QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スペースバンパイア』(1985) - Lifeforce -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_418
久し振りに観たいなー、と思っていたら、最近何かと古めホラーを放送しているザ・シネマ がまたやってくれました。宇宙から持って帰ってしまった全裸の美女に翻弄される人類(特に男性)を描くSFパニック・ヴァンパイアホラー『スペースバンパイア』。思っていたより真面目に壮大に作られていた1本。

Lifeforce_02■スペースバンパイア - Lifeforce -■
1985年/イギリス/116分
監督:トビー・フーパー
脚本:ダン・オバノン 他
原作:コリン・ウィルソン「宇宙バンパイア」
製作:メナヘム・ゴーラン 他
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:スティーヴ・レイルズバック(カールセン大佐)
   ピーター・ファース(ケイン大佐)
   フランク・フィンレー(ファラーダ教授)
   マイケル・ゴザード(ブコフスキー所長)
   オーブリー・モリス(パーシー卿)
   マチルダ・メイ(バンパイア)

解説:
C・ウィルソンの原作を「ポルターガイスト」のT・フーパーが映画化したSFパニック大作。スペースバンパイアのエネルギーが空を覆う中、精を吸われゾンビと化した人々が街に溢れかえるクライマックスの迫力は凄く、炎に包まれたロンドン市街の映像などスペクタクル・シーンを始め、個々の出来は悪くないが、全体的に1本スジが通っておらず散漫な印象を受けるのが惜しい。東宝マーチを思わせるH・マンシーニらしからぬテーマ曲と、全編裸で押し通す美女バンパイア、M・メイの肢体が印象的。
(allcinema)

あらすじ:
ハレー彗星探査のために宇宙に出向き、そのまま連絡を絶ったスペースシャトル“チャーチル号”。救援に向かったコロンビア号は、船内が火災により黒焦げになっているチャーチル号を発見する。にもかかわらず奥の部屋で透明のケースに収められた無傷の人体3体を見つけた彼らは、解剖のため、ロンドンに持ち帰るが ―


関連記事
スポンサーサイト

『悪魔の起源 -ジン-』(2013) - Djinn -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_408
何故にアラブ?と思ったら「ジン」というのはアラブ世界の悪魔、悪霊、精霊なんかの総称なんですね。ディズニーの“ジーニー”だったら可愛くて頼もしいけど、こちらの“ジン”は正真正銘の悪霊で、悪魔の母でもあるという存在。故郷に戻った若夫婦が、このジンに怖い目にあわされるが、それには理由があったのです・・・というお話

Djinn_00■悪魔の起源 -ジン- - Djinn -■
2013年/アラブ首長国連邦/86分
監督:トビー・フーパー
脚本:デヴィッド・タリー
製作:ティム・スマイス 他
撮影:ジョエル・ランサム
音楽:BC・スミス
出演:カリッド・ライト(ハリド)
   ラザーヌ・ジャマル(サラーマ)
   アイーシャ・ハート(サラ)
   アフドゥ


解説:
「悪魔のいけにえ」「ポルターガイスト」などで知られるホラー映画の名匠トビー・フーパーが、アラブ首長国連邦で製作したスリラー。豪華なマンションで不気味な超常現象に襲われる若いカップルの恐怖を描く。出演は、「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」のカリッド・ライト、「少女は自転車にのって」のアフドゥ。
(Movie Walker)

あらすじ:
一年前に幼い息子を亡くしたハリドと妻サラーマ。サラーマの精神的な不安定さがなかなか良くならないこともあり、アメリカからサラーマの故郷、アラブのある町に居を移す。ハリドの会社が用意した高級タワーマンションで新生活を始めた二人だったが、その地は悪霊ジン伝説がある場所で、ほどなくマンションで怪奇現象が起き始める ―


関連記事

『遺体安置室 -死霊のめざめ-』(2005) - Mortuary -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_349
ゾンビ・・なのかな? 長年空き家だったカビ臭い元葬儀屋に越してきた一家が恐ろしい目に遭うという話。最後にラスボスの登場もあるんだけど怖くない。それより怖いのはこの家の住人とも言えるカビ本体(偽物だけど)。あ、この家はホントの曰く付き幽霊屋敷だそうですよ。

Mortuary_02■遺体安置室 -死霊のめざめ- - Mortuary -■
 2005年/アメリカ/95分
 監督:トビー・フーパー
 脚本:ジェイス・アンダーソン 他
 製作:トニー・ディディオ 他
 製作総指揮:マイケル・ローゼンブラット
 撮影:ジャロン・プレサント
 音楽:ジョセフ・コンラン
 出演:ダン・バード(ジョナサン)
    デニス・クロスビー(レスリー)
    ステファニー・パットン(ジェイミー)
    アレクサンドラ・アディ(リズ)
    ロッキー・マークエット(クレイディ)
    リー・ガーリントン(リタ)
    タラ・ペイジ(サラ)
    バグ・ホール(カル)

解説:
トビー・フーパー監督が放つ戦慄のゾンビホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
母親が遺体処置の仕事を始めるためにカリフォルニアの田舎町に越してきたドイル一家。墓場の中に建つ元葬儀屋で暮らし始めたが、処置している遺体から流れ出た血液が排水溝から地下へと落ちていき、この世のものではない何かが目覚めることに ―


関連記事

『ツールボックス・マーダー』(2003) - Toolbox Murders -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_325
今回のアンジェラ・ベティスは普通の求職中の教師役。優しい夫もいる妻だが、引っ越したアパートが古いだけではなくて、どうも妙。少しずつ調べていくうち、建設したオーナーがオカルトに被れていたことを知る。オカルトものなのか、殺人鬼ものなのか、ちょっと中途半端だけど案外面白かった。監督はトビー・フーパー。

Toolbox Murders_01■ツールボックス・マーダー - Toolbox Murders -■
 2003年/アメリカ/92分
 監督:トビー・フーパー
 脚本:ジェイス・アンダーソン 他
 製作:ゲイリー・ラポーテン 他
 製作総指揮:ライアン・キャロル 他
 撮影:スティーヴ・イェドリン
 音楽:ジョセフ・コンラン
 出演:アンジェラ・ベティス(ネル)
    ジュリエット・ランドー
    ブレント・ローム
    クリス・ドイル
    ランス・ハワード
    マルコ・ロドリゲス
    アダム・ギーラッシュ
    シェリ・ムーン

解説:
1978年デニス・ドネリー監督作のリメイクで『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパー監督作。巨大ペンチに電動ドリル、釘打ち銃など、大工道具を凶器に見立て、大虐殺の恐怖を描く正統派ホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
歴史のあるアパートに引っ越してきたスティーブとネル夫婦。建物全体が補修中であちこち故障の多いこのアパートに不満のあるネルだったが、同じアパートに住む友人も出来た。だが、その友人が約束の場所に現れないまま行方不明となり調べる内、このアパートで住人の行方が分からなくなったのは彼女一人ではないことが分かり ―


関連記事

『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』(2013) - Texas Chainsaw 3D -

Posted by momorex on   6  2

entry-image_272
『悪魔のいけにえ(1974)』の正統派続編。1986年の2、1990年の3は観たことがあったのかどうかさえ覚えていないが、リメイク『テキサス・チェーンソー』シリーズは結構好き。・・と、かなり作品が入り乱れてますねー、整理しないと。

TexasChainsaw(2013)_00■悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 - Texas Chainsaw 3D -■
 2013年/アメリカ/94分
 監督 :ジョン・ラッセンホップ
 脚本 :キルステン・エルムス 他
 原案 :アダム・マーカス 他
 原作 :キム・ヘンケル、トビー・フーパー
 製作 :カール・マッツォコーネ
 製作総指揮:マーク・バーグ 他
 撮影 :アナスタス・N・ミコス
 音楽 :ジョン・フリッゼル
 出演 :アレクサンドラ・ダダリオ(ヘザー・ミラー)
     ダン・イェーガー(レザーフェイス)
     トレイ・ソングス(ライアン)
     スコット・イーストウッド(カール)
     タニア・レイモンド(ニッキー)
     ショーン・サイポス(ダリル)
     ケラム・マレッキ=サンチェス(ケニー)
     トム・バリー(フーパー保安官)
     ビル・モーズリー(ドレイトン・ソーヤー)
     ジョン・デュガン(グランパ・ソーヤー )
     ガンナー・ハンセン(ボス・ソーヤー)

解説:
人の顔の皮を被り電動ノコギリをふりかざす殺人鬼“レザーフェイス”の強烈なインパクトで、その後のホラー界に大きな影響を与えたトビー・フーパー監督によるスラッシャー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」の続編として製作された3Dホラー。前作の直後、町の住民によって抹殺された殺人一家で唯一生き残った赤ん坊が成長し、再び町で惨劇が繰り広げられるさまを、最新3D映像によるハードなバイオレンス描写とともに描き出す。主演は「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のアレクサンドラ・ダダリオ、監督は「テイカーズ」のジョン・ラッセンホップ。


あらすじ:
1973年8月18日、テキサス州ニュート。レザーフェイスから生き延びた少女の通報により、ソーヤー一家の凶行を知った町の人々は怒りを爆発させ、屋敷を焼き払い一家を抹殺する。しかしその時、赤子のヘザーだけは秘かに連れ去られていた。時が経ち、スーパーの精肉店で働くヘザーのもとに1通の手紙が届く。そこにはヘザーの知らない実の祖母の死と、遺産を彼女が相続することになった旨が記されていた。養父母が伏せていた自らの出生の秘密に興味を持ち、恋人や友人たちと祖母が遺した屋敷へと向かうヘザーだったが-
 (allcinema)


関連記事

マスターズ・オブ・ホラー#3 「ダンス・オブ・ザ・デッド」 - Dance of the Dead -

Posted by momorex on   0  0

「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズ3作目にトビー・フーパー監督作品が登場。『悪魔のいけにえ(1974)』で有名な監督だが、恐怖の極限状態に置かれた人間をとことん追い詰め、その人の持つ潜在的な人間性と強さを表現する。『エルム街の悪夢(1984)』のロバート・イングランドも快演。

MoH03_00■ダンス・オブ・ザ・デッド - Dance of the Dead -■
 2005年・TV/アメリカ/58分
 監督   :トビー・フーパー
 脚本   :リチャード・クリスチャン・マシスン
 原作   :リチャード・マシスン
 製作総指揮:キース・アディス、モリス・バーガー他
 音楽   :ビリー・コーガン
 撮影   :ジョン・ジョフィン
 出演   :ジョナサン・タッカー  (ジャック)
       ジェシカ・ロウンズ   (ペギー)
       ライアン・マクドナルド (ボックス)
       ロバート・イングランド (MC)
       カレン・オースティン

あらすじ:
第3次世界大戦後の世界。小さな食堂を営む母親を手伝っているペギーは、店にやって来た不良達の一人ジャックに魅せられ、夜中に外の世界を見に出かけるが-





MoH03_04第3次世界大戦が起き、秩序の無くなった世界。テロは頻発し、溢れかえっている死の中で生きていくしかない恐怖の時代。それでも自分たちはましなのだと思いたいため、人々はさらなる恐怖を求め、クラブ「破滅の館」へ。そこではMC自ら“エログロ・カブキ”と紹介する死者のダンスがショーとして見世物になっていた。
これは、戦時中使われたある化学兵器が元で死者が動く物質が出来、それを使った死者に電流を流しあたかも踊っているように見せるという、なんとも趣味の悪い見世物だった。

MoH03_03そんな世界に触れさせたくなくて母親に行動を監視されているペギー。町に出ることを堅く禁じられていたが、ある日出会ったジャックに誘われるままクラブ「破滅の館」へ。ショーが始まり吐き気と不快感を感じながら見ていたペギーだったが、2人目の踊る死者が行方不明の姉アナと気付いたとき、思わず姉を抱え店の外に飛び出すが-




MoH03_01さぁて、破壊的に趣味の悪い作品が登場。よくこんな話が思いつくなトビー・フーパーさんと思ったら原作があった。原作者はアメリカの作家であり脚本家でもあるリチャード・マシスン。古くはスティーヴン・スピルバーグの『激突!(1971)』(原作と脚本)、『ヘルハウス(1973)』(原作と脚本)、最近では『アイ・アム・レジェンド(2007)』『運命のボタン(2009)』『リアル・スティール(2001)』(いずれも原作)がある。どれもホラー、SF、ファンタジーにあふれ、究極の極限状態に放り込まれた人間を描写。その人の決断と行動をじっくり追っていく。
本作でもママの小さな籠に入れられていたペギーが外の世界に飛び出し、現実を直視、ある決断を迫られる。彼女は自分の正義に沿って迷うこと無く決断を下す。それは強く生きていくためには必要な決断だった。
しかしどんな時代も、はいたつばは自分の頭に落ちてきますね。


監督 トビー・フーパー
米国テキサス州出身の映画監督・脚本家。
短編映画の製作などを経て1974年に『悪魔のいけにえ』で監督デビューした。1943年生まれ70歳。
■主な監督作
 ・悪魔のいけにえ The Texas Chainsaw Massacre (1974)
 ・悪魔の沼 Eaten Alive (1977)
 ・死霊伝説 Salem's Lot (1979)
 ・ファンハウス/惨劇の館 The Funhouse (1981)
 ・ポルターガイスト Poltergeist (1982)
 ・スペースバンパイア Lifeforce(1985)
 ・悪魔のいけにえ2 The Texas Chainsaw Massacre 2 (1986)
 ・スペースインベーダー Invaders from Mars (1986)
 ・ミス・スターダスト Miss Stardust (1987)
    『世にも不思議なアメージング・ストーリー』第2シーズン第21話
 ・スポンティニアス コンバッション 人体自然発火 Spontaneous Combustion (1990)
 ・ドレス I'm Dangerous Tonight (1990)
 ・ハリウッド・ナイトメア Tales from the Crypt (1991)
 ・マングラー The Mangler (1995)
 ・トビー・フーパーの世にも不思議な怪奇アパートメント The Apartment Complex (1999)
 ・レプティリア Crocodile (2000)
 ・ツールボックスマーダー Toolbox Murders (2004)
 ・遺体安置室 -死霊のめざめ- Mortuary (2005)






■Masters of Horror season1
1 ムーンフェイス-Incident On and Off a Mountain Road ドン・コスカレリ
2 魔女の棲む館-H. P. Lovecraft's Dreams in the Witch-House スチュアート・ゴードン
3 ダンス・オブ・ザ・デッド-Dance of the Dead トビー・フーパー
4 愛しのジェニファー -Jenifer ダリオ・アルジェント
5 チョコレート-Chocolate ミック・ギャリス
6 ゾンビの帰郷-Homecoming ジョー・ダンテ
7 ディア・ウーマン-Deer Woman ジョン・ランディス
8 世界の終り-Cigarette Burns ジョン・カーペンター
9 閉ざされた場所-Fair Haired Child ウィリアム・マローン
10 虫おんな-Sick Girl ラッキー・マッキー
11 ハンティング-Pick Me Up ラリー・コーエン
12 ヘッケルの死霊-Haeckel's Tale ジョン・マクノートン
13 インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ Imprint 三池 崇史


 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。