QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シアター・ナイトメア』(2014) - The Last Showing -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_476
ロバート・イングランドが主役なせいか、『クリープショー』の中の1話のような懐かしい感じのするホラー。キレた老映写技師が映画館に訪れた、なんの関係も無いカップルを恐怖のどん底に陥れる。流れに少し無理はあるものの、R.イングランドなんだからいいじゃない、ってな気楽な気持ちで観ると充分に楽しめると思う。


The_Last_Showing_04

■ シアター・ナイトメア - The Last Showing - ■
2014年/イギリス/89分
監督・脚本:フィル・ホーキンズ
製作:フィル・ホーキンズ 他
撮影:エド・ムーア
音楽:リチャード・ボジャース

出演:
ロバート・イングランド(スチュアート)
フィン・ジョーンズ(マーティン)
エミリー・バリントン(アリー)
マラカイ・カービー(クライヴ)
キース・アレン(コリンズ)



解説:
「エルム街の悪夢」シリーズで鉄爪の殺人鬼“フレディ・クルーガー”を戦慄的に演じ、ホラー映画史上に燦然と輝く屈指の人気キャラクターを生み出した怪優、R・イングランド。その彼が、本作ではデジタル時代のあおりで冷や飯を食わされた末、映画館そのものを自らが入念に計画したホラー映画撮影の惨劇の舞台に仕立てて人生の雪辱を図る老映写技師に扮して、会心の演技を披露。斬新なアイデアとスリリングな演出で観る者を恐怖のどん底へ突き落とすのは、これが長編4作目となる期待の俊英監督P・ホーキンズ。


あらすじ:
映画のデジタル化のあおりを受けて半ば御用済みの存在と化し、年下の支配人や同僚たちの冷たい視線を浴びながら、仕事先の映画館で日々肩身の狭い思いを味わう老映写技師のスチュアート。ホラー映画の深夜の特別上映が催される晩、彼はついに自分にクビを言い渡す支配人を始末する一方、映画を観に映画館へとやって来た若い恋人カップルをホラー映画の登場人物に見立てて、事前に入念に練った計画通りに映画の撮影を進めていく ―

(WOWOW)


関連記事
スポンサーサイト

『ゾンゲリア』(1981) - Dead & Buried -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_402
タイトルからてっきりゾンビものだと思って観始めたら、冒頭は間違えた?と思ってしまう感じのエロもので、次第に「狂人村」もの、「刑事ものサスペンス」へとどんどん話が展開していく。展開はまだまだ続き、よくこれだけ詰め込んだものだと感心。おまけにラストのオチまでついて、ストーリーの破綻も無し。古い映画だけどなかなか見応えがあった。ちょい役で若き日の“鉤爪男フレディ”も登場。

Dead_&_Buried_01■ゾンゲリア - Dead & Buried -■
1981年/アメリカ/94分
監督:ゲイリー・A・シャーマン
脚本:ロナルド・シャセット 他
原作:チェルシー・クィン・ヤーブロー
製作:ロナルド・シャセット 他
製作総指揮:リチャード・R・セント・ジョンズ
撮影:スティーヴ・ポスター
音楽:ジョー・レンゼッティ
出演:ジェームズ・ファレンティノ
   メロディ・アンダーソン
   ジャック・アルバートソン
   デニス・レッドフィールド
   ナンシー・ロック・ハウザー
   リサ・ブロント
   クリストファー・オールポート
   ロバート・イングランド


解説:
平凡な港町を舞台に、生き返った死人たちによって行われる奇怪な殺人事件を描いたミステリー・タッチのホラー。一種の“ゾンビ”物だが、ダン・オバノンとロナルド・シャセットの「エイリアン」コンビによる脚本はロメロのエピゴーネン群とは一線を画す新しいタイプの作品を創造した。顔面溶解や遺骸復元のシーンなど特殊メイク(スタン・ウィンストン)も秀逸。
(allcinema)

あらすじ:
小さな港町ポッターズ・ブラフ。ある日、大火傷を負った旅行者の発見を皮切りに、この平和な町に次々と殺人事件が起き始める。村の保守官ダニエルは検死医であり葬儀屋も営むドッブスに相談しながら捜査を進めていた。そんなある夜、飛び出してきた男をパトカーで撥ねてしまった彼。男は立ち去ってしまったが、車のフロント部分に残っていた皮膚を調べたところ3ヶ月も前に死んだ人間のものであることが判明する ―


関連記事

マスターズ・オブ・ホラー#3 「ダンス・オブ・ザ・デッド」 - Dance of the Dead -

Posted by momorex on   0  0

「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズ3作目にトビー・フーパー監督作品が登場。『悪魔のいけにえ(1974)』で有名な監督だが、恐怖の極限状態に置かれた人間をとことん追い詰め、その人の持つ潜在的な人間性と強さを表現する。『エルム街の悪夢(1984)』のロバート・イングランドも快演。

MoH03_00■ダンス・オブ・ザ・デッド - Dance of the Dead -■
 2005年・TV/アメリカ/58分
 監督   :トビー・フーパー
 脚本   :リチャード・クリスチャン・マシスン
 原作   :リチャード・マシスン
 製作総指揮:キース・アディス、モリス・バーガー他
 音楽   :ビリー・コーガン
 撮影   :ジョン・ジョフィン
 出演   :ジョナサン・タッカー  (ジャック)
       ジェシカ・ロウンズ   (ペギー)
       ライアン・マクドナルド (ボックス)
       ロバート・イングランド (MC)
       カレン・オースティン

あらすじ:
第3次世界大戦後の世界。小さな食堂を営む母親を手伝っているペギーは、店にやって来た不良達の一人ジャックに魅せられ、夜中に外の世界を見に出かけるが-





MoH03_04第3次世界大戦が起き、秩序の無くなった世界。テロは頻発し、溢れかえっている死の中で生きていくしかない恐怖の時代。それでも自分たちはましなのだと思いたいため、人々はさらなる恐怖を求め、クラブ「破滅の館」へ。そこではMC自ら“エログロ・カブキ”と紹介する死者のダンスがショーとして見世物になっていた。
これは、戦時中使われたある化学兵器が元で死者が動く物質が出来、それを使った死者に電流を流しあたかも踊っているように見せるという、なんとも趣味の悪い見世物だった。

MoH03_03そんな世界に触れさせたくなくて母親に行動を監視されているペギー。町に出ることを堅く禁じられていたが、ある日出会ったジャックに誘われるままクラブ「破滅の館」へ。ショーが始まり吐き気と不快感を感じながら見ていたペギーだったが、2人目の踊る死者が行方不明の姉アナと気付いたとき、思わず姉を抱え店の外に飛び出すが-




MoH03_01さぁて、破壊的に趣味の悪い作品が登場。よくこんな話が思いつくなトビー・フーパーさんと思ったら原作があった。原作者はアメリカの作家であり脚本家でもあるリチャード・マシスン。古くはスティーヴン・スピルバーグの『激突!(1971)』(原作と脚本)、『ヘルハウス(1973)』(原作と脚本)、最近では『アイ・アム・レジェンド(2007)』『運命のボタン(2009)』『リアル・スティール(2001)』(いずれも原作)がある。どれもホラー、SF、ファンタジーにあふれ、究極の極限状態に放り込まれた人間を描写。その人の決断と行動をじっくり追っていく。
本作でもママの小さな籠に入れられていたペギーが外の世界に飛び出し、現実を直視、ある決断を迫られる。彼女は自分の正義に沿って迷うこと無く決断を下す。それは強く生きていくためには必要な決断だった。
しかしどんな時代も、はいたつばは自分の頭に落ちてきますね。


監督 トビー・フーパー
米国テキサス州出身の映画監督・脚本家。
短編映画の製作などを経て1974年に『悪魔のいけにえ』で監督デビューした。1943年生まれ70歳。
■主な監督作
 ・悪魔のいけにえ The Texas Chainsaw Massacre (1974)
 ・悪魔の沼 Eaten Alive (1977)
 ・死霊伝説 Salem's Lot (1979)
 ・ファンハウス/惨劇の館 The Funhouse (1981)
 ・ポルターガイスト Poltergeist (1982)
 ・スペースバンパイア Lifeforce(1985)
 ・悪魔のいけにえ2 The Texas Chainsaw Massacre 2 (1986)
 ・スペースインベーダー Invaders from Mars (1986)
 ・ミス・スターダスト Miss Stardust (1987)
    『世にも不思議なアメージング・ストーリー』第2シーズン第21話
 ・スポンティニアス コンバッション 人体自然発火 Spontaneous Combustion (1990)
 ・ドレス I'm Dangerous Tonight (1990)
 ・ハリウッド・ナイトメア Tales from the Crypt (1991)
 ・マングラー The Mangler (1995)
 ・トビー・フーパーの世にも不思議な怪奇アパートメント The Apartment Complex (1999)
 ・レプティリア Crocodile (2000)
 ・ツールボックスマーダー Toolbox Murders (2004)
 ・遺体安置室 -死霊のめざめ- Mortuary (2005)






■Masters of Horror season1
1 ムーンフェイス-Incident On and Off a Mountain Road ドン・コスカレリ
2 魔女の棲む館-H. P. Lovecraft's Dreams in the Witch-House スチュアート・ゴードン
3 ダンス・オブ・ザ・デッド-Dance of the Dead トビー・フーパー
4 愛しのジェニファー -Jenifer ダリオ・アルジェント
5 チョコレート-Chocolate ミック・ギャリス
6 ゾンビの帰郷-Homecoming ジョー・ダンテ
7 ディア・ウーマン-Deer Woman ジョン・ランディス
8 世界の終り-Cigarette Burns ジョン・カーペンター
9 閉ざされた場所-Fair Haired Child ウィリアム・マローン
10 虫おんな-Sick Girl ラッキー・マッキー
11 ハンティング-Pick Me Up ラリー・コーエン
12 ヘッケルの死霊-Haeckel's Tale ジョン・マクノートン
13 インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ Imprint 三池 崇史


 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。