QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014) - Transformers: Age of Extinction -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_425
『トランスフォーマー』4作目、新たなシリーズの1作目になるのかな。安定のベイ監督節(妙なコント要素)が前3作と同じように盛り込まれつつ繰り広げられるオートボット達と敵との戦いの迫力はさすが。マーク・ウォールバーグの参加もとてもうまくいっている。でもね彼の役名が「イェーガー」なんですよ、「イェーガー

■トランスフォーマー/ロストエイジ - Transformers: Age of Extinction -■
Transformers4_072014年/アメリカ/165分
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
製作:ドン・マーフィ 他
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 他
撮影:アミール・モクリ
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演:
 マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)
 ニコラ・ペルツ(テッサ・イェーガー)
 スタンリー・トゥッチ(ジョシュア・ジョイス)
 ジャック・レイナー(シェーン・ダイソン)
 T・J・ミラー(ルーカス)
 ケルシー・グラマー(ハロルド)
 ソフィア・マイルズ(ダーシー)
 リー・ビンビン(スー)

解説:
人気アクション・フィギュアを基にしたマイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション超大作の第4弾。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。共演はニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ。また、侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙が担当。
(allcinema)
あらすじ:
シカゴの戦いから5年。CIA特殊チームによるディセプティコン残党狩りが進められる中、人類のために戦ったオートボット達は巻き込まれないように身を隠す日々が続いていた。今やどのロボット生命体も人類の敵と位置づけられていたのだ。そんな中、テキサスで修理解体を営む発明家ケイド・イェーガーは、ボロボロの古いトラックを出先で見つけ手に入れる ―


関連記事
スポンサーサイト

『パシフィック・リム』(2013) - Pacific Rim -

Posted by momorex on   4  12

Pacific Rim_000s
IMAX 3Dで観てきましたよ。『トランスフォーマー』と違って、無駄なドラマ部分はあまり無く、とにかくKAIJUとのバトル!バトル!バトル!! こんな巨大なエイリアンとロボットは初めて見たよー。最初は「巨大なもの恐怖症」の自分は観続けることが出来るかちょっと心配になったけど、大丈夫だった(ヨカッタ)。ストーリーは簡単で難しい部分は無いから、大人でも子供でも楽しめる。もうちょっとでパイロットと一緒に腕を振り回すところだった(アブナー

Pacific Rim_021

■パシフィック・リム - Pacific Rim -■ 2013年/アメリカ/132分
 監督 :ギレルモ・デル・トロ
 脚本 :トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
 原案 :トラヴィス・ビーチャム
 製作 :ジョン・ジャッシニ 他
 制作総指揮:カラム・グリーン
 撮影 :ギレルモ・ナヴァロ
 音楽 :ラミン・ジャヴァディ
 出演 :チャーリー・ハナム(ローリー・ベケット)
     菊地 凛子(森 マコ)
     イドリス・エルバ(スタッカー・ペントコスト)
     チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)
     バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴットリーブ)
     クリフトン・コリンズ・Jr(テンドー・チョイ)
     マックス・マルティーニ(ハーク・ハンセン)
     ロバート・カジンスキー(チャック・ハンセン)
     チャールズ・ルー、ランス・ルー、マーク・ルー(タン3兄弟)
     ロバート・マイエ(アレクシス・カイダノフスキー)
     ヘザー・ドークセン(サーシャ・カイダノフスキー)
     ロン・パールマン(ハンニバル・チャウ)
     ディエゴ・クラテンホフ(ヤンシー・ベケット)
     芦田 愛菜(森マコ幼少期)

解説:
日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション・エンタテインメント超大作。出演はチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン。また人気子役の芦田愛菜が菊地凛子の少女時代を演じてハリウッド・デビューを飾ったことも話題に。
 (allcinema)

あらすじ:
深海から突如現れた巨大エイリアン“KAIJU”。この凶悪なKAIJUは大都市を次々に襲撃、容赦なく破壊していく。そこで人類はこのKAIJUと戦うために世界中が力を合わせ、“イェーガー(ドイツ語で狩人)”という巨大ロボットを開発。2人のパイロットが操縦しKAIJUに向かっていく。がしかし、次々に現れるKAIJUは、その度にパワーアップ。次第にイェーガーでは太刀打ちできなくなっていく-



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。