QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サベージ・キラー』(2013) - Savaged -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_504
これ、日本のジャケ写に商業的な悪意(騙し技)を感じる・・・ 俗に言うレイプ・リベンジものとは雰囲気がなかり違っていて、もっとグロなオカルトで、大胆なバイオレンス・アクションもの。すごく楽しいけど基本は“グロ・ホラー”なのでお気をつけを

関連記事
スポンサーサイト

『モーガン・ブラザーズ』(2013) - 100 Bloody Acres -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_498
「ぼんくら」という言葉しか浮かばない登場人物の面々・・・。ぼんくらをいかに面白くホラーで見せるのかがキモな作品のはずなのに、ちょっと途中かったるい。おバカさ加減がしつこくて、お兄ちゃんの秘密もやり過ぎで引いちまった。シッチェスにしてはあんまりだったかなー

関連記事

『ミッシング・ポイント』(2012) - The Reluctant Fundamentalist -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_492
アメリカ対テロリスト構図の作品では無いです。主人公はあくまで自国を愛するパキスタンの青年であり、テロリストとは関係無い。巨大な夢の国“アメリカ”とこれから成長していこうとしている自国パキスタン。彼の目線で見るこれら2つの国の現実と、未来への期待を描く社会派ドラマ作品です。


The_Reluctant_Fundamentalist_Movie2012_02-2

■ ミッシング・ポイント - The Reluctant Fundamentalist - ■
2012年/アメリカ・イギリス・カタール/131分
監督:ミーラー・ナーイル
脚本:ウィリアム・ウィーラー
原作:モーシン・ハミッド「コウモリの見た夢」
製作:リディア・ディーン・ピルチャー
製作総指揮:ハニ・ファルシ
撮影:デクラン・クイン
音楽:マイケル・アンドリュース

出演:
リズ・アーメッド(チャンゲス)
リーヴ・シュレイバー(ボビー)
キーファー・サザーランド(ジム)
ケイト・ハドソン(エリカ)
オム・プリ
シャバナ・アズミ
マーティン・ドノヴァン
ネルサン・エリス
ハルク・ビルギナー



解説:
アメリカ社会で人生のエリート街道を歩んでいたさなか、2001年9月11日の同時多発テロ事件が勃発し、いわれなき人種差別により、アメリカン・ドリーム実現の夢を打ち砕かれてしまったひとりのパキスタン人青年。それ以後、祖国に戻り、反米の姿勢を打ち出すようになった彼と、テロ活動への彼の関与を疑うCIA工作員が鋭く対峙するさまを、「トリシュナ」のR・アーメッドや、L・シュライバー、K・サザーランドら、実力派キャストの競演でスリリングに描写。本邦劇場未公開ながら要注目の秀作ドラマ。
(WOWOW)

あらすじ:
パキスタンでテロリストによるアメリカ人大学教授の拉致事件が発生。アメリカ留学の経験があり、同じ大学で教授を務めるチャンゲス・カーンが関与しているとふんだCIAは、ジャーナリストを介して彼に接触を試みるが ―


関連記事

『ブラッディナイト 聖し血の夜』(1974) - Silent Night, Bloody Night -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_486
なんかふざけたタイトルからサンタ殺人鬼みたいなモノを想像していたら、全く違いましたよ、お客さん(また)。この作品は不遇な取り扱いをされていたらしくて、傷だらけのフィルムをとにかく助けるためにDVD化されたサスペンス・ホラー作品。もの悲しい内容にフィルムの傷が似合っているとも言えて、独特の雰囲気を醸し出している。物語も面白くてこのままでは勿体ない。雰囲気を損なわないようにしつつ誰かリメイクしてくれないかなー


silent-night-bloody-night_02-2

■ ブラッディナイト 聖し血の夜 - Silent Night, Bloody Night - ■
1974年/アメリカ/87分
監督:セオドア・ガーシュニー
脚本:セオドア・ガーシュニー 他
原案:ジェフリー・コンヴィッツ 他
製作:ジェフリー・コンヴィッツ 他
撮影:アダム・ギファード
音楽:ガーション・キングズリー

出演:
パトリック・オニール
ジョン・キャラダイン
ジェームズ・パターソン
メアリー・ウォロノフ
ウォルター・エイブル
アストリッド・ヒーリン



解説:
マサチューセッツの小さな町にたたずむ謎の屋敷“バトラー・ハウス”。この屋敷を巡って繰り広げられる血で血を洗う惨劇を描いたオカルト・ホラー。共同で原作・脚本・製作を担当しているのは「センチネル」の原作者ジェフリー・コンヴィッツ。オリジナルは90分。
(allcinema)

あらすじ:
マサチューセッツ州の小さな町で、前の主であるバトラー氏が焼死した大きな屋敷バトラー邸が20年の時を経て売りに出された。売り主である孫のジェフリーに変わり、この地を訪れた弁護士は話を前に進め、市への売却が決定する。その夜、バトラー邸に愛人と共に宿泊した弁護士。だが、その家には斧を持ち、待ち構えている謎の人物が隠れていた ―


関連記事

『サイレント・ハウス』(2011) - Silent House -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_481
主人公サラが正体の分からない何者かから隠れて、逃げて、の緊張感で息も出来ないハラハラしたシーンが全編を覆うが、思ったよりも飽きずに一緒に逃げているつもりで最後まで観られる。リアルタイム進行型なんだ、なるほど。正体不明の何者かの“正体”はラストに分かる。これは結構新しい“ブツ”ではないだろうか?


Silent_House_00

■ サイレント・ハウス - Silent House - ■
2011年/アメリカ/86分
監督:クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
脚本:ローラ・ラウ
製作:アニエス・メントレ 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:イゴール・マルティノヴィッチ
音楽:ネイサン・ラーソン

出演:
エリザベス・オルセン(サラ)
アダム・トレーズ(サラの父)
エリック・シェファー・スティーヴンズ(叔父ピーター)
ジュリア・テイラー・ロス(ソフィア)
ヘイリー・マーフィ(少女)



解説:
ウルグアイ製の秀作シチュエーションホラー「SHOT/ショット」を「オープン・ウォーター」のC・ケンティスとL・ラウの夫婦監督がリメイク。手持ちカメラによるワンカット撮影、本編時間と劇中時間が重なるリアルタイム進行という特徴はそのままにディテールを磨き上げた。オルセン姉妹を姉に持ち、自身も「マーサ、あるいはマーシー・メイ」など活躍著しいエリザベス・オルセンが《何か》におびえるヒロインを熱演する。
(WOWOW)

あらすじ:
修理して売却するため、荒れ果てた湖畔の別荘を訪れたサラと父親、叔父の3人。窓は全て割られ、他人が勝手に入り込んでいたその建物を3人は調べ始めたが、ある部屋で父親が暴漢に襲われ負傷する。まだ何者かが潜んでいるのかと怯えたサラは、叔父と共に父親を助け逃げようとするが、叔父までもが何者かに襲われて ―


関連記事

『シアター・ナイトメア』(2014) - The Last Showing -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_476
ロバート・イングランドが主役なせいか、『クリープショー』の中の1話のような懐かしい感じのするホラー。キレた老映写技師が映画館に訪れた、なんの関係も無いカップルを恐怖のどん底に陥れる。流れに少し無理はあるものの、R.イングランドなんだからいいじゃない、ってな気楽な気持ちで観ると充分に楽しめると思う。


The_Last_Showing_04

■ シアター・ナイトメア - The Last Showing - ■
2014年/イギリス/89分
監督・脚本:フィル・ホーキンズ
製作:フィル・ホーキンズ 他
撮影:エド・ムーア
音楽:リチャード・ボジャース

出演:
ロバート・イングランド(スチュアート)
フィン・ジョーンズ(マーティン)
エミリー・バリントン(アリー)
マラカイ・カービー(クライヴ)
キース・アレン(コリンズ)



解説:
「エルム街の悪夢」シリーズで鉄爪の殺人鬼“フレディ・クルーガー”を戦慄的に演じ、ホラー映画史上に燦然と輝く屈指の人気キャラクターを生み出した怪優、R・イングランド。その彼が、本作ではデジタル時代のあおりで冷や飯を食わされた末、映画館そのものを自らが入念に計画したホラー映画撮影の惨劇の舞台に仕立てて人生の雪辱を図る老映写技師に扮して、会心の演技を披露。斬新なアイデアとスリリングな演出で観る者を恐怖のどん底へ突き落とすのは、これが長編4作目となる期待の俊英監督P・ホーキンズ。


あらすじ:
映画のデジタル化のあおりを受けて半ば御用済みの存在と化し、年下の支配人や同僚たちの冷たい視線を浴びながら、仕事先の映画館で日々肩身の狭い思いを味わう老映写技師のスチュアート。ホラー映画の深夜の特別上映が催される晩、彼はついに自分にクビを言い渡す支配人を始末する一方、映画を観に映画館へとやって来た若い恋人カップルをホラー映画の登場人物に見立てて、事前に入念に練った計画通りに映画の撮影を進めていく ―

(WOWOW)


関連記事

「FARGO/ファーゴ」(2014-/TV)

Posted by momorex on   2  0

entry-image_475
ぅわー、面白かった!映画『ファーゴ』をどう膨らませるのかなーと思っていたけど、それは違っていて、あの雰囲気はそのままに話は別物、よりややこしそう。それでも中心は映画と同じく出来ない男レスター、出来る女警官モリー、殺し屋ローンの3人。ここミネソタの雪の中、彼ら登場人物がどんなとぼけた事をやってくれるのか今から楽しみ


Fargo-tv2014_00

■ FARGO/ファーゴ ■
2014年~/アメリカ
監督:アダム・バーンスタイン
脚本:ノア・ホーリー
原案:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作総指揮:ノア・ホーリー、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

出演:
マーティン・フリーマン(レスター・ナイガード)
ビリー・ボブ・ソーントン(ローン・マルヴォ)
アリソン・トルマン(モリー・シルヴァーソン)
コリン・ハンクス(ガス・グリムリー)



解説:
コーエン兄弟がアカデミー脚本賞を受賞した映画「ファーゴ」(1996年)がベースのクライムドラマ。
コーエン兄弟自身が製作総指揮として加わり、脚本ノア・ホーリーが映画で絶大な人気を得たアメリカ極寒の地の“ミネソタ・ナイス”と呼ばれる独特な田舎の純朴さとダークなユーモアをそのまま生かし、キャラクターとストーリーは本作のため新たに書き下ろした期待のドラマ

(スターチャンネル)

あらすじ:
ミネソタ州ベミジーに暮らす、うだつの上がらない保険勧誘員レスター。ある日、街で高校時代からのいじめっ子サムに会って怪我をさせられた彼は病院へ。待合室で一人ブツブツ言っていたところ、隣にいた見知らぬ男が声をかけてきた。一通りサムの話を聞いた男は「代わりにサムを殺してやろうか?」と ―


関連記事

『灼熱の魂』(2010) - Incendies -

Posted by momorex on   8  3

entry-image_470
これは内戦に巻き込まれ、激動の時代を生きた母を探す旅物語であると同時に、未来を背負う“子供たち”の物語で、レバノンに暮らす、暮らしていた、又はレバノンルーツの何人もの子供たちが出てくる。そのほとんどは悲惨な末路を迎えるが、母親ナワルはそれでも子供たちに囁く。 ― 怒りの連鎖を断ち切るために、共にいることが大事だ、と


Incendies_00

■ 灼熱の魂 - Incendies - ■
2010年/カナダ/131分
監督・脚本:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:ワジディ・ムアワッド「焼け焦げるたましい」
製作:リュック・デリ 他
撮影:アンドレ・トゥルパン
音楽:グレゴワール・エッツェル

出演:
ルブナ・アザバル(ナワル・マルワン)
メリッサ・デゾルモー=プーラン(ジャンヌ)
マクシム・ゴーデット(シモン)
レミ・ジラール(公証人ジャン・ルベル)
アブデル・ガフール・エラージズ(アブ・タレク)
アレン・アルトマン(レバノンの公証人)
モハメド・マジュド(ワラット・シャムセディン)
ナビル・サワラ(学校の用務員)
バヤ・ベラル(監獄の看護師)



解説:
カナダに在住するレバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの同名戯曲を「渦」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した衝撃のヒューマン・ミステリー。亡くなった母の遺言に従い、父と兄を探す旅に出た双子の姉弟が、やがて自分たちのルーツでもある激しい宗教対立に翻弄され続けた母の数奇にして壮絶な運命と向き合っていく姿を、現在と過去それぞれのエピソードを通して力強い筆致で描き出していく。主演は「愛より強い旅」「パラダイス・ナウ」のルブナ・アザバル。2010年度のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。


あらすじ:
中東系カナダ人女性ナワル・マルワンが亡くなり、公証人から遺された双子の姉弟ジャンヌとシモンに遺言が伝えられた。それは、父親と兄を見つけ出し、それぞれに宛てた母からの手紙を渡してほしいというもの。死んだと思い込んでいた父ばかりか、存在すら知らなかった兄がいることに当惑するジャンヌとシモン。それでもジャンヌは遺言に従い、中東にある母の祖国へと旅立つのだったが ―

(allcinema)


関連記事

『ワナオトコ』(2009) - The Collector -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_469
3作目が待ち遠しい「ワナオトコ」シリーズ第1作。ワナオトコの痛いワナにおののき、アーキンの人の良さに泣ける楽しいホラー作品。


The_Collector-2009_00

■ ワナオトコ - The Collector - ■
2009年/アメリカ/89分
監督:マーカス・ダンスタン
脚本:マーカス・ダンスタン 他
製作:ジュリー・リチャードソン 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:ブランドン・コックス
音楽:ジェローム・ディロン

出演:
ジョシュ・スチュワート(アーキン)
マイケル・ライリー・バーク
ダニエラ・アロンソ
アンドレア・ロス
マデリーン・ジーマ
カーリー・スコット・コリンズ
ロバート・ウィズダム
ファン・フェルナンデス
ヘイリー・アレクシス・プロス



解説:
「ソウ」シリーズの脚本家コンビが贈る、驚異のホラー・アクション大作。ワナオトコが仕掛ける 針、カミソリ、包丁、ワイヤーなど怒濤のデストラップは必見!激しすぎる描写でR-18指定に。
(Amazon)

あらすじ:
別れた妻子の金銭的危機を助けるために、内装業者アーキンは今の現場である宝石ブローカーの屋敷に夜間侵入、もう一つの仕事である金庫破りを決行する。ところが旅行で家人は不在のはずの家の中から叫び声のようなものや足音が聞こえ始め、脱出することに。だがドアには先ほどまで無かったいくつもの錠が設置され、窓には板が打ち付けられている。 慌てたアーキンを主の分からない足音が追うように近付いて ―


関連記事

『オールド・ボーイ』(2013/アメリカ) - Oldboy -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_460
ぅー、、ジョシュ・ブローリンが格好良すぎるなー。韓国版の主人公オ・デスはどこまでもうだつの上がらないサラリーマンとして描かれていたように思う。印象的な雨の拉致場面、横動きのアクション、監禁理由が明かされる場面、あの衝撃的なラストシーンなんかも残念ながら完璧に負けている。そのラストなんですけどね、―


Oldboy_2013_01

■ オールド・ボーイ - Oldboy - ■
2013年/アメリカ/103分
監督:スパイク・リー
脚本:マーク・プロトセヴィッチ
製作:ロイ・リー 他
製作総指揮:ジョー・ドレイク 他
撮影:ショーン・ボビット
音楽:ロケ・バニョス

出演:
ジョシュ・ブローリン(ジョー・デュセット)
エリザベス・オルセン(マリー・セバスチャン)
シャールト・コプリー(エイドリアン/謎の男)
サミュエル・L・ジャクソン(チェイニー)
マイケル・インペリオリ
ポム・クメメンティーフ
ジェームズ・ランソン



解説:
土屋ガロンと嶺岸信明による同名マンガを韓国の鬼才パク・チャヌク監督が映画化した衝撃のクライム・アクションを「ドゥ・ザ・ライト・シング」のスパイク・リー監督でハリウッド・リメイク。理由もわからぬまま20年間も監禁された末に、突然解放された男が辿るあまりにも凄惨で哀しい復讐の旅路を描く。主演は「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のジョシュ・ブローリン、共演に「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、「第9地区」のシャールト・コプリー。


あらすじ:
1993年10月。泥酔したジョー・デュセットが目を覚ますと、見知らぬ部屋に監禁されていた。何者かが監視しているその部屋では、食事が与えられ、テレビでニュースを見ることも出来た。そのニュースで彼は、妻が殺害され、自分が容疑者にされていること、幼い娘ミナが養子に出されていることを知る。やがて20年の歳月が流れ、彼は何の前触れもなく解放された。自分は、なぜ20年も監禁され、突然解放されたのか。理不尽な仕打ちに対する激しい怒りが、ジョーを凄絶な復讐へと駆り立てていくが ―

(allcinema)



関連記事

『13日の金曜日 序章』(1980) - Just Before Dawn -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_456
「なんですか?この邦題」シリーズ第2弾。本家とは全く関係ありません。と言っても本家より少し早めに世に出た作品で、“不条理に殺されていく若者系”としては思っていたよりよく出来ている。犯人である殺人鬼もなかなか不気味でいい感じ。何よりその背景が例のアレだからか、ゾッとする雰囲気も味わえる。


Just_Before_Dawn_05

■ 13日の金曜日 序章 - Just Before Dawn - ■
(序曲・13日の金曜日)
1980年/アメリカ/91分
監督:ジェフ・リーバーマン
脚本:マーク・L・アリウィッツ 他
製作:デヴィッド・シェルドン
撮影:ジョエル・キング
音楽:ブラッド・フィーデル

出演:
ジョージ・ケネディ
マイク・ケリン
グレッグ・ヘンリー
デボラ・ベンソン
クリス・レモン
ジェイミー・ローズ
ラルフ・シーモア



解説:
『スクワーム』のジェフ・リーバーマン監督によるスプラッターホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
危険な何者かがうろついているという噂の山にキャンプに訪れた若者5人組。最初のうちは楽しんでいた彼らだったが、気付かないうちに一人、また一人と姿を消していき ―


関連記事

『プリズナーズ』(2013) - Prisoners -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_453
久し振りに見応えを感じたクライム・サスペンス。小さな娘達の誘拐事件を中心に、2組の家族、捜査担当の刑事、犯人と思われる人物達の、日常が失われていく様子がリアルに描かれる。台詞を多く使わない主役2人の演技に引き込まれ、時間の長さは全く気にならない。メリッサ・レオもまたもやいい仕事をしていた。


Prisoners_07

■ プリズナーズ - Prisoners - ■
2013年/アメリカ/153分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:アーロン・グジコウスキ
製作:ブロデリック・ジョンソン 他
製作総指揮:エドワード・L・マクドネル 他
撮影:ロジャー・A・ディーキンス
音楽:ヨハン・ヨハンソン

出演:
ヒュー・ジャックマン(ケラー・ドーヴァー)
ジェイク・ギレンホール(刑事ロキ)
マリア・ベロ(グレイス・ドーヴァー)
テレンス・ハワード(フランクリン・バーチ)
ヴィオラ・デイヴィス(ナンシー・バーチ)
メリッサ・レオ(ホリー・ジョーンズ)
ポール・ダノ(アレックス・ジョーンズ)
ディラン・ミネット



解説:
前作「灼熱の魂」が高い評価を受けたカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って繰り広げられる、冷静沈着に捜査を進めていく刑事(ジェイク・ギレンホール)と、自らの手で一刻も早く我が子を見つけ出そうと暴走していく父親(ヒュー・ジャックマン)の対照的な姿をスリリングに描き出していく。共演はヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ。
(allcinema)

あらすじ:
ペンシルヴェニア州の田舎町で工務店を営むケラー。ある年の感謝祭の日、親しい隣人家族とお祝いをしている最中に、自宅に戻った幼い娘が隣人の娘と一緒に行方知れずになってしまう。捜査を担当した刑事ロキは誘拐の可能性を考え、不審なRV車の目撃情報を中心に調べ始める。RV車の運転手アレックスはすぐに見つかり逮捕するも、彼は10歳ほどの知能しかなく聴取は困難を極め、何も分からないまま釈放されてしまい ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。