QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マトリックス』(1999) - The Matrix - SFについてちょっと考えた

Posted by momorex on   2  0

entry-image_485
久し振りに観たけれど、やっぱりカッコいいなー、マトリックスは!この驚愕の映像と独特の世界に歓喜した当時を思い出してしまった。“いまさら?”と言われるかもしれないけど、まぁそう言わずに久々に観てみては?やっぱり、いいモノはいいですよー。記事に出来て光栄です。


The Matrix_02-2

■ マトリックス - The Matrix - ■
1999年/アメリカ/136分
監督・脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
製作:ジョエル・シルヴァー
製作総指揮:バリー・M・オズボーン 他
撮影:ビル・ポープ
音楽:ドン・デイヴィス

出演:
キアヌ・リーヴス(ネオ)
ローレンス・フィッシュバーン(モーフィアス)
キャリー=アン・モス(トリニティ)
ヒューゴ・ウィーヴィング(エージェント・スミス)
グロリア・フォスター(予言者)
ジョー・パントリアーノ(サイファー)
マーカス・チョン(タンク)
ジュリアン・アラハンガ(アポー)
マット・ドーラン(マウス)
ベリンダ・マクローリー(スウィッチ)
アンソニー・レイ・パーカー(ドーザー)



解説:
犯罪スリラーの傑作「バウンド」で監督デビューを果たしたウォシャウスキー・ブラザースが、ワーナー・ブラザースの資本を得て作り出したのは新感覚のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュな超弩級アクション巨編。


あらすじ:
ニューヨークの会社でしがないコンピュータプログラマーとして働くトマス・アンダーソンには、裏世界の凄腕ハッカー“ネオ”というもうひとつの顔があった。ある日、“ネオ”はディスプレイに現れた不思議なメッセージに導かれるまま、謎の美女トリニティと出会う。そして彼女の手引きによってある人物と接見する事になった。その人物とは、電脳世界ではもはや伝説と化しているモーフィアスという男。モーフィアスは“ネオ”に告げる。この世界は現実ではない、と ―

(allcinema)


関連記事
スポンサーサイト

『ネクロノミカン』(1993) - Necronomicon -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_441
オムニバス作品だったとは。3作+@を通しての主役はあの色んなホラー映画で有名な「死者の書/ネクロノミカン」。その書物をラヴクラフト自身が読み解いていくという話の進め方。雰囲気は同じオムニバス作品の『クリープショー(1982)』みたいな感じで、不可思議、不気味で不条理な恐怖世界のお話。


Necronomicon_05

■ ネクロノミカン - Necronomicon - ■
1993年/アメリカ/97分
監督:クリストフ・ガンズ、金子修介、ブライアン・ユズナ
脚本:ブレント・V・フリードマン、ブライアン・ユズナ、クリストフ・ガンズ、伊藤和典
原作:H.P.ラヴクラフト
製作:サミュエル・ハディダ 他
製作総指揮:一瀬隆重
撮影:ジェリー・リヴリー 他
音楽:ジョセフ・ロドゥカ 他

出演:
ジェフリー・コムズ
ブルース・ペイン
リチャード・リンチ
ベリンダ・バウアー
マリア・フォード
デヴィッド・ワーナー
ベス・メイヤー
デニス・クリストファー
シグニー・コールマン
オッバ・ババタンデ
ミリー・パーキンス



解説:
独自の宇宙観に基づく暗黒神話体系『クトゥルー神話』を創出し、後世に多大な影響を与えた20世紀最大の怪奇幻想作家、H・P・ラヴクラフトの世界に、日・仏・米の映画人が挑んだホラー・オムニバス。ラヴクラフトが創造した書物『ネクロノミカン』を彼自身が読むという設定で、3つの物語が展開する。
(Movie Walker)


関連記事

『ブレーダーズ クライチカ』(1997) - The Descendant -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_440
これはアメリカ版のタイトルで、“クライチカ”はロシア語じゃなく“暗い地下”のこと。ちなみにカナダ版では『ヘモグロビン -Bleeders- OR -Hemoglobin-』がタイトルとなる。原作はH.P.ラヴクラフト。近親交配を繰り返していたオランダの貴族が住み着いたアメリカ、ニューイングランドの孤島を舞台に起こる、ゴシックで不気味な出来事。閉ざされた空間や貴族の城、掘り起こされる棺。吸血鬼もの的展開がとてもクラシック。


Bleeders_01

■ ブレーダーズ クライチカ - The Descendant - ■
1997年/アメリカ・カナダ/93分
監督:ピーター・スヴァテク
脚本:ダン・オバノン、ロナルド・シャセット 他
原作:H.P.ラヴクラフト「潜み棲む恐怖」
製作:ピーター・クルーネンバーグ
撮影:バリー・グラヴェル

出演:
ルトガー・ハウアー(マーロウ医師)
ロイ・デュピュイ(ジョン)
クリスティン・リーマン(キャスリーン)
ジャッキー・バロウズ(レクシー)
ジョアンナ・ノイズ(バーディ)
ジャニーン・テリオー(アリス)



解説:
「エイリアン」の(と言うよりは「ゾンゲリア」の)D・オバノン&R・シャセットの脚本によるグロテスクなホラー。
(allcinema)

あらすじ:
原因不明の血液の病気を患う夫ジョンに付き添ってニューイングランドの孤島を訪れたキャスリーン。この地が夫の出生地だと分かり、親族に治療の手がかりを聞くことが出来ればという思いからパリを出発したのだった。だが彼の血族は75年前の火事で絶えており、途方に暮れる2人。一方、この島で地中に人が引き摺り込まれるという事件が起き始め、医師マーロウが広大に広がる地下トンネルへと入っていくが ―


関連記事

『8mm』(1999) - 8mm -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_421
これは初めて観た時に衝撃を受けた作品で、「スナッフ・フィルム」なる物の存在を初めて知った作品でもある。公平で清く正しく生きてきた私立探偵ニコラス・ケイジがどんどんアブノーマルな裏世界に足を踏み入れ変わっていく様子、一見ふざけた遊び人風のポルノショップ店員ホアキン・フェニックスの真面目さ、富豪と関わる悪人役ジェームズ・ガンドルフィーニ、ピーター・ストーメアのえげつなさなど見どころが多い社会派サスペンスだ。

8mm_01■8mm - 8mm -■
1999年/アメリカ/123分
監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
製作:ギャヴィン・ポローン 他
製作総指揮:ジョセフ・M・カラチオロ
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:マイケル・ダナ

出演:ニコラス・ケイジ(トム・ウェルズ)
   ホアキン・フェニックス(マックス・カリフォルニア)
   ジェームズ・ガンドルフィーニ(エディ・プール)
   ピーター・ストーメア(ディーノ・ベルベット)
   アンソニー・ヒールド(ダニエル・ロングデール)
   キャサリン・キーナー(エイミー・ウェルズ)
   ジェニー・パウエル(メリー・アン・マシューズ)
   エイミー・モートン(ジャネット・マシューズ)

解説:
「セブン」のアンドリュー・ケビン・ウォーカーの脚本を「評決のとき」のジョエル・シューマーカー監督が映画化した、センセーショナルなショッキング・サスペンス。
(Oricon)

あらすじ:
ペンシルバニアで妻子と暮らす、真面目で丁寧な仕事が自慢の私立探偵ウェルズ。ある日、亡くなった富豪の金庫から少女が殺される場面を撮った8ミリフィルムが見つかり、富豪の未亡人から調査を依頼される。早速、手がかりを追ってロサンゼルスへ発ったウェルズだったが、調べる内にハリウッドの危険なアブノーマルな世界に足を踏み入れることになっていく ―


関連記事

『スピーシーズ 種の起源』(1995) - Species -

Posted by momorex on   4  0

entry-image_407
“1作目は案外きちんと作られていたんだ”シリーズ。続編が出るたび、「ヘンなの」という感想のまま観なくなったシリーズ映画だったけど、久し振りに1作目を観てびっくり。ストーリーはきちんと流れ、有名なあんな人やこんな人も出ているし、『エイリアン』を彷彿とさせるシーンがあったり、何よりモンスターデザインはギーガーときた。

Species_03■スピーシーズ 種の起源 - Species -■
1995年/アメリカ/109分
監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:デニス・フェルドマン
製作:フランク・マンキューソ・Jr 他
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
音楽:クリストファー・ヤング
モンスター・デザイン:H・R・ギーガー
出演:ベン・キングズレー(フィッチ)
   マイケル・マドセン(プレス)
   アルフレッド・モリナ(スティーブン)
   フォレスト・ウィテカー(ダン)
   マージ・ヘルゲンバーガー(ローラ)
   ナターシャ・ヘンストリッジ(シル)
   ミシェル・ウィリアムズ(シル少女期)


解説:
宇宙からの情報を基に人類が作り出した生命体の暴走を描くSFスリラー。
(allcinema)

あらすじ:
宇宙の未知の存在からDNA塩基配列を含んだメッセージを受けたSETI(地球外文明探査)のチームは、人類のDNAと掛け合わせて新たな生命体を誕生させることに成功する。シルと名付けられた生命体は見かけは可憐な少女だったが、恐るべき力を宿していることが分かる。シルを抹殺することに決めたチーム。しかしシルは暴れだし、その混乱の中、研究所を逃げ出してしまう ―


関連記事

『死霊のはらわたIII / キャプテン・スーパーマーケット』(1993) - Army of Darkness -

Posted by momorex on   6  3

entry-image_389
昨日の夜中のWOWOWで、なんと「鬼才サム・ライミの世界」と冠した新旧4作の“死霊のはらわた”祭りが開催されていた!そこでずっと書かずに(取って)いた3作目が、とうとうこのブログに登場。これで“死霊のはらわた”完結編となるか?・・ぃぇ、“死霊のはらわた”リメイクはまだまだ続くようです・・・

■ キャプテン・スーパーマーケット[ディレクターズ・カット版] - Army of Darkness - ■
Army_of_Darkness_001993年/アメリカ/97分
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ
製作:ロバート・タパート
共同製作:ブルース・キャンベル
製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス
撮影:ビル・ポープ
音楽:ジョセフ・ロドゥカ
出演:ブルース・キャンベル(アッシュ)
   エンベス・デイヴィッツ(シーラ)
   マーカス・ギルバート(アーサー王)
   イアン・アバークロンビー(賢者)
   リチャード・グローヴ(ヘンリー王)
   ブリジット・フォンダ(リンダ)
   パトリシア・トールマン
   テッド・ライミ

解説:
後に売れっ子監督となるライミの出世シリーズの第3作。今回は今までのホラーから、がらりと趣を変えてアーサー王の治める中世が舞台。導入部分こそ異なるが、主人公が中世に飛ばされた前作のラストを受けた形でストーリーが展開。クライマックスでは名作「アルゴ探検隊の大冒険」も真ッ青なガイコツ兵士軍団が登場するなど、パロディ感覚満点のアクションアドベンチャーとなった。本作には幾つかバージョンが存在する。97分バージョンはライミ監督が監修し、初公開時の未公開場面を加えた、事実上の“最終版”。

あらすじ:
スーパーの日用品売り場の主任アッシュは、恋人リンダとドライブに出かけた山奥で死霊に遭遇。戦いの末、彼はリンダと自分の右腕を失った上、中世にタイムスリップ。アーサー王の城に捕らえられたアッシュは処刑を宣告されるが、一緒に時を越えたチェーンソーとショットガンのおかげで命拾いし、逆に天からの使者として歓迎されることに。彼は現代へ戻る方法が呪われた死者の書に記されていると知り、書の封印を解こうとするが ―

(WOWOW)



関連記事

『ありふれた事件』(1992) - C'est arrivé près de chez vous -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_383
ありふれた事件・・・コレのどこが“ありふれて”いるんだーっと叫びながら観ていたが、、、終わってみると、確かにその通りだった。こんな事件を起こす犯人の毎日や人となりを知らずにいただけなのだった。

Man_Bites_dog_06■ありふれた事件 - C'est arrivé près de chez vous -■
1992年/ベルギー/96分
監督・脚本:レミー・ベルヴォー、アンドレ・ボンゼル、ブノワ・ポールヴールド
製作:レミー・ベルヴォー、ヴァンサン・タヴィエ、アンドレ・ボンゼル
撮影:アンドレ・ボンゼル
音楽:ジャン=マルク・シェニュ
出演:ブノワ・ポールヴールド(ブノワ)
   レミー・ベルヴォー(監督)
   アンドレ・ボンゼル(カメラマン)
   ジャン=マルク・シェニュ(録音技師)
   ジェニー・ドリエ(ジェニー)
   ヴァンサン・タヴィエ
   アラン・オペッツィ


解説:
モラル無き狂気の犯罪者の姿を、ドキュメタリー映画の撮影隊が追うスタイルを取った、ベルギー発の異色のバイオレンス・モキュメンタリー。無名の3人の若者が自分たちで製作会社を設立し、全ての製作工程を分担・協力(出演も兼ねる)して作り上げている。鮮烈な描写により数々の映画祭でセンセーションを呼び、そのリアリティから“これは本物の殺人現場を撮ったのではないか”とまで言われた。
(allcinema)

あらすじ:
金のために平然と人を殺す殺人鬼ブノワに密着取材、そのままを映画にしようと考えたレミー、アンドレ、パトリック。目の前で行われる強盗、殺人、遺体遺棄の様子をブノワ自身のコメントと共に淡々と映像に収めていたが、ブノワのカリスマ的な魅力に心酔、次第に暴力に麻痺していき一線を越えていく ―

英題:Man Bites dog


関連記事

『イノセント・ブラッド』(1992) - Innocent Blood -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_376
アンヌ・パリロー主演ということで、もっとゴシック、スリラーな内容かと思いきや、お間抜けなマフィアと絡めたドタバタ・アクション・ホラーだった。監督はジョン・ランディス。なるほどー、80年代の作品か?と、これも違って90年代。懐かしい顔が揃っているのもあり、古き良き時代の香りがするホ作品でもある。サム・ライミとなんとダリオ・アルジェントもちょこっと出演。

Innocent_Blood_05■イノセント・ブラッド - Innocent Blood -■
 1992年/アメリカ/115分
 監督:ジョン・ランディス
 脚本:マイケル・ウォルク
 製作:リー・リッチ 他
 撮影:マック・アールバーグ
 音楽:アイラ・ニューボーン
 出演:アンヌ・パリロー(マリー)
    アンソニー・ラパリア(ジョー)
    ロバート・ロジア(サル)
    ドン・リックルズ
    トム・サヴィーニ
    フランク・オズ
    サム・ライミ
    ダリオ・アルジェント
    アンジェラ・バセット



解説:
アメリカ、ピッツバーグを舞台に、女吸血鬼とマフィアのボスとの死闘を描くホラー・アクション。主演は本作がアメリカ進出第1作となる「ニキータ」のアンヌ・パリロー。ほかに「本日はお日柄も良くベッツィの結婚」(V)のアンソニー・ラパグリア、「白と黒のナイフ」のロバート・ロッジアらが共演。またランディス監督の友人である監督たち、ダリオ・アルジェント、サム・ライミ、マイケル・リッチー、フランク・オズらがカメオ出演している。
(Movie Walker)

あらすじ:
悪党だけを狙って血を吸っていた吸血鬼マリーは、ある夜、マフィアのボスを襲ってとどめをささなかった事から、ボスは吸血鬼として復活。次々と仲間を増やしていく。この街を一手に牛耳ろうとしている彼らマフィア吸血鬼は、まず手始めにマリーと潜入捜査官ジョーの命を狙うことに ―


関連記事

『マルコヴィッチの穴』(1999) - Being John Malkovich -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_336
前半はコメディなんですよ。だって7と1/2階にある天井の低いフロアで皆、普通に働いてるんですよ?それにマルコヴィッチへ続く穴。単純に笑える。けれども後半は「え?ホントにこれでいいの?」となり、観終わった後、脱力して虚無感に襲われる。そんな映画です。

Being_John_Malkovich_05■マルコヴィッチの穴 - Being John Malkovich -■
 1999年/アメリカ/112分
 監督:スパイク・ジョーンズ
 脚本:チャーリー・カウフマン
 製作:マイケル・スタイプ 他
 製作総指揮:チャーリー・カウフマン 他
 撮影:ランス・アコード
 音楽:カーター・バーウェル
 出演:ジョン・キューザック(クレイグ・シュワルツ)
    キャメロン・ディアス(ロッテ・シュワルツ)
    キャサリン・キーナー(マキシン)
    ジョン・マルコヴィッチ(本人)
    オーソン・ビーン(レスター社長)
    メアリー・ケイ・プレイス(フロリス)
    チャーリー・シーン
    ショーン・ペン
    ブラッド・ピット

解説:
スパイク・ジョーンズの長編デビュー作で、“俳優ジョン・マルコヴィッチ”の頭へとつながる穴を巡る不条理コメディ。
(allcinema)

あらすじ:
ニューヨーク。売れない人形遣いのクレイグは妻ロッテにせかされて、ようやく定職に就くことに。マンハッタンにあるビルの7 1/2階にあるレスター社で書類整理を始めた彼は、ある日、資料室で小さな扉を発見。その扉の向こうには有名俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中に続くトンネルがあった ―


関連記事

『トゥルー・ロマンス』(1993) - True Romance -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_283
出会うべくして出会った男女。二人には計算も駆け引きもなく、お互いを命をかけて守りあう。それは自然に出る当たり前の行動で、そこには謝罪も要求も存在しない。自然の愛―。ラブストーリー物はあまり観ない自分だけれど、そんな中でも一番好きな作品。

True Romance_07■トゥルー・ロマンス - True Romance -■
 1993年/アメリカ/121分
 監督:トニー・スコット
 脚本:クエンティン・タランティーノ
 製作:サミュエル・ハディダ 他
 製作総指揮:ジェームズ・G・ロビンソン 他
 撮影:ジェフリー・L・キンボール
 音楽:ハンス・ジマー

出演:クリスチャン・スレーター(クラレンス・ウォリー)
   パトリシア・アークエット(アラバマ)
   デニス・ホッパー(クリフォード・ウォリー)
   クリストファー・ウォーケン(ココッティ)
   ジェームズ・ガンドルフィーニ(ヴァージル)
   ゲイリー・オールドマン(ドレクセル)
   サミュエル・L・ジャクソン(ビッグ・ドン)
   マイケル・ラパポート(ディック・リッチー)
   ブラッド・ピット(フロイド)
   ソウル・ルビネック(ドノウィッツ)
   ブロンソン・ピンチョット(エリオット)
   トム・サイズモア(刑事コーディ)
   クリス・ペン(刑事ニッキー)
   ヴァル・キルマー(助言者エルビス)

解説:
クエンティン・タランティーノ脚本によるアクション・バイオレンス。極限状態の中で生きる若い二人が織り成す愛と逃避行をシャープに描く。ストレートな表現により、目まぐるしく展開するストーリーに、息つく間もない極上のスピード感。アークエット演じるキレたヒロイン。ギリギリで生きる若者を演じたスレイター。ホッパー、キルマー、ピット、ウォーケンなど、主役級の個性派達の繰り広げる攻防。全編がパワーに溢れ、見どころは満載である。


あらすじ:
ビデオショップに働く青年クラレンスは、ある日の誕生日、店長の差し向けたコールガール、アラバマと出会う。互いに一目で恋に落ちた二人はさっそく結婚。彼女の元ヒモの所に出向いたクラレンスだが、そこでヒモの男に殺されかけ、逆に男を殺害。しかも彼女の衣装ケースと思って奪ってきたカバンには大量のコカインが-
 (allcinema)


関連記事

『クラッシュ』(1996) - Crash -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_270
クローネンバーグにこんな作品があるんですねー。生々しい夫婦の話かと思っていたけど、やっぱり一筋縄ではいかない内容。今回、精神的に結合、融合するのは自動車で、それをそのまま「性的エネルギーの解放」に使用。『ザ・フライ』みたいに見た目は結合していないから、逆にその異常さが極められていたように思う。日本では成人映画指定を受けての公開でした。

Crash_1996_01■クラッシュ - Crash -■ 1996年/カナダ/100分
 監督 :デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本 :デヴィッド・クローネンバーグ
 原作 :J・G・バラード「クラッシュ」
 製作 :デヴィッド・クローネンバーグ
 製作総指揮:ジェレミー・トーマス 他
 撮影 :ピーター・サシツキー
 音楽 :ハワード・ショア
 出演 :ジェームズ・スペイダー(ジェームズ)
     デボラ・アンガー(キャサリン)
     ホリー・ハンター(ヘレン)
     イライアス・コティーズ(ヴォーン)
     ロザンナ・アークエット(ガブリエル)

解説:
D・クローンネンバーグがセックスをテーマに取り上げ、カンヌ映画祭でその評価が賛否真っ二つに別れた問題作。
 (allcinema)

あらすじ:
カナダ、トロント。倦怠期を迎えた夫婦ジェームスと妻キャサリンは夫婦外での情事にふけり、お互いを刺激し合っていた。ある日、出張で空港へ向かっていたジェームズはハイウェイ上で正面衝突事故を起こしてしまう。相手のドライバーが死亡するほどの大事故だったが、彼はその時の衝撃と興奮を忘れられなくなり-


関連記事

『乙女の祈り』(1994) - Heavenly Creatures -

Posted by momorex on   2  0

Heavenly Creatures_02s
おー、、これは...。ホラーの中に混ぜて借りたものの、それはある意味正しかったかもしれない。思春期らしい親への反発や親への不信感から離れられなくなった女子2人。現実を忘れて想像の世界に生きる乙女達が生み出してしまった怪物。その怪物は自分の住む世界を守るため、邪魔者を破壊する。ぅぅーー、危ないわー、ここまででないにせよ、ありがちな気がするーー

Heavenly Creatures_04■乙女の祈り - Heavenly Creatures -■
 1994年/ニュージーランド・アメリカ/108分

 監督   :ピーター・ジャクソン
 脚本   :ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ
 製作   :ジム・ブース、ピーター・ジャクソン
 製作総指揮:ハンノ・ヒュース
 撮影   :アラン・ボリンジャー
 音楽   :ピーター・ダゼント
 出演   :メラニー・リンスキー (ポウリーン)
       ケイト・ウィンスレット(ジュリエット)
       ダイアナ・ケント   (ジュリエットの母)
       クライヴ・メリソン  (ジュリエットの父)
       サラ・パース     (ポウリーンの母)

解説:
純粋でいて残酷、あまりにも多感な二人の女子中学生が夢見る幻想と現実。夢に溺れる二人は、ついには自分達の領域を侵すものを抹殺しようとする……。実際に起きた事件の映画化で、彼女たちが犯行に駆り立てられるまでを、鮮明に解き明かした心理ドラマ。多感な少女の見る幻想世界の映像や、この年頃の持つ残酷さを描いた心理描写はお見事。「バッド・テイスト(1987)」、「ブレインデッド(1992)」のP・ジャクソンが新境地を見せた逸品である。
 (allcinema)

あらすじ:
1950年代のニュージーランド、クライストチャーチ。ここに暮らすポウリーンは内気な中学生。厳しい規律の名門学校に通い友達はいなかったが、イギリスからの転校生ジュリエットと意気投合し親友関係に。ほとんどの時間を一緒に過ごす強い二人の絆に、両親達は同性愛を心配して二人の仲を裂こうとするが-



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。