QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)

Posted by momorex on   2  1

entry-image_457
公開から1ヶ月半経っていた昼間の劇場は貸切状態で、まるで自宅で観ているように寛いだ状態で鑑賞。アクションシーンは今まで以上にてんこ盛りでアクション映画として充分に楽しめた完結編。原作と舞台は違うものの四つ巴の戦いも再現されて、とにかく見応えがあった。


るろうに剣心_伝説の最期編_03

■ るろうに剣心 伝説の最期編 ■
2014年/日本/135分
監督:大友啓史
脚本:藤井清美、大友啓史
原作:和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
製作:上木則安 他
制作総指揮:ウィリアム・アイアトン
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Heartache」

出演
佐藤 健(緋村剣心)
武井 咲(神谷 薫)
青木崇高(相楽左之助)
蒼井 優(高荷 恵)
大八木凱斗(明神弥彦)
福山雅治(比古清十郎)
江口洋介(斎藤 一)
伊勢谷友介(四乃森蒼紫)
田中 泯(翁)
土屋太鳳(巻町 操)
小澤征悦(伊藤博文)
藤原竜也(志々雄真実)
神木隆之介(瀬田宗次郎)
滝藤賢一(佐渡島方治)
高橋メアリージュン(駒形由美)


解説:
和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描く時代劇アクション大作の後編。日本転覆を目論む志々雄の野望を阻止せんと最後の戦いに臨む剣心の運命を描く。共演は武井咲、藤原竜也、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介に加え、剣心の師匠・比古清十郎役で福山雅治。監督は引き続き「ハゲタカ」「プラチナデータ」の大友啓史。

あらすじ:
日本征服を狙い強大な武装集団を作りあげた志々雄を討ち取るべく京都へ向かった剣心だったが、志々雄一派の圧倒的な力の前に苦戦を強いられる。やがて志々雄が甲鉄艦・煉獄で東京へと攻め入ろうとする中、このままでは志々雄を倒すことは出来ないと悟った剣心は、再会した師匠・比古清十郎に奥義の伝授を懇願するが ―

(allcinema)



関連記事
スポンサーサイト

『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI』(2014/映画)

Posted by momorex on   0  1

entry-image_429
予告編で有名なあの全裸ボンネットから、派手で騒々しくておバカなだけの下品コメディだと思ってた。ぃゃ、普通に面白かったんですけど。あるかわからないけど今から続編も楽しみ。ただし、原作コミックを読んだうちの女子は「ぅ~ん...」とは言ってましたケド


土竜(モグラ)の唄_00

■ 土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI ■
2014年/日本/130分
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
原作:高橋のぼる「土竜の唄」
製作:石原 隆 他
製作総指揮:上原寿一 他
撮影:北 信康
音楽:遠藤浩二

出演:
生田斗真(菊川玲二)
堤 真一(日浦匡也)
山田孝之(月原旬)
吹越 満(酒見路夫)
遠藤憲一(赤桐一美)
皆川猿時(福澄独歩)
仲里依紗(若木純奈)
岩城滉一(轟周宝)
大杉 漣(阿湖正義)
岡村隆史(猫沢一誠)
上地雄輔(黒河剣太)



解説:
警察のお荷物だった問題児警官が潜入捜査官として活躍する高橋のぼるの人気コミックスを、「ゼブラーマン」の三池崇史監督&宮藤官九郎脚本で映画化した痛快エンタテインメント・ムービー。主演は「僕等がいた」「脳男」の生田斗真、共演に仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、岡村隆史、堤真一。
(allcinema)

あらすじ:
谷袋警察署の交番に勤務する菊川玲二は正義感と根性だけは人一倍あるものの、失態続きで始末書まみれ。ある日とうとう警官クビを言い渡されるが、それは表向きで、署長直々に潜入捜査を言い渡される。潜入先は日本中に危険な麻薬を蔓延らせている大元で日本一の犯罪組織“数寄矢会”。最終目的は4代目組長、轟周宝の逮捕という大それたものだった ―


関連記事

『るろうに剣心 京都大火編』(2014)

Posted by momorex on   6  3

entry-image_415
1作目を映画館で観ずに非常に後悔する事になった管理人momorex。行ってきました。前作よりアクションは多く、京都での大好きなシーン“屋根瓦走り”もあった。だが、だが、、、話が詰め込まれ、大事なシーンが削り取られ、原作読んでなきゃ分かりにくいのでは?なおかつ完全に「・・続く・・」状態で終わるし、3作目は更なる詰め込みになるのでは・・・

るろうに剣心京都大火編_00■ るろうに剣心 京都大火編 ■ 2014年/日本/139分
監督:大友啓史
脚本:藤井清美、大友啓史
原作:和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
製作:上木則安 他
制作総指揮:ウィリアム・アイアトン
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Mighty Long Fall」

出演:佐藤 健(緋村剣心)
   武井 咲(神谷 薫)
   青木崇高(相楽左之助)
   蒼井 優(高荷 恵)
   大八木凱斗(明神弥彦)
   藤原竜也(志々雄真実)
   神木隆之介(瀬田宗次郎)
   三浦涼介(沢下条張)
   高橋メアリージュン(駒形由美)
   江口洋介(斎藤 一)
   伊勢谷友介(四乃森蒼紫)
   田中 泯(翁)
   土屋太鳳(巻町 操)
   福山雅治(謎の男)

解説:
和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描く時代劇アクション大作の前編。“不殺の誓い”を立て神谷薫らとともに平穏に暮らしていた緋村剣心が、やがて日本の命運を懸けた過酷な戦いに身を投じるさまを、前作を上回る迫力のアクションとスケールで描き出す。共演は武井咲、藤原竜也、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介ほか。監督は前作に引き続き「ハゲタカ」「プラチナデータ」の大友啓史。

あらすじ:
幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられた伝説の男、緋村剣心。新時代を迎えた今は、女師範の神谷薫ら大切な仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた。そんなある日、新政府の大久保利通に呼び出され、剣心の後釜として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実の暗殺を依頼される。維新後、口封じのために新政府によって焼き殺されたはずの志々雄。しかし奇跡的に甦り、京都で恐るべき戦闘集団を作り上げると、日本転覆を目論み暗躍を始めていた。送り込まれた政府の討伐隊はあえなく返り討ちに遭い、もはや剣心しかその使命を託せる者はいなかった。やがて、大切な人を守るために自らの運命に立ち向かいことを決意した剣心は、薫の必死の制止を振り切り、ついに京都へと旅立つのだったが ―

(allcinema)



関連記事

『不安の種』(2013/ 映画)

Posted by momorex on   7  1

entry-image_302
数年前に家族の女子に勧められて読んだ「不安の種」が映画化されていたとは!あの世界観、空気感をうまく実写化できているのかなー、と一抹の不安を抱えながらも観てみたが―。お陰でその夜は記憶に残らないイヤな夢を見たようで、何度も目を覚ます始末...。私って、実は恐がりなんでしょうか(←ソノトオリ

不安の種_00■ 不安の種 ■ 2013年/日本/87分
 監督:長江俊和
 脚本:長江俊和
 原作:中山昌亮「不安の種」「不安の種+」
 製作:藤岡修 他
 撮影:平尾徹
 音楽:石川忠
 主題歌:ムック「狂乱狂唱 RMX for 不安の種」
 出演:石橋杏奈(陽子)
    須賀健太(誠二)
    浅香航大(巧)
    岩井志麻子
    津田寛治
    栗原瞳
    小山颯
    森くれあ
    川村亮介

解説:
日常からわずかにズレたところで不気味な怪異が生じた瞬間を鮮やかに切り取った中山昌亮のオムニバス・ホラー・コミックスを「放送禁止」シリーズの長江俊和監督が実写映画化。主演は「妖怪人間ベム」の石橋杏奈、共演に須賀健太、浅香航大、岩井志麻子、津田寛治。とある街を舞台に、ひとつのバイク事故をきっかけに、日常の隙間から漏れ出した怪異現象が次々と露わになるさまをフェイク・ドキュメンタリーの手法を織り交ぜ綴ってゆく。
(allcinema)

あらすじ:
奇妙な空気の流れる地方都市、富沼市。バイク便ライダー巧は、仕事中の住宅街で生け垣にはさまり動けなくなっている誠二に助けを求められる。堅い枝が身体に食い込んで意識が遠のく中、誠二は恋人、陽子との事を思い出していた。陽子は幼い頃にこの町に越してきて、家族を惨殺された過去を持っていた ―


関連記事

『サイレントヒル: リベレーション』(2012) - Silent Hill: Revelation -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_271
2006年『サイレントヒル』の続編。きちんと話が繋がっているから、前作を観てからの方がより分かりやすい。今回活躍するのは、前作で母親に救出された娘シャロン。シャロンも母親ローズと一緒に囚われてしまったと思っていたが、そうじゃなかったみたい(成長したこのシャロンの見た目、行動様式がローズととっても似ていてちょっとヒステリック)。物語的には大事なところでちょっと??なところもあって大味。クリーチャーに関しては「ヘルレイザー」もどきが新登場(ゲームは全く知りません)。三角さんとナースさんも健在ですよー。

SilentHill_Revelation_04
■サイレントヒル: リベレーション - Silent Hill: Revelation -■
 2012年/フランス・アメリカ・カナダ/95分
 監督 :マイケル・J・バセット
 脚本 :マイケル・J・バセット
 製作 :サミュエル・ハディダ 他
 制作総指揮:ヴィクター・ハディダ
 撮影 :マキシム・アレクサンドル
 音楽 :山岡 晃、ジェフ・ダナ
 出演 :アデレイド・クレメンス(ヘザー・メイソン/シャロン/アレッサ)
     キット・ハリントン(ヴィンセント・スミス)
     ショーン・ビーン(ハリー・メイソン)
     キャリー=アン・モス(クローディア)
     マルコム・マクダウェル(レナード・ウルフ)
     マーティン・ドノヴァン(探偵ダグラス・カートランド)
     ラダ・ミッチェル(ローズ)
     デボラ・カーラ・アンガー(ダリア)
     エリン・ピット(アレッサ少女時代)
     ピーター・アウターブリッジ(トラヴィス)
  
解説:
コナミの世界的大ヒット・ゲームソフトを実写映画化した2006年のサスペンス・ホラー「サイレントヒル」の続編。深い霧に覆われた街“サイレントヒル”を舞台に、幼いころの記憶を失った少女ヘザーが、自らの謎に包まれた生い立ちを探る中で封印された街の秘密へと近づいていくさまを、不気味なクリーチャーの数々とともに臨場感あふれる3D映像で描き出す。主演は「ヴァンパイア」のアデレイド・クレメンス、共演にキット・ハリントン、ショーン・ビーン、キャリー=アン・モス。監督は「デス・フロント」「処刑島」のマイケル・J・バセット。


あらすじ:
18歳の誕生日を目前にした少女ヘザーは、サイレントヒルという謎めいた街で起きる不気味な悪夢に苦しめられるようになる。なぜか幼い頃の記憶がない彼女は、父に連れられ街から街へと転々と移り住み、身を隠すような生活を送っていた。そんなある日、彼女が帰宅すると、自宅から父の姿が消えていたのだった。彼女は転校先で知り合った青年ヴィンセントと共に、父の行方を追って、唯一の手がかりであるサイレントヒルへと向かうのだが-
 (allcinema)


関連記事

『テルマエ・ロマエ』(2012) - THERMAE ROMAE -

Posted by momorex on   2  2

Terumae romae_04s
新しいアイデアに悩む古代ローマの浴場設計士が現代日本の銭湯にタイムスリップ。以前から少し気になりつつも邦画か~、邦画だもんな~、と観ないでいたが、WOWOWでやっていたのを機に我慢できずに視聴。阿部ちゃん、面白いー!最近観た『るろうに剣心』も想像以上に良かったし、もしかして最近の邦画は面白いんですか?

Terumae romae_03■テルマエ・ロマエ - THERMAE ROMAE -■ 2012年/日本/108分
 監督 :武内 英樹
 脚本 :武藤 将吾
 原作 :ヤマザキマリ
 製作 :「テルマエ・ロマエ」製作委員会
 撮影 :川越 一成
 音楽 :住友 紀人
 出演 :阿部 寛(ルシウス)
     市村正親(皇帝ハドリアヌス)
     北村一輝(ケイオニウス)
     宍戸 開(アントニヌス)
     上戸 彩(山越真実)
     笹野高史(真実の父)
     キムラ緑子(真実の母)
     竹内 力(厳つい男)
     外波山文明(棟梁)

解説:
古代ローマの実直で誇り高き浴場設計技師が、現代の日本にタイムスリップして未知のお風呂文化に驚愕し、その知識を古代ローマに持ち帰るという奇想天外なストーリーで大ヒットとなったヤマザキマリの痛快お風呂ギャグマンガを「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」「天国からのエール」の阿部寛主演で実写映画化したファンタジー・コメディ。共演は「あずみ」の上戸彩。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」の武内英樹。
 (allcinema)

あらすじ:
古代ローマ帝国に生きる浴場設計技師ルシウスは、新しいアイデアが浮かばず仕事が行き詰まっていた。ある日、友人に誘われ公衆浴場テルマエを訪れた彼は、そのあまりの喧噪に辟易して浴槽に潜り、排水溝に吸い込まれてしまう。そして彼が気が付いた場所はなんと現代日本の銭湯だった-


関連記事

『サイレントヒル』(2006) - Silent Hill -

Posted by momorex on   2  1

Silent Hill_05s
前回レビューした『ミスト』と同時期にお気に入りだったホラー。ゲームが原作であることが有名。霧なのか、煙なのか、灰なのか..。白く煙っているこの町に大きなサイレンが数時間おきに鳴り響く。それは地獄の門が開くサイン。扉の向こうからやって来る恐ろしい地獄の番人は容赦なく人間に襲いかかる。
さぁ、地獄の釜を炊け(←言ってみたかっただけ)

Silent Hill_00■サイレントヒル - Silent Hill -■
 2006年/カナダ・フランス/126分
 監督 :クリストフ・ガンズ
 脚本 :ロジャー・エイヴァリー
 製作 :サミュエル・ハディダ 他
 制作総指揮:山岡 晃
 撮影 :ダン・ローストセン
 音楽 :ジェフ・ダナ
 出演 :ラダ・ミッチェル(ローズ)
     ショーン・ビーン(クリストファー)
     ジョデル・フェルランド(シャロン/アレッサ)
     ローリー・ホールデン(シビル・ベネット)
     アリス・クリーグ(クリスタベラ)
     デボラ・カーラ・アンガー(ダリア)
     ターニャ・アレン(アンナ)
     
解説:
コナミの人気ホラーゲームを「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ監督で映画化。廃墟と化した不気味な街に足を踏み入れた母娘を、想像を絶する恐怖が襲う。主演の母親役に「ネバーランド」のラダ・ミッチェル、その娘シャロン役には「ローズ・イン・タイドランド」で注目を集めたジョデル・フェルランド。


あらすじ:
ローズとクリストファーの夫婦は、9歳になる娘シャロンの奇妙な言動に悩んでいた。しばしば情緒不安定になり、“サイレントヒル”とつぶやくシャロン。彼女を救う手掛かりを探すローズは、やがてサイレントヒルという街が実在することを突き止める。そこは、30年前に大火災に見舞われた忌まわしい過去のため今では誰も近づかないゴーストタウンと化していた。ローズはクリストファーの制止を振り切り、シャロンを車に乗せその街を目指す。しかしサイレントヒルへと続く狭い道の途中で事故に遭い、ローズは気を失ってしまう。彼女が意識を取り戻したとき、そこにシャロンの姿はなかった。ローズはシャロンの行方を追って、サイレントヒルの奥深くへと彷徨い込んでいくのだが-
 (allcinema)


関連記事

『るろうに剣心』(2012)

Posted by momorex on   2  0

るろうに剣心_07s
最初にまず言いましょう。
良かったです!コミックも当時、新刊が出るのを待って読んでいた(普通の)ファンですが、すごく楽しめた!アクションの流れや決めポーズが、実写でありながら絵のようですごくリアル(コミック的に)で、人がやってる動くコミックのようだった。アクション映画が好きな人に、これはオススメだ

るろうに剣心_01■ るろうに剣心 ■ 2012年/日本/134分
 監督:大友 啓史
 脚本:藤井 清美、大友 啓史
 原作:和月 伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
 製作:久松 猛朗、畠中 達郎 他
 制作総指揮:ウィリアム・アイアトン
 撮影:石坂 拓郎
 音楽:佐藤 直紀
 主題歌:ONE OK ROCK「The Beginning」
 出演:佐藤 健 (緋村剣心)
    武井 咲 (神谷 薫)
    江口 洋介(斎藤 一)
    香川 照之(武田観柳)
    吉川 晃司(鵜堂刃衛)
    綾野 剛 (外印)
    須藤 元気(戌亥番神)
    蒼井 優 (高荷 恵)
    青木 崇高(相楽左之助)
    田中 偉登(明神弥彦)
    奥田 瑛二(山県有朋)

解説:
以前アニメ化されて人気を呼んだ和月伸宏の大ベストセラーコミックを、「龍馬伝」「ハゲタカ」などの人気TVドラマを手がけた大友啓史監督が映画化。主人公を演じるのは原作者をはじめとする全スタッフが熱望した人気俳優、佐藤健。他、武井咲、綾野剛ら若手から吉川晃司らベテランまで豪華キャスト集結で劇場公開は大ヒット。アクション監督の谷垣健治が手がけたスピーディーかつスタイリッシュなアクションが目を見張る大迫力。佐藤を筆頭に主要キャストがほぼすべてのアクションを自分で演じたのにも驚かされる。


あらすじ:
時は明治。東京で伝説の“人斬り抜刀斎”を名乗る男が次々と人を斬る事件が発生。本物の抜刀斎である流浪人・剣心は、薫という女性を偽者から助けた縁で、彼女が暮らす神谷道場に居候することに。偽者の正体は実業家・武田の用心棒・刃衛で、武田は医師の恵に作らせたアヘンをもとに壮大な陰謀を企てていた。元新選組で今は警官となった斎藤は、武田をマークするが手を出せない。悪の手が薫に伸びたとき、剣心は新たな戦いへ

 (WOWOW)


関連記事

「HK/変態仮面」がお家で観られる!オンライン/ストリーミング方式で公開中!

Posted by momorex on   2  0

4月13日から公開されているあの「HK/変態仮面」が、2013年6月1日(土)までの期間限定で、オンラインでも鑑賞できるようになったということなのでご紹介いたします。

変態仮面_01■ HK/変態仮面 ■ 2013年/日本/105分
 監督 :福田 雄一
 脚本 :福田 雄一
 原作 :あんど慶周「HENTAI KAMEN」
 製作 :間宮登良松 他
 撮影 :工藤 哲也
 主題歌:MAN WITH A MISSION「Emotions」
 出演 :鈴木 亮平  (色丞狂介/変態仮面)
     清水富美加  (姫野愛子)
     ムロツヨシ  (大金玉男)
     安田 顕   (謎の教師 戸渡)


解説:
90年代前半に『週刊少年ジャンプ』に連載されていたあんど慶周のギャグ漫画を、TV「勇者ヨシヒコと魔王の城」、「コドモ警察」の福田雄一監督で実写映画化。主演は「シュアリー・サムデイ」「ふたたび swing me again」の鈴木亮平。共演に「仮面ライダーフォーゼ」の清水富美加。また、本作の映画化を熱望した小栗旬が脚本協力で参加。


あらすじ:
紅游高校拳法部員の色丞狂介は、刑事だった父親の血を受け継ぐ正義感あふれる青年。転校生のお嬢様・姫野愛子に一目惚れした彼だったが、ある時、銀行強盗に巻き込まれた愛子を救おうと覆面をして変装するはずが間違って女性用パンティを被ってしまう。すると、ドMの父とドSの女王様だった母から受け継いだ変態の血が覚醒し、潜在能力を極限まで引き出すことができる超人“変態仮面”に変身したのだった。それは決して誰からも賞賛されないヒーローだが、狂介はそこに悪者がいる限り、パンティを被り、変態仮面へと変身する-
 (allcinema)





変態仮面_024月13日に全国公開された「HK/変態仮面」が、2013年6月1日(土)までの期間限定で、オンラインでも鑑賞できるようになりました。パソコンだけでなく、iPadiPhoneからも楽しめます。サービスの利用には、KINEZO CINEMAへの無料会員登録が必要です。
「HK/変態仮面」は、あんど慶周さんのマンガ「HENTAI KAMEN」(集英社文庫コミック版刊)を原作とした作品です。主人公は、ドMの刑事とドSの女王様の間に生まれた色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。ヒロインの姫野愛子を銀行強盗から救うために覆面で変装しようとしたところ、間違って女性用のパンティをかぶってしまい、変態の血が覚醒。人間の潜在能力が100%引き出された超人「変態仮面」に変身し、ヒーローとして活躍します。色丞を演じるのは、俳優の鈴木亮平さん。監督・脚本は福田雄一さんで、脚本には俳優の小栗旬さんが協力しています。


〈KINEZO CINEMAとは〉  公式サイト:KINEZO CINEMA
◆オンラインシアター<KINEZO CINEMA>
劇場公開中の映画を、期間限定(劇場公開終了まで)で配信する、“劇場同時公開”専門のオンラインシアター。
1コンテンツごと課金制で、ストリーミング方式による視聴が可能です。
 1コンテンツの視聴価格 →1,200円

ユーザーはKINEZO CINEMAの会員に登録するか(登録無料)、またはfacebook, twitter, googleアカウントで専用ページにログイン後、コンテンツを選択して、クレジットカード決済により視聴いただけます。
ユーザーは決済から24時間以内であれば、何度でも再生が可能となります!



ちょっと興味あるけど映画館に行くのは・・・という方にはうってつけ。
こっそり言うと、1200円で1人(以上)で観ることが出来るのもポイントかな。

「HK/変態仮面」オフィシャルサイト

予告編


ショートムービー集など
 映画『HK/変態仮面』Youtube公式

DVDは2013年7月12日発売予定


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『ヘルタースケルター』(2012)

Posted by momorex on   0  0

日本の俳優やタレントにあまり詳しくないけれど、色々と話題になっていた本作を好奇心に駆られて観てみた。写真家であり『さくらん(2007)』の監督らしく、1シーン1シーンがそのまま芸術写真のような構図の作風。美しいたくさんの色、物に囲まれて、人形のように綺麗な主人公りりこが人間らしい感情を表に出すたび、その醜さが際立っていく。

■ ヘルタースケルター ■ 2012年/日本/127分
 監督 :蜷川 実花
 脚本 :金子ありさ
 原作 :岡崎 京子
 製作 :宇田 充、甘木モリオ
 撮影 :相馬 大輔
 音楽 :上野 耕路
 主題歌:浜崎あゆみ「evolution」、AA=「The Klock」
 出演 :沢尻エリカ (りりこ )
     大森 南朋 (麻田 誠)
     寺島しのぶ (羽田 美知子)
     綾野 剛  (奥村 伸一)
     水原 希子 (吉川 こずえ)
     新井 浩文 (沢鍋 錦二)
     鈴木 杏  (保須田 久美)
     寺島 進  (塚原 慶太)
     哀川 翔  (浜口 幹男)
     住吉真理子 (比留駒 千加子)
     窪塚 洋介 (南部 貴男)
     原田美枝子 (和智 久子)
     桃井かおり (多田 寛子)


解説:
岡崎京子の伝説的コミックを「パッチギ!」の沢尻エリカ主演、「さくらん」の蜷川実花監督で実写映画化。全身美容整形という秘密を抱えモデルの頂点に君臨するヒロインの際限のない欲望と転落への道のりを、過激な性愛描写と極彩色のヴィジュアルで描き出す。共演に大森南朋、寺島しのぶ、桃井かおり。
 

あらすじ:
完璧な美貌で芸能界の頂点に君臨するトップ・モデル、りりこ。実は、彼女には絶対に知られてはならない秘密があった。彼女の美しさは、ほとんど全身に施された美容整形の賜であり、そのために免疫抑制剤の服用が欠かせなかった。だが、整形の後遺症は確実にりりこの身体を蝕んでいく。そんな中、美容クリニックをめぐる事件を追う検事の影がりりこに迫る。さらに、生まれたままの美しさでりりこの存在を脅かす後輩モデルまで出現し、次第にりりこは精神的にも追い詰められていく。
 (allcinema)




ヘルタースケルター_05田舎から上京し、全身整形を施したうえでトップモデルとして芸能界に君臨するりりこ。その毎日は写真撮影、テレビ番組出演、インタビューなどで埋め尽くされ、息つく暇もない。自宅に戻っても化粧を落とす余裕も無く、眠っているシーンさえ無い。いつもいつも綺麗なりりこ。途切れも無いフラッシュで浮かび上がる人形のようなりりこ。途切れ無い声援の中で優雅に手を振るりりこ。女子高生達の憧れの的-。

雑誌のつるつるした表紙を飾る彼女。自分の姿を鏡に映し悦に入る彼女。
だがその裏では、若い新人モデルの登場におびえ、整形の後遺症が出だした身体におののき、しかしなすすべは無い。その度に整形手術を加えても毎年年齢は上積みされていく。

そんな彼女が生身の人間としての感情を爆発させ、自分の言葉で語り(叫び)出すと、一気にその内面の醜さが表れる。陰でりりこを支える付き人の羽田 美知子はその格好の標的だ。
お偉い芸能人様にはこんなタイプも多いのだろうが、羽田への要求と命令は日々ひどくなって、羽田の恋人までまきこんでの最低の仕打ちが行われる(これらのシーンでは思わず最近の「尼崎監禁事件」を思い出した)。

本作最初はりりこがどうなるのだろうかと興味津々で観ていたが、綺麗で完璧な「りりこ」がこれでもかと画面に登場し続け、(非道い行いもあってか)その存在に段々と飽きてくる。彼女自身よりも他の登場人物に目が行くようになる。
 ・りりこを芸能界にデビューさせた女社長
 ・後輩新人モデル
 ・付き人羽田
 ・整形手術の女医
 ・りりこの妹
それに何より、途中途中にはさまれる今時の女子高校生達。りりこに憧れ声援を送る彼女らは、一人が右を振り向くと一斉に皆そちらを見る。りりこが言っていたように「すぐに飽き」られ「忘れられる」。
こんなりりこを利用しがっぽり儲けている女社長や整形医の存在も対照的で、50代、60代になってなお美しい桃井かおりと原田美枝子を起用しているところも面白い。

ヘルタースケルター_03そして後輩の新人モデル(水原希子)。この子もりりことは対照的で、陶器のような美しさを持つ彼女とは違って、持って生まれた内面からにじみ出てくる可愛らしさがある。それに可愛いだけではない、理知的でドライな感じがより現代的。
年の割にはしっかりとしたタイプに見える新人だが、気をつけて。

赤い羽根が舞ってるよ。

途中から半ばうんざりしながら観ていた本作だったが、最後のワンカットに思わず声援を送りたくなった。
あの笑い方、最高だ。
ではまた





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。