QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこうみた!『複製された男』(2013) - Enemy -

Posted by momorex on   8  5

entry-image_483
ぅわわ、久し振りに出ましたよー。まさか、こんな作品とは!何かの陰謀なのか?エイリアンによる侵略なのか?さぁ、どうでしょーねー。今回は自分なりにオチをつけましたので、後半はネタバレ全開になっていると思います。未見の方はお気をつけを


Enemy_02-3

■ 複製された男 - Enemy - ■
2013年/カナダ・スペイン/90分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ハビエル・グヨン
原作:ジョゼ・サラマーゴ「複製された男」
製作:ニヴ・フィッチマン 他
製作総指揮:フランソワ・イヴェルネル 他
撮影:ニコラ・ボルデュク
音楽:ダニー・ベンジー 他

出演:
ジェイク・ギレンホール(アダム/アンソニー)
メラニー・ロラン(メアリー)
サラ・ガドン(ヘレン)
イザベラ・ロッセリーニ(キャロライン)
ケダー・ブラウン(警備員)
ミシャ・ハイステッド(暗室の女性)
メーガン・メイン(暗室の女性)
アレクシス・ウイガ(暗室の女性)



解説:
「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」でタッグを組んだジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしまい、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ。
(allcinema)

あらすじ:
大学の歴史講師アダムは借りて観た映画に自分とそっくりな男が出演しているのを見つける。驚きのあまり瓜二つなその俳優アンソニーについて調べ始めたアダムは、彼の連絡先を入手、連絡を取り会うことになる。顔や体型だけで無く、身体の傷跡までもが同じもう1人の自分に恐怖を感じたアダムは逃げ帰るが、アンソニーは彼に興味を持ち、アダムの恋人に目を付ける ―


関連記事
スポンサーサイト

『灼熱の魂』(2010) - Incendies -

Posted by momorex on   8  3

entry-image_470
これは内戦に巻き込まれ、激動の時代を生きた母を探す旅物語であると同時に、未来を背負う“子供たち”の物語で、レバノンに暮らす、暮らしていた、又はレバノンルーツの何人もの子供たちが出てくる。そのほとんどは悲惨な末路を迎えるが、母親ナワルはそれでも子供たちに囁く。 ― 怒りの連鎖を断ち切るために、共にいることが大事だ、と


Incendies_00

■ 灼熱の魂 - Incendies - ■
2010年/カナダ/131分
監督・脚本:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:ワジディ・ムアワッド「焼け焦げるたましい」
製作:リュック・デリ 他
撮影:アンドレ・トゥルパン
音楽:グレゴワール・エッツェル

出演:
ルブナ・アザバル(ナワル・マルワン)
メリッサ・デゾルモー=プーラン(ジャンヌ)
マクシム・ゴーデット(シモン)
レミ・ジラール(公証人ジャン・ルベル)
アブデル・ガフール・エラージズ(アブ・タレク)
アレン・アルトマン(レバノンの公証人)
モハメド・マジュド(ワラット・シャムセディン)
ナビル・サワラ(学校の用務員)
バヤ・ベラル(監獄の看護師)



解説:
カナダに在住するレバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの同名戯曲を「渦」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した衝撃のヒューマン・ミステリー。亡くなった母の遺言に従い、父と兄を探す旅に出た双子の姉弟が、やがて自分たちのルーツでもある激しい宗教対立に翻弄され続けた母の数奇にして壮絶な運命と向き合っていく姿を、現在と過去それぞれのエピソードを通して力強い筆致で描き出していく。主演は「愛より強い旅」「パラダイス・ナウ」のルブナ・アザバル。2010年度のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。


あらすじ:
中東系カナダ人女性ナワル・マルワンが亡くなり、公証人から遺された双子の姉弟ジャンヌとシモンに遺言が伝えられた。それは、父親と兄を見つけ出し、それぞれに宛てた母からの手紙を渡してほしいというもの。死んだと思い込んでいた父ばかりか、存在すら知らなかった兄がいることに当惑するジャンヌとシモン。それでもジャンヌは遺言に従い、中東にある母の祖国へと旅立つのだったが ―

(allcinema)


関連記事

『プリズナーズ』(2013) - Prisoners -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_453
久し振りに見応えを感じたクライム・サスペンス。小さな娘達の誘拐事件を中心に、2組の家族、捜査担当の刑事、犯人と思われる人物達の、日常が失われていく様子がリアルに描かれる。台詞を多く使わない主役2人の演技に引き込まれ、時間の長さは全く気にならない。メリッサ・レオもまたもやいい仕事をしていた。


Prisoners_07

■ プリズナーズ - Prisoners - ■
2013年/アメリカ/153分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:アーロン・グジコウスキ
製作:ブロデリック・ジョンソン 他
製作総指揮:エドワード・L・マクドネル 他
撮影:ロジャー・A・ディーキンス
音楽:ヨハン・ヨハンソン

出演:
ヒュー・ジャックマン(ケラー・ドーヴァー)
ジェイク・ギレンホール(刑事ロキ)
マリア・ベロ(グレイス・ドーヴァー)
テレンス・ハワード(フランクリン・バーチ)
ヴィオラ・デイヴィス(ナンシー・バーチ)
メリッサ・レオ(ホリー・ジョーンズ)
ポール・ダノ(アレックス・ジョーンズ)
ディラン・ミネット



解説:
前作「灼熱の魂」が高い評価を受けたカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って繰り広げられる、冷静沈着に捜査を進めていく刑事(ジェイク・ギレンホール)と、自らの手で一刻も早く我が子を見つけ出そうと暴走していく父親(ヒュー・ジャックマン)の対照的な姿をスリリングに描き出していく。共演はヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ。
(allcinema)

あらすじ:
ペンシルヴェニア州の田舎町で工務店を営むケラー。ある年の感謝祭の日、親しい隣人家族とお祝いをしている最中に、自宅に戻った幼い娘が隣人の娘と一緒に行方知れずになってしまう。捜査を担当した刑事ロキは誘拐の可能性を考え、不審なRV車の目撃情報を中心に調べ始める。RV車の運転手アレックスはすぐに見つかり逮捕するも、彼は10歳ほどの知能しかなく聴取は困難を極め、何も分からないまま釈放されてしまい ―


関連記事

『華麗なる晩餐』(2008) - Next Floor -

Posted by momorex on   4  0

その晩餐どこまで続くの

Next Floor_07


■華麗なる晩餐 -Next Floor-■
2008年/カナダ/12分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ジャック・ダヴィッツ
出演:
デニス・セント・ジョン(ゲストのひとり)
エマニュエル・シュワルツ(ウェイターのひとり)

解説:
一見豪華絢爛な晩餐会で次々と異常事態が……。「灼熱の魂」のD・ヴィルヌーヴ監督が同作品に先がけ、第61回カンヌ国際映画祭でカナルプリュス賞を受賞した衝撃の短編。
 (WOWOW)

あらすじ:
Next Floor_02上流階級の豪華絢爛な晩餐会。美食家のホストとゲスト達がその食事に舌鼓を打っていた。もくもくと料理を運ぶウェイター達。談笑もせず、次々と平らげていく人々。
そこに地鳴りと共に異常事態が発生する!-




↓ネタバレしてます



12分の短編。
早く回るオープニングロールの後、給仕長のアップで始まる。
Next Floor_0112分しかないのに大丈夫?というほど給仕長の表情をアップで捉えている。
その表情がなんとも意地悪だ。見ているものを完全に小馬鹿にしており、蔑んでいる。軽蔑の眼差しだ。
で、その視線の先はというと、雇い主で自称美食家の上流階級の人々だ。
観ているこちらもその人々に目をやると、、

Next Floor_03がっついている。。
上品さのかけらも無い。ガチャガチャとフォークを鳴らし、肉ばっかり次から次へと口へ運びほおばる。まるで豚だ。
ウェイターが続々と運ぶ料理も間に合わないほどだ。
豚、鶏、小さな鶏?、中身が脳みそのような貝?、臓物だらけのソースかけ?アルマジロ?鹿の丸焼きにサイの丸焼き?
普通であればとても食べられそうも無いものが混じっている。が、当の本人達は気にもしない。そして料理は、次々と運ばれてくる。

すると足下でおかしな揺れが始まった。最初はカタカタと鳴っていたが、突如地響きとなり、轟音と共に
Next Floor_04テーブルと美食家達を乗せ床が抜けた!
と、階下の床に着地。すかさず給仕長が指示を出す。
Next Floor
あわてて階下へ移動するウェイター達と楽団。ゲスト達がかぶった埃を払い、床を掃き、そして給仕する。
上流階級達は何事も無かったかのようにまた食べ始める-


Next Floor_10この作品は上の3番目、床が抜け、ウェイター達が階段を降り、また給仕を続けるという一連のシーンが12分の内10分くらい続く。それでも食べ続ける人々は異常で、ウェイター達も戸惑いを隠せない。
BGMとしてずっと低い太鼓のような音が鳴り、階段を降りるウェイター達は狩猟時の鬨の声のようなものを出している。一見贅沢な料理を出され、食べているのはホストとゲスト達だが、このBGMと鬨の声のせいで段々と、太らされ狩られて食べられようとしているのはこの人たちではないのかと錯覚してくる。
それを冷静に、薄ら笑いを隠しながら眺めている給仕長。
これは日頃のうっぷんを晴らしたい給仕長の白日夢なのか。

この短編の結末は、
一階、一階、落ちていたテーブルと人々が、ずーっと下の階まで一気に落ちていってしまう、というもの。着地した様子も聞こえない。驚いて大きく開いた穴を上から見下ろすウェイター達。そして給仕長の訳知り顔のアップで締めくくられる。

なんとも奇妙なお話だが、テンポ良く進んで(落ちて)いくので、まるで何かのCMのようだ。
贅沢な料理は丁寧に作られグロテスク。落ちては着地するシーンも見事で目を見張る。
台詞は給仕長の「Next Floor」のみ。しかし全ての登場人物は表情で語りかけ、考えていることが手に取るようだ。
..が、給仕長の考えていることだけがわからない。
解釈は観る人まかせ、全てが観客にゆだねられている。




自分の頭に浮かんだ言葉は 「狩猟民族の呪い
いくらなんでも食べ過ぎじゃ、というほど骨付き油付の肉を手で掴んで、がつがつ食べ続ける人々。
あれだけの量が胃に収まったとすれば、その分だけテーブルまわりが異常に重くなり、で床が抜けたのか?それも床が抜ける前、階下からその部分を見上げると油染みがじわぁーっと染み出していて、なんとも不潔。これはきっと必要以上に狩られ食べられ、捨てられて死んでいった動物たちの呪いに違いない。


ではまた

この作品はWOWOW「カンヌ国際映画祭2012」特集として2012年に放送された中の一作品です。
・華氏911
・イゴールの約束
キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-
・ナイト・トーキョー・デイ
・アイロン
・頭のない男
・神々と男たち
・終わりなき叫び
アンチクライスト
・インタビュー
・メガトロン
・BIUTIFUL ビューティフル
・華麗なる晩餐

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。