QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦慄の絆』(1988) - Dead Ringers -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_435
さーて、これは何が結合するのか?と思いながら興味ワクワクで観ていくと、、本作では“結合”がテーマではなく“分離”が主題だった。けれども!それには不安が伴いなかなかうまくいかない。そして最後にはやっぱり“結合”してしまうのだった。ということでやっぱりテーマはクローネンバーグ的“再結合”のお話でした。


Dead_Ringers_03

■ 戦慄の絆 - Dead Ringers - ■
1988年/カナダ/116分
監督・脚本・製作:デヴィッド・クローネンバーグ
原作:バリ・ウッド、ジャック・ギースランド
撮影:ピーター・サシツキー
音楽:ハワード・ショア

出演:
ジェレミー・アイアンズ(エリオット/ビヴァリー)
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド(クレア)
ハイディ・フォン・パレスク
バーバラ・ゴードン
シャーリー・ダグラス
スティーヴン・ラック
ジル・ヘネシー
ジャクリーン・ヘネシー



解説:
鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の描く心理サスペンス。紅い背景に様々な手術道具や人体解剖図が浮かび流れるオープニングなど、彼特有の雰囲気はあるものの、ホラー映画が多い彼の作品群の中では、それ以外の趣向を持った人でも十分に楽しめる、第1級のサイコ・スリラー作品に仕上がっている。主人公の一卵性双生児役を一人二役で演っているジェレミー・アイアンズが逸品。
(allcinema)

あらすじ:
幼い頃から人体解剖に興味を持っていた双子の兄弟エリオットとビヴァリーは長じて婦人科医となり開業する。華やかで弁舌巧みなエリオットと研究熱心で確かな腕を持つ内向きのビヴァリーはお互いをサポートしながら医師会で一目置かれる存在に。そんなある日、2人の医院に不妊治療を目的とした女優クレアが訪れる。奥手なビヴァリーが彼女を愛し始めたことから兄弟の均衡が崩壊し始め ―


関連記事
スポンサーサイト

『デッドゾーン』(1983) - The Dead Zone -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_279
クローネンバーグ作品だからと身構えて観始めたが、すごく大人しい作品だった。妙なものも、妙なものとの結合も、妄想世界も無い。しかし主人公は特殊能力を手に入れてしまい、平凡だった生活が一変。彼の苦悩が始まる。そういった意味では監督お得意の「目に見えないものとの結合と苦悩」な作品かもしれない。

The Dead Zone_06■デッドゾーン - The Dead Zone -■
 1983年/アメリカ/103分
 監督:デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本:ジェフリー・ボーム
 原作:スティーヴン・キング「デッド・ゾーン」
 製作:デブラ・ヒル
 撮影:マーク・アーウィン
 音楽:マイケル・ケイメン
 出演:クリストファー・ウォーケン(ジョン・スミス)
    ブルック・アダムス(サラ)
    マーティン・シーン(スティルソン議員)
    ニコラス・キャンベル(フランク・ドッド)
    ハーバート・ロム(サム・ウェイザク医師)
    トム・スケリット(バナーマン保安官)
    アンソニー・ザーブ(スチュアート)
    ショーン・サリヴァン(ハーブ・スミス)
    ジャッキー・バロウズ(ヴェラ・スミス)

解説:
常人にはない能力を備えたがために、世間との間に起きる摩擦に苦しみ、やがてその運命に取り込まれて行く男の悲劇を淡々と描いたSF映画の佳作。主人公に扮したC・ウォーケンの持ち味がいかんなく発揮されている。原作はスティーヴン・キング。


あらすじ:
交通事故に遭い5年の昏睡状態から覚めた時、手に触れるだけで相手の未来を予知出来るようになった男。ある議員がやがて世界を破滅に導くと知った時、男は自分の使命を感じとるが-
 (allcinema)


関連記事

『コズモポリス』(2012) - Cosmopolis -

Posted by momorex on   4  0

entry-image_275
ぅわー・・・何を言おうとしているの・・・と思わずつぶやいてしまうストーリー。会話が多くてまるでデヴィッド・リンチ作品みたいと思いながら必死に話を追いかけるが、難しい。でも最後、ラストの主役エリックの表情から全て読み解けた「気が」した。睡魔と戦ってぜひ最後まで観て欲しい。

Cosmopolis_01

■コズモポリス - Cosmopolis -■
 2012年/フランス・カナダ/110分
 監督 :デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本 :デヴィッド・クローネンバーグ
 原作 :ドン・デリーロ「コズモポリス」
 製作 :パウロ・ブランコ 他
 製作総指揮:Edouard Carmignac 他
 撮影 :ピーター・サシツキー
 音楽 :ハワード・ショア
 出演 :ロバート・パティンソン(エリック・パッカー)
     ジュリエット・ビノシュ(ディディ・ファンチャー)
     サラ・ガドン(エリーズ・シフリン)
     マチュー・アマルリック(アンドレ・ベトレスク)
     ジェイ・バルシェル(シェイナー)
     ケヴィン・デュランド(トーヴァル)
     ケイナーン(ブラザ・フェズ)
     エミリー・ハンプシャー(ジェイン・メルマン)
     サマンサ・モートン(ヴィジャ・キンスキー)
     ポール・ジアマッティ(ベノ・レヴィン)

解説:
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、アメリカ文学を代表する巨匠ドン・デリーロの同名小説を、主演に「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンを迎えて映画化した文芸サスペンス。金融界で時代の寵児となった青年を主人公に、その栄光からの転落を、彼がオフィス代わりにするハイテクリムジンの中を主な舞台に観念的かつスリリングに描き出す。


あらすじ:
ハイテク装備のリムジンをオフィス代わりに、国際情勢をチェックしては相場を的確に予見、若くして巨万の富を築き上げた青年、エリック・パッカー。ところが、そんなあらゆるものを手に入れた資本主義の申し子を、不穏な運命が待ち受けていた。その日、大統領のニューヨーク訪問を前に、街では大勢の市民がデモに繰り出し、床屋に向かったエリックのリムジンはなかなか目的地にたどり着けない。そんな中、人民元取引で壊滅的な損失を出したエリックの運命の歯車は大きく狂い始めるが-
 (allcinema)

関連記事

『クラッシュ』(1996) - Crash -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_270
クローネンバーグにこんな作品があるんですねー。生々しい夫婦の話かと思っていたけど、やっぱり一筋縄ではいかない内容。今回、精神的に結合、融合するのは自動車で、それをそのまま「性的エネルギーの解放」に使用。『ザ・フライ』みたいに見た目は結合していないから、逆にその異常さが極められていたように思う。日本では成人映画指定を受けての公開でした。

Crash_1996_01■クラッシュ - Crash -■ 1996年/カナダ/100分
 監督 :デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本 :デヴィッド・クローネンバーグ
 原作 :J・G・バラード「クラッシュ」
 製作 :デヴィッド・クローネンバーグ
 製作総指揮:ジェレミー・トーマス 他
 撮影 :ピーター・サシツキー
 音楽 :ハワード・ショア
 出演 :ジェームズ・スペイダー(ジェームズ)
     デボラ・アンガー(キャサリン)
     ホリー・ハンター(ヘレン)
     イライアス・コティーズ(ヴォーン)
     ロザンナ・アークエット(ガブリエル)

解説:
D・クローンネンバーグがセックスをテーマに取り上げ、カンヌ映画祭でその評価が賛否真っ二つに別れた問題作。
 (allcinema)

あらすじ:
カナダ、トロント。倦怠期を迎えた夫婦ジェームスと妻キャサリンは夫婦外での情事にふけり、お互いを刺激し合っていた。ある日、出張で空港へ向かっていたジェームズはハイウェイ上で正面衝突事故を起こしてしまう。相手のドライバーが死亡するほどの大事故だったが、彼はその時の衝撃と興奮を忘れられなくなり-


関連記事

『ラビッド』(1977) - Rabid -

Posted by momorex on   4  1

“人間と異物の合体”を題材にすることが多いデヴィッド・クローネンバーグ監督の初期作品。人工皮膚移植を受け、その副作用で腋に吸血器官が出来てしまった女性の悲しい末路を描く。ストーリー自体は難しくないが、監督は何を言おうとしているのか?急速に発展する医療や科学技術に警鐘を鳴らしているのだろうか。主演は美しいポルノ女優のマリリン・チェンバース。

Rabid_00■ラビッド - Rabid -■ 1977年/カナダ/91分
 監督 :デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本 :デヴィッド・クローネンバーグ
 製作 :ジョン・ダニング
 製作総指揮:アイヴァン・ライトマン 他
 撮影 :ルネ・ヴェルジェル
 音楽 :アイヴァン・ライトマン
 出演 :マリリン・チェンバース(ローズ)
     フランク・ムーア(ハート)
     ジョー・シルヴァー(マレイ・サイファー)
     ハワード・リシュパン(Dr.ケロイド)
     スーザン・ロマン(ミンディ)
     パトリシア・ゲイジ(Ms.ケロイド)

解説:
「デビッド・クローネンバーグのシーバース」(75)に続いて、現代医学が引き起こす伝染性の災厄を描いたSFホラーで、主演のM・チェンバースは名作ポルノ「グリーンドア」の主演女優。救いようの無い悲劇的なラスト・シーンに至るまで、突き放したかのような客観的な演出が、寒々しい雰囲気に拍車をかける。
 (allcinema)

あらすじ:
バイク事故で大怪我を負い、人工皮膚の緊急移植手術を受けたローズ。しかしその治療が原因でローズの腋には妙な器官が出現。人間の血を求めるようになる-

rabid :過激な、凶暴な、狂犬病にかかった


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。