FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SUCK /ヴァンパイア・サック』(2009) - Suck -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_446
どうせ、つまんないヴァンパイアものだろ、っと観始めたらビックリ。遊び心満載で製作国はカナダだけどとってもイギリスっぽい作りのコメディ・ホラー映画。主演のジェシカ・パレは綺麗だし、ロックンロール・ホラーというだけあって音楽は効果的に使われ、大物ロッカー達も真面目に演技していて、全編が見どころに。


Suck_04

■ SUCK /ヴァンパイア・サック - Suck - ■
2009年/カナダ/91分
監督・脚本:ロブ・ステファニューク
製作:ロビン・クラムリー
製作総指揮:ジェフ・サックマン 他
撮影:D・グレゴール・アジェ
音楽:ジョン・カストナー

出演:
ロブ・ステファニューク(ジョーイ)
ジェシカ・パレ(ジェニファー)
デイヴ・フォーリー(ジェフ)
モービー(ビーフ)
イギー・ポップ(ヴィクター)
ヘンリー・ロリンズ(ロッキン・ロジャー)
ディミトリー・コーツ(クイニー)
アレックス・ライフソン(国境警備員)
アリス・クーパー(バーテンダー)
マルコム・マクダウェル(エディ・ヴァン・ヘルシング)



解説:
売れないロックバンドが、危険な魅力で人気を獲得すべく、メンバー全員ヴァンパイアとなってしまうロックンロール・ホラー・コメディ。イギー・ポップ、アリス・クーパー、ヘンリー・ロリンズはじめ大物ロック・ミュージシャンの豪華出演にも注目。監督は、本作の主演も務めこれが長編2作目の新鋭ロブ・ステファニューク。
(allcinema)

あらすじ:
鳴かず飛ばずのまま巡業を続けるカナダの貧乏インディーズ・バンド“ウィナーズ”。ある夜、巡業先で別行動した紅一点のジェニファーがヴァンパイアになって帰ってくる。妖艶な魅力を放つようになった彼女を中心に、バンドの人気は急上昇。それならと、次々にヴァンパイアになっていくメンバー達だったが ―


関連記事
スポンサーサイト

『キャット・ピープル』(1982) - Cat People -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_370
デヴィッド・ボウイの曲と歌声が独特のけだるさと鋭さを醸し出す。悲恋なラストと唸る黒豹の組み合わせが好きな映画。ぃや、こんなにナスターシャ・キンスキーのヌードが出てくるとは、、すっかり記憶から削除されていたみたい

Cat_People(1982)_08■キャット・ピープル - Cat People -■
 1982年/アメリカ/118分
 監督:ポール・シュレイダー
 脚本:アラン・オームズビー
 原作:ドゥウィット・ボディーン
 製作:チャールズ・フライズ
 製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー
 撮影:ジョン・ベイリー
 音楽:ジョルジオ・モロダー
 主題歌:デヴィッド・ボウイ
 出演:ナスターシャ・キンスキー(アイリーナ)
    ジョン・ハード(オリバー)
    マルコム・マクダウェル(ポール)
    アネット・オトゥール(アリス)
    フランキー・フェイソン
    ルビー・ディー
    レイ・ワイズ


解説:
古典ホラーの名作「キャット・ピープル」(42)の新解釈によるリメイク。人間と愛し合えば豹に変わり、その人間を喰い殺さなければ元の姿に戻れない、呪われた猫族の女。その悲劇色を濃くした作品。
(allcinema)

あらすじ:
幼い時に両親を亡くし生き別れになっていた兄とようやく再開したアイリーナ。動物園園長オリバーとも知り合い、兄の住むニューオリンズでの新生活を楽しんでいた。が、兄不在の夜、女性が黒豹に襲われる事件が起き、警察捜査を手伝ったオリバーは黒豹を確保するが ―


関連記事

『アンチヴァイラル』(2012) - Antiviral -

Posted by momorex on   6  0

entry-image_262
え?他人が罹った病気のウイルスが売っている?それを買ってどうする?抗ウイルス剤でも作るのか?って、高いお金を出してそのまま自分に注射しているーー!どうしてもこれが理解できなくて、途中まで話が分からなかった。監督がデヴィッド・クローネンバーグの息子だって。はは~ん

Antiviral_00■アンチヴァイラル - Antiviral -■ 2012年/アメリカ/108分
 監督 :ブランドン・クローネンバーグ
 脚本 :ブランドン・クローネンバーグ
 製作 :ニヴ・フィッチマン
 製作総指揮:マーク・スローン 他
 撮影 :カリム・ハッセン
 音楽 :E・C・ウッドリー
 出演 :ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(シド)
     サラ・ガドン(ハンナ)
     マルコム・マクダウェル
     ダグラス・スミス
     ジョー・ピングー
     ニコラス・キャンベル
     シーラ・マッカーシー
     ウェンディ・クルーソン

解説:
鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督を父に持つブランドン・クローネンバーグの記念すべき長編デビュー作。セレブが感染したウイルスを自らの体内に取り込むマニア向け医療サービスが行われている近未来を舞台に、希少ウイルスの横流しを企んだ男が巻き込まれた戦慄の陰謀の行方を、シュールかつグロテスクなヴィジュアルとともにミステリアスに綴る。主演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。
 (allcinema)

あらすじ:
セレブから採取したウイルスの売買がビジネスになっている近未来。そのサービスを行うクリニックに勤めるシドは人気の高いウイルスを自らの身体に打ち、外部に持ち出して闇市場に横流しをしていた。ある日、セレブ中のセレブ、究極の美女ハンナのウイルスを自分に打ち持ち出すが、その後、ハンナが急死。そのウイルスは致死性の高いものだと判明する-


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。