QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『300〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~』(2014) - 300: Rise of an Empire -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_405
行ってきましたぜ。前回、ヨホホ~イと飛び跳ねながら映画館に観に行ってから7年も経っていたとは・・!今回は男性陣筋肉よりも、蛇と龍を合わせたような残忍さと美しさを併せ持つ、実在したアルテミシア役エヴァ・グリーンが印象深かった。2500年も前の海戦映像化は見事で、まるで目の前で起こっているかのよう。ただし、単純な筋肉アクションは1作目に軍配。

■300〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~ - 300: Rise of an Empire -■
300_Rise_of_an_Empire_052014年/アメリカ/102分
監督:ノーム・ムーロ
脚本:ザック・スナイダー 他
原作:フランク・ミラー「Xerxes」
製作:ジャンニ・ヌナリ 他
製作総指揮:スティーヴン・ジョーンズ 他
撮影:サイモン・ダガン
音楽:ジャンキーXL
出演:サリヴァン・ステイプルトン(テミストクレス)
   エヴァ・グリーン(アルテミシア)
   レナ・ヘディ(王妃ゴルゴ)
   ハンス・マシソン(アエスキロス)
   カラン・マルヴェイ(スキリアス)
   デビッド・ウェナム(ディリオス)
   ロドリゴ・サントロ(クセルクセス)
   ジャック・オコンネル(カリスト)
   イガル・ノール(ダレイオス王)
   ピーター・メンサー(ペルシャの使者)


解説:
2007年の「300 <スリーハンドレッド>」に続いてフランク・ミラーの人気グラフィック・ノベル・シリーズを映画化した歴史スペクタクル・アクション第2弾。史実を基にしたペルシア帝国 VS ギリシャ連合の壮絶な戦いを、今度は海を舞台に再び迫力のバイオレンス&アクションとスタイリッシュな映像美で描き出す。主演は「アニマル・キングダム」のサリヴァン・ステイプルトン、共演にエヴァ・グリーン、レナ・ヘディ。前作の監督ザック・スナイダーは脚本と製作を務め、監督は新たに「賢く生きる恋のレシピ」のノーム・ムーロが手がける。
(allcinema)

あらすじ:
スパルタ王レオニダスがペルシア帝国100万の大軍に、わずか300人の戦士を率いて立ち向かおうとしていた時、エーゲ海ではペルシア軍の大艦隊にアテナイの勇者テミストクレス将軍がギリシャ連合軍を率いて対峙していた。圧倒的な戦力差を見事な戦術で跳ね返していたテミストクレスだったが、残忍な女将軍アルテミシア率いるペルシア艦隊の猛攻撃を受け ―


関連記事
スポンサーサイト

『300 〈スリーハンドレッド〉』(2007) - 300 -

Posted by momorex on   2  1

300_18s
とうとうこのブログに『300』が 梅雨が明け、うだるような熱帯夜(ちょっと大げさ)の昨夜。たまたま付けたCSでやっていたのを久しぶりに観た。濃い男達の戦いに、暑さをすっかり忘れた夜になった。アクション系の作品の中でも特にその戦闘シーンが好きで、何度も繰り返し観たくなるものがあるんだけれど、この『300』もその一つ。既に語り尽くされているであろうこの作品を、この私めが愛を持って語っていきます。暑苦しいですよー。

300_19■ 300 〈スリーハンドレッド〉- 300 - ■
 2007年/アメリカ/117分
 監督 :ザック・スナイダー
 脚本 :ザック・スナイダー 他
 原作 :フランク・ミラー「300」
 製作 :ジャンニ・ヌナリ 他
 制作総指揮:フランク・ミラー 他
 撮影 :ラリー・フォン
 音楽 :タイラー・ベイツ
 出演 :ジェラルド・バトラー (レオニダス)
     レナ・ヘディ     (ゴルゴ)
     ロドリゴ・サントロ  (クセルクセス)
     デビッド・ウェナム  (ディリオス)
     ドミニク・ウェスト  (セロン)
     マイケル・ファスベンダー(ステリオス)
     ヴィンセント・リーガン(隊長)
     トム・ウィズダム   (アスティノス)
     アンドリュー・ティアナン(エフィアルテス)
     ピーター・メンサー  (ペルシャの使者)

解説:
無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実“テルモピュライの戦い”を基に「シン・シティ」のフランク・ミラーが著わしたグラフィック・ノベルを斬新なビジュアルで映画化。監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダー。主演は「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー。
 (allcinema)

あらすじ:
紀元前480年。驚異の大帝国ペルシアに服従を迫られたスパルタ王レオニダス。しかし彼はペルシアと戦うことを決意。300人の精鋭部隊と共に決戦の場ホット・ゲート(灼熱の門)へと向かう。援軍のアルカディア兵とも合流し陣を張ったレオニダス達だったが、そこへ地響きと共に進軍してきたペルシア軍は100万もの大軍だった-



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。