QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シン・シティ』(2005) - Sin City -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_478
動くアニメ、、ぁ、違う。アニメは元々動いてるわ。「動く人間コミック」こっちですね。度肝を抜かれたこの映像を初めて観た時は“すごい!こんなので映画が作れるんだ”と、ワケも分からず大はしゃぎした記憶が。動くアメコミの名に恥じず、出てくる人、出てくる人、カッコいいわ、綺麗すぎるわで、これは完璧なる「大人のための人間アメコミ」作品なのだ。

Sin_City_05-2


Sin_City_00

■ シン・シティ - Sin City - ■
2005年/アメリカ/124分
監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
脚本:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作:フランク・ミラー「シン・シティ」
製作:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 他
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 他
撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:ジョン・デブニー 他

解説:
 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
(allcinema)


Opening/Ending
出演:ジョシュ・ハートネット(ザ・マン)

Episode1/ハード グッバイ
あらすじ: 醜い容姿を持つ屈強な大男マーヴ。ある夜、一夜を共にした高級娼婦ゴールディが彼の隣で殺され、その犯人に祭り上げられる。愛をくれた彼女の敵を討つため、また自分を陥れた者に復讐するため真相を調べ始めたマーヴだったが、彼の前には大きな何者かが立ちはだかっていた ―
出演:
ミッキー・ローク(マーヴ)
ジェイミー・キング(ゴールディ)
カーラ・グギーノ(ルシール)
イライジャ・ウッド(ケヴィン)
ルトガー・ハウアー(ロアーク枢機卿)
フランク・ミラー(神父)

Episode2/ビッグ ファット キル
あらすじ:顔を変えシン・シティに潜むドワイトは、恋人シェリーに付きまとうジャッキー・ボーイをある夜、きつく締め上げた。それでも足りないと思ったドワイトは手下と共に娼婦街に向かうジャッキー・ボーイを追う。この街の娼婦街はドワイトの元恋人ゲイルが束ねる治外法権の一画。娼婦の一人を拳銃で脅したジャッキー・ボーイは手下もろとも娼婦達に殺された。だがジャッキー・ボーイの正体が警官であった事から、警察vs娼婦軍団の戦いが火を噴き ―
出演:
クライヴ・オーウェン(ドワイト)
ロザリオ・ドーソン(ゲイル)
ブリタニー・マーフィ(シェリー)
デヴォン青木(ミホ)
アレクシス・ブレデル(ベッキー)
ベニチオ・デル・トロ(ジャッキー・ボーイ)
マイケル・クラーク・ダンカン(マヌート)

Episode3/イエロー・バスタード
あらすじ:心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、ある夜、連続養女殺人鬼を追い詰め大怪我を負わし、少女ナンシーを助け出す。だがその殺人鬼が街の有力者であるロアーク議員の息子だったことから、逆に彼は追い詰められ殺人犯の汚名を着せられて収監されることに ―
出演:
ブルース・ウィリス(ハーティガン)
ジェシカ・アルバ(ナンシー)
マイケル・マドセン(ボブ)
ニック・スタール(ロアーク・ジュニア)
パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)


関連記事
スポンサーサイト

『ドミノ』(2005) - Domino -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_273
「イカれてる」― こんな言葉がぴったりの本作『ドミノ』。どの登場人物も犯罪者、犯罪者すれすれのイカれた人間達だが、どこか憎めない魅力がたっぷり。監督トニー・スコットがこのイカれた実話ベースのお話を、まるでミュージックビデオのように描いている。キーラ・ナイトレイ出演作の中でも特にお気に入りだ。第2段階のミッキー・ロークも他作品に比べて比較的普通でカッコいい(アイアンマンとかヤメテクレ)。

Domino_05■ドミノ - Domino -■
 2005年/アメリカ・フランス/127分
 監督 :トニー・スコット
 脚本 :リチャード・ケリー
 製作 :トニー・スコット 他
 製作総指揮:リサ・エルジー 他
 撮影 :ダニエル・ミンデル
 音楽 :ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
 出演 :キーラ・ナイトレイ(ドミノ・ハーヴェイ)
     ミッキー・ローク(エド・モズビー)
     エドガー・ラミレス(チョコ)
     リズワン・アバシ(アルフ)
     ルーシー・リュー(タリン・マイルズ)
     クリストファー・ウォーケン(マーク・ハイス)
     デルロイ・リンドー(クレアモント)
     モニーク(ラティーシャ)
     ジャクリーン・ビセット(ドミノ母)
     ブライアン・オースティン・グリーン(本人)
     イアン・ジーリング(本人)

解説:
ハリウッド・スターを父に持ち、自身もモデルとして活躍しながらも、いつしかバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)への道を歩み始めた実在の女性ドミノ・ハーヴェイの型破りな人生を映画化。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイ。監督は「マイ・ボディガード」のトニー・スコット。なお、奇しくも本作の完成と相前後して、35歳になるドミノ本人が自宅の浴槽で不慮の死を遂げるという訃報が伝えられ、関係者や映画ファンを驚かせた。
 (allcinema)

あらすじ:
名優ローレンス・ハーヴェイの娘としてロンドンで生まれたドミノ。恵まれた生活の中で幸せな日々を送っていたが、父親が急死し、再婚相手を探すことだけに躍起になっている母親に反抗するように。15歳でトップモデルとして活躍を始めた彼女は周りの人間と常に衝突。ビバリーヒルズに移り住んだ後も問題行動が絶えず、大学を退学し荒れた日々を送っていた。そんなある日、新聞広告に載っている「賞金稼ぎ募集」という文字に目がとまり-


関連記事

『パッション・プレイ』(2010) - Passion Play -

Posted by momorex on   4  0

いつから「普通」が偉くなった?

Passion Play_08


■パッション・プレイ - Passion Play -■
2010年/アメリカ/94分
監督:ミッチ・グレイザー
脚本:ミッチ・グレイザー
製作:ミーガン・エリソン他
製作総指揮:タイラー・クォン他
音楽:ディコン・ハインクリフェ
出演
ミッキー・ローク(ネイト・プール)
ミーガン・フォックス(リリー・ルスター)
ビル・マーレイ(ハッピー・シャノン)
ケリー・リンチ(ハリエット)
リス・エヴァンス(サム・アダモ)
ロリー・コクレーン(リッキー)
ロバート・ウィスダム(マルコム)

解説:
『レスラー』のミッキー・ローク主演、究極の美女をめぐるハードボイルドムービー。『トランスフォーマー』のミーガン・フォックスとビル・マーレイが共演。『リクルート』の脚本家、ミッチ・グレイザーが監督を務める。
(キネマ旬報社)
あらすじ:
Passion Play_05トランペット奏者ネイトはそれなりに知られた音楽家だったが、薬と酒に溺れ、今ではさびれた場末のクラブで演奏する身。そんな彼の一夜限りの相手がマフィアのボス‘ハッピー’の妻だったことから、砂漠に連れて行かれ殺されそうになる。
通りがかった先住民に助けられ、命からがらたどり着いたのは、砂漠の真ん中に設営されたサーカス団。彼はその中にある見世物小屋で、「鳥女」としてガラスケースに立つリリーを見つける-





世渡り下手なトランペット奏者ネイトは、自分の信じる音楽性を追求するあまり、人生の階段を踏み間違え、今では街の片隅にあるさびれたクラブでトランペットを吹いている。
そんなネイトが主役の物語。
ネイトには『レスラー -The Wrestler(2008)』の後のミッキー・ローク。また悲しみを背負う人生の敗者役だが、『レスラー』に比べて、ナイーブで大人しめ。暴力もふるわない。『ロシアン・ルーレット -13(2010)』に比べても、優しげで頼りなげな人物だ。

Passion Play_03薬物からはなんとか立ち直り、トランペットでその日暮らしをしているネイトだったが、ある夜のお相手がマフィアのボス‘ハッピー’の妻だったことから、殺し屋に砂漠に拉致され、頭に銃を突きつけられる。もう終わりだと観念したネイトが空を見上げ目にした物は、悠々と飛ぶ鷲の姿だった。
そこへ追いはぎのような先住民の一団が通りがかり、ネイトは危うく命が助かる。砂漠をさまよい、ようやく見つけたものはうら悲しいサーカス団。そして電話を借りようと見世物小屋に入った彼が見たもの。それは、天使のような羽根を持つ美しい女性リリーだった。
ガラスケースの中で悲しそうに佇む彼女に心を奪われ、一緒に逃げようと話しかけるが、リリーはその姿のせいで外の世界を知らず、無理だと言う。その様子を見ていたサーカス団長がリリーを奪われると思い、ネイトを捕まえ殺そうとする。そこに車を突っ込み、助けに入ったのはリリーだった。2人はサーカス団を後にし、ネイトの地元をめざし車を走らせる-。

ここで観ている者は思うはず。
何故にマフィアの待つ地元に戻る?そのまま2人で遠くに逃げればいいのに、と。
ガラスケースに入れられて、生まれてずっとサーカス団という狭い世界の中にいたリリー。ネイトは自由なはずなのに、殺し屋の待つ生活していた街に戻る。ネイトの生きる世界もまた、ごく限られている。

Passion Play_112人は徐々に心を通わせ、「君は僕が守る」とネイトはリリーに約束する。
幸せな時がずっと続くはずだったが、‘ハッピー’にネイトの命と引き替えに連れて行かれるリリー。結局はリリーに守られたネイトだった。
‘ハッピー’は宝物のようにリリーを大事にするが、このマフィアのボスは気まぐれだ。リリーを見ても幸せな気分でなくなったと、結局はリリーをガラスケースに入れ見世物に。それを知ったネイトは居ても立っても居られず、助けに行くことを決意する-。




キネマ旬報社の解説にはハードボイルドムービーとあるが、どちらかというと、刹那的に生きる悲しい男のラブロマンスといった趣だ。リリーの羽根についても解釈は様々に出来て、ファンタジーといった作品でもある。
本作は、日本だけでなくアメリカでも劇場公開されず、そのままDVDになった。
レビューなんかも見ると辛口評価が多くて、DVDスルーとあわせて自分としてはちょっと意外。
今時流行の次々作られるPOVホラーよりも劣っているとは、とても思えないが..。
最後は、ありがちと言えばそうかもしれないが、それまでの閉塞感漂う世界から、ネイトとリリーの笑顔と一緒に一気に解放される様子がすがすがしい。例えるなら『ブレードランナー』最後シーンの、小さい版かなぁ。

ではまた

 

関連記事

『ロシアン・ルーレット』(2010) - 13 -

Posted by momorex on   0  0

死刑か、私刑を兼ねているのか。なんとも残忍で後味の悪い賭博ゲーム

13_00


■ロシアン・ルーレット - 13 -■
2010年/アメリカ/97分
監督:ゲラ・バブルアニ
原作:ゲラ・バブルアニ
脚本:ゲラ・バブルアニ、グレッグ・プルス
製作:リック・シュウォーツ、ヴァレリオ・モラビート
製作総指揮:ジャネット・ビュアリング他
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
撮影:マイケル・マクドノー
出演:
サム・ライリー(ヴィンス・フェロー)
ジェイソン・ステイサム(ジャスパー・バッジェス)
ミッキー・ローク(パトリック・ジェファーソン)
レイ・ウィンストン(ロナルド・リン・バッジェス)
マイケル・シャノン(ヘンリー)
ベン・ギャザラ(シュレンドルフ)
デヴィッド・ザヤス(ラリー・ミューレン警部)
アレクサンダー・スカルスガルド(ジャック)
カーティス・“50セント”・ジャクソン(ジミー)

解説:
ひょんなことから集団ロシアン・ルーレットに参加することになった青年。その命懸けの苦闘を描く、戦慄のサスペンス。カルトな映画「13/ザメッティ」を米国でリメイク。
 (WOWOW)

あらすじ:
13_11オハイオ州タルボット。家族と住む電気技師の青年ヴィンスは、父親の事故による多額の入院治療費に困っていた。両親が長年真面目に働いてローンを払ってきた家を担保にお金を借りるが、生活は厳しく先行きの見通しも立たない。
そんな時、ひょんなことから1日で大金を稼げる仕事があることを知る。
指示を受けニューヨークへ向かうヴィンス。途中で移動に手を貸す銃を持った高圧的な男達。目的地は郊外の大きな屋敷だった。
身の危険を感じ抜けたいと伝えたヴィンスだったが、時すでに遅く、賭博「ロシアン・ルーレット」の始まりは告げられてしまった-





本作は、ゲラ・バブルアニ監督が自身の監督作『13/ザメッティ(2005/フランス)』をハリウッドでリメイクしたもの。設定や映像表現を変えてはいるが、基本的なストーリーはそのままだ。
13/ザメッティ』は、グルジア出身のゲラ・バブルアニ監督の長編処女作で、2005年ヴェネチア国際映画祭最優秀新人監督賞ほか数々の映画賞に輝いている。


リメイクの原題が『13』であるのに、邦題を『ロシアン・ルーレット』としたのは、何とももったいない。。
1作目『13/ザメッティ』や『13F(1999)』というタイトルがよく似たSF映画もあるのでこうなったのかは分からないが、本作は賭博ロシアン・ルーレットを描いた作品なのではなく、あくまでも、この賭博に関わることになってしまった者の人間ドラマ、群像劇だ。
自分は『13/ザメッティ』を未見だったので、『ロシアン・ルーレット』にジェイソン・ステイサムと聞いて、またまた派手なハリウッド映画か、と大きな勘違いをしていたじゃないか
それでも観てみたのは、ミッキー・ロークが出ていたのと、やはり「ロシアン・ルーレット」というのに惹かれて。。え、、、


本作は群像劇でありますので、多彩な人々が登場する。
主役とも言えるのは、父親の入院で急に大金が必要になったヴィンス
13_03真面目な両親と姉妹がいる電気技師の青年。
彼も真面目に仕事をし、両親や小さな妹を大事にしている優しい青年だ。急に必要になった大金に出来るだけの事はするつもりでいるが、このままでは両親の大事な家を銀行にとられてしまうかもしれないと心配している。とはいえ、道ばたに大金が落ちているわけでもなく、目の前の仕事をこなし経験を積み、給料をあげてもらうしかないと地道に考えていた。
が、そこに1日で大金が入る仕事の話が。そして、その仕事が目の前にぶら下がった時、彼は思わず掴んでしまう。全ては家族のためだった。危険かもしれないと分かっていながら、仕事の指示書が入った封筒を手にした時、彼の人生は見たこともない奈落の底へ-。

演じたのはイギリスの俳優サム・ライリー。すごく似てるんです、若い頃のL.ディカプリオに。今までも『ファニーゲーム U.S.A.(2007)』マイケル・ピットは似ているぞと思っていたけど、上をいきました。きっとこう思っている人はたくさんいるでしょう。同時代に大御所に似ているということは、大変だろうなぁ、などと彼が出てくるたび、というよりずっと出ているんだけど考えてしまって、雑念が。
マット・デイモンも最初の頃は似ていると言われていましたね。でも彼はきちんと自分の道を切り開きました。サム・ライリーよ、がんばれ。


メキシコで強盗をやり捕まったパトリック
13_20メキシコで牢屋に入れられていたパトリック。どんなに拷問されても盗んだお宝の隠し場所をしゃべらなかった。これ以上、拷問しても金にならないとふんだ刑務所所長。なんと恐ろしい賭博ロシアン・ルーレットのプレイヤーに売り飛ばされた。次々倒れるプレイヤー達。はたして彼は生き残れるか

我らがミッキー・ローク。昔から大ファン。昔というのは『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン(1985)』、『ナインハーフ(1985)』、『エンゼル・ハート(1987)』の作品の頃から。しばらくしてあまり見ないな、と思っていたら『ドミノ(2005)』にごついゴリラのような人が。ファンだというのにボクシングをやっていたとは知らずにいた。
あの泣き顔が似合う優男のあまりにもの変貌ぶりに最初はどうしようかと思ったが、最近は気分も落ち着き、彼が出ている作品は必ず観るようにしている。
2008年の『レスラー -The Wrestler』では彼自身の人生が重ね合わされているとも言われ、各種の賞を受賞している。ある授賞式にだらしない格好で参加し、受賞した壇上では下品な言葉遣いをしたミッキー・ローク。社会人として褒められたことではないが、その様子にシャイであまのじゃくなミッキー・ロークを感じることが出来る。今後も変わらない活躍を願っています。


プレイヤーに兄を出す賭博師ジャスパー
13_15数百万ドルをたずさえて参加するこの賭博ロシアン・ルーレット。
プレイヤーのオーナーとも言える立場にあるジャスパーは、プレイヤーに兄を使う。かつて3度の開催を生き抜いた兄ロン。「経験があるから、うちのプレイヤーは強い」とか言っているが、このロシアン・ルーレットに経験も何も無いのではないか?
兄は精神を病んでおり入院中、という以外、この兄弟の詳細は分からない。分かっているのは、この賭博で3度勝ち抜き、多額の儲けが出た。そしてそれを管理しているのは弟のジャスパーということだけだ。
兄は弟に言う。「これが終わったら、自由にさせてもらうからな。金もちゃんともらうぞ。」
これを聞いている弟の微妙な表情。何を考えているのか。

久しぶりにアクションではないジェイソン・ステイサム。過去の出演作の中で一番好きな作品は『スナッチ(2000)』だ。この人は表情だけで充分演技できる俳優だと思う。今後もそれをいかした作品に出演して欲しいな。

兄ロナルドにレイ・ウィンストン
13_08ベオウルフ/呪われし勇者(2007)』のベオウルフ役の人。
ロンドンのハックニー出身。11歳よりボクシングを始め、アマチュアボクサーとして80回以上優勝した。その後演技を学び、1977年にテレビシリーズ"Scum"の主演でデビュー。
出演作に『チューブ・テイルズ(1999)』『キング・アーサー(2004)』『ディパーテッド(2006)』『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)』などがある。


他にも日頃の考え方や、生き様が垣間見える登場人物達が


13_10

ヴィンスのお目付役ジャック
鋭い目つきの監視役兼セコンド役。最初の印象とは反対にヴィンスに人間らしく接しようとするが、この状況のヴィンスにとっては「だからどうした」としか思えない。
アレクサンダー・スカルスガルドは『バトルシップ(2012)』で主役のお兄さん役を演じた人だ。本作のジャックの方が断然印象に残る役柄だった。ラース・フォン・トリアー監督メランコリア』にも出演している。夏にセル化するので楽しみだ。



13_14

賭博の進行役ヘンリー
高い位置からプレイヤーを見下ろし、自身の合図によりプレイヤー達は引き金を引く。こんなイヤな仕事は無いだろうが、たんたんと有無を言わさず進行させていく。
演じたのはマイケル・シャノン。最近見かけたのはマーティン・スコセッシ監督の禁酒法時代ドラマ「ボードウォーク・エンパイア (Boardwalk Empire)」。一癖ある重めの役がうまい。



13_12 ヴィンスのオーナー(ロナルド・ガットマン)
13_13 シュレンドルフ(ベン・ギャザラ)
13_19 ジミー(カーティス・”50セント”・ジャクソン)
13_09 タクシー運転手(フォレスト・グリフィン)
13_06 ミューレン警部(デイヴィッド・ザヤス)




プレイヤー達がどんな罪を犯したのかは知らないが、人の命で賭け事をするとは、なんとも残忍で死刑にも匹敵する行いだ。見ているこちら側にとっても非常に後味が悪く、思わず『8mm(1999)』『ホステル(2005)』などを思い出した。それら2作と同じように、この作品でもさらに後味の悪~い結末が待っている。
映画の中の「ロシアン・ルーレット」で、あくまでも作り事で楽しめると思ったら大間違い。
これから観賞しようとされている方。お気を付け下さい。

ではまた

13_21 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。