QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンリー・ゴッド』(2013) - Only God Forgives -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_390
前に観た『ブロンソン』『ドライヴ』なんかは暴力に彩られた、ちょっと風変わりなバイオレンス映画だったからコレもそうかなーと思っていたが、、、。出たよ、出ました!とうとうその正体を現した その正体とは・・・

Only_God_Forgives_00■オンリー・ゴッド - Only God Forgives -■
2013年/デンマーク・フランス/90分
監督・脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作:ニコラス・ウィンディング・レフン 他
撮影:ラリー・スミス
音楽:クリフ・マルティネス
出演:ライアン・ゴズリング(ジュリアン)
   クリスティン・スコット・トーマス(クリスタル)
   ヴィタヤ・パンスリンガム(チャン)
   ラータ・ポーガム(マイ)
   ゴードン・ブラウン(ゴードン)
   トム・バーク(ビリー)


解説:
「ドライヴ」でセンセーションを巻き起こしたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、過激かつスタイリッシュな暴力描写で紡ぐ壮絶な復讐譚。
(allcinema)

あらすじ:
タイ、バンコク。ボクシングクラブ経営の裏で麻薬ビジネスに手を染めているビリーとジュリアン兄弟。ある日、兄ビリーが惨殺されたとの報が入り、ビジネスのボスである母親クリスタルがアメリカからタイを訪れ、ジュリアンに復讐を命じる。だがビリーの死に警官が関わっていたことが分かり、事態はこじれていくことに ―


関連記事
スポンサーサイト

『ブロンソン』(2008) - Bronson -

Posted by momorex on   0  0

ずっとトム・ハーディと『ダークナイト ライジング』ベインがシンクロしなかった管理人momorex。優しげで大人しめでスマートなイメージを彼に持っていたからだが、本作を観て大納得。スタローンともザ・ロックともウディ・ハレルソンとも、もちろんシュワちゃんとも違う「筋にくん」がここに居た。そしてその筋肉には狂気と笑いとナーバスな何かが潜んでいたのだ。

Bronson_00■ブロンソン - Bronson -■ 2008年/イギリス/92分
 監督 :ニコラス・ウィンディング・レフン
 脚本 :ブロック・ノーマン・ブロック、
     ニコラス・ウィンディング・レフン
 製作 :ルパート・プレストン、ダニエル・ハンスフォード
 製作総指揮:スザンヌ・アリザート、サイモン・フォーセット他
 撮影 :ラリー・スミス
 音楽 :ロル・ハモンド
 出演 :トム・ハーディ(ブロンソン/マイケル・ピーターソン)
     マット・キング(ナイトクラブのオーナー)
     ジェームズ・ランス(刑務所の美術教師)

解説:
後の「ドライヴ」で世界中の映画ファンから熱い視線を注がれる鬼才レフン監督。彼がデンマークから英国に招かれて放った、実話ものとはいえ、監督独自のセンスを光らせた異色作。自身を俳優のチャールズ・ブロンソンの分身であると主張し、34年もの間、刑務所で暮らした実在の人物ピーターソン。彼がひたすら暴れまくる姿を、監督は大胆なまでのスタイリッシュな映像と音のスタイルを貫いて描写。ピーターソン役のT・ハーディはその激演が注目され、後に「ダークナイト ライジング」の悪役ベイン役に抜擢された。
 (WOWOW)

あらすじ:
子供の頃から喧嘩や盗みで有名だったマイケルは、19歳の時に郵便局強盗で捕まり収監。服役中も反抗的な態度で暴力を繰り返し、独房入りが日常茶飯事に。7年の実刑だったのがようやく出所したのは26年後。出所後はムショ仲間のつてを頼り、“チャールズ・ブロンソン”のリング名でアンダーグラウンド・ボクサーになるが-



関連記事

『ドライヴ』(2011) - Drive -

Posted by momorex on   0  1

大都会で修理工として働く孤独な男。寡黙な彼は強盗の逃がし屋としての裏の顔を持っていた。卓越したドライビング・テクニックで警察の網をかいくぐり、確実に仕事をこなすプロのドライバーである彼が、都会の砂漠で見つけたオアシスのような女性。しかし関わった闇社会は彼にオアシスを持つことを許さなかった。それが孤独に生きることで仕事をしてきた彼の運命だったのだ。

Drive_04


■ドライヴ - Drive -■ 2011年/アメリカ/100分
 監督   :ニコラス・ウィンディング・レフン
 脚本   :ホセイン・アミニ
 原作   :ジェイムス・サリス
 製作   :マーク・プラット、アダム・シーゲル 他
 製作総指揮:デヴィット・ランカスター、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ 他
 撮影   :ニュートン・トーマス・サイジェル
 音楽   :クリフ・マルティネス
 出演   :ライアン・ゴズリング   (ドライバー“キッズ”)
       キャリー・マリガン    (アイリーン)
       ブライアン・クランストン (シャノン)
       ロン・パールマン     (ニーノ)
       アルバート・ブルックス  (バーニー・ローズ)
       オスカー・アイザック   (スタンダード)
       クリスティナ・ヘンドリックス(ブランチ)

解説:
ジェイムズ・サリスのクライム・ノベルを基に、闇の稼業に手を染めたハリウッドの孤独なスタント・ドライバーが、愛する女性のために裏組織に戦いを挑む姿を、クールかつスタイリッシュに描き出したクライム・アクション。主演は「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング、共演にキャリー・マリガン、アルバート・ブルックス。監督は異色のバイオレンス映画「ブロンソン」で注目を集めたデンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン。本作でみごとカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞。
 (allcinema)

あらすじ:
大都会ロスで暮らす孤独な男、通称“キッズ”。彼は自動車修理工場で働きながら、持ち前のドライビング・テクニックをいかしたカースタントで活躍する一方、強盗の逃がし屋として裏社会の仕事も請け負っていた。そんなある日、同じアパートに住むアイリーン親子と親しくなり、徐々にアイリーンに惹かれていく彼。お互い心が通じ合うようになり親密になり始めていたが、服役中であったアイリーンの夫の出所が決まり-



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。