FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイテンション』(2003) - Haute Tension -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_300
さて、2013年大取はフレンチ・ホラー三部作の金字塔であるこの作品をレビュー。フランスのスプラッターって凄いんだ・・と教えてくれた映画でもあります。昨年は『死霊のはらわた』シリーズで終わらせた事を思えば、ただのスプラッターホラーでは終わらないこの作品は、なかなかいいチョイスだと思う

Haute Tension_00■ハイテンション - Haute Tension -■
 2003年/フランス/91分
 監督:アレクサンドル・アジャ
 脚本:アレクサンドル・アジャ、
    グレゴリー・ルヴァスール
 製作:アレクサンドル・アルカディ 他
 撮影:マクシム・アレクサンドル
 音楽:フランソワ・ウード
 出演:セシル・ドゥ・フランス(マリー)
    マイウェン‎(アレックス)
    フィリップ・ナオン(殺人鬼)
    フランク・カルフン(ジミー)
    アンドレイ・フィンティ
    ワーナ・ペリーア

解説:
壮絶な残酷描写が話題を集めたフランス産スプラッター・ホラー。女子大生のヒロインが友人の家で惨劇に遭遇、殺人鬼によってさらわれた友人を救出するため決死の戦いを挑む。主演は「スパニッシュ・アパートメント」のセシル・ドゥ・フランス。監督はフランス期待の新鋭アレクサンドル・アジャ。
 (allcinema)

あらすじ:
大学生のマリーは親友アレックスの実家へ試験勉強のために彼女と共に出発する。夜遅く田舎の家にようやく到着した2人は、荷物を解きベッドへ。しかしその夜、見知らぬ男が現れて、アレックスの両親や弟を惨殺。アレックスもトラックで連れ去ろうとしていた。息を潜めて全てを目撃していたマリーは、アレックス救出のためこっそりとトラックに乗り込むが ―

英題:High Tension


関連記事
スポンサーサイト

『屋敷女』(2007) - À l'intérieur -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_284
さーて、フレンチホラー。英題は『Inside』。“内部、内側”の意味の他にも人の心の内“本心”などを表す時に使われる言葉。臨月の女性サラを彼女の家の中でハサミを持って追いかけ回す謎の女は、一見、頭のおかしなただの殺人鬼のように見えるが、彼女にはきちんとした理由がある。ショッキングなスプラッターで彩られる彼女の本心とは―

À l'intérieur_02■屋敷女 - À l'intérieur -■
 2007年/フランス/83分
 監督:アレクサンドル・バスティロ、
    ジュリアン・モーリー
 脚本:アレクサンドル・バスティロ
 製作:ヴェラーヌ・フレディアニ 他
 撮影:ローラン・バレ
 音楽:フランソワ・ウード
 出演:アリソン・パラディ(サラ)
    ベアトリス・ダル(女)
    ナタリー・ルーセル(ルイーズ)
    フランソワ=レジス・マルシャソン
    (ジャン=ピエール)
    ドミニク・フロ(看護師)
    ニコラ・デュヴォシェル(警察官)
    リュドヴィック・ベルティロ(警察官)
    エマニュエル・ランジ(警察官)

解説:
「ベティ・ブルー」のベアトリス・ダルが出産直前の妊婦を襲う謎の凶暴女を演じるフレンチ・バイオレンス・ホラー。監督はフランスの新鋭、ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ。


あらすじ:
クリスマス・イブの夜。4ヵ月前に事故で夫を亡くしたサラは、臨月のお腹を抱え、一人で家にいた。その時、見知らぬ女が電話を貸してほしいとドアをノックする。不審に思ったサラが追い返そうとすると、女は急に態度を硬化して強引に侵入を図ってくる。サラは慌てて警察を呼び、その間に女の姿は消えていた。不安を抱えながら床についたサラだったが、この時すでに、女が家の中に忍び込んでいたことなど知る由もなかった-
 (allcinema)
英題:Inside


関連記事

『マーターズ』(2008) - Martyrs -

Posted by momorex on   4  3

Martyrs_05
ハイテンション(2003)』でフランス産ホラーにどぎもを抜かれ、『屋敷女(2007)』でそのえげつなさに魅了された管理人が次に観たのが本作『マーターズ』だった(今回は2回目)。3作品に共通するのは、これでもかと言うほどのスプラッター描写だが、ただのスプラッターホラーに止まらないオチと後味の悪さも(一部の人に)オススメできる点である。ある・・・

Martyrs_02■マーターズ - Martyrs -■ 2008年/フランス・カナダ/100分
 監督 :パスカル・ロジェ
 脚本 :パスカル・ロジェ
 製作 :リシャール・グランピエール 他
 製作総指揮:フレデリック・ドニギアン 他
 撮影 :ステファーヌ・マルタン 他
 音楽 :アレックス・コルテス 他
 出演 :モルジャーナ・アラウィ(アンナ)
     ミレーヌ・ジャンパノイ(リュシー)
     カトリーヌ・ベジャン (マドモアゼル)
     ロバート・トゥーパン (父親)
     パトリシア・テューレーン(母親)
     ジュリエット・ゴスラン(マリー)
     ザヴィエ・ドーラン  (アントワーヌ)

解説:
フランスの新鋭パスカル・ロジェ監督が贈る戦慄のバイオレンス・ホラー。少女時代に激しい拷問を受けた若い女性による壮絶な復讐劇を端緒に、次第に明らかとなる拷問の真相が、二転三転するストーリー展開の中、残酷かつ痛々しいスプラッター描写満載で描かれてゆく。主演は新人モルジャーナ・アラウィと「中国の植物学者の娘たち」のミレーヌ・ジャンパノイ。
 (allcinema)

あらすじ:
子供の頃に見知らぬ者に長期監禁され虐待を受けた過去のあるリュシー。その後施設に引き取られ心の支えになる友達アンナも出来るが、なかなかトラウマを克服できずにいた。そして15年度、たまたま新聞記事で監禁犯見つけ、居所を突き止めたリュシー。猟銃を持って犯人の家に乗り込み、その場にいた一家全員を惨殺するが-



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。