QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SUCK /ヴァンパイア・サック』(2009) - Suck -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_446
どうせ、つまんないヴァンパイアものだろ、っと観始めたらビックリ。遊び心満載で製作国はカナダだけどとってもイギリスっぽい作りのコメディ・ホラー映画。主演のジェシカ・パレは綺麗だし、ロックンロール・ホラーというだけあって音楽は効果的に使われ、大物ロッカー達も真面目に演技していて、全編が見どころに。


Suck_04

■ SUCK /ヴァンパイア・サック - Suck - ■
2009年/カナダ/91分
監督・脚本:ロブ・ステファニューク
製作:ロビン・クラムリー
製作総指揮:ジェフ・サックマン 他
撮影:D・グレゴール・アジェ
音楽:ジョン・カストナー

出演:
ロブ・ステファニューク(ジョーイ)
ジェシカ・パレ(ジェニファー)
デイヴ・フォーリー(ジェフ)
モービー(ビーフ)
イギー・ポップ(ヴィクター)
ヘンリー・ロリンズ(ロッキン・ロジャー)
ディミトリー・コーツ(クイニー)
アレックス・ライフソン(国境警備員)
アリス・クーパー(バーテンダー)
マルコム・マクダウェル(エディ・ヴァン・ヘルシング)



解説:
売れないロックバンドが、危険な魅力で人気を獲得すべく、メンバー全員ヴァンパイアとなってしまうロックンロール・ホラー・コメディ。イギー・ポップ、アリス・クーパー、ヘンリー・ロリンズはじめ大物ロック・ミュージシャンの豪華出演にも注目。監督は、本作の主演も務めこれが長編2作目の新鋭ロブ・ステファニューク。
(allcinema)

あらすじ:
鳴かず飛ばずのまま巡業を続けるカナダの貧乏インディーズ・バンド“ウィナーズ”。ある夜、巡業先で別行動した紅一点のジェニファーがヴァンパイアになって帰ってくる。妖艶な魅力を放つようになった彼女を中心に、バンドの人気は急上昇。それならと、次々にヴァンパイアになっていくメンバー達だったが ―


関連記事
スポンサーサイト

『血とバラ』(1960) - Et mourir de plaisir -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_434
古めの吸血鬼映画特集ぼちぼち続いてます。今回は『世にも怪奇な物語/黒馬の哭く館』のロジェ・ヴァディム監督作。もう『血とバラ』なんてタイトルだけでクラクラしそうな吸引力。雰囲気も『黒馬の哭く館』に似ていて、現実と夢と謎が交錯しなから悲劇のラストへと向かっていく。いいわー


Et_mourir_de_plaisir_00

■ 血とバラ - Et mourir de plaisir - ■
1960年/フランス・イタリア/74分
監督:ロジェ・ヴァディム
脚本:クロード・ブリュレ 他
製作:レイモン・エジェ
撮影:クロード・ルノワール
音楽:ジャン・プロドロミデス

出演:
メル・ファーラー
エルザ・マルティネリ
アネット・ヴァディム
マルク・アレグレ



解説・あらすじ:
恐怖作家レ・ファニュ原作『吸血鬼カーミラ』の映画化作品。イタリアの古城の城主には、吸血鬼を先祖に持つという言い伝えがあった。ある日、城主は婚約者を招くが、従妹のカーミラはその婚約者に倒錯した愛情を抱く……。女吸血鬼という題材を、官能的につづった作品。
(allcinema)

英題:Blood and Roses

関連記事

『鮮血の処女狩り』(1970) - Countess Dracula -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_430

こんなタイトルですけど、これもイマジカ吸血鬼特集で放送されていた作品。内容はハンガリーに実在した“血の伯爵夫人”ことエリーザベト・バートリの連続殺人事件をベースに、初老の伯爵夫人が若い男との恋に目がくらんで犯行を重ねていく様子を描く。“吸血鬼”の表現についてはこじつけにしか見えなかったけど...


Countess_Dracula_03

■ 鮮血の処女狩り - Countess Dracula - ■
1970年/イギリス/92分
監督:ピーター・サスディ
脚本:ジェレミー・ポール
原案:アレクサンダー・パール 他
製作:アレクサンダー・パール
撮影:ケン・タルボット
音楽:遠ハリー・ロビンソン

出演:
イングリッド・ピット
ナイジェル・グリーン
レスリー=アン・ダウン
サンダー・エルス
モーリス・デナム
パティエンス・コーリアー
ピーター・ジェフリー
ジェシー・エヴァンス



解説:
“血の伯爵夫人”と称された実在の連続殺人鬼バートリ・エルジェーベトがモデルのハマー・プロ製作ホラー。イングリッド・ピットが美のために鮮血を浴びる吸血鬼を妙演。
(イマジカBS)

あらすじ:
17世紀のハンガリー。領主の伯爵が亡くなり、遺産相続発表のため夫人をはじめとする関係者が集まった。その結果に不満を持った初老の伯爵夫人エリザベスは侍女に怒りをぶつけるあまり傷つけてしまう。その血を浴びた伯爵夫人の頬がその部分だけ若い艶々した肌になったことから、夫人は侍女を殺害。全身に血を浴び10代の乙女に変身する ―


関連記事

『魔人ドラキュラ』(1931) - Dracula -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_426
イマジカBS吸血鬼映画特集」で放送されていた1本。吸血鬼映画としてはこの作品が史上2本目となるらしい。確かに“吸血鬼”と聞いたらまず想像されるお姿をしておられる。ここから来ていたんですねー。

Dracula (1931)_04■魔人ドラキュラ - Dracula -■
1931年/アメリカ/75分
監督:トッド・ブラウニング、カール・フロイント
脚本:ギャレット・フォート
製作:トッド・ブラウニング 他
撮影:カール・フロイント

出演:
ベラ・ルゴシ(ドラキュラ伯爵)
ヘレン・チャンドラー(ミナ)
デヴィッド・マナーズ(ジョン・ハーカー)
ドワイト・フライ(レンフィールド)
エドワード・ヴァン・スローン(ヴァン・ヘルシング教授)

解説:
ドラキュラ伯爵とヴァン・ヘルシング教授の闘いを描いた、ユニヴァーサル版の吸血鬼もの。英ハマー・フィルム製のクリスファー・リーが演じたドラキュラも貴族然としていたが、こちらはもっと重厚。
(allcinema)

あらすじ:
イギリスの弁護士レンフィールドはロンドンに建つ豪邸の売買契約を結ぶため、トランシルヴァニアの貴族ドラキュラ伯爵の元へ。巨大で不気味な城に住む伯爵は村の人々から忌み恐れられており、到着したレンフィールドはその夜には伯爵の魔力により下僕にされ、そのまま一緒にロンドンへ。ほどなくレンフィールドは精神科病院に隔離されるが、突如ロンドンの社交界に現れた伯爵は、東欧の貴族として女性達の噂の的に ―


関連記事

『ステイク・ランド 戦いの旅路』(2010) - Stake Land -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_424
蔓延るヴァンパイア達を逃れて北を目指すロード・ムービー。地味なタイトルが付いているからなのか、この映画全然知らなかった。「ウォーキング・デッド」ヴァンパイア版といった内容だけど、主人公の2人があまり感情的にならないため、何か事が起きた時にはそれが浮き彫りにされて分かりやすく、その世界に入り込みやすい。こんな世界になってしまったら、ギャーギャー叫んでも何も変わらないものねー

Stake_Land_00■ステイク・ランド 戦いの旅路 - Stake Land -■
2010年/アメリカ/98分
監督:ジム・ミックル
脚本:ニック・ダミチ 他
製作:デレク・カール 他
製作総指揮:マリク・B・アリ 他
撮影:ライアン・サマル
音楽:ジェフ・グレイス
出演:ニック・ダミチ(ミスター)
   コナー・パオロ(マーティン)
   ケリー・マクギリス(シスター)
   マイケル・セルヴェリス(邪教集団リーダー)
   グレゴリー・ジョーンズ(マーティンの父親)
   ダニエル・ハリス(ベル)

解説:
監督は「ネズミゾンビ」のジム・ミックル。ヴァンパイアと戦いながら旅を続ける人々を描くホラー作品。出演は「ワールド・トレード・センター」のニック・ダミチ、テレビシリーズ「ゴシップガール」のコナー・パオロ、「ダレン・シャン」のマイケル・セルヴェリス、「ハロウィン」のダニエル・ハリス。
(allcinema)

あらすじ:
近未来、爆発的に増えたヴァンパイアにより崩壊した人間社会。目の前で家族を殺された少年マーティンは、助けてくれたミスターと北を目指す旅に出る。北にはヴァンパイアのいない“ニュー・エデン”があると信じられていた ―


関連記事

『スペースバンパイア』(1985) - Lifeforce -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_418
久し振りに観たいなー、と思っていたら、最近何かと古めホラーを放送しているザ・シネマ がまたやってくれました。宇宙から持って帰ってしまった全裸の美女に翻弄される人類(特に男性)を描くSFパニック・ヴァンパイアホラー『スペースバンパイア』。思っていたより真面目に壮大に作られていた1本。

Lifeforce_02■スペースバンパイア - Lifeforce -■
1985年/イギリス/116分
監督:トビー・フーパー
脚本:ダン・オバノン 他
原作:コリン・ウィルソン「宇宙バンパイア」
製作:メナヘム・ゴーラン 他
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:スティーヴ・レイルズバック(カールセン大佐)
   ピーター・ファース(ケイン大佐)
   フランク・フィンレー(ファラーダ教授)
   マイケル・ゴザード(ブコフスキー所長)
   オーブリー・モリス(パーシー卿)
   マチルダ・メイ(バンパイア)

解説:
C・ウィルソンの原作を「ポルターガイスト」のT・フーパーが映画化したSFパニック大作。スペースバンパイアのエネルギーが空を覆う中、精を吸われゾンビと化した人々が街に溢れかえるクライマックスの迫力は凄く、炎に包まれたロンドン市街の映像などスペクタクル・シーンを始め、個々の出来は悪くないが、全体的に1本スジが通っておらず散漫な印象を受けるのが惜しい。東宝マーチを思わせるH・マンシーニらしからぬテーマ曲と、全編裸で押し通す美女バンパイア、M・メイの肢体が印象的。
(allcinema)

あらすじ:
ハレー彗星探査のために宇宙に出向き、そのまま連絡を絶ったスペースシャトル“チャーチル号”。救援に向かったコロンビア号は、船内が火災により黒焦げになっているチャーチル号を発見する。にもかかわらず奥の部屋で透明のケースに収められた無傷の人体3体を見つけた彼らは、解剖のため、ロンドンに持ち帰るが ―


関連記事

『イノセント・ブラッド』(1992) - Innocent Blood -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_376
アンヌ・パリロー主演ということで、もっとゴシック、スリラーな内容かと思いきや、お間抜けなマフィアと絡めたドタバタ・アクション・ホラーだった。監督はジョン・ランディス。なるほどー、80年代の作品か?と、これも違って90年代。懐かしい顔が揃っているのもあり、古き良き時代の香りがするホ作品でもある。サム・ライミとなんとダリオ・アルジェントもちょこっと出演。

Innocent_Blood_05■イノセント・ブラッド - Innocent Blood -■
 1992年/アメリカ/115分
 監督:ジョン・ランディス
 脚本:マイケル・ウォルク
 製作:リー・リッチ 他
 撮影:マック・アールバーグ
 音楽:アイラ・ニューボーン
 出演:アンヌ・パリロー(マリー)
    アンソニー・ラパリア(ジョー)
    ロバート・ロジア(サル)
    ドン・リックルズ
    トム・サヴィーニ
    フランク・オズ
    サム・ライミ
    ダリオ・アルジェント
    アンジェラ・バセット



解説:
アメリカ、ピッツバーグを舞台に、女吸血鬼とマフィアのボスとの死闘を描くホラー・アクション。主演は本作がアメリカ進出第1作となる「ニキータ」のアンヌ・パリロー。ほかに「本日はお日柄も良くベッツィの結婚」(V)のアンソニー・ラパグリア、「白と黒のナイフ」のロバート・ロッジアらが共演。またランディス監督の友人である監督たち、ダリオ・アルジェント、サム・ライミ、マイケル・リッチー、フランク・オズらがカメオ出演している。
(Movie Walker)

あらすじ:
悪党だけを狙って血を吸っていた吸血鬼マリーは、ある夜、マフィアのボスを襲ってとどめをささなかった事から、ボスは吸血鬼として復活。次々と仲間を増やしていく。この街を一手に牛耳ろうとしている彼らマフィア吸血鬼は、まず手始めにマリーと潜入捜査官ジョーの命を狙うことに ―


関連記事

『ブラッドショット:ヴァンパイア・エージェント』(2013) - Blood Shot -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_346
もっと暗ーいゴシックな感じの映画かと思っていたら、ヴァンパイアのシュワちゃんバージョン登場!他にもいろんな楽しいキャラが出てくるから、誰を応援しようかなーって考えている内に状況は急展開。そしてこんな所にもランス・ヘンリクセンが。最近、よく見かけるわー

Blood_Shot_03■ブラッドショット:ヴァンパイア・エージェント - Blood Shot -■
 2013年/アメリカ/96分
 監督:ディートリッヒ・ジョンストン
 脚本:ディートリッヒ・ジョンストン
 製作:ディートリッヒ・ジョンストン
 撮影:アダム・ビドル
 音楽:カイル・ニューマスター
 出演:ブレナン・エリオット
    マイケル・ベイリー・スミス
    ブラッド・ドゥーリフ
    ランス・ヘンリクセン
    クリストファー・ランバート

解説:
ド派手なガンファイトを引っさげて不死身のダークヒーロー登場! !
『ブレイド』シリーズのヴァンパイア要素! 『ヘルボーイ』シリーズのクリーチャー要素! 『ゴースト・ライダー』の不死身要素! などなど、、人気要素満載! ド派手なガンファイトとともに贈る、壮絶なるダークヒーロー・アクション・エンタテインメント!
(amazon)

あらすじ:
夜ごと犯罪者を処刑する謎の男を追っていた刑事リップ。男の正体がヴァンパイアだと分かっても、なお逮捕に躍起になっていた。ちょうどその頃、アメリカ攻撃を企むテロリスト集団が動き出し、ヴァンパイアとリップもそれに巻き込まれていく ―


関連記事

『ビザンチウム』(2012) - Byzantium -

Posted by momorex on   4  4

entry-image_339
肉感的な美女ジェマ・アータートンと“儚い”を絵に描いたようなシアーシャ・ローナン主演のヴァンパイア映画。長く延びた歯で噛む派手な吸血シーンはあまり前面に出てこない。それよりも、生きる意味を考え、生き抜く力を身につけていく様子を静かにパワフルに描く。

Byzantium_02■ビザンチウム - Byzantium -■
 2012年/イギリス・アイルランド/118分
 監督:ニール・ジョーダン
 脚本:モイラ・バフィーニ
 原作:モイラ・バフィーニ
 製作:スティーヴン・ウーリー 他
 製作総指揮:マーク・C・マニュエル 他
 撮影:ショーン・ボビット
 音楽:ハビエル・ナバレテ
 出演:シアーシャ・ローナン(エレノア)
    ジェマ・アータートン(クララ)
    サム・ライリー(ダーヴェル)
    ジョニー・リー・ミラー(ルヴェン)
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(フランク)
    ダニエル・メイズ(ノエル)
    トム・ホランダー(ケヴィン)

解説:
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督が、「007/慰めの報酬」のジェマ・アータートンと「ハンナ」のシアーシャ・ローナンを主演に迎え、過酷な宿命を背負うふたりの美女の悲痛な運命をセクシーかつスタイリッシュに描き出したヴァンパイア・ストーリー。共演はサム・ライリー、ジョニー・リー・ミラー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。
(allcinema)

あらすじ:
誰にも明かせない秘密を抱える16歳の少女エレノアと年上のクララ。寂れた海辺のリゾート地に現れた彼女らは廃業したホテルに住み着く。孤独なエレノアは地元の若者フランクと出会い心を通わせ始めていたが、彼女らには命を狙う追っ手が迫っていた ―


関連記事

『セール・オブ・ザ・デッド』(2008) - I Sell the Dead -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_335
“オブ・ザ・デッド”が付いているけれど、のんびりしたコメディチックなゴシック・ホラー。主役の2人の経験したことは、とても信じられない恐ろしく面白いものなのに、事実をそのままにポツポツ語られていくものだから、緊張感は無い ホラー性よりも登場人物のユニークさを楽しむ映画で、監督は『V/H/S シンドローム』4話目のグレン・マクエイド

I_Sell_the_Dead_05■セール・オブ・ザ・デッド - I Sell the Dead -■
 2008年/アメリカ/85分
 監督:グレン・マクエイド
 脚本:グレン・マクエイド
 製作:ラリー・フェセンデン 他
 撮影:リチャード・ロペス
 音楽:ジェフ・グレイス
 出演:ドミニク・モナハン(アーサー・ブレイク)
    ラリー・フェセンデン(ウィリー)
    アンガス・スクリム(クイント博士)
    ロン・パールマン(ダフィー神父)
    アイリーン・コルガン
    ジョン・スパーダコス
    ブレンダ・クーニー
    ダニエル・マンチ
    ジョエル・ガーランド
    ジェームズ・ゴッドウィン
    エイダン・レドモンド

解説:
テレビシリーズ「LOST」のドミニク・モナハン主演の“生きている死体”をめぐるホラー・コメディ。共演にラリー・フェセンデン、ロン・パールマン、アンガス・スクリムら。監督はこれが長編デビューとなるグレン・マクエイド。
(allcinema)

あらすじ:
18世紀アイルランド。牢屋で死刑を待っている死体泥棒アーサーの元にダフィー神父が訪ねてくる。死刑囚の最後の言葉を聞きに来たという神父に、アーサーは相棒ウィリーと経験した、死体泥棒にまつわる話を語り始める。それは、とても信じられないような奇妙で突飛なものだった ―


関連記事

『モスダイアリー』(2011) - The Moth Diaries -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_294
けだるい美少女学園もの?・・違う。ヴァンパイア?・・違う。ぃゃ、確かに美少女が登場するヴァンパイアものらしいのだが、なーんか中途半端。美少女学園ものに必要な、ありがちな事は全部入れてあるのだけれど、時代が現代だからなのか、ミステリアスさが足りなくて、とても「ゴシック」ホラーとは呼べない。・・ぅ~ん・・・

The Moth Diaries_00■モスダイアリー - The Moth Diaries -■
 2011年/カナダ・アイルランド/82分
 監督:メアリー・ハロン
 脚本:メアリー・ハロン
 製作:カリン・マーティン 他
 製作総指揮:ノートン・ヘリック 他
 撮影:デクラン・クイン
 音楽:レスリー・バーバー
 出演:サラ・ボルジャー(レベッカ)
    リリー・コール(エネッサ)
    サラ・ガドン(ルーシー)
    スコット・スピードマン(デイビス先生)
    ジュディ・パーフィット
    ヴァレリー・ティアン
    メリッサ・ファーマン
    アンヌ・デイ=ジョーンズ
    ジュリアン・ケイシー

解説:
 「アメリカン・サイコ」のメアリー・ハロン監督が女子寄宿学校を舞台に、謎めいた転校生の登場によって親友との仲を引き裂かれていく思春期の少女の危うい心模様を、ゴシック・ホラーの要素を織り交ぜ、耽美的に綴った美少女ミステリー・ドラマ。出演は「Dr.パルナサスの鏡」のリリー・コール、「危険なメソッド」のサラ・ガドン、「スパイダーウィックの謎」のサラ・ボルジャー。
 (allcinema)

あらすじ:
父親自殺後、寄宿学校で学園生活を送るレベッカ。唯一の慰めは親友ルーシーの存在だったが、転校生エネッサとルーシーが仲良くなるに付け、孤独を感じていた。そんな中、学園内で自殺や事故など不可解な事件が起き始め、レベッカはエネッサへの嫉妬心も手伝って、全ての原因は彼女にあると訴えるが ―



関連記事

『サイレント・ウェイ』(2012) - El callejón -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_287
深夜のコインランドリーを舞台にしたシチュエーション・スリラー。たまたま立ち寄ったとっても可愛らしいローサがエライ目に遭う話だが、最後10分で急展開!決して事前情報を入れないで観て下さいよー。

El callejón_01■サイレント・ウェイ - El callejón -■
 2012年/スペイン・コロンビア/77分
 監督:アントニオ・トラショラス
 脚本:アントニオ・トラショラス
 製作:M・A・ファウラ 他
 撮影:ハビエル・サルモネス
 音楽:アルフォンス・コンデ
 出演:アナ・デ・アルマス(ローサ)
    ディエゴ・カダビド(ガブリエル)
    レオノール・バレラ(母親)
    ネストール・アルフォンソ・オルティス(大男)
    ジェフ・ガム(ミッチ)

解説:
「ソウ」シリーズの成功などにより、今やすっかりホラー映画の人気定番サブジャンルとなったシチュエーションスリラー。本作は深夜のコインランドリーという限定された空間を舞台に、ちまたを騒がす連続殺人犯と運悪く遭遇した美女の恐怖を息詰まるタッチで描写。彼女をさらに待ち受ける終盤の怒涛の展開も見逃せない。ギレルモ・デル・トロ監督の「デビルズ・バックボーン」の共同脚本で注目を浴びたA・トラショラスの待望の長編監督デビュー作で、かれんな魅力を放つ主演女優は、「灼熱の肌」のA・デ・アルマス。
 (WOWOW)

あらすじ:
モデルを夢見てオーディションを受けつつ、ホテルで働くローサ。ある夜、仕事帰りに立ち寄った深夜のコインランドリーで、感じのいいハンサムな青年ガブリエルと知り合うが-

英題:Blind Alley /袋小路


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。