QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アザーズ』(2001) - The Others -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_484
今年最後の作品はお気に入りのホラー『アザーズ』。イギリス海峡に浮かぶ島、霧に包まれた大きな屋敷、クラシックな登場人物、死者のアルバム・・・。何かズレていて噛み合わない世界、何が起きたのか、何が起きるのか、、。この映画のニコール・キッドマンが一番好きだな


The_Others-2001_04

■ アザーズ - The Others - ■
2001年/アメリカ・スペイン・フランス/104分
監督・脚本:アレハンドロ・アメナーバル
製作:フェルナンド・ボバイラ 他
製作総指揮:トム・クルーズ 他
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
音楽:アレハンドロ・アメナーバル

出演:
ニコール・キッドマン(グレース)
アラキーナ・マン(アン)
ジェームズ・ベントレー(ニコラス)
フィオヌラ・フラナガン(ミセス・ミルズ)
エリック・サイクス(ミスター・タトル)
エレイン・キャシディ(リディア)
クリストファー・エクルストン(チャールズ)
ルネ・アシャーソン(老婆)



解説:
「オープン・ユア・アイズ」のアレハンドロ・アメナーバル監督によるサスペンス・ホラー。「バニラ・スカイ」で「オープン・ユア・アイズ」をリメイクしたトム・クルーズが本作でも製作総指揮として名を連ねる。主演は「ムーラン・ルージュ」のニコール・キッドマン。広い屋敷を舞台に、姿の見えない何者かの存在に怯える家族の心理をジワジワと迫り来る巧みな恐怖演出で描き出す。


あらすじ:
1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める ―

(allcinema)


関連記事
スポンサーサイト

『ペーパーボーイ 真夏の引力』(2012) - The Paperboy -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_352
冤罪疑惑のある警官殺し死刑囚、それを暴こうとする記者と死刑囚の獄中婚約者。これを手伝っていた青年は、答えの無い大人の世界を垣間見る― この映画で一番驚いたのは一見、娼婦まがいのやさぐれた女を演じたニコール・キッドマンと、すっごく気持ち悪い中年男を演じたジョン・キューザック。最近、彼はこっち方面に行ってるな・・・

The_Paperboy_04■ペーパーボーイ 真夏の引力 - The Paperboy -■
 2012年/アメリカ/101分
 監督:リー・ダニエルズ
 脚本:ピート・デクスター、リー・ダニエルズ
 原作:ピート・デクスター「ペーパーボーイ」
 製作:リー・ダニエルズ 他
 製作総指揮:マイケル・ベナローヤ
 撮影:ロベルト・シェイファー
 音楽:マリオ・グリゴロフ
 出演:ザック・エフロン(ジャック)
    マシュー・マコノヒー(ウォード)
    ニコール・キッドマン(シャーロット)
    ジョン・キューザック(ヒラリー)
    デヴィッド・オイェロウォ(ヤードリー)
    スコット・グレン(W.W)
    メイシー・グレイ(アニタ)

解説:
ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックら豪華俳優陣による鬼気迫る怪演が話題を集めた異色ミステリー。ピート・デクスターの同名ベストセラーを「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督が映画化。1960年代末期のアメリカ南部を舞台に、ひとつの冤罪疑惑を巡って、社会の闇と関係者たちの心に潜む狂気が露わとなっていくさまを、鬱屈した青春を送る青年の目を通して描き出す。
(allcinema)

あらすじ:
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。父親が発行するローカル新聞を配達する青年ジャック。ある日、大手新聞社に勤める兄ウォードが、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするため同僚を伴って帰省する。既に犯人のヒラリーは死刑が確定しているが冤罪の可能性があると言う。ヒラリーと獄中婚約をした美女シャーロットも訪れ、早速関係者への取材が始まるが ―


関連記事

『イノセント・ガーデン』(2013) - Stoker -

Posted by momorex on   0  2

entry-image_289
スカートの裾がひらひらと揺れ、素足で走る少女が一人。不機嫌な表情の少女が持つ秘密は、誰も想像することが出来ないものだった― どんな話なのかと楽しみにしていたけれど、まさか、こう来るとはねー。前回に続き、意外な展開に驚いたものの、どう捉えていいものかちょっと戸惑うかも。好物なオチのはずなんだけどなー。製作はスコット兄弟。

Stoker_04■イノセント・ガーデン - Stoker -■
 2013年/アメリカ・イギリス/99分
 監督:パク・チャヌク
 脚本:ウェントワース・ミラー
 製作:トニー・スコット、リドリー・スコット 他
 製作総指揮:ステーヴン・M・レイルズ 他
 撮影:チョン・ジョンフン
 音楽:クリント・マンセル
 出演:ミア・ワシコウスカ(インディア)
    ニコール・キッドマン(イヴリン)
    マシュー・グッド(チャーリー)
    ダーモット・マローニー(リチャード)
    ジャッキー・ウィーヴァー(ジン/大叔母)
    フィリス・サマーヴィル(マクガーリック夫人)
    オールデン・エアエンライク(ホイップ)
    ラルフ・ブラウン(保安官)

解説:
「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」などで世界的に評価の高い韓国を代表する映画監督パク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。TVシリーズ「プリズン・ブレイク」の主演俳優ウェントワース・ミラーのオリジナル脚本を基に、18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまを、ヒッチコック・タッチを思わせる巧みなサスペンス演出とスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出していく。主演は「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。共演に「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ウォッチメン」のマシュー・グード。


あらすじ:
大きな屋敷に暮らす少女インディア・ストーカー。誕生日には毎年、広大な庭のどこかに父からの靴のプレゼントが隠されていた。ところが18歳を迎えたこの日、彼女が見つけた箱の中には、謎めいた鍵が1つ入っているだけだった。時を同じくして贈り主であるはずの最愛の父が、不審な事故で突然の死を迎えた。こうして、決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディア。ところが葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われてゆくインディアだったが ―
 (allcinema)


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。