドラマが展開する。
(WOWOW)

あらすじ:
夫の浮気や失業ですれ違うようになってしまったアレックスとメグ夫婦。アレックスは愛する妻との関係修復を期待して2人の時間を持とうと田舎の貸別荘を借り出かけた。会話が弾まないまま朝を迎え、酒浸りの夫を残してジョギングに出たメグ。だがいきなり現れた血みどろの男に足を噛まれてしまい ―


関連記事

『ザ・ベイ』(2012) - The Bay -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_454
これはホラーというよりも、近い将来起きるかもしれない行き着く所まで行った環境問題悪化の縮図なのかも。でもアレなんですよ、POV。取材のカメラだったり、個人のホームムービーだったり、監視カメラだったりとカメラの種類も色々と変わるものだから、POVに強い私も疲れました...


The_Bay_00

■ ザ・ベイ - The Bay - ■
2012年/アメリカ/84分
監督:バリー・レヴィンソン
脚本:マイケル・ウォラック
原案:バリー・レヴィンソン 他
製作:バリー・レヴィンソン 他
製作総指揮:ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ 他
撮影:ジョシュ・ナスバム
音楽:マーセロ・ザーヴォス

出演:
ウィル・ロジャース(アレックス)
クリステン・コノリー(ステファニー)
ケッテル・ドナヒュー(ドナ)
フランク・ディール(ストックマン市長)
スティーヴン・クンケン(エイブラムス医師)
クリストファー・デナム(サム)
ナンシー・アルカ(ジャクライン)



解説:
「レインマン」の名匠バリー・レヴィンソン監督が「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのスタッフと手を組み、小さな港町で謎の疫病が拡がっていく恐怖をファウンドフッテージ・スタイルで描き出した戦慄の感染パニック・ホラー。
(allcinema)

あらすじ:
政府によって隠蔽されていた、とある港町での2009年独立記念日の映像。それはお祭りムードを楽しむ市民の様子が収められているものだったが、途中からその風景は一変。肌が疱瘡に覆われた女性の助けを求める叫び声が起きた事を皮切りに、次々と同じ症状で苦しむ人々が広がっていくパニック映像に ―


関連記事

『ホーリー・モーターズ』(2012) - Holy Motors -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_438
解説やあらすじを読んだとしても、さっぱり何の映画なのか分からない、想像も付かない。で、観てみました。とても美しい映像、素敵な音楽、達者な役者ドニ・ラヴァン。けれどもそれらを追っていくだけでは頭の中は???で一杯になり、観る前よりも混乱することに。でも以外とイヤじゃ無い。・・・これはもしかしたらSF作品なのかな、とも思ってる。


Holy_Motors_05

■ ホーリー・モーターズ - Holy Motors - ■
2012年/フランス・ドイツ/115分
監督・脚本:レオス・カラックス
製作:マルティーヌ・マリニャック 他
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ 他

出演:
ドニ・ラヴァン(オスカー)
エディット・スコブ(セリーヌ)
エヴァ・メンデス(ケイ・M)
カイリー・ミノーグ(ジーン/エヴァ)
ミシェル・ピコリ(あざを持つ男)
レオス・カラックス(スリーパー)
エリーズ・ロモー(レア/エリーズ)
ナースチャ・ゴベルワ・カラックス(少女)



解説:
「汚れた血」「ポンヌフの恋人」の鬼才レオス・カラックス監督が「ポーラX」以来13年ぶりに手がけた長編作品。白いリムジンに乗り、次々と別の人物に変身しながらパリの街をさまよう主人公の摩訶不思議な1日を、ユニークな語り口でミステリアスかつシュールに描き出していく。主演はカラックスの分身とも評されるドニ・ラヴァン。共演にエディット・スコブ、エヴァ・メンデス、カイリー・ミノーグ、ミシェル・ピッコリ。


あらすじ:
パリの夜明け。大富豪の銀行家オスカーは、女性運転手セリーヌが運転する白いリムジンに乗り込み、自宅の豪邸を後にする。やがて彼は、リムジンの中でおもむろに着替えはじめ、みすぼらしい物乞いの女に変装してリムジンを降りる。その後も、謎の怪人メルドや10代の娘を持つ父親、あるいは殺人者といった人物に次々に変身し、それぞれの役になりきり演じるかのような奇妙な行動を繰り返していくオスカーだったが ―

(allcinema)



関連記事

『ブランカニエベス』(2012) - Blancanieves -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_428
サイレント映画を初めて観た。わかるものですねー。というか頭の中で台詞が踊って、登場人物達の気持ちがより入りやすいように思えた。内容は「白雪姫」ベースの物語だけれど、ラストはアレですよ、あの『パンズ・ラビリンス』。取り方は色々だろうけども...


Blancanieves_00

■ブランカニエベス - Blancanieves -■
2012年/スペイン・フランス/104分
監督・脚本:パブロ・ベルヘル
製作:イボン・カルメンサーナ 他
製作総指揮:イグナジ・エスタペ 他
撮影:キコ・デ・ラ・リカ
音楽:アルフォンソ・デ・ビラリョンガ

出演:
マリベル・ベルドゥ(エンカルナ)
ダニエル・ヒメネス・カチョ(アントニオ・ビヤルタ)
アンヘラ・モリーナ(祖母)
マカレナ・ガルシア(カルメン/白雪姫)
ペレ・ポンセ
ホセ・マリア・ポウ
インマ・クエスタ
ソフィア・オリア(カルメン幼少期)



解説:
誰もが知る童話『白雪姫』に大胆なアレンジを加え、天才闘牛士の血を引くヒロイン、ブランカニエベス(白雪姫)が辿る数奇な運命を、モノクロ&サイレントで独創的かつスタイリッシュに描き出した異色のダーク・ファンタジー・ドラマ。出演はブランカニエベスにこれが映画初出演のマカレナ・ガルシア、その邪悪な継母に「パンズ・ラビリンス」のマリベル・ベルドゥ。監督はこれが長編2作目となるスペイン期待の俊英パブロ・ベルヘル。スペインのアカデミー賞にあたる2013年のゴヤ賞では18部門にノミネートされ、みごと最多10部門を受賞。

あらすじ:
1920年代のスペイン。天才闘牛士アントニオはある時、アクシデントに見舞われ、荒れ狂う牛に体を貫かれて瀕死の重傷を負う。それを観戦していた妻はショックで産気づき、娘カルメンを生むと同時に亡くなる。一方、全身不随となったアントニオは、不幸にも恐るべき悪女エンカルナと再婚してしまう。はたして継母となったエンカルナは好き放題を繰り返し、カルメンにも手ひどく虐げるのだった。やがて美しく成長したカルメンは継母によって命を狙われ、死にかけたところを小人闘牛士団の一行に救われる。カルメンは“ブランカニエベス(白雪姫)”と名付けられ、彼らと共に巡業の旅へ出ることに。そして、いつしか女闘牛士として人気者になっていくブランカニエベスだったが ―

(allcinema)



関連記事

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(2012) - The Place Beyond the Pines -

Posted by momorex on   5  2

entry-image_414
なんでしょう、この悲しい物語は...。またライアン・ゴズリングに騙された気がする。家族に恵まれず、不幸な子供時代を送ったであろう主人公ルークが、自分の息子と息子を産んだ女性を大事に思いたい気持ちはよく分かる。けれども彼女の今の生活を無視したやり方に大人になりきれていない、自己中心的な所が垣間見える。他にもやりようがあるだろうに、不器用すぎて泣けてくるわ・・・

■プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 - The Place Beyond the Pines -■
The_Place_Beyond_the_Pines_032012年/アメリカ/140分
監督・脚本:デレク・シアンフランス
製作:リネット・ハウエル 他
製作総指揮:マット・ベレンソン 他
撮影:ショーン・ボビット
音楽:マイク・パットン
出演:ライアン・ゴズリング(ルーク)
   ブラッドレイ・クーパー(エイヴリー)
   エヴァ・メンデス(ロミーナ)
   レイ・リオッタ(デルカ)
   ベン・メンデルソーン(ロビン)
   ローズ・バーン(ジェニファー)
   マハーシャラ・アリ(コフィ)
   デイン・デハーン(ジェイソン)
   エモリー・コーエン(AJ)

解説:
「ブルーバレンタイン」でコンビを組んだデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングの主演で贈るクライム・ドラマ。ある罪を巡る父親同士の因果が、その息子たちへと引き継がれて展開していくさまを、それぞれに視点を変えた3つの物語で描き出していく。共演はブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ。
(allcinema)

あらすじ:
曲芸バイクショー出演で各地を転々として暮らす天才ライダー、ルーク。ある町でかつての恋人ロミーナと再開、彼女が自分の子供を産んで育てていることを知る。彼女と息子を養うため、曲芸ショーを辞めて仕事を探すがうまくいかず、銀行強盗に手を染めるようになる。がある時、強盗後の逃走に失敗し、たまたま現場近くにいた新人警官エイヴリーと銃を持って対峙することに ―


関連記事

『パッション』(2012) - Passion -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_410
公私ともに欲しい物は全てを手に入れる野心家の美女と、その下で働く広告クリエイター女性との愛憎入り交じるサスペンス劇。部下のイザベルが仕事が出来るだけに、2人の関係は○と△と×が入り乱れ、愛憎物語に見せかけたまったりした前半と、息をもつかせぬ後半の怒濤の展開がデ・パルマらしい演出。思わず以前観た同監督のサイコホラー映画『悪魔のシスター』を思い出した。

Passion_00■パッション - Passion -■
2012年/フランス・ドイツ/101分
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ブライアン・デ・パルマ
製作:サイド・ベン・サイド
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:ピノ・ドナッジオ
出演:レイチェル・マクアダムス(クリスティーン)
   ノオミ・ラパス(イザベル)
   カロリーネ・ヘルフルト(ダニ)
   ポール・アンダーソン(ダーク)
   ライナー・ボック(バッハ刑事)
   ベンヤミン・サドラー(検察官)
   ミヒャエル・ロチョフ
   マックス・ウルラヒャー
   ドミニク・ラーケ

解説:
リュディヴィーヌ・サニエとクリスティン・スコット・トーマスが共演し、監督を務めたアラン・コルノーの遺作ともなった2010年のフレンチ・スリラー「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」を、「ブラック・ダリア」「リダクテッド 真実の価値」のブライアン・デ・パルマ監督がリメイクした官能クライム・サスペンス。主演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のノオミ・ラパス。大手広告会社で働く女性社員が、自分を陥れた悪辣な女性上司に対して仕掛ける壮絶な復讐劇を描く。

あらすじ:
狡猾で野心にあふれたクリスティーンは、ニューヨークに本社を持つ世界的広告会社のベルリン支社で働く女性エグゼクティヴ。その優秀な部下イザベルは、新規の案件で斬新なアイデアをひねり出し、クリスティーンから任されたロンドンでのプレゼンを成功に導く。ところがクリスティーンはその手柄を横取りし、ニューヨーク本社への復帰を勝ち取ってしまう。その後もクリスティーンの心ない仕打ちに苦しめられ続けるイザベルだったが ―

(allcinema)



関連記事

『MUD -マッド-』(2012) - Mud -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_403
最近、気になる女の子が出来た14歳男子が謎の男マッドと知り合い、色々な愛の形を知ることで少し大人に成長する物語。・・・とは知らずに観始めたこの映画。そんな事もあってか、反対にどっぷり話に浸かって感動さえしてしまった。監督は『テイク・シェルター』のジェフ・ニコルズ。とてもまともな役でマイケル・シャノンも出ているヨ。〈未体験ゾーンの映画たち2014〉

Mud_04■MUD -マッド- - Mud -■
2012年/アメリカ/130分
監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
製作:リサ・マリア・ファルコーネ 他
製作総指揮:トム・ヘラー 他
撮影:アダム・ストーン
音楽:デヴィッド・ウィンゴ
出演:マシュー・マコノヒー(マッド)
   タイ・シェリダン(エリス)
   ジェイコブ・ロフランド(ネックボーン)
   リース・ウィザースプーン(ジュニパー)
   サム・シェパード(トム・ブランケンシップ)
   レイ・マッキノン(エリス父)
   サラ・ポールソン(エリス母)
   マイケル・シャノン(ネックボーン叔父)
   ジョー・ドン・ベイカー(キング)


解説:
長編2作目の「テイク・シェルター」が高い評価を受けた注目の新鋭ジェフ・ニコルズ監督が、少年のひと夏の冒険と成長をビターに描いた青春サスペンス・ドラマ。謎めいた危険な男と出会った14歳の少年2人が、彼の逃亡を手助けようとする中で、単純には割り切れない大人の世界を垣間見ていくさまをミステリアスかつほろ苦いタッチで綴る。少年役は「ツリー・オブ・ライフ」のタイ・シェリダンと新人ジェイコブ・ロフランド。彼らを危うい冒険に誘い込む謎めいた男に「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒー。その他、サム・シェパード、マイケル・シャノン、リース・ウィザースプーンら実力派が脇を固める。


あらすじ:
南部のアーカンソーに暮らす14歳の少年エリス。ある日彼は、親友のネックボーンとミシシッピ川に浮かぶ島へと探検に繰り出す。そして2人は、洪水で木の上に打ち上げられたボートに寝泊まりしている怪しげな男マッドと遭遇する。マッドは愛する女性ジュニパーのために殺人を犯して追われる身で、この島でジュニパーと落ち合い、一緒に逃亡する準備をしていると告白する。エリスはその話に引き込まれ、愛する2人の逃亡を成功させようとマッドに協力するのだったが ―

(allcinema)



関連記事

『ホラー・ストーリーズ』(2012) - Horror Stories -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_388

殺人鬼に監禁された女子学生が話す4つの物語を収めたオムニバス・ホラー。『V/H/S』シリーズみたいな感じ。ですが、さすがアジアン・ホラー。どの話もネットリと、恨みだったり持って生まれた資質だったりイヤな感じですよー。WOWOW放送で観たけれどDVDにはまだなってない。8月予定みたいです。

horror_stories_00■ホラー・ストーリーズ - Horror Stories -■
2012年/韓国/109分
監督・脚本:ミン・ギュドン 他
製作:ミン・ジンス
撮影:キム・テギョン 他
出演:キム・ジウォン(女子学生)
   ペ・スビン(ミン会長/秘密のレシピ)
   チェ・ユヤン(ソジョン/恐怖のフライト)
   ジン・テヒョン(殺人鬼/恐怖のフライト)


解説:
スラッシャーもの、航空パニックもの、ゾンビものなどバラティーに富む4つの恐怖物語が、殺人鬼に監禁された女子学生によって語られるという凝った構成もユニーク。4編+ブリッジ的シークエンスを韓国の気鋭6人、実写映画版「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」のミン・ギュドンらが監督。見せ場を詰め込み過ぎた感じまでが楽しい、韓国映画らしいエネルギッシュな一編。WOWOWの放送が日本初公開。
(WOWOW)

あらすじ:
見知らぬ部屋で目覚めたある女子学生はケーブルで拘束されていることに気が付く。そこに現れた監禁犯の男は、自分が眠りに付くために怖い話を聞かせてくれと言い出し、命を守るため女子学生はポツリポツリと話し出すが ―


関連記事

『セブン・サイコパス』(2012) - Seven Psychopaths -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_378
わざわざ広告に「サイコパス募集」と載せなくても、周りに一杯いましたやんか、なお話。サム・ロックウェルのキレ可愛っぷりが最高で、クリストファー・ウォーケンもウディ・ハレルソンさえも霞んで見える。コリン・ファレルがまだ一番まともというのも面白い。女性の存在は一人を除いて添え物程度。男のこだわりを映像化した感じです。

Seven_Psychopaths_00■セブン・サイコパス - Seven Psychopaths -■
 2012年/イギリス/110分
 監督:マーティン・マクドナー
 脚本:マーティン・マクドナー
 製作:マーティン・マクドナー 他
 製作総指揮:テッサ・ロス
 撮影:ベン・デイヴィス
 音楽:カーター・バーウェル
 出演:コリン・ファレル(マーティ)
    サム・ロックウェル(ビリー)
    クリストファー・ウォーケン(ハンス)
    ウディ・ハレルソン(チャーリー)
    アビー・コーニッシュ(カーヤ)
    オルガ・キュリレンコ(アンジェラ)
    トム・ウェイツ(ザカリア)
    ハリー・ディーン・スタントン(クエーカー)
    マイケル・ピット(ラリー)
    ガボレイ・シディベ(シャリース)


解説:
アイルランドの劇作家マーティン・マクドナーが、監督デビュー作「ヒットマンズ・レクイエム」に続いて再びコリン・ファレル主演で描くクライム・コメディ。スランプ中の脚本家が、お節介な悪友のせいで危険な裏社会へと巻き込まれていくさまを、ユーモアとバイオレンスを織り交ぜ軽妙に綴る。共演はクリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、トム・ウェイツ。


あらすじ:
アメリカ、ロサンジェルス。脚本家のマーティは「セブン・サイコパス」というタイトルだけが決まっている作品の執筆を請け負うが、1行も書けないまま締め切りだけが迫ってくる。そこで見かねた親友の売れない俳優ビリーは、ネタ集めにと“サイコパス(イカれた奴)募集”の新聞広告を勝手に出してしまう。するとさっそくマーティのもとには、全米中の凶悪犯を殺しまくったと自慢するアブない男ザカリアが現われる。一方ハンスという男の下で愛犬誘拐詐欺のバイトにも精を出すビリーは、危険なマフィア、チャーリーの愛犬に手を出してしまい大ピンチ。こうしてマーティの周りには、図らずも映画のネタにはもってこいのサイコパスな奴らが次々と集まってくるのだが ―

(allcinema)



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。