QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014) - Transformers: Age of Extinction -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_425
『トランスフォーマー』4作目、新たなシリーズの1作目になるのかな。安定のベイ監督節(妙なコント要素)が前3作と同じように盛り込まれつつ繰り広げられるオートボット達と敵との戦いの迫力はさすが。マーク・ウォールバーグの参加もとてもうまくいっている。でもね彼の役名が「イェーガー」なんですよ、「イェーガー

■トランスフォーマー/ロストエイジ - Transformers: Age of Extinction -■
Transformers4_072014年/アメリカ/165分
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
製作:ドン・マーフィ 他
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 他
撮影:アミール・モクリ
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演:
 マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)
 ニコラ・ペルツ(テッサ・イェーガー)
 スタンリー・トゥッチ(ジョシュア・ジョイス)
 ジャック・レイナー(シェーン・ダイソン)
 T・J・ミラー(ルーカス)
 ケルシー・グラマー(ハロルド)
 ソフィア・マイルズ(ダーシー)
 リー・ビンビン(スー)

解説:
人気アクション・フィギュアを基にしたマイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション超大作の第4弾。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。共演はニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ。また、侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙が担当。
(allcinema)
あらすじ:
シカゴの戦いから5年。CIA特殊チームによるディセプティコン残党狩りが進められる中、人類のために戦ったオートボット達は巻き込まれないように身を隠す日々が続いていた。今やどのロボット生命体も人類の敵と位置づけられていたのだ。そんな中、テキサスで修理解体を営む発明家ケイド・イェーガーは、ボロボロの古いトラックを出先で見つけ手に入れる ―


関連記事
スポンサーサイト

『テッド』(2012) - Ted -

Posted by momorex on   4  3

entry-image_318
下品系で突っ走ったコメディなのかと思っていたら、結構普通だった。それよりも色々な映画のシーンや音などパロディ満載で映画好きにも楽しめる作り。主役の2人が映画好きという設定もあって、本人役で出てくる人もあったり、なかなか楽しめる。続けて放送されていた『フラッシュ・ゴードン』も観ちゃいましたよ

Ted_03
■テッド - Ted -■
 2012年/アメリカ/106分
 監督:セス・マクファーレン
 脚本:セス・マクファーレン 他
 原案:セス・マクファーレン
 製作:スコット・ステューバー 他
 製作総指揮:ジョナサン・モーン
 撮影:マイケル・バレット
 音楽:ウォルター・マーフィー

 出演:セス・マクファーレン(テッド/声)
    マーク・ウォールバーグ(ジョン)
    ミラ・キュニス(ローリー)
    ジョエル・マクヘイル(レックス)
    ジョヴァンニ・リビシ(ドニー)
    エイディン・ミンクス(ロバート)
    パトリック・ウォーバートン(ガイ)
    ライアン・レイノルズ(ジャレッド)
    サム・J・ジョーンズ
    ノラ・ジョーンズ
    トム・スケリット
    パトリック・スチュワート(ナレーター)

解説:
2013年2月の第85回アカデミー賞授賞式で司会を務めた期待の才能S・マクファーレン。彼が監督や主人公テッドの声優(CGで描かれるテッドの動きも彼の演技をベースに)など全5役を兼ねた爆笑編が本作。わが国でも想定外の大ヒットを記録して話題に。テディベアのテッドが主人公ながらお下品ギャグ満載というギャップが刺激的で、1980年のSF映画「フラッシュ・ゴードン」を筆頭にパロディーを多数詰め込んだのもユニーク。それでいて“男の子たちの成長物語”としてきちんと成立させたのが好評の理由。
(WOWOW)

あらすじ:
1985年ボストンのクリスマス。友達のできない8歳のジョンは、両親から貰った熊のぬいぐるみテッドに本当の友達になるよう願いをかける。奇跡が起きて命が宿ったテッドはそれから27年経った今でもジョンの大事な親友となっていた。だが、テッドの存在がジョンの無責任さに通じると考えたジョンの恋人ローリーは、テッドと別れて暮らすことをジョンに勧めるが ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。