QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・マスター』(2012) - The Master -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_369
タイトルから洗脳される男の映画かと思っていたけれど、ちょっと違った。戦争を挟んで精神的に不安定になった主人公が自分を見つめ、逃げだし、また戻る物語。自分を見つめる鏡になるのが“マスター”と呼ばれる、ある団体を纏める男。ふー、フィリップ・シーモア・ホフマン。惜しい人を亡くしたなー

The_Master_05■ザ・マスター - The Master -■
 2012年/アメリカ/143分
 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
 脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
 製作:ポール・トーマス・アンダーソン 他
 製作総指揮:テッド・シッパー 他
 撮影:ミハイ・マライメア・Jr
 音楽:ジョニー・グリーンウッド
 出演:ホアキン・フェニックス(フレディ・クエル)
    フィリップ・シーモア・ホフマン
    (ランカスター・ドッド)
    エイミー・アダムス(ペギー・ドッド)
    ローラ・ダーン(ヘレン・サリヴァン)
    アンビル・チルダーズ(エリザベス・ドッド)
    ジェシー・プレモンス(ヴァル・ドッド)
    ラミ・マレック(クラーク)


解説:
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の鬼才アンダーソン監督が5年ぶりに放った野心的傑作。慣習的なドラマ作りには背を向け、大胆な飛躍に満ちた強引な話運びで、時に観客を置いてきぼりにしながらも、先鋭的な映像表現や俳優たちの強烈な存在感で観る者の心をわしづかみにする彼独特の映画魔術は今回も健在。とりわけ、J・フェニックスと2014年2月に不慮の急死を遂げたP・S・ホフマンとの白熱の演技合戦は圧巻。第69回ヴェネチア国際映画祭の男優賞ダブル受賞や監督賞ほか、数多くの映画賞に輝いた。

あらすじ:
第2次世界大戦後、除隊してアメリカ本国へ帰還したものの、戦争後遺症で社会にすんなり復帰できず、あてどなく人生をさまよっていたフレディ。ある日彼は、酔って事件を引き起こした末に一隻の船に逃げ込み、そこで“マスター”と呼ばれる不思議な男と出会う。その男は、とある教団を率いる新興宗教の教祖で、そのカリスマ的魅力で多くの支持者を集めつつあった。フレディも彼に惹かれて行動を共にするようになるのだが ―

(WOWOW)



関連記事
スポンサーサイト

『ロンリーハート』(2006) - Lonely Hearts -

Posted by momorex on   0  0

1940年代、全米中を震撼させた実在の凶悪犯カップル、レイ&マーサ。
けちな泥棒であり、結婚詐欺師だったレイがマーサと出会うことで目覚めてしまった人の残忍性。自分たちの生活のために独り身の寂しい女性“ロンリー・ハート”をだまして殺しては金品を奪うという自己中心的な残虐性。
そんな彼らを執念深く追う刑事エルマーと相棒チャールズは、この犯罪を止めることが出来るのか。

Lonely Hearts_000
■ロンリーハート - Lonely Hearts -■ 2006年/アメリカ/107分
 監督 :トッド・ロビンソン
 脚本 :トッド・ロビンソン
 製作 :ボアズ・デヴィッドソン、ホリー・ウィーアズマ
 制作総指揮:ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ他
 撮影 :ピーター・レヴィ
 音楽 :マイケル・ダナ
 出演 :ジョン・トラボルタ  (エルマー・C・ロビンソン)
     ジェームズ・ガンドルフィーニ(チャールズ)
     ジャレッド・レト   (レイモンド・フェルナンデス)
     サルマ・ハエック   (マーサ・ベック)
     スコット・カーン   (ライリー)
     アリス・クリーグ   (ジャネット・ロング)
     ローラ・ダーン    (レネ・フォーディー)

解説:
1940年代、孤独な寡婦やオールドミスたちを次々に結婚詐欺のカモに釣りあげては金を巻き上げていた優男のレイと、その妹と称して彼に付き添い、残忍非道な殺人劇にも加担していたマーサ。過去にも映画「ハネムーン・キラーズ」などで取り上げられたこのアメリカ犯罪史上名高い凶悪事件を、本作では彼らを追う1人の刑事の視点から、じっくりと描写。監督は、J・トラヴォルタが劇中で演じた刑事の実際の孫にあたるT・ロビンソン。

あらすじ:
1940年代、優男の結婚詐欺師レイは、新聞の恋人募集欄から孤独な寡婦などの標的を選び出しては相手に近づいて甘い言葉を囁き、その持ち金を巻き上げていた。やがて、当初はそうして出会った女性のマーサが、彼の妹と称してレイの犯罪の仲間に加わるようになり、レイがカモの女性を相手にいちゃつくのを間近で見守っては嫉妬心を募らせ、残忍な殺人を犯すようになる。一方、そんな彼らのあとを刑事のエルマーが執念深く追いかけ-
 (WOWOW)




Lonely Hearts_01前髪が薄いのをカツラで隠したちょび髭の優男レイモンド・フェルナンデス。父親の愛情をあまり受けずに育った彼は20歳で結婚、英国情報部の仕事を手伝ったこともあったという。しかし事故で大けがを負った後、人が変わったようになり、つまらない窃盗で服役。ここから彼の転落人生が始まる。
口がうまく、女性の母性本能をくすぐるタイプなのか、それらをうまく使った結婚詐欺師が職業となる。
新聞記事等に短い募集広告が載る「ロンリー・ハーツ・クラブ」。これは独り身の寂しい女性達がお相手を探す場所だ。レイはこれを使ってせっせと仕事に励み、寂しい女性達から貞操と小切手を奪っては消えるということを繰り返す。
そしてある日、この方法で出会ったのがマーサ・ベックだった。

Lonely Hearts_08官能的な姿態の持ち主マーサ。実際はここまでの美人ではなかったようだが、彼女は看護師として働き、未婚で子供を産み育てていたが、愛情あふれた素晴らしい母親とはいえないタイプだ。結婚もしたが半年で破綻、お酒に溺れるようになっていく。
そんな時に職場の同僚が冗談でマーサの「ロンリー・ハーツ・クラブ」入会申請を行う。そして、たまたま出会ったのがレイモンド・フェルナンデスだった。

いつものようにだまして逃げ出すはずだったレイは、マーサに捕まる。まさしく蜘蛛の巣に絡め取られたような状態だ。マーサのレイへの愛情は深くどこまでも果てしない。普通に暮らしていれば、いい夫婦であったのかもしれないが、彼らの選んだ生活の糧は「結婚詐欺」。それもただの詐欺ではない。レイと相手の女性への嫉妬からマーサは、そしてすぐにレイまでも、騙した女性の命を奪うことをも厭わないようになっていく。



Lonely Hearts_09ある女性の自殺体が発見される。遺書が見つかり、自殺ということで処理されたが、何か引っかかった刑事エルマー・C・ロビンソン。仕事もあり、自立しいい家にも住んでいる。順調な毎日のはずなのに、何故自殺を?自殺には必ず理由があるはずだ。
翌日出た検視結果で妊娠していたことが判明し、男が絡んでいる犯罪だと直感するエルマー。他にも同じような自殺が無かったかと探し始め、糸口を探す彼。
事件性なんて無い、ただの自殺だろ、と同僚達はばかにしたが、直感を信じ捜査を始めたエルマーに協力したのは相棒のチャールズだけだった。

何故ここまでエルマーは自殺した女性を気にかけるのか..。それは数年前、自身の妻が遺書を遺すこと無く拳銃自殺したことが理由なのか。公私は分けた方がいい、事件にのめり込みすぎるな、と心配する相棒チャールズをよそに、どんどん捜査を進め、他にも急に理由もなく自殺した女性が複数いることを突き止め、彼女たちがある私書箱を管理する男と文通を続け、多額の貯金を下ろしている事実に行き当たる。その男とは-




実在の凶悪犯カップル、レイ&マーサ。彼らの毒牙にかかり命を奪われた犠牲者は20名を超えるという。彼らがこの恐ろしい犯罪を犯していた1940年代後半は戦後間もない頃であり、多くの未亡人が遺族補償金をもらいながら寂しい日々を過ごしていたことだろう。そこに目を付け人の弱みにつけ込み、金を巻き上げた上、命まで奪った2人の罪は大きい。
本作ではいくつかの手口が詳しく語られているが、中でも2人の最後の仕事となった母子殺害については、非常に残酷で見るに堪えないものがある。ぎりぎりで救えなかった刑事エルマーの慟哭は善良な人々のそれである。
最後の犠牲者となった娘はまだ2歳だった。

あらゆる州で罪を犯し、最後ミシガン州で逮捕されたレイとマーサは、死刑のあるニューヨーク州に引き渡される。2人は深く愛し合い、その愛のため殺人を犯すしかなかったと、マーサはマスコミに書き送った。マスコミは連日おもしろおかしく報じたが、当然のごとく2人には死刑判決が言い渡される。それは1951年3月8日、執行された。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『ブルーベルベット』(1986) - Blue Velvet -

Posted by momorex on   0  0

デヴィッド・リンチ監督の作品の中では珍しく、その存在の意義を考え込んでしまうような奇妙な人は出てこない。リンチ作としてはちょっと寂しく感じてしまうこの映画は、分かりやすいミステリーサスペンスになっている。しかし油断は禁物だ。根っからのサイコとサイコ一歩手前の崖っぷちに立っている人はちゃんと登場する。

BlueVelvet_00
■ブルーベルベット - Blue Velvet -■1986年/アメリカ/121分
 監督   :デヴィッド・リンチ
 脚本   :デヴィッド・リンチ
 製作   :フレッド・カルーソ
 製作総指揮:リチャード・ロス
 撮影   :フレデリック・エルムス
 音楽   :アンジェロ・バダラメンティ
 出演   :カイル・マクラクラン  (ジェフリー・ボーモント)
       イザベラ・ロッセリーニ (ドロシー・ヴァレンズ)
       デニス・ホッパー    (フランク・ブース)
       ローラ・ダーン     (サンディ・ウィリアムズ)
       ジョージ・ディッカーソン(ジョン・ウィリアムズ)
       ディーン・ストックウェル(ベン)

解説:
カルト映画「イレイザーヘッド」で注目されたリンチが、その型破りな個性をフルに発揮させた代表作のひとつ。ボビー・ヴィントンによる1963年のヒット曲「ブルー・ヴェルヴェット」が流れる中、米国の平和な田舎町とミスマッチなセックスと暴力が、時ににじみ出て、時に噴出する。虫の群れをクローズアップした映像の数々などもリンチ・ワールド的な不協和音を連想させて圧倒的。俳優陣もそれぞれはまり役だが、中でもグロテスクすれすれの美を体現したI・ロッセリーニ、テンションが高いD・ホッパーが出色だ。
 (WOWOW)

あらすじ:
ノースカロライナ州の田舎町、ランバートン。急病で倒れた父親のために休学して帰郷した大学生ジェフリー。彼は自宅近所の野原で切り取られ捨てられていた人間の「耳」を発見する。知り合いの刑事に耳を届けたものの興味がわいたジェフリーは、刑事の高校生の娘であるサンディから情報を得て、事件に関係しているのではないかと思われるクラブ歌手ドロシーのアパートに忍び込む計画をたてるが-




まず感じたこと
頭が○と△と□で一杯になってしまった前回の『イレイザーヘッド』に比べて、なんと分かりやすく明快なストーリーであることか!しかし、観た後に何かいや~な小さなしこりのようなモノが残るところがデヴィッド・リンチ作品らしい。
本作の製作年は1986年だが、その後1989年にパイロット版が作られる「ツイン・ピークス」へと続く前日譚であると本作を捉えれば、非常に入りやすい。何せ主人公のジェフリーは、若き日のクーパー捜査官ともいえる存在だからだ。

    


BlueVelvet_04大学生のジェフリーは急病で倒れた父親の店を手伝うために休学し、久しぶりに故郷ランバートンに帰ってくる。1950年代で時が止まったかのようなのどかな田舎町ランバートン。大したことはないと分かった父親の病状に安心し、子供の時からの知り合いなどに懐かしんでいたジェフリーだったが、ある日、近所の野原で人間の「耳」を発見する。慌てて知り合いのウィリアムズ刑事に手渡すが、こののどかな町で発見した「耳」に興味が沸いてくることを抑えられない。
そこで刑事の娘サンディの手を借りて、この事件に関係しているのではないかと思われるクラブ歌手ドロシーのアパートに忍び込む計画を立てる。

BlueVelvet_08うまくアパートに忍び込み物色してすぐに出てくるはずだったが、帰ってきたドロシーに見つかってしまったジェフリー。うまく言い逃れて帰ろうとする彼に、意外にもドロシーはナイフを突きつけながら誘惑してくる。そこへやって来たヤクザものフランク。間一髪でクローゼットに隠れたジェフリーは、ドロシーの秘密と2人の倒錯した快楽の世界を見せつけられることになる。
そしてこのドロシーの秘密こそがあの「耳」に関係し、その鍵を握るのがこのフランクであることを知ったジェフリーは、ますますこの秘密の世界から目が離せなくなっていく-

BlueVelvet_03泥沼に足を突っ込んで気づきもしないでいるジェフリーに忠告し、陰で支え、沼から引き上げる役目をはたすのが高校生サンディ。
演じるのはローラ・ダーン。この時は役であるサンディと同じく10代(の終わり)で、非常に初々しく可愛らしい。1990年の『ワイルド・アット・ハート』ルーラの印象とは真逆である(ルーラも可愛らしい女性であったが)。

この穢れを知らない宝物のようなサンディと、犯罪者フランクとの倒錯の世界に浸り、その一挙手一投足がエロチックに満ちているドロシーとの対比、その間で純粋さを失う一歩寸前のジェフリー。善良さ、ましてや純粋さなどとっくの昔にどぶに捨てた犯罪者フランク。本作はこの4人が一時交わり、そして戻るべき所に戻っていく物語だ。

リンチ監督にしては分かりやすい物語ではあるが、いつもの小道具も忘れてはいない監督。
あの『イレイザーヘッド』でも舞台になった陰気で暗くてまるで舞台の装置のようなアパート、豊かな黒髪、暗闇から出てくる美女、歌う女性。今回は男性も(アテレコだが)歌う。
そして監督の好きな「穴」にカメラがどんどん近寄っていく描写。家族の食事風景。
これら小道具達は「ツイン・ピークス」にも受け継がれていく。
で、今日(1/9)の放送は『ツイン・ピークス-ローラ・パーマー最期の7日間』。さあそろそろ観ないと。



何気ない日常の、そのすぐ横にぽっかりと空く黒い穴。
この穴はどうやら一つではないらしい。落ちないように気ををつけなければ。
ではまた





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『ワイルド・アット・ハート』(1990) - Wild at Heart -

Posted by momorex on   2  1

頭を投げ捨てハートで感じろ

Wild at Heart 000


■ワイルド・アット・ハート -Wild at Heart-■
1990年/アメリカ/124分
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
原作:バリー・ギフォード
製作:モンティ・モンゴメリー他
製作総指揮:マイケル・カーン
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
撮影:フレデリック・エルムズ
出演
ニコラス・ケイジ(セイラー)
ローラ・ダーン(ルーラ)
ダイアン・ラッド(マリエッタ)
ハリー・ディーン・スタントン(ジョニー)
ウィレム・デフォー(ボビー)
J・E・フリーマン(サントス)
クリスピン・グローヴァー(デル)
イザベラ・ロッセリーニ(ペルディータ)
シェリリン・フェン(交通事故の女性)
シェリル・リー(良い魔女)
ジャック・ナンス(ポージス・スプール)

解説:
デヴィッド・リンチ独特の、暴力・死・セックスといったモチーフはそのままにして描いたバイオレンス・コメディ。強烈な色彩、タバコや炎の凄まじい程のクローズ・アップ、強調されたノイズと音楽の融合など、様々な映画的手法を駆使して“リンチ・ワールド”を展開している。
 (allcinema)

あらすじ:
Wild at Heart 002アメリカ南部。セイラーは恋人ルーラの母親マリエッタに理由も分からず忌み嫌われていた。「殺してやる」とまで宣言されていたセイラーは、ある日差し向けられた殺し屋を反対に殴り殺してしまう。どこまでも2人の仲を引き裂こうとする母親から逃げるため、セイラーの出所を待ってカリフォルニアへ逃避行する2人。しかしマリエッタはあきらめず、娘を取り返すため愛人の探偵に2人を追わせる。が、なかなか埒があかないことに業を煮やしたマリエッタは、昔の愛人を使って暗黒街の顔役にセイラー殺しを依頼するが-





セイラーとルーラ ふたりの熱いハートは 荒野を焼きつくす。

デヴィッド・リンチ1990年の監督作。
有名な代表作の一つ『ツイン・ピークス』パイロット版が1989年、シリーズが1990~1991年なので、ほぼ同じ頃に撮られた作品。他監督作に比べて比較的分かりやすい内容だ。

テーマは「愛と呪縛」。
恋人同士、母と娘、母と娘の恋人、母と母の愛人-。あらゆる人間関係における愛とその束縛についてを描いている。
娘への異常な執着を示す母親は「悪い魔女」に例えられ、どこまでも2人を追っていく。が、しかしそれは娘への純粋な愛情からの行動ではない。娘がどうして「悪い魔女」の高笑いが耳から離れないのか。それには理由がある。


セイラー ニコラス・ケイジ
Wild at Heart 007蛇皮のジャケットをこよなく愛するセイラー。
このジャケットは彼にとって「魂の自由を信じる俺って人間のシンボルだ」。
ワイルドなハート」を持つと言うのと反対にジャケットに自分の個性を封じ込め、大事にしているところが面白い。
恋人ルーラのことも深く愛しているが、‘愛している’という割に、何度ルーラに‘セイラー’と叫ばせ、心配をかけていることか_。
親はいないも同然で育ち、ヤクザものの運転手をしていた。その頃起きたある出来事が原因でルーラの母親にとって邪魔な存在となっている。過去の呪縛がなかなか解けないセイラー。ルーラの愛で自由になることはできるのか。

演じたのはニコラス・ケイジ。本作内のプレスリーの歌も彼が歌っている。
ナショナル・トレジャー(2004)』などで晴れて子供も観る映画に出演したが、それ以前は本作『ワイルド・アット・ハート』も含め、少し変わった映画に出ることが多かった。
自分が始めて知ったのは『バンパイア・キッス(1988)』。バンパイアになったと思い込んでしまったエリートサラリーマンの狂気を描いた作品。かなりキレている役で、自分にとってニコラス・ケイジといえば、このイメージが強い。残念ながら、DVDにはなっていないようだ。
他にも『リービング・ラスベガス(1996)』『8mm(1999)』『ロード・オブ・ウォー(2005)』なんかがオススメです。

ルーラ ローラ・ダーン
Wild at Heart 003束縛する母親を嫌い、全てを捨ててセイラーと逃避行の途へ。
セイラーへの愛を惜しみなく表現するルーラ。だが彼女も決して幸せな子供時代では無かった。セイラーと出会うまでの様々な記憶が彼女を苦しめ、様々なイメージとなって目の前に現れる。その一つが「悪い魔女」だ。高笑いしながら、ほうきにまたがり追ってくる。それらを忘れさせてくれるのはセイラーだけだった。
『ジュラシック・パーク(1993)』のローラ・ダーンは本作以外にもデヴィッド・リンチ監督作『ブルーベルベット(1986)』、『インランド・エンパイア(2006)』に出演している。独特の魅力を持った女優さんだ。本作ルーラの母親マリエッタ役のダイアン・ラッドが実の母親だと知って驚いた。



この作品で面白いのが、この恋人達の会話のシーンだ。
Wild at Heart 014他の登場人物と違って、とても礼儀正しく、なんだかシェイクスピアの舞台的な感じを受ける。2人の会話だけ聞いていると内容はともかく、話し方がとてもバイオレンスな映画だとは思えない穏やかさがある。これは何を狙った演出なのか。悪魔のごとき形相の殺し屋と対比させるととても面白い。
 この悪魔の人は『ツイン・ピークス』ローラの母親役グレイス・ザブリスキー



この2人を取り巻く登場人物は一癖も二癖もある人ばかり。
あわせて逃避行している道中で出会う人々も只者ではない、リンチ監督らしい人々だ。

Wild at Heart 001Wild at Heart 017Wild at Heart 009Wild at Heart 010Wild at Heart 016
マリエッタ
ルーラの母親
探偵ジョニー
マリエッタの愛人
 
サントス
ヤクザ者
デル
ルーラの従兄弟
殺し屋
Wild at Heart 013Wild at Heart 018Wild at Heart 019Wild at Heart 020Wild at Heart 022
交通事故の娘殺し屋の娘モーテルの客モーテルにいた
ヤクザ者
いい魔女


他にも、たとえ数秒しか映らなくても、決して手を抜かれていないおかしな人が出てくるので、是非リンチワールドを楽しんで欲しい。その人達の存在に意味があるのか、ないのかは、、、、分かりません




「愛と呪縛」からの逃避行で始まるこの作品は、「愛」を受け入れ、「呪縛」から解放され、束縛される事さえも受け入れ背を向けず、真正面から人を愛せるようになったところで終わる。道中で出会う様々な人々や、ルーラの話に出てくる人や事件は、セイラーとルーラが自ら囚われている人や物だ。それら不幸な過去を断ち切り、前を向いて目の前の人をしっかり見つめることが出来たとき、2人に本当のハッピーエンドが訪れた。それは、悪い魔女=母親が写真立てから消えたことからも分かる。
人を呪い、自分の罪を無かったことにしようと企んだ母親は、娘を失い髪を振り乱したまま泣き続け、自分を哀れんだ姿で一生を終えることになる。

ではまた

Wild at Heart 023

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。