QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・ドア 交差する世界』(2009) - Die Tür -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_471
1枚のドアの抜けると、そこは5年前の世界だった ― 。娘を失い、全てを失った主人公は全てを取り戻したかにみえたが、この不思議な現象にはやはり大きなリスクが。個人的な出来事から、やがてそれは社会全体に広がっていく。そして主人公は最後に何が一番大事で何が幸せなのかに気付く。そんなお話です。ちょっと考えさせられる内容。


Die_Tür_03

■ ザ・ドア 交差する世界 - Die Tür - ■
2009年/ドイツ/101分
監督:アノ・サオル
脚本:ヤン・ベルガー
原作:アキフ・ピリンチ「Die Damalstür」
製作:シュテファン・シューバート 他
撮影:ベラ・ハルベン
音楽:ファビアン・ローメー

出演:
マッツ・ミケルセン(ダヴィッド)
ジェシカ・シュヴァルツ(マヤ)
ヴァレリア・アイゼンバルト(レオニー)
トーマス・ティーメ(シギー)
ティム・ザイフィ(マックス)
ハイケ・マカチュ(ジア)



解説:
「007/カジノ・ロワイヤル」の悪役や、カンヌ国際映画祭で男優賞に輝いた「偽りなき者」など、デンマークが生んだ人気スターのミケルセンが主演。あるトンネルの奥のドアを開けて、5年前、自分の人生が変わる寸前に戻った主人公。娘を救った彼は、5年前の自分を殺して自分として生きることになるが……。終盤に突入してからも意外な事実が次々と判明するなど、最後まで目が離せない秀作となった。原作はドイツの作家A・ピリンチ。2014年2月に特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2014」で日本初公開。
(WOWOW)

あらすじ:
画家のダヴィッドは妻の留守中、浮気相手と会うために娘から目を離して自宅のプールで溺死させてしまう。その後、妻とは離婚、自暴自棄の生活を送ることになったダヴィッドは事故から5年後、ひょんな事から家の近くで不思議なドアとそれに続くトンネルを発見。向こう側に出てみると、そこはちょうど5年前の自宅付近で、そこに浮気相手の家に向かう自分自身を見つける ―

英題:The Door

関連記事
スポンサーサイト

「ハンニバル」(2013-/TV) - Hannibal -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_320
レクター博士と言えば『羊たちの沈黙(1991)』。今思えば、この映画で“サイコキラー”という言葉を覚えたのだった。有名な連続殺人鬼の中でも突出した知能と様式美を持つレクター博士の最新作がこれ「ハンニバル」。『レッド・ドラゴン(2001)』の3年前を想定して作られた新たな物語は、とてもドラマとは思えないほどのクォリティー。絵作りの美しさとレクター博士が絡む様式美を堪能できる。

Hannibal_00

■ハンニバル - Hannibal -■ TVドラマ2013年~/アメリカ/全13話
 原作:トマス・ハリス「レッド・ドラゴン」
 脚本:ブライアン・フラー
 出演:ヒュー・ダンシー(ウィル・グレアム)
    マッツ・ミケルセン(ハンニバル・レクター)
    ローレンス・フィッシュバーン(ジャック・クロフォード)
    カロリン・ダヴァーナス(アラナ・ブルーム)
    ジリアン・アンダーソン
    エディー・イザード


解説:
表の顔は紳士的で完璧主義の精神科医。その裏の顔は冷酷なサイコパス…。映画 『羊たちの沈黙』('91)で世界的人気を博したトマス・ハリスのサスペンス小説“ハンニバル・レクター”シリーズにインスパイアされたTVドラマ。世界で最も有名な殺人鬼の“悪の根源”に迫る、知られざるエピソードが新たに綴られる。

Hannibal_22本作は、レクターの誕生秘話を描く「ハンニバル・ライジング」から、レクターがFBI捜査官ウィル・グレアムに逮捕される「レッド・ドラゴン」までの空白を埋める、オリジナルストーリー。一流精神科医として名声を博すレクターが、連続女性誘拐殺人事件の捜査でFBIに協力しながら本性を覗かせていく姿を、宿敵ウィルとの息を呑む駆け引きを通じて浮き彫りにする。脚本をハリスが監修し、第1話の「Aperitif(アペリティフ)」から順にフランス料理のコース料理のメニュー名を各話のタイトルに付けるなど、人食い殺人鬼レクター独自の美学が徹底して全編に彩られている。


あらすじ:
若い女性が殺害される連続殺人事件の捜査に行き詰まったFBI捜査官のジャックは、犯罪プロファイラーのウィルに捜査協力を要請する。だが事件解決の兆しが見えた矢先に模倣犯による殺人事件が起きてしまい、ジャックは精神科医のハンニバル・レクター博士にも協力を依頼することに。ウィルの精神状態を診る役目だったハンニバルだが、次第に犯行現場にも立ち会うようになり ―

(スターチャンネル:ハンニバル)



関連記事

『フレッシュ・デリ』(2003) - De grønne slagtere -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_317
『デリカテッセン』みたいなファンタジー要素のあるブラックコメディかと思ったら、案外真面目な作り。不幸な生い立ちのある2人の男性が肉屋を開き、こっそり人肉を使ったマリネで大繁盛する。最終的にはアットホームな終わり方になるんだけど、いいのかなー、これで。どうも腑に落ちない・・

De grønne slagtere_00■フレッシュ・デリ - De grønne slagtere -■
 2003年/デンマーク/96分
 監督:アナス・トマス・イェンセン
 脚本:アナス・トマス・イェンセン
 製作:ティヴィ・マグナソン 他
 撮影:セバスチャン・ブレンコー
 音楽:イエッペ・コース
 出演:ニコライ・リー・コス(ビャン)
    マッツ・ミケルセン(スヴェン)
    ボディル・ヨルゲンセン
    リーネ・クルーセ
    オーレ・テストラップ

解説:
『キング・イズ・アライヴ』などの脚本を手掛けるデンマークの新鋭、アナス・トーマス・イェンセン監督によるブラックな笑いと恐怖が絶妙に混じり合った人肉ホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
友人ビャンと肉屋を開業したスヴェン。オープンしたてで全く客が来ない中、ある夜、手違いで電気業者が店の冷凍庫部屋で凍死して遺体となって発見。パニクったスヴェンは恐怖のあまり、片足を鶏肉に見立てマリネにして客へ。これが好評になって客が店の外まで並ぶようになった2人の店。だが、素材の肉が無くなり ―

英題:The Green Butchers


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。