QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スイミング・プール』(2003) - Swimming Pool -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_394
ほー、これは・・ 中年女性作家と若い娘。お互い相容れぬまま同居が始まるが、徐々に娘の言動に魅入られていく作家。そして事件が起こり、ラストへ。だけど辻褄が合わない これをどうとるか。観ている側の性別や年代、経験によって違うものになりそう。だって主人公は作家だからね

Swimming_Pool_03■スイミング・プール - Swimming Pool -■
2003年/フランス・イギリス/102分
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン 他
製作:オリヴィエ・デルボス 他
撮影:ヨリック・ル・ソー
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:シャーロット・ランプリング(サラ・モートン)
   リュディヴィーヌ・サニエ(ジュリー)
   チャールズ・ダンス(ジョン)
   ジャン=マリー・ラムール(フランク)
   マルク・ファヨール(マルセル)
   ミレイユ・モセ(マルセル娘)


解説:
2人の対照的な女性の間で現実と幻想が交錯し、謎が二転三転していくさまを、幾重もの仕掛けを張り巡らせミステリアスかつ官能的に描いたサスペンス・ドラマ。監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。出演はいずれもオゾン作品に出演歴のある「まぼろし」のシャーロット・ランプリングと「焼け石に水」のリュディヴィーヌ・サニエ。
(allcinema)

あらすじ:
スランプに陥っているイギリスのミステリー作家サラは、出版社社長ジョンの勧めで彼の南仏にある別荘を訪れる。人里離れた気持ちのいい場所で早速、執筆に入ったサラ。だが翌日の夜半にジョンの娘ジュリーがいきなりやって来て ―


関連記事
スポンサーサイト

謎は謎のまま・・『エコール』(2004) - Innocence -

Posted by momorex on   3  1

entry-image_374
前に観た時はあまり思わなかったけど、今となればちょっとまずいような..。秘密の寄宿学校で暮らす少女達の1年を追っていく内容だけど、何が起きるわけでも無いのに謎だらけでよく分からない・・ その謎は最後まで説明されないままラストまで。夢を見ていたのかというような映画です、これは。

Innocence_01■エコール - Innocence -■
 2004年/ベルギー・フランス/121分
 監督:ルシール・アザリロヴィック
 脚本:ルシール・アザリロヴィック
 原作:フランク・ヴェデキント「ミネハハ」
 製作:パトリック・ソベルマン
 撮影:ブノワ・デビエ
 音楽:リチャード・クック
 出演:ゾエ・オークレール(イリス)
    ベランジェール・オーブルージュ(ビアンカ)
    リア・ブライダロリ(アリス)
    マリオン・コティヤール(エヴァ)
    エレーヌ・ドゥ・フジュロール(エディス)


解説:
ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであるルシール・アザリロヴィックが、フランク・ヴェデキントの短編を基に、無垢な少女たちに宿る美しさとエロティシズムを女性監督ならではの繊細な映像表現で描き出したミステリアス・ドラマ。
(allcinema)

あらすじ:
森の奥深くにひっそりと佇む洋館。眠っている間にここに連れてこられた少女イリスは、きちんと制服を着た少女達に歓迎される。ここは少女達の寄宿学校のようなところで、生物とダンスを習い、水遊びをする。家に帰りたいと訴えながらも皆と暮らし始めたイリスだったが ―


関連記事

『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』(2012) - Berberian Sound Studio -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_310
出ましたー、意味不明難解系映画。大人しい音響技師がイタリアのスタジオでホラー作品に音を入れる。毎日、毎日、拷問残虐シーンを見つめているせいなのか、奇妙な夢とも思えない現象が起こり始める。ラストはあるイメージで締めくくられるが、ぼーっと見ているだけでは“何じゃこりゃ”となるからご注意を。ずっと凝視していても、そうなりましたけども.. 一応、謎もmomorex流で解いてみました。

Berberian Sound Studio_00■バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 - Berberian Sound Studio -■ 2012年/イギリス/92分
 監督:ピーター・ストリックランド
 脚本:ピーター・ストリックランド
 製作:キース・グリフィス 他
 製作総指揮:ロビン・グッチ 他
 撮影:ニック・ノウランド
 音楽:ブロードキャスト
 出演:トビー・ジョーンズ(ギルデロイ)
    コジモ・ファスコ
    アントニオ・マンチーノ
    ファトゥマ・モハメド
    サルヴァトーレ・リ・カウジ
    キアラ・ダンナ
    トニア・ソティロプールー

解説:
「レッド・ライト」「キャプテン・アメリカ」のトビー・ジョーンズを主演に迎えておくる、狂気に陥るサウンドエンジニアを描いたイギリス発のサイコスリラー。2013年10月~11月開催の特集上映〈“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション〉にて本邦初上映。
(allcinema)

あらすじ:
イギリス人音響技師のギルデロイはイタリア人監督に雇われて、彼の地にある音響スタジオ“バーバリアン・サウンド・スタジオ”へ赴く。映画の内容が扱ったことの無いホラー作品で最初は戸惑ったものの、仕事を順調に仕上げていく彼。だが毎日残虐シーンの音を入れていくうち、精神的に不安定になっていく ―


関連記事

謎は解けるか?『イレイザーヘッド』(1977) - Eraserhead -

Posted by momorex on   6  0

この映画はずいぶん前に一度観て、もう観ることはないだろう、、と思っていた作品だ。一度で充分と思った理由はもちろん、あまりの意味不明さ加減、難解さに根を上げたからだが..。しかし昨日(1/7)から始まったWOWOWのリンチ特集で初っぱなに放送され、もう一度チャレンジすることに。さて-

Eraserhead_29
■イレイザーヘッド - Eraserhead -■1977年/アメリカ/89分
 監督:デヴィッド・リンチ
 脚本:デヴィッド・リンチ
 製作:デヴィッド・リンチ
 撮影:フレデリック・エルムス、ハーバート・カードウェル
 音楽:ピーター・アイヴス
 出演:ジャック・ナンス(ヘンリー・スペンサー)
    シャーロット・スチュアート(メアリー・エックス)
    アレン・ジョゼフ(ミスター・エックス)
    ジーン・ベイツ(ミセス・エックス)
    ジュディス・アンナ・ロバーツ(27号室の女)
    ローレル・ニア(ラジエーターの中の少女)

解説:
「エレファント・マン」の大ヒットによって、ようやく日本でも劇場公開されたリンチの長編デビュー作。全編、悪夢にも似た奇妙なイメージで埋め尽くされ、白黒というよりは銀黒で作られた映像は人工的な寒々とした印象を与えている。まさに“奇形の美しさ”とでも呼ぶべき、大いなる実験作。悪夢に論理が無いように、意味を求めることの無意味さを説くイメージ・シーンの積み重ねは、初公開時よりも、同様の手段をあろうことかTVで行った「ツイン・ピークス」を観た後の方が納得しやすい。その意味でも'93年にリンチ自らサウンドトラックを再編集したドルビーステレオの「完全版」の公開こそ、本作の真の評価を問える時機であったと言えるだろう。
 (allcinema)

あらすじ:
フィラデルフィアの工業地帯に住む印刷工ヘンリー。付き合っていたガールフレンドのメアリーに「妊娠、出産したので結婚して欲しい」と言われ承諾する。しかしその赤ん坊は奇妙な顔つきで小さく、とても普通とは思えない生き物だった。それでも家族としての生活を楽しんでいたヘンリーだったが、絶えずピーピーと泣く赤ん坊に我慢ならなくなったメアリーは、赤ん坊をヘンリーに押しつけ実家に帰ってしまう-





Eraserhead_08太陽の光とはおよそ縁のないような、工場の町に住むヘンリー。工場街の一角に建つアパートが自宅だが、一角に建つアパートというよりは、町は工場に覆い尽くされ、至る所に配管がのたうち蒸気が上がり、その中の隙間に人間の住む場所があるといった趣だ。
ヘンリーは青年の設定のようだが年齢不詳、着古した(おそらく1着しかない)スーツを着てとぼとぼ歩く。ぼさぼさの髪の毛が上に逆立ち、イレイザーヘッド(消しゴム付鉛筆)のように見える、そんな男。

Eraserhead_111部屋しかないヘンリーのアパートは、常に地鳴りのような音が響き渡り、隣のビルの壁が間近に迫るため、たった一つの窓さえ意味がなく、照明を点けなければ真っ暗。
照明を点けて明るくしたところで照らし出されるのは、古い箪笥やベッド、ベッド脇には盛り上げた土に直にさされた枯れ枝のような木。箪笥の上やラジエーターの前には太い配線のような髪の毛のようなものがとぐろを巻いている(何だ、これはいったい

本作の舞台は、このヘンリーの部屋が大半を占める。
ここに赤ん坊を連れたメアリーが同居し、その後メアリーが出て行き、ヘンリーと赤ん坊の二人暮らしになる。ストーリーは基本それだけ。そのストーリーとも言えない物語に、意味があるのか無いのかよく分からない登場人物が次々と出てくる。
 ・かさぶたの男(割れた窓のそばに座っている)
 ・メアリーの家族(妙な料理を作る両親と座ったままの祖母)
 ・27号室の女(黒髪の美女がヘンリーを誘惑する。なぜ
 ・ラジエーターに宿る少女(頬に大きなできもの?天国の歌を歌う)
 ・イレイザーヘッド工場の男達(ヘンリーの脳みそで消しゴムを作る)
Eraserhead_04 Eraserhead_13 Eraserhead_10 Eraserhead_23 Eraserhead_30

そして本作のもう一人の主人公ともいえる赤ん坊枯れ枝、グロテスクな人工鶏料理
Eraserhead_16 Eraserhead_21 Eraserhead_15

それと、あともう一つ。度々出てくるコレ↓。
Eraserhead_05
今回のレビューではコレをキーにしてちょっとだけ謎を解いてみようと思う。

ちょっとだけ『イレイザーヘッド』の謎を解く!

↑は冒頭、ヘンリーの口から出てきたところ。この後、仕事から自宅に戻りメアリーの家に行って出産を告げられる。結婚し同居してからポストに届いたコレを小さくしたミミズのようなものが届く。そしてその後、メアリーと一緒に寝ているベッドに突如現れる複数のコレ
次に登場するのがラジエーターの少女に降ってくる、またしても複数のコレ。少女はコレを踏みつぶす。
次なる登場は、ヘンリーの頭がもげて代わりに生えてくるコレ
そして最後はハサミで殺された赤ん坊が変身した大きくなったコレ

さぁ、どうです?
コレは何に例えるのが手っ取り早いか?もうおわかりですね。
ズバリ、男性の精子です。(←乙女ですので)
=ヘンリーの性欲とも言えるでしょう。
解説してみましょう(ウエカラ

Eraserhead_25 1.冒頭、口から出て向かった先はメアリー。そして妊娠、出産
 2.生まれた赤子はそっくりそのまま
 3.生活に疲れたヘンリーの元に届けられるコレの元
 4.メアリーと寝ているベッドにのたうつ複数のコレ
 5.ラジエーター少女はコレを踏みつぶすがゆえ、少女である
 6.とうとう正体を現したヘンリーの頭
 7.殺された赤ん坊は元のコレに
※27号室の女との情事で出てこなかったのは、所詮ヘンリーには手の届かない女だったから

メアリーの実家で出された鶏料理から液体が出てくるシーンは、もはや出産シーンにしか見えず、部屋の枯れ枝はヘンリーの疲れた様子を表しているかのよう。

どうだっ



ということで、作品の一部の謎を解いてみましたが、いかがでしたでしょうか。
ようするに男性も女性も衝動的な行動には気をつけましょう、というリンチ風道徳映画ということになりましょう。
その他の妙な登場人物達は、これがデヴィッド・リンチということで説明がつくかと思われます。彼らはその後のリンチ作品にも多数散見され、「あまり意味はない場合もある」と監督自ら説明されています。

それでは、この後もWOWOWのリンチ特集は続きますので、今回はこのへんで
ではまた

 このブログのリンチ作品レビュー







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『ピクニックatハンギング・ロック』の謎を解く!

Posted by momorex on   2  1

昨日、ご紹介した『ピクニックatハンギング・ロック』。
読み返してみるとあまりに記事の内容がとりとめなく、まとまりが悪い

なので本日はレビュー記事で放りっぱなしの投げっぱなしにしている「謎」の解明をしていきたい。
謎を解く」シリーズ第1弾です。お時間があればお付き合いください。
-なお今現在、どのように謎が解明されていくのかは自分にもわかっておりません


関連記事:『ピクニックatハンギング・ロック』放送告知(4月2日)
     『ピクニックatハンギング・ロック』視聴直後レビュー編(4月7日)

ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD] ピーター・ウィアー DVD-BOX 1


謎の1:誰からのラブレター?
映画冒頭の少女達の天使さ加減をこれでもか、と紹介していくシーン。
その中でセーラから渡された手紙をミランダが読んでいる場面がある。その内容は-
会って下さい 美しい人
高貴さゆえに あなたを愛す
深く 輝く瞳
額の甘美な趣ゆえ
その高貴な物腰ゆえに
あなたを 愛す
綿毛より柔らかく
空気より滑らかで 美しいからでも
あなたの瞳に住む
キューピッドのせいでもない
なぜだか分かるでしょう
あなたが私を愛してるせい

あ、かゆい、じゃなくて若い。
Picnic at Hanging Rock_10さんざん持ち上げて持ち上げて、最後に傲慢さで締めくくる。
そんな素晴らしい人に愛されているのは私で、その素晴らしさは私を愛しているから、と。
これはセーラがミランダに手渡す手紙(詩)だけど、てっきりマイケルから頼まれたものと思った自分。だってこんな内容の物をあの狭い世界の中で恥ずかしげもなく渡せるか?と思ってみたが、作品中盤でセーラが詩人だということが分かる。
また生徒達が学校外の人と交流する場はほとんど無いようだ。

Picnic at Hanging Rock_07あわせてマイケルだが、一見繊細な人に見える。が、園遊会から逃げ出しアルバートとお酒を飲み交わしたり、「足を伸ばしてくる」とか言いながら少女達を追いかけるあたり、案外男らしく行動的なのかもしれない。だからこんな詩を書くのは無理か?とも思える。

Picnic at Hanging Rock_18




謎の2:夏のピクニック
コルセットを着け、ストッキングの上にブーツを履く。
校内ではあまり季節感が感じられなかったが、ハンギング・ロックへと馬車で向かう途中、町を抜けて手袋を外したときの爽快感から暑かったのだ、と分かる。

Picnic at Hanging Rock_19_1ハンギング・ロックのあるオーストラリア/ヴィクトリア州は地図で言うと一番右下部分。メルボルンのある州だ。温帯性気候地域であり日本とは季節が逆だが、ほぼ同じ気候ではっきりした四季がある。12月〜2月が夏となっており、この事件が起きた2月14日はまだまだ残暑厳しい頃だったことだろう。
日本であったら、夏の昼間は涼しい家の中でお昼寝というのが昔の子供達の定番だと思えるが-。

ハンギング・ロックの場所はメルボルンから北西へ車で1時間ほど。失踪した彼女たちの学校からは馬車で朝出て昼に着くと言っていたから2~3時間ほどか。
ハンギング・ロックを含むこのマドセンの地域は豊かな天然水や温泉(鉱泉)に恵まれ、昔から静養や保養に最適な場所として人気の行楽地。今では豊かな天然水を使ってのワイナリーなどがあるようだ。
馬車での移動や時代的なものを考えると、冬はスキーが出来るほどのこのヴィクトリア州で校外学習を行うのならやはりこの時期となるのだろうか。



謎の3:散策をどうして許したか?
昼食後、散策の許可を願い出た3人の少女。
Picnic at Hanging Rock_04許したのは教師の一人マドモアゼル・ポワテール。それを横目で見ていたミス・マクロウ。
厳しい規律のある学校ではあまり考えられないのではないか?
昼食後、横になってまどろむ教師と少女達にも少し違和感を感じた。

マイケルはこのあたりの総督であるイギリス人大佐の甥だ。
その彼らによる上流階級の園遊会が行われるのも風光明媚なこの場所だ。
でも、オーストラリアといえば囚人の流刑地ですよ。

オーストラリアの歴史
1770年にスコットランド人のジェームズ・クックが温帯のシドニーのボタニー湾に上陸して領有を宣言し、入植が始まった。アメリカの独立により、1788年からアメリカに代わり流刑植民地としてイギリス人の移民が始まった。初期移民団1030人のうち、736人が囚人でその他はほとんどが貧困層の人間であった。また、当時は軽犯罪でもオーストラリアに流刑されたという。1828年に全土がイギリスの植民地となり、開拓が進んだ。
ヴィクトリア州については、1803年最初の流刑植民団がメルボルン付近のポート・フィリップ湾に入植したが、わずか7ヶ月で崩壊した。20数年後、再び入植が行われ、ニューサウスウェールズ流刑植民地政府の管理下に置かれた。1851年にバララット (Ballarat) で金鉱が発見され、人口が急激に増加したため、同年ビクトリア植民地政府が成立した。「ビクトリア」の名称は、1851年の植民地政府成立時に在位していた女王ヴィクトリアにちなむ。 1901年オーストラリア連邦成立に伴い州となり、連邦首都キャンベラが選定・建設中、当時オーストラリア最大の都市であったメルボルンに一時的に首都が置かれたこともある。  Wikiより



新大陸に次々と船が着き人々がやってくる。アメリカの西部開拓の歴史を見ても分かるように犯罪者もぞくぞくとやってきたはずだ。
現代と比べるわけにはいかないだろうが、良家の子女を預かっている学校にしては、教師達の対応に腑が落ちない。が、厳しく取り仕切っている校長の目から離れて教師、生徒ともに開放感を感じていたのだろうか。



謎の4:マイケルはなぜ必死に捜索するのか?
ハンギング・ロックへ向かう少女達をたまたま見かけたマイケルとアルバート。
軽口をたたくアルバートだが、マイケルのその目はミランダを追っている。「俺は言うだけ番長だがお前は考えている」とアルバートに指摘されるが、果たしてその意味は?
そしてなかなか警察が3人の捜索の結果を出せない中、必死で探し続けるマイケル。天使のようなミランダを助けたい故の行動かと見ながら、ここであなたは思いませんでしたか?
 -証拠隠滅をはかるためではないか? と。

少女4人の様子を詳しく語るマイケルに警察も不信感をあらわにして、結構突っ込んだことを聴いていた。ここで絡んでくるのが「謎の1」
マイケルは元々ミランダを知っていたのか?それとも2月14日が始めてだったのか?
詩を書いて渡したかったのは誰だったのか?
ミランダ達は暴行されてハンギング・ロックに打ち捨てられたのではないか?





謎の5:イーディスの話は本当なのか?
ミランダ、マリオン、アーマ。3人の最後の目撃者イーディス。
叫びながら半ば錯乱状態で岩山を下ってきた彼女。
記憶が途絶えなかなか思い出せなかったが、3人は止めるのも聞かず岩陰に消えて行ったという。
さらには、岩山から降りてきた際に下着姿のミス・マクロウとすれ違ったという。
う~ん、本当かな?
これら最後の目撃証言はイーディスだけであり、それを証明する者はいない。
反対に言えばなんとでも言えるということだ。

まず3人の最後の姿を見たときは、ハンギング・ロックで気分が悪くなり横になって寝てしまった後だ。ふと気がつき目撃するが、気分は朦朧としていたはず。それにその場面を目撃したとして、なぜ叫びながら走り出す必要が?
Picnic at Hanging Rock_11次にミス・マクロウだが、あのロッテンマイヤーさんがどうして下着姿で歩いているのか?すれ違ったということはハンギング・ロックを登っていたということだろうが、どうして叫び泣いている生徒を無視するのか?
ミス・マクロウも暴行されて茫然自失状態だったとする説もあるそうだが、ミス・マクロウを暴行?
すみませんが、ちょっと理解できませぬ。

もともとこのイーディスは、不平をだらだら言っては邪魔をする、ちょっとお荷物的存在な女の子だ。
こういうタイプは注目されたい願望のあるタイプだと思う。自分が注目されるのなら、ついつい作り事をしゃべってしまう。3人の最後の目撃談はまだしも、ミス・マクロウの話はどうだろう?ついでに取って付けましたな感じを受けたが-。

じゃあ何故ミス・マクロウまでいなくなってしまったのか?
往きの馬車の中でハンギング・ロックは100万年前に出来たものだと説明し、大自然の中に来てまでも、椅子に座り数学の本を読む。
そんな時、ふと魔が差しませんか?何もかも捨てたくなりませんか?



謎の6:校長の喪服
良家の子女ではない孤児セーラ。
もともと反抗的であったのに後見人から授業料の振り込みが途絶えてしまった。
それでなくても学生の数が減り、事件のせいで経営が傾いてきている。可愛そうだが退学してもらうしかない。後見人に連絡が取れないからセーラの行き先は元いた孤児院だ。可愛そうだが、慈善事業じゃないんだから。慈善事業じゃないんだから-。

何度も練習してセーラに退学と孤児院行きを告げる。今まで通り高圧的に。その後、どうなるかは予想出来ていた。分かっていた。全て分かっていたが、学校の経営が一番大事だ。他にもまだ生徒達がいるんだから学校を潰すわけにはいかない。

こんな大変な時になぜミス・マクロウはいなくなってしまったのか?一番頼りにしていたのに。その男性的な聡明さを頼みにしていたのに。彼女なら自分の事を分かってくれたはずなのに。
セーラをいじめた訳じゃない。学校経営全体を考えてやっただけのこと。慈善事業じゃないんだから、慈善事業じゃないんだから。

あまりに多くの人がいなくなってしまった。せめて連絡が来る前に準備しておこう。
自分もただではすまないだろう。最後は毅然として-
Picnic at Hanging Rock_03






謎の7:冷静なマドモアゼル・ポワテール


謎の8:夜は気温の下がる場所で1週間。
    なぜアーマは助かったのか?


謎の9:失踪した3人に何が?


などなど、まだ確信に迫る謎はありますが、特に8・9は結果が出そうにないので、今回の検証はこれまでとしたいと思います。何か思いついたら続きはその時に。
謎が謎を呼んだだけの中途半端なことになってしまった

ではまた

Picnic at Hanging Rock_13
見えるものも私たちの姿も ただの夢 夢の中の夢・・・



30秒で読めるお気楽レビューはこちらfacebookで
Momoな毎日 | Facebookページも宣伝


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。