FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

『死霊のはらわたIII / キャプテン・スーパーマーケット』(1993) - Army of Darkness -

Posted by momorex on   6  3

entry-image_389
昨日の夜中のWOWOWで、なんと「鬼才サム・ライミの世界」と冠した新旧4作の“死霊のはらわた”祭りが開催されていた!そこでずっと書かずに(取って)いた3作目が、とうとうこのブログに登場。これで“死霊のはらわた”完結編となるか?・・ぃぇ、“死霊のはらわた”リメイクはまだまだ続くようです・・・

■ キャプテン・スーパーマーケット[ディレクターズ・カット版] - Army of Darkness - ■
Army_of_Darkness_001993年/アメリカ/97分
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ
製作:ロバート・タパート
共同製作:ブルース・キャンベル
製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス
撮影:ビル・ポープ
音楽:ジョセフ・ロドゥカ
出演:ブルース・キャンベル(アッシュ)
   エンベス・デイヴィッツ(シーラ)
   マーカス・ギルバート(アーサー王)
   イアン・アバークロンビー(賢者)
   リチャード・グローヴ(ヘンリー王)
   ブリジット・フォンダ(リンダ)
   パトリシア・トールマン
   テッド・ライミ

解説:
後に売れっ子監督となるライミの出世シリーズの第3作。今回は今までのホラーから、がらりと趣を変えてアーサー王の治める中世が舞台。導入部分こそ異なるが、主人公が中世に飛ばされた前作のラストを受けた形でストーリーが展開。クライマックスでは名作「アルゴ探検隊の大冒険」も真ッ青なガイコツ兵士軍団が登場するなど、パロディ感覚満点のアクションアドベンチャーとなった。本作には幾つかバージョンが存在する。97分バージョンはライミ監督が監修し、初公開時の未公開場面を加えた、事実上の“最終版”。

あらすじ:
スーパーの日用品売り場の主任アッシュは、恋人リンダとドライブに出かけた山奥で死霊に遭遇。戦いの末、彼はリンダと自分の右腕を失った上、中世にタイムスリップ。アーサー王の城に捕らえられたアッシュは処刑を宣告されるが、一緒に時を越えたチェーンソーとショットガンのおかげで命拾いし、逆に天からの使者として歓迎されることに。彼は現代へ戻る方法が呪われた死者の書に記されていると知り、書の封印を解こうとするが ―

(WOWOW)



関連記事
スポンサーサイト



『死霊のはらわた』(2013) - Evil Dead -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_259
薬物治療のために訪れた山奥の小屋で“彼”が蘇る―。あの、有名な有名な80年代のカルトホラー作品をリメイク。待ってましたー、長いこと サム・ライミとブルース・キャンベルが製作に関わってのこのリメイクを。さぁ、出来はどうかな?どうかな?クンダ~、アストラダ~、モントセ~、カンダ~

Evil Dead(2013)_01■死霊のはらわた - Evil Dead -■ 2013年/アメリカ/91分
 監督 :フェデ・アルバレス
 脚本 :サム・ライミ 他
 製作 :サム・ライミ、ブルース・キャンベル 他
 製作総指揮:ジョセフ・ドレイク 他
 撮影 :アーロン・モートン
 音楽 :ロケ・バニョス
 出演 :ジェーン・レヴィ(ミア)
     シャイロー・フェルナンデス(デビッド)
     ジェシカ・ルーカス(オリビア)
     ルー・テイラー・プッチ(エリック)
     エリザベス・ブラックモア(ナタリー)
     フェニックス・コノリー(少女)

解説:
80年代スプラッター・ホラーの金字塔「死霊のはらわた」を、サム・ライミ&ブルース・キャンベルのコンビが自ら製作を務めてリメイクした衝撃のホラー・サスペンス。人里離れた山小屋を訪れた5人の男女が、死霊の封印を解いてしまったことから戦慄の恐怖に見舞われるさまを過激なスプラッター描写満載に描く。主演はジェーン・レヴィ、共演にシャイロー・フェルナンデス、ルー・テイラー・プッチ。監督はこれが長編初監督にしてハリウッド・デビューとなるウルグアイの新星、フェデ・アルバレス。
 (allcinema)

あらすじ:
妹ミアの薬物依存を治療するため友人3人と山奥の小屋を訪れたデビッド。禁断症状に苦しむミアが暴れ、妄想を口にする中、友人の1人が地下室で見つけた奇妙な本に書かれている呪文を唱え、悪霊を蘇らせてしまう-


関連記事

『死霊のはらわたII』(1987) - Evil Dead II -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_135


EvilDead2_24

■死霊のはらわたII - The Evil DeadII -■
1987年/アメリカ/85分
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、スコット・スピーゲル
製作:ロバート・タパート
製作総指揮:アーヴィン・シャピロ 他
撮影:ピーター・デミング
音楽:ジョセフ・ロデュカ

出演:
ブルース・キャンベル(アッシュ)
サラ・ベリー(アニー・ノウビー)
ダン・ヒックス(ジェイク)
キャシー・ウェズリー(ボビー・ジョー)
デニス・ビクスラー(リンダ)
リチャード・ドメイアー(エド)
セオドア・ライミ



解説:
より充実したSFXと、S・ライミの特徴とも言える完成されたカメラワークでグレード・アップされた続編、ではなくリメイクに近い第2弾。前作の荒削りだがエキサイティングなスタイルは若干薄らいだものの、映画的にはかなりまとまっている。クライマックスからラストにかけての新たなるシリーズ目指しての大幅な変更は、この作品を一気にスプラッター・ホラーから伝奇SFへと変貌させた。その結果はシリーズ第3弾「キャプテン・スーパーマーケット」で明らかになる。
 (allcinema)

あらすじ:
Evil Dead II_12森の中にある小屋を訪れたアッシュと恋人リンダ。そこでオーナーである古典学者のテープレコーダーと「死者の書」と呼ばれる不気味な本を発見。本を読み進めるうち、悪霊を目覚めさせる呪文がテープレコーダーから流れ、あっという間にリンダに悪霊が乗り移り、孤軍奮闘するアッシュであったが-





Evil Dead II_22ブルース・キャンベルの一人芝居にますます磨きがかかった「死霊のはらわた」第2作。
1981年の第1作続編というよりは、リメイクでありストーリーや登場人物もかなり変更されている。ブルーレイの特典にあったブルース・キャンベルのインタビューによると、第1作は映画好きではあるが製作には全くの素人大学生が必死にお金を集めて作ったものであったらしい。制作費も色々と発表されているが、実際には85,000ドルであったとのこと。それと比べてこの第2作は、すぐに充分な制作費が集まったが、前作よりも面白い(お金になる)ものを作らなければならないという重しがあったということだ。
とは言え、前作のコメディすれすれホラーの風味が今作ではますますパワーアップし、しかも3作目もありますよー的な商業精神もしっかり突っ込まれている。
かなり前に観たこの第2作だったが今回久しぶりに観直して、どうやら2作目と3作目が一緒くたに記憶されていたことに気がついた..。


    


Evil Dead II_25森の奥深くの小屋に恋人のリンダと一緒に遊びに来たアッシュ。楽しく時を過ごしていた2人だったが、アッシュがふと小屋オーナーの机にテープレコーダーがあるのを見つける。何気なくボタンを押し再生されたものは、にわかには信じがたい世にも恐ろしい内容だった。
古典学者であるオーナーが海外の発掘現場で見つけた「死者の書」。それによるとこの本を読み進め、書いてある呪文を唱えることで悪霊を呼び出すことが出来るという。アッシュが机の上をふと見ると妙な表紙の古そうな本が1冊あるではないか。そしてテープは呪文を読み始める。
森の奥から地面を這うように、凄いスピードで目に見えぬ何者かが小屋へと向かう。そしてソレは一人で髪をとかしていた恋人リンダのいる部屋へ。

Evil Dead II_18-と、ここまでは1作目と同じ流れ。今回はグループではなく2人であったため、あっという間にリンダに悪霊が乗り移る。そしてアッシュは(まるで慣れた手つきで)リンダの首をはね飛ばし森へ埋める。しかしソレは首と胴体がばらばらの状態で蘇りアッシュを襲う。そしてアッシュも悪霊に取り憑かれ-。

これでは話が終わってしまう なので今回は、このアッシュが悪霊と化した小屋へ、他の新たな登場人物達がやって来る。その1人がオーナーの娘で、ちぎれてばらばらになっていた「死者の書」の数ページを父親に届けに来る。同行者は娘の恋人と道案内をすることになったカップル2人。この4人は何も知らずに小屋に辿り着き、恐ろしい目に遭う、と。


Evil Dead II_031作目では、悪霊に取り憑かれた女性達がそれぞれ非常にいい味を出していて、本当に不気味で怖かったが、本作の悪霊達は正直なところ、いろんな意味で小綺麗にまとまっており、実はあまり怖くない。
本作の見所は、最初に書いた通り一にも二にもブルース・キャンベルの一人芝居に尽きる。顔芸だけではなく、全身を使ったアクロバティックな動きにぜひ拍手を。撮影は大変だったに違いないが、彼自身、3作の中でこの2作目が一番のお気に入りだそうだ。

  1作目『死霊のはらわた
  3作目『死霊のはらわたIII / キャプテン・スーパーマーケット




本シリーズでは悪霊を呼び出す書物として登場した「死者の書」。
このホラーやファンタジー作品などで度々登場する「死者の本」とは?
ネクロノミコン (Necronomicon)(死者の書)
Evil Dead II_06ネクロノミコン (Necronomicon) は、怪奇作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの一連の作品に登場する架空の書物である。ラヴクラフトが創造したクトゥルフ神話の中で重要なアイテムとして登場し、クトゥルフ神話を書き継いだ他の作家たちも自作の中に登場させ、この書物の遍歴を追加している。

アラビア人アブドル・アルハズラットが730年にダマスカスにおいて書いた「アル・アジフ(Al Azif)」が原典であるとされる架空の魔道書。複雑多岐にわたる魔道の奥義が記されているとされ、それ故か魔道書そのものに邪悪な生命が宿ることもあるという。
「ネクロノミコン」とは「死者の掟の表象あるいは絵」の意で、現存する版本の多くは17世紀版で、ハーバード大学のワイドナー図書館、パリ国立図書館、ミスカトニック大学付属図書館、ブエノスアイレス大学図書館などに所蔵が確認されているが、完全なものは世界に5部しか現存していないと設定されている。


架空の書物だったんですね。ホントに存在すると思ってた..。

    


2013年、アメリカ公開が決まっている女性版アッシュの『死霊のはらわた』。
予告編を見るに1981年の1作目と本作2作目があわさって、新たなストーリーが作られているような感じなので、2013年度版を観る前には、ぜひブルーレイにもなっているこの2作目を観ておきたい。
ではまた

  100レビュー目が『死霊のはらわた(1981)』、2012年最後が『死霊のはらわたII』。
  来年もいい年になりますように


 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『死霊のはらわた』(1981) - The Evil Dead - ★100レビュー記念作品

Posted by momorex on   8  1


The Evil Dead_00

■死霊のはらわた - The Evil Dead -■
1981年/アメリカ/91分
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ
製作:ロバート・タパート
製作総指揮:ロバート・タパート、サム・ライミ、ブルース・キャンベル
撮影:ティム・ファイロ
音楽:ジョセフ・ロデュカ

出演:
ブルース・キャンベル(アッシュ)
エレン・サンドワイズ(シェリル)
ベッツィ・ベイカー(リンダ)
ハル・デルリッチ(スコット)
サラ・ヨーク(シェリー)


解説:
体裁はアマチュア映画なのだが、くどいまでの残酷描写、パワフルなショック演出とカメラワークによって世界中でたちまち話題となったB級ホラーの快作。低予算を巧みにカバーした特撮も印象的。日本ではこの作品によって“スプラッター”の言葉が定着した。
 (allcinema)

あらすじ:
The Evil Dead_03休暇を過ごそうとテネシー州にある森の小屋にやってきた5人の男女。その夜、地下室で妙な本とテープレコーダーを偶然見つけた彼らは、そのテープレコーダーを再生させてみることに。
その内容は、以前ここに住んでいた学者の研究を記したものであったが、聞いていくうちにその内容は「悪霊」に関するものになり、ついには悪霊を呼び寄せる呪文がささやかれ始める-





先日参加させて頂いた「ホラー映画ベストテン」の応募作品が集計され、結果が発表されました。
 「男の魂に火をつけろ!」ホラー映画ベストテン・結果発表(washburn1975様、集計ご苦労様でした)

自分は1位に選び、上↑集計の結果、堂々の9位に入った本作『死霊のはらわた』がB級ホラーとは知りませんでしたが、本作は1980年代初頭にサム・ライミ監督が長編映画デビュー作として、世にバンっとたたき出したホラー快作だ。
The Evil Dead_02悪魔のいけにえ(1974)』『13日の金曜日(1980)』では餌食になる若者、『エクソシスト(1974)』『オーメン(1976)』では理不尽な悪魔がすでに登場済みだが、それらを融合させ、真っ赤な血がブシューっと吹き出る“スプラッター”描写でこってり味付けしたのは本作が初めてとなる(らしい)。
加えて本作は、主演ブルース・キャンベルの、ジム・キャリーをくどくして怖くしたような顔芸と他の出演者の何か一つ足りない感、そして全編を覆うどこか線が切れているような人をいらだたせる狂気な空気が一体となって襲ってくる、他に類を見ないホラー作品となっている(褒めてます)。

The Evil Dead_01切り落とされる腕などは今となっては作り物丸出しではあるが、それはそれで1980年代を堪能できる。しかし悪霊に憑依された女性の表現は秀逸で、何故に自分がホラー1位に選んだかといえば、この悪霊女性のなんとも人を苛々させるヒステリックで横柄な悪霊具合が、見るたびに、とてもイヤな気分にさせられるからだ。

まー、一言で言えば、逃げ出したくなるんです。


Wiki:死霊のはらわたでは低予算で作られたとなっているが、それでも製作費$350,000(当時)。そして興行収入が$2,400,000ということなので大当たり作品となったと言え、続編『死霊のはらわたII』、『キャプテン・スーパーマーケット』(『死霊のはらわたIII』)が作られることになった、と。3作目はCSなんかでやったのを観たことがあるけれど、2作目は全然やりませんねー。
2作目は正確に言うと続編ではなく、同監督によるリメイクともいえる内容になっているらしい。あらすじを見ると「アッシュと恋人リンダが森の小屋へ-」となっていたので調べたらそういうことだった。
3作目はもはやジャンルがSFともいえるものになっているので、詳細はここでは割愛。
 

リメイクと言えば、本作1作目の正当なるリメイク『死霊のはらわた』(Evil Dead)が2013年4月アメリカ公開予定だ。サム・ライミは脚本、製作者として関わっており、ブルース・キャンベルも名を連ねる(この1981年作にもだが)。
2013年版はアッシュに該当する役が女性になるとのこと。この系統の若者餌食系で生き残るのがたいてい女性が多いのはどうしてなのだろうか..?


小綺麗な今時ホラーになってしまったか?貞子みたいなのもチラっと見えたような気もするし..。
映画館に行く勇気が持てるだろうか。今思えば正当ホラーを映画館で観たことなかった。



ということで、今回はあまりにも有名な作品なので、いつものスタイルである詳し目あらすじはあえて省きました(書きたくてうずうずしたけども。あらすじ無かったら短いね、は言わないでくださいまし)。
そして実はこの記事でブログ開設100作品目のレビューとなります
どの映画にしようなかーーっと数日あれこれ考えていたのでありますが、ホラー映画ベストテン発表もあったし、1位に選んでいたのもあったし、懐かしいのもあったしで、本作を選んでみました。
やっぱり自分で1位に選ぶだけあって、久しぶりに観てもイライラと、どこか不安でいやな気分にさせられた最高な作品でした。

飽き性の私がいつまで続く事やら..と思いながら始めたこのブログですが、映画は長い間の趣味であるというのと、いつもコメントなどでお世話になっている、このブログを始めたことで知り合えた方々の存在、拙いブログに検索などで見に来て下さる方々のお陰で約1年、100レビューまで続けることが出来ました。
今年2012年はそういった意味でも、充実した1年を送ることが出来たと思っています。
ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramのブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。