QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サイレント・ハウス』(2011) - Silent House -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_481
主人公サラが正体の分からない何者かから隠れて、逃げて、の緊張感で息も出来ないハラハラしたシーンが全編を覆うが、思ったよりも飽きずに一緒に逃げているつもりで最後まで観られる。リアルタイム進行型なんだ、なるほど。正体不明の何者かの“正体”はラストに分かる。これは結構新しい“ブツ”ではないだろうか?


Silent_House_00

■ サイレント・ハウス - Silent House - ■
2011年/アメリカ/86分
監督:クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
脚本:ローラ・ラウ
製作:アニエス・メントレ 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:イゴール・マルティノヴィッチ
音楽:ネイサン・ラーソン

出演:
エリザベス・オルセン(サラ)
アダム・トレーズ(サラの父)
エリック・シェファー・スティーヴンズ(叔父ピーター)
ジュリア・テイラー・ロス(ソフィア)
ヘイリー・マーフィ(少女)



解説:
ウルグアイ製の秀作シチュエーションホラー「SHOT/ショット」を「オープン・ウォーター」のC・ケンティスとL・ラウの夫婦監督がリメイク。手持ちカメラによるワンカット撮影、本編時間と劇中時間が重なるリアルタイム進行という特徴はそのままにディテールを磨き上げた。オルセン姉妹を姉に持ち、自身も「マーサ、あるいはマーシー・メイ」など活躍著しいエリザベス・オルセンが《何か》におびえるヒロインを熱演する。
(WOWOW)

あらすじ:
修理して売却するため、荒れ果てた湖畔の別荘を訪れたサラと父親、叔父の3人。窓は全て割られ、他人が勝手に入り込んでいたその建物を3人は調べ始めたが、ある部屋で父親が暴漢に襲われ負傷する。まだ何者かが潜んでいるのかと怯えたサラは、叔父と共に父親を助け逃げようとするが、叔父までもが何者かに襲われて ―


関連記事
スポンサーサイト

『ヘッドハンター』(2011) - Hodejegerne -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_437
表の顔(ヘッドハンター)でも、裏の顔(美術品泥棒)でもきちんとしたマイルールを作り成功している男が、今まで触れることの無かった銃と妻の浮気疑惑の世界に翻弄されるサスペンス・ミステリー・ちょっとコメディ作品。鼻持ちならないイヤな感じの主人公がどんどん追い詰められて愛すべき主人公へと変貌していく様が楽しい。


Hodejegerne_00

■ ヘッドハンター - Hodejegerne - ■
2011年/ノルウェー・ドイツ/100分
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本::ウルフ・リューベリ 他
原作:ジョー・ネスボ「ヘッドハンターズ」
製作:マリアンヌ・グレイ
製作総指揮:アンニ・ファウルビー・フェルナンデス 他
撮影:ヨン・アンドレアス・アナスン
音楽:トロンド・ビャルクネス 他

出演:
アクセル・へニー(ロジャー)
ニコライ・コスター=ワルドー(クラス)
シヌーヴ・マコディ・ルンド(ダイアナ)
アイヴィン・サンデル(オヴェ)
ユーリー・ウルゴード(ロッテ)



解説:
ノルウェーの人気ミステリー作家J・ネスボのベストセラー小説をもとに、実は裏稼業で美術泥棒を営むビジネスエリートが、とんだ危難に陥って慌てふためくさまを、スリルとユーモア満点に活写。その予測不能の展開と、スタイリッシュで小気味の良いアクションが一躍評判を呼んで、ノルウェー映画史上最大の興収記録を樹立。世界の50カ国以上で公開され、ハリウッド・リメイクされることも決まるなど、大きな話題と注目を集めた。二つの顔を持つ主人公を愉快に好演するのは、「ナチスが最も恐れた男」のA・ヘニー。
(WOWOW)

あらすじ:
業界トップクラスで有能なヘッドハンター、ロジャー。だが彼はその表向きの顔と同時に、豪華な家や車、美しい妻との贅沢な暮らしのための美術品泥棒という裏の顔を持っていた。ある夜、妻の画廊オープンパーティーで知り合った元軍人の男クラスが有名な絵画を自宅に持っていると知り、早速盗みに入るロジャー。しかし彼はそこでクラスと妻の不倫の証拠を見つけてしまう。と同時に命を狙われ始め ―

英題:Headhunters

関連記事

『ファーザーズ・デイ / 野獣のはらわた』(2011) - Father's Day -

Posted by momorex on   6  3

entry-image_387
ぅへえ~、汚いもの観ちゃった~ エロもグロも、神も悪魔も、仏も閻魔様も、男も女も、新作も旧作映画も全部ごちゃ混ぜにして全力疾走。何とも形容しがたい映画が出来てます・・ 感想はきっと短い・・

■ファーザーズ・デイ/野獣のはらわた - Father's Day -■
Fathers_Day_002011年/アメリカ・カナダ/99分
監督・脚本:アダム・ブルックス、ジェレミー・ギレスピー、マシュー・ケネディ、コナー・スウィーニー、スティーヴン・コスタンスキ
製作:ロイド・カウフマン 他
音楽:ジェレミー・ギレスピー
出演:アダム・ブルックス(エイハブ)
   マシュー・ケネディ(ジョン神父)
   コナー・スウィーニー(トゥインク)
   エイミー・グレイニング(チェルシー)
   ギャレット・ナティーク(ウォルナット)
   ブレント・ニール(スティーゲル警部)
   メレディス・スウィーニー(メアリー)
   ロイド・カウフマン(神/悪魔)


解説:
映像作家集団アストロン6が、「悪魔の毒々モンスター」シリーズなどでカルト的な人気を誇るロイド・カウフマンからの出資を受け制作したバイオレンス・アクション。父親である者たちばかりを狙う殺人鬼と復讐を果たそうとする犠牲者の息子たちとの戦いを、過激なまでに描く。
(Movie Walker)

あらすじ:
父親ばかりを狙う猟奇殺人鬼“ファックマン”に目の前で父親を殺された若者トゥインク。彼を慰めに来た神父ジョンは老神父オフリンに相談の結果、かつて同じく“ファックマン”に父親を殺された片目の男エイハブを探し出す。こうして集まった3人は“ファックマン”を討伐すべく彼を追い始めるが ―


関連記事

『デビルズ・ロック ナチス極秘実験』(2011) - The Devil's Rock -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_371
アイアン・スカイ』や『武器人間』のようなオチョクリ系ホラーコメディかと思いきや、結構きっちり作られていたよ。オカルトに傾倒していたヒトラーの命令で、ナチスが地獄からエラいものを召喚してしまったために起こる惨劇が描かれる。歴史を変えかねない救いの無いラストも気に入った

The_Devils_Rock_01■デビルズ・ロック ナチス極秘実験 - The Devil's Rock -■
 2011年/ニュージーランド/87分
 監督:ポール・カンピオン
 脚本:ポール・カンピオン 他
 撮影:ロブ・マーシュ
 出演:クレイグ・ホール
    マシュー・サンダーランド
    ジーナ・ヴァレラ
    カルロス・ドリンクウォーター


解説:
『シン・シティ』『X-MEN』のVFXを手掛けたポール・カンピオン監督によるホラー。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
1944年、ノルマンディ上陸作戦前夜。ドイツ軍の目をそらすため、周辺の孤島に建つ軍事施設破壊の命を受けた連合軍特殊部隊ジョーとベン。爆薬を設置するために早速、施設に忍び込んだ二人は地下でドイツ兵の死体の山を発見。さらに拷問されているような女性の叫び声が響き渡り、ジョーは救出に向かおうとするが ―


関連記事

『サプライズ』(2011) - You're Next -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_367
You're Next」の血文字を見たら、次にやられるのは自分・・。理由も目的も分からないまま、突如、命の危機にさらされる。前回レビューの『ビューティフル・ダイ』に比べると、理由の分からない恐怖あり、スプラッターあり、反撃ありだが、まだまだスピード感が足りず、途中でちとダレる。が、人道にもとるどんでん返しのまま終わらせず、最後までスプラッターに徹した点はよし

You're_Next_04■サプライズ - You're Next -■
 2011年/アメリカ/94分
 監督:アダム・ウィンガード
 脚本:サイモン・バレット
 製作:キース・コルダー 他
 撮影:アンドリュー・ドロス・パレルモ
 出演:シャーニ・ビンソン(エリン)
    AJ・ボーウェン(クリスピアン・デビソン)
    ジョー・スワンバーグ(ドレイク・デビソン)
    ニコラス・トゥッチ(フェリックス・デビソン)
    ウェンディ・グレン(ジー)
    バーバラ・クランプトン(オーブリー・デビソン)
    ロブ・モラン(ポール・デビソン)
    エイミー・サイメッツ(エイミー・デイビソン)
    マーガレット・ラニー(ケリー・デイビソン)
    タイ・ウェスト(タリク)

解説:
ホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」や「V/H/S シンドローム」に抜擢されるなど、ハリウッドの期待を集める若手ホラー監督アダム・ウィンガードが注目されるきっかけとなったスリリングかつトリッキーなホーム・インベージョン・スリラー。
(allcinema)

あらすじ:
両親の結婚35周年を祝うため、郊外の別荘に集まった4人の子供達とそのパートナー。和やかに晩餐が始まったところに突然、動物の仮面を付けた男達が現れ、家の外から彼らに向けてボウガンを撃ち始める。被害者が出る中、助けを求めになんとか脱出しようと図るが ―


関連記事

『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』(2011) - Mientras Duermes -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_305
エロティック・サイコ・スリラーなんて解説されているが、もうほとんどこれはサイコ・ホラーな内容だー。眠っている間に男に弄ばれるというのも大概ひどいが、その結果、彼女に起きた事とその結末、ラストの救いの無いオチはあまりにヒドイ。可哀想に・・・(注:エロティックシーンはほとんど無いですヨ)

Mientras duermes_01■スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 - Mientras Duermes -■
 2011年/スペイン/101分
 監督:ジャウマ・バラゲロ
 脚本:アルベルト・マリーニ
 製作:フリオ・フェルナンデス
 製作総指揮:フリオ・フェルナンデス
 撮影:パブロ・ロッソ
 音楽:ルーカス・ビダル
 出演:ルイス・トサル(セサル)
    マルタ・エトゥラ(クララ)
    アルベルト・サン・フアン(マルコス)
    ペトラ・マルティネス(ヴェロニカ)
    イリス・アルメイダ(ウルスラ)
    カルロス・ラサルテ

解説:
「ダークネス」「REC/レック」のジャウマ・バラゲロ監督が、自分勝手な妄想に囚われて眠り続ける美女に歪んだ欲望をぶつける男の屈折した愛を描いたエロティック・サイコ・スリラー。出演は「プリズン211」に続いての共演となるルイス・トサルとマルタ・エトゥラ。
(allcinema)

あらすじ:
バルセロナのアパートで住み込み管理人をしている中年男セサル。真面目に黙々と働く彼は住人からとても信頼されていたが、実は彼には秘密があった。それは、ある女性の部屋に合い鍵で毎夜、忍び込み、薬品を使って昏睡させ女性を我が物にするというものだった ―

英題:Sleep Tight


関連記事

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』(2011)

Posted by momorex on   4  0

entry-image_304
戦争映画というよりは、「山本五十六」の人生と人となりを追った作品。当時のマスコミが世論をあおり、世論を作るという、現代のマスコミを彷彿とさせるような傲慢さも盛り込まれている。あわせて素直にそれを信じて「今度も日本は勝つだろう」と暢気に構える国民の様子も一部描かれていたりして、なかなか興味深い。

聯合艦隊司令長官山本五十六_03■聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実■
 2011年/日本/141分
 監督:成島 出
 脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
 製作:小滝祥平
 撮影:柴主高秀
 音楽:岩代太郎
 出演:役所広司(山本五十六)
    坂東三津五郎(堀 悌吉)
    柄本 明(米内光政)
    柳葉敏郎(井上成美)
    阿部 寛(山口多聞)
    伊武雅刀(永野修身)
    香川照之(宗像景清)
    玉木 宏(真藤利一)
    原田美枝子(山本禮子)
    瀬戸朝香(谷口志津)

解説:
1941年に太平洋戦争が開戦する2年前、連合艦隊司令長官になった山本五十六。太平洋戦争開戦のきっかけになった真珠湾攻撃で米軍に大打撃を与え、ミッドウェー海戦でも重要な立場にいたが、実は戦争に反対していたという視点を盛り込んで山本の実像に迫ろうとしたのが本作。山本役の役所、TV「半沢直樹」の香川照之ら日本を代表する実力派キャストの熱演が見ものなドラマ部分に加え、最新CGと従来からある特撮を組み合わせた戦闘場面も迫力満点だ。監督は「ミッドナイト イーグル」の成島出。


あらすじ:
1939年夏。陸軍が日独伊の軍事同盟締結を強硬に主張する中、海軍次官の山本五十六は異を唱える。ドイツと米国の戦争は避けられない上、ドイツは米国に勝てないというのが五十六の考えだった。五十六は連合艦隊司令長官に就任するが、日独伊同盟は締結される。国の決定に従って米国に対する真珠湾攻撃を指揮した五十六だったが、この戦争を続けるべきではないという信念と連合艦隊司令長官としての職責の狭間で苦悩を続け ―
(WOWOW)


関連記事

『モスダイアリー』(2011) - The Moth Diaries -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_294
けだるい美少女学園もの?・・違う。ヴァンパイア?・・違う。ぃゃ、確かに美少女が登場するヴァンパイアものらしいのだが、なーんか中途半端。美少女学園ものに必要な、ありがちな事は全部入れてあるのだけれど、時代が現代だからなのか、ミステリアスさが足りなくて、とても「ゴシック」ホラーとは呼べない。・・ぅ~ん・・・

The Moth Diaries_00■モスダイアリー - The Moth Diaries -■
 2011年/カナダ・アイルランド/82分
 監督:メアリー・ハロン
 脚本:メアリー・ハロン
 製作:カリン・マーティン 他
 製作総指揮:ノートン・ヘリック 他
 撮影:デクラン・クイン
 音楽:レスリー・バーバー
 出演:サラ・ボルジャー(レベッカ)
    リリー・コール(エネッサ)
    サラ・ガドン(ルーシー)
    スコット・スピードマン(デイビス先生)
    ジュディ・パーフィット
    ヴァレリー・ティアン
    メリッサ・ファーマン
    アンヌ・デイ=ジョーンズ
    ジュリアン・ケイシー

解説:
 「アメリカン・サイコ」のメアリー・ハロン監督が女子寄宿学校を舞台に、謎めいた転校生の登場によって親友との仲を引き裂かれていく思春期の少女の危うい心模様を、ゴシック・ホラーの要素を織り交ぜ、耽美的に綴った美少女ミステリー・ドラマ。出演は「Dr.パルナサスの鏡」のリリー・コール、「危険なメソッド」のサラ・ガドン、「スパイダーウィックの謎」のサラ・ボルジャー。
 (allcinema)

あらすじ:
父親自殺後、寄宿学校で学園生活を送るレベッカ。唯一の慰めは親友ルーシーの存在だったが、転校生エネッサとルーシーが仲良くなるに付け、孤独を感じていた。そんな中、学園内で自殺や事故など不可解な事件が起き始め、レベッカはエネッサへの嫉妬心も手伝って、全ての原因は彼女にあると訴えるが ―



関連記事

『クライムダウン』(2011) - A Lonely Place to Die -

Posted by momorex on   4  0

entry-image_286
ホラーと勘違いして観始めたけれど、これは拾いものだった 善良な5人の登山家が地中に埋められた少女を発見したことから、銃を持つ男達に追われるサスペンス。命をかけたスコットランド高山での逃亡劇から、舞台は山の麓の小さな町へ。それでも銃の男達は執拗に彼らを追いかける。息もつかせぬサスペンス逃亡劇ですよ。

A Lonely Place to Die_00■クライムダウン - A Lonely Place to Die -■
 2011年/イギリス/100分
 監督:ジュリアン・ギルビー
 脚本:ジュリアン・ギルビー、ウィリアム・ギルビー
 製作:トビー・リチャーズ 他
 製作総指揮:マーク・フォリーニョ 他
 撮影:アリ・アサッド
 音楽:マイケル・リチャード・プロウマン
 出演:メリッサ・ジョージ(アリソン)
    エド・スペリーアス(エド)
    アレック・ニューマン(ロブ)
    イーモン・ウォーカー(アンディ)
    ショーン・ハリス(キッド)
    カレル・ローデン
    ケイト・マゴーワン
    ゲイリー・スウィーニー
    ホリー・ボイド(アナ)

解説:
山中で発見した少女の救出をきっかけに思いもよらぬ事態に巻き込まれていく5人の登山家の運命を描くサスペンス・アクション。製作総指揮は「英国王のスピーチ」のマーク・フォリーニョ。出演は「30デイズ・ナイト」のメリッサ・ジョージと「エラゴン 意志を継ぐ者」のエド・スペリーアス。スケールの大きい登山ロケを敢行、雄大な山岳地帯の迫力ある映像もみどころ。
 (allcinema)

あらすじ:
アリソンら5人の登山家はスコットランド高地へ入山、険しい山頂へのアタックを準備していた。2日目、地面に突き刺さるように設置されたパイプを発見、かすかな叫び声を耳にする。急いで土を掘り返した5人は、地中に埋められた箱の中に少女を発見。警察に通報するため下山を決めた彼らだったが、銃を持つ追跡者が現れ-


関連記事

『チャイルドコール 呼声』(2011) - Babycall -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_276
この世の誰よりも何よりも愛する息子を守るため奔走する母親。そんな彼女に、他の人には見えない、聞こえない何かがひたひたと忍び寄る。お腹をざっくり切り開きホッチキスで留めた状態で走り回っていても、どこか透明感を感じさせるノオミ・ラパス主演。

Babycall_02■チャイルドコール 呼声 - Babycall -■
 2011年/ノルウェー・ドイツ・スウェーデン/96分
 監督 :ポール・シュレットアウネ
 脚本 :ポール・シュレットアウネ
 製作 :ポール・シュレットアウネ
 撮影 :ジョン・アンドレアス・アンダーソン
 音楽 :フェルナンド・ベラスケス
 出演 :ノオミ・ラパス(アナ)
     クリストファー・ヨーネル(ヘルゲ)
     ベトレ・オーベンニル・バリング(アンデシュ)
     スティーグ・R・アンダム(オーレ)
     マリア・ボック(グレーテ)

解説:
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のノオミ・ラパス主演で贈る北欧製サイコ・スリラー。夫の暴力から逃れて最愛の我が子と2人暮らしを始めたヒロインに迫る危機をサスペンス・フルに描く。監督は「ジャンク・メール」「隣人 ネクストドア」のポール・シュレットアウネ。


あらすじ:
ノルウェー、オスロ。夫の暴力から逃れるため、保護監視プログラムによって郊外のアパートに暮らし始めたアナと8歳の息子アンデシュ。不安を拭いきれないアナは、“チャイルドコール”という音声監視モニターを購入する。ある日、そのチャイルドコールから子どもの悲鳴が聞こえ、慌てて息子の部屋を覗くが、彼は静かに眠っていた。購入した店に相談し、別のチャイルドコールと混戦したのではないかと説明されるアナだったが-
 (allcinema)


関連記事

『ザ・レイド』(2011) - The Raid -

Posted by momorex on   4  0

The Raid_05s8割方がアクションシーンという壮絶バトル作品。急襲作戦で優勢なはずだったSWATチームが大勢の敵の返り討ちに遭い、またたくまに劣勢になる。彼らはこの恐怖のビルから脱出出来るのか?その方法は銃ではなく最終的には自らが持つ技に頼ることになる。きびきびと、次々に繰り出される拳や蹴りに目が釘付けになること受け合い。

The Raid_01■ザ・レイド - The Raid -■
 2011年/インドネシア・アメリカ/101分
 監督 :ギャレス・エヴァンス
 脚本 :ギャレス・エヴァンス
 製作 :アリオ・サガントロ
 撮影 :マット・フラネリー
 音楽 :マイク・シノダ 他
 出演 :イコ・ウワイス(ラマ)
     ヤヤン・ルヒアン(マッド・ドッグ)
     ジョー・タスリム(ジャカ)
     ドニー・アラムシャー(アンディ)
     レイ・サヘタピー(タマ・リヤディ)
     ピエール・グルノ
     テガール・サトリヤ

解説:
“シラット”と呼ばれる東南アジアの伝統武術を駆使した超絶アクションが、世界中の映画ファンの間で話題騒然となったインドネシア発のノンストップ・バトル・アクション。麻薬王が支配する高層アパートに強制捜査(レイド)に入ったSWAT隊と、各階で待ち受ける無数のギャングとの壮絶な死闘を、多彩かつハードなアクションと容赦のないバイオレンス描写で描き出していく。主演は実際にシラットの使い手でもあるイコ・ウワイス。本作の監督を務める英国の新鋭ギャレス・エヴァンスに見出され、前作「ザ・タイガーキッド ~旅立ちの鉄拳~」で俳優デビューを飾り、2作目となる本作で一躍世界的アクション・スターの仲間入りを果たした。共演もそれぞれ格闘家としての実績を持つヤヤン・ルヒアン、ジョー・タスリム。
 (allcinema)

あらすじ:
インドネシア、ジャカルタのスラム街には麻薬王タマ・リヤディが支配する廃屋寸前の高層アパートがそびえる。警察はリヤディ逮捕のために悪の巣窟となったその建物への強制捜査(Raid)に乗り出す。チームは新人警官ラマを含む20人のSWAT隊員。彼らは各フロアを順次制圧しながらリヤディのいる階を目指して上っていくが、大勢のリヤディ手下が襲ってくる上に退路を断たれてしまい-

インドネシア原題:Serbuan maut


関連記事

『388』(2011) - 388 Arletta Avenue -

Posted by momorex on   0  1

388_05s
『キューブ(1997)』では立方体に閉じ込められ極限状態にある人間を描き出したナタリ監督が、今度は安らぎの場である自分の家を監視され、目に見えない者と戦う孤独な夫を作品にした。この夫が暴き出したのは、見えない敵か、それとも自分の中に潜む何かだったのか―。

388_02■388 - 388 Arletta Avenue -■ 2011年/カナダ/87分
 監督 :ランドール・コール
 脚本 :ランドール・コール
 製作 :マーク・スミス 他
 製作総指揮:ヴィンチェンゾ・ナタリ
 撮影 :ギャヴィン・スミス
 出演 :ニック・スタール(ジェームズ)
     ミア・カーシュナー(エイミー)
     デヴォン・サワ(ビル)
     アーロン・エイブラムス(アレックス)
     シャーロット・サリヴァン(シェリー)
     クリスタ・ブリッジス(キャサリン)

解説:
とある高級住宅街の388番地に暮らす若夫婦。幸せなはずの2人が、何者かの悪意によって日常を破壊されていく。「CUBE」のV・ナタリ総指揮の不条理サスペンス。
 (WOWOW)

あらすじ:
カナダ、トロントの閑静な住宅街アレッタ通り388番地に暮らすジェームズとエイミー夫妻。ある日、出勤のために自分の車に乗り込んだジェームズは、自分の物ではない音楽CDがセットされていることに気付き、妻エイミーのイタズラと思い込んで口論に。仕事から戻ると妻は置き手紙を残して家出。最初は姉の所にでも行っているのだろうと考えていたジェームズだったが、妻はいつまでも戻らず居所も不明な上、家の中で不可解な出来事が起き始める-


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。