QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゾンビ・リミット』(2013) - The Returned -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_497
ゾンビに人間的感情が残っていたとかのゾンビ映画がありますが、そのもう一歩先を行ったのがこの作品で、とうとう人類はワクチンを開発してゾンビ・ウィルスを抑える治療法を手に入れる。ゾンビもの作品は対立する人間ドラマが見どころでもある。治療法を手に入れたこの作品もそっちに向かっていきますよ

関連記事
スポンサーサイト

『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』(2012) - Before Dawn -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_458
おバカな若者グループも、美男美女も出てこない。代わりに登場するのは離婚の危機を迎えたある中年夫婦。次は風光明媚なイギリスの田舎の風景の中で唐突に現れ、叫びながら全力疾走で追いかけてくる血みどろの一人の男。ゾンビものだけど、ゾンビものではないような。この男を違うものに例えたらどうなる?


Before_Dawn_01

■ BEFORE DAWN ビフォア・ドーン - Before Dawn - ■
2012年/イギリス/82分
監督・製作:ドミニク・ブラント
脚本:ジョアンナ・ミッチェル 他
製作総指揮:マーク・プライス
撮影:アレックス・ネヴィル

出演:
ドミニク・ブラント(アレックス)
ジョアンナ・ミッチェル(メグ)
アイリーン・オブライエン(アイリーン)
ニッキー・エバンズ(スティーブン)
アレックス・バルダッチ(ゾンビ)
アラン・フレンチ(ピーター)



解説:
低予算ながら異色にして秀作のゾンビ映画「コリン LOVE OF THE DEAD」のM・プライスが製作総指揮を手がけた新たなゾンビ映画。冷え切った妻との仲を修復しようと努力する夫が、ゾンビにかまれた妻をなお愛し続ける姿を綴る。一途さから、やがて狂気にとらわれていく夫をD・ブラントが熱演、監督も自身が手がけた。ほとんど貸別荘だけという最小限の舞台ながら、恐怖だけでない見応えあるドラマが展開する。
(WOWOW)

あらすじ:
夫の浮気や失業ですれ違うようになってしまったアレックスとメグ夫婦。アレックスは愛する妻との関係修復を期待して2人の時間を持とうと田舎の貸別荘を借り出かけた。会話が弾まないまま朝を迎え、酒浸りの夫を残してジョギングに出たメグ。だがいきなり現れた血みどろの男に足を噛まれてしまい ―


関連記事

『シー・オブ・ザ・デッド』(2013) - Mar Negro -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_436
ブラジルの小さな漁村で起きた、ある夜の出来事。綺麗な海の風景が出てくるのは最初だけで、ほぼ全編、赤と黒と茶色に染まった肉片に覆われるゾンビ・ホラー映画。ヒーロー、ヒロイン不在な中で展開される殺戮に次ぐ殺戮。汚いですよー。観ない方がいいと思う。


Mar_Negro_01

■ シー・オブ・ザ・デッド - Mar Negro - ■
2013年/ブラジル/96分
監督・脚本::ロドリゴ・アラガォン
製作:ヘルマン・ピドニー
撮影:マルセロ・カステニーラ

出演:
マークス・コンカ
ティアゴ・フェリ
キカ・オリヴェイラ
キャロル・アラガォン



解説:
初長編作品「デス・マングローヴ ゾンビ沼」がブエノスアイレス・スプラッター映画祭で最優秀作品賞、観客賞をダブル受賞、続く「吸血鬼チュパカブラ」が10カ国以上の国際映画祭に招待されるなど、世界中でカルト的人気を誇る鬼才ロドリコ・アラガオ監督によるゾンビホラー。ブラジル・ホラー映画祭2014で上映。
(Movie Walker)

あらすじ:
ブラジルの小さな漁村。ある夜、漁師ペロアは網にかかった奇怪な生物に噛み付かれ大怪我を負う。妻に傷を縫ってもらい療養していた彼だったが、体調がどんどん悪くなる。同じ頃、村に新しく出来たクラブに卸されたペロアの魚を食べた人々が、次々にゾンビ化、辺りの人間を襲いだしていた ―


関連記事

『ゾンゲリア』(1981) - Dead & Buried -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_402
タイトルからてっきりゾンビものだと思って観始めたら、冒頭は間違えた?と思ってしまう感じのエロもので、次第に「狂人村」もの、「刑事ものサスペンス」へとどんどん話が展開していく。展開はまだまだ続き、よくこれだけ詰め込んだものだと感心。おまけにラストのオチまでついて、ストーリーの破綻も無し。古い映画だけどなかなか見応えがあった。ちょい役で若き日の“鉤爪男フレディ”も登場。

Dead_&_Buried_01■ゾンゲリア - Dead & Buried -■
1981年/アメリカ/94分
監督:ゲイリー・A・シャーマン
脚本:ロナルド・シャセット 他
原作:チェルシー・クィン・ヤーブロー
製作:ロナルド・シャセット 他
製作総指揮:リチャード・R・セント・ジョンズ
撮影:スティーヴ・ポスター
音楽:ジョー・レンゼッティ
出演:ジェームズ・ファレンティノ
   メロディ・アンダーソン
   ジャック・アルバートソン
   デニス・レッドフィールド
   ナンシー・ロック・ハウザー
   リサ・ブロント
   クリストファー・オールポート
   ロバート・イングランド


解説:
平凡な港町を舞台に、生き返った死人たちによって行われる奇怪な殺人事件を描いたミステリー・タッチのホラー。一種の“ゾンビ”物だが、ダン・オバノンとロナルド・シャセットの「エイリアン」コンビによる脚本はロメロのエピゴーネン群とは一線を画す新しいタイプの作品を創造した。顔面溶解や遺骸復元のシーンなど特殊メイク(スタン・ウィンストン)も秀逸。
(allcinema)

あらすじ:
小さな港町ポッターズ・ブラフ。ある日、大火傷を負った旅行者の発見を皮切りに、この平和な町に次々と殺人事件が起き始める。村の保守官ダニエルは検死医であり葬儀屋も営むドッブスに相談しながら捜査を進めていた。そんなある夜、飛び出してきた男をパトカーで撥ねてしまった彼。男は立ち去ってしまったが、車のフロント部分に残っていた皮膚を調べたところ3ヶ月も前に死んだ人間のものであることが判明する ―


関連記事

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』(2013) - Contracted -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_393
コメディ要素は全く無し。若くて綺麗な女性が一夜の火遊びからゾンビ菌(?)にかかってしまい、完全なゾンビ体へと変わっていく3日間をドキュメンタリーチックに追う。それが結構生々しくて、この女性に同情を禁じ得ない・・。アバンチュールは怖いネー

■スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 - Contracted -■
Contracted_002013年/アメリカ/84分
監督・脚本:エリック・イングランド
製作:エリック・イングランド 他
撮影:マイク・テスティン
音楽:ケヴィン・リープル
出演:ナジャラ・タウンゼント
   キャロライン・ウィリアムズ
   マット・マーサー
   アリス・マクドナルド
   ケイティ・ステグマン
   サイモン・バレット
   チャーリー・クーンツ


解説:
人気ドラマ「CSI:ニューヨーク」や「コールドケース」に出演したナジャラ・タウンゼント主演。共演に「悪魔のいけにえ2」のキャロライン・ウィリアムズ、マット・マーサー、アリス・マクドナルド。監督・脚本はエリック・イングランドが手がけている。生きながら徐々に身体が腐食してゆく女性の恐怖を描くサスペンスホラー。「未体験ゾーンの映画たち 2014」にて上映。
(allcinema)

あらすじ:
友人主催のパーティで出会った行きずりの男と、酔った勢いで関係を持ってしまったサマンサ。翌朝、酷い二日酔いで目が覚めた彼女だったが体調はいつまでも直らず、ますます酷くなるばかり。妙な性病をうつされたかと病院へ向かう彼女だったが ―


関連記事

『サンゲリア』(1979) - Sanguelia -

Posted by momorex on   8  2

entry-image_385
のっそり系のゾンビものはたくさんあるけど、400年も前の墓から蘇る姿を拝める映画は少ないのでは?どこかもの悲しい雰囲気をまとった彼らは、他にもハドソン川に浮かぶ豪華なヨットに潜み、カリブの海中で獲物を待っているなど、とても珍しい場所に登場する。レトロな雰囲気を醸し出しながらもイタリアらしい尖端恐怖症的なグロ描写や美女の裸もあって、のんびりした中にもメリハリが。

Sangeria_07■サンゲリア - Sanguelia -■
1979年/イタリア・アメリカ/91分
監督:ルチオ・フルチ
脚本:エリザ・ブリガンティ
製作:ウーゴ・トゥッチ 他
撮影:セルジオ・サルヴァティ
音楽:ファビオ・フリッツィ 他
出演:イアン・マカロック(ピーター)
   ティサ・ファロー(アン)
   リチャード・ジョンソン(メナード医師)
   オルガ・カルラトス(パオラ)
   アウレッタ・ゲイ(スーザン)
   アル・クライヴァー(ブライアン)
   ステファニア・ダマリオ(ミシー)


解説:
カリブ海に浮かぶ島で、発生した疫病によって死者が蘇り人肉を喰う。ゾンビがマンハッタンへ進撃するラストシーンまで正統派怪奇映画の定石を踏まえた造りで、数多ある「ゾンビ」の亜流の中では間違い無しの傑作。海中で人喰い鮫と死闘を繰り広げるゾンビというとんでもないシーンもある。ただしイタリア仕込みの残酷描写も過激で、辟易するかも。ビデオは劇場版と完全オリジナル版(95分)の2種ある。
(allcinema)

あらすじ:
ニューヨーク。ハドソン川を漂流するヨットを調べに入った湾岸警備隊が、潜んでいた男に首を噛まれて殺される事件が発生。このヨットの持ち主で連絡の取れない父親を探すため、事件記者ピーターと一緒にカリブの島へ向かったアン。だがその島では死人が蘇る奇病が発生、人々を次々に襲っていた ―

英題:Zombie 伊題:Zombies2


関連記事

『遺体安置室 -死霊のめざめ-』(2005) - Mortuary -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_349
ゾンビ・・なのかな? 長年空き家だったカビ臭い元葬儀屋に越してきた一家が恐ろしい目に遭うという話。最後にラスボスの登場もあるんだけど怖くない。それより怖いのはこの家の住人とも言えるカビ本体(偽物だけど)。あ、この家はホントの曰く付き幽霊屋敷だそうですよ。

Mortuary_02■遺体安置室 -死霊のめざめ- - Mortuary -■
 2005年/アメリカ/95分
 監督:トビー・フーパー
 脚本:ジェイス・アンダーソン 他
 製作:トニー・ディディオ 他
 製作総指揮:マイケル・ローゼンブラット
 撮影:ジャロン・プレサント
 音楽:ジョセフ・コンラン
 出演:ダン・バード(ジョナサン)
    デニス・クロスビー(レスリー)
    ステファニー・パットン(ジェイミー)
    アレクサンドラ・アディ(リズ)
    ロッキー・マークエット(クレイディ)
    リー・ガーリントン(リタ)
    タラ・ペイジ(サラ)
    バグ・ホール(カル)

解説:
トビー・フーパー監督が放つ戦慄のゾンビホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
母親が遺体処置の仕事を始めるためにカリフォルニアの田舎町に越してきたドイル一家。墓場の中に建つ元葬儀屋で暮らし始めたが、処置している遺体から流れ出た血液が排水溝から地下へと落ちていき、この世のものではない何かが目覚めることに ―


関連記事

『悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~』(2007) - The Mad -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_338
ぁらら~、こんな所に『タイタニック』の天敵が。成長ホルモンを使いすぎた牛が原因で、人食いとなった恐怖の「ミート」が人間を襲う。あの「悪魔の毒々」シリーズの新作(と言っても2007年製作)かと思ったけれど違いましたー。スプラッター・コメディです。

The_Mad_02■悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~ - The Mad -■
 2007年/アメリカ・カナダ/83分
 監督:ジョン・カランギス
 脚本:ケヴィン・ヘネリー 他
 製作:ハーヴェイ・グレイザー 他
 製作総指揮:ケイト・ハリソン 他
 撮影:ブレンダン・スティーシー
 出演:ビリー・ゼイン(ジェイソン)
    ショーナ・マクドナルド(モニカ)
    ジョーダン・マドリー
    マギー・キャッスル
    エヴァン・チャールズ・フロック
    マイケル・ローデス
    マシュー・デスリップ

解説:
『タイタニック』のビリー・ゼイン主演によるスプラッターホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
南部の田舎町を通りがかった4人の男女。モーテルの部屋を取り、早速併設されているファーストフード店へ食事に。地元の牧場から直送された肉を使ったハンバーガーがオススメのこの店。だが、そのハンバーガーを食べていた他の客の様子がおかしくなり ―


関連記事

『セール・オブ・ザ・デッド』(2008) - I Sell the Dead -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_335
“オブ・ザ・デッド”が付いているけれど、のんびりしたコメディチックなゴシック・ホラー。主役の2人の経験したことは、とても信じられない恐ろしく面白いものなのに、事実をそのままにポツポツ語られていくものだから、緊張感は無い ホラー性よりも登場人物のユニークさを楽しむ映画で、監督は『V/H/S シンドローム』4話目のグレン・マクエイド

I_Sell_the_Dead_05■セール・オブ・ザ・デッド - I Sell the Dead -■
 2008年/アメリカ/85分
 監督:グレン・マクエイド
 脚本:グレン・マクエイド
 製作:ラリー・フェセンデン 他
 撮影:リチャード・ロペス
 音楽:ジェフ・グレイス
 出演:ドミニク・モナハン(アーサー・ブレイク)
    ラリー・フェセンデン(ウィリー)
    アンガス・スクリム(クイント博士)
    ロン・パールマン(ダフィー神父)
    アイリーン・コルガン
    ジョン・スパーダコス
    ブレンダ・クーニー
    ダニエル・マンチ
    ジョエル・ガーランド
    ジェームズ・ゴッドウィン
    エイダン・レドモンド

解説:
テレビシリーズ「LOST」のドミニク・モナハン主演の“生きている死体”をめぐるホラー・コメディ。共演にラリー・フェセンデン、ロン・パールマン、アンガス・スクリムら。監督はこれが長編デビューとなるグレン・マクエイド。
(allcinema)

あらすじ:
18世紀アイルランド。牢屋で死刑を待っている死体泥棒アーサーの元にダフィー神父が訪ねてくる。死刑囚の最後の言葉を聞きに来たという神父に、アーサーは相棒ウィリーと経験した、死体泥棒にまつわる話を語り始める。それは、とても信じられないような奇妙で突飛なものだった ―


関連記事

『ウォーム・ボディーズ』(2013) - Warm Bodies -

Posted by momorex on   6  2

entry-image_328
人間とゾンビが敵対する中、人間の女の子に恋してしまったゾンビ青年物語。遠目のポスターを見て、またあの吸血鬼青年が(同じような映画に)出てるのか?と思っていたら、違ってた でも相手の女の子はちょっと似てるんだよねー。いつもの管理人には似合わないロマンスものレビュー。実は「ロミオ+ジュリエット」大好き。

Warm Bodies_02■ウォーム・ボディーズ - Warm Bodies -■
 2013年/アメリカ/97分
 監督:ジョナサン・レヴィン
 脚本:ジョナサン・レヴィン
 原作:アイザック・マリオン
   「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」
 製作:デヴィッド・ホバーマン 他
 製作総指揮:ニコラス・スターン 他
 撮影:ハビエル・アギーレサロベ
 音楽:マルコ・ベルトラミ 他
 出演:ニコラス・ホルト(R)
    テリーサ・パーマー(ジュリー)
    ロブ・コードリー(M)
    デイヴ・フランコ(ペリー)
    アナリー・ティプトン(ノラ)
    ジョン・マルコヴィッチ(グリジオ大佐)

解説:
 「マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生」「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン監督が人気YA小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』を映画化し、全米で予想を超えるスマッシュ・ヒットとなった青春ゾンビ・ラブコメディ。人間の女の子に恋した純情ゾンビ青年の一途で不器用な禁断の恋の行方を、ユーモラスかつハートウォーミングに綴る。主演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「ジャックと天空の巨人」のニコラス・ホルト。ヒロインには「明日、君がいない」「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・パーマー。共演にロブ・コードリー、ジョン・マルコヴィッチ。
(allcinema)

あらすじ:
近未来。街にはゾンビがあふれ、わずかに生き残った人間は高い壁を築いた砦の中で暮らしていた。ある日、物資調達のために砦の外に出た若い人間チームがゾンビの集団に襲われる。そのゾンビの一人、青年“R”は人間チームの一人の女の子ジュリーに思いもよらず心をときめかせてしまう ―


関連記事

『V/H/S ネクストレベル』(2013) - V/H/S/2 -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_327
「ホントにあった呪いのビデオ」豪華アメリカ版ぐらいの印象だった1作目がよりパワーアップ。理解しやすい内容に、短編ホラーのオムニバスとして観ても面白い。今回のビデオは全5本。普通の人々が突如現れた“何者”かに無残に襲われる姿を描く。

VHS2_01■V/H/S ネクストレベル - V/H/S/2 -■
 2013年/アメリカ/96分
 製作:ゲイリー・ビンコウ 他
 製作総指揮:サイモン・バレット 他



ジャンル系最強監督が放つ、過激描写MAXなネクスト・ホラー・レベル!
解説:
6組の若手ホラー作家が“ファウンド・フッテージ”スタイルで競作し反響を巻き起こした「V/H/S シンドローム」の第二弾。前作でメガホンを執ったアダム・ウィンガードとサイモン・バレットに加え、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のエドゥアルド・サンチェスとグレッグ・ヘイル、さらに「ホーボー・ウィズ・ショットガン」のジェイソン・アイズナーと「ザ・レイド」のギャレス・エヴァンスが参加。
 (allcinema)

あらすじ:
連絡の取れない大学生息子の調査を依頼された私立探偵の男と助手。早速、2人は息子の住む一軒家に侵入、大量に残されていたビデオテープを再生することに。だが、そこには想像を絶する狂気の映像が記録されていた ―


関連記事

『デッドガール』(2008) - Deadgirl -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_260
ふざけた高校生のゾンビものだと思っていたこの作品。いやいや、結構きっちりと作られたサスペンス・青春ホラーでした。そして主演の男の子が前回アップした『死霊のはらわた(2013)』のお兄ちゃんとは気が付かなかった!続けて観たというのに・・。

Deadgirl_04■デッドガール - Deadgirl -■ 2008年/アメリカ/102分
 監督 :マルセル・サーミエント、ガディ・ハレル
 脚本 :トレント・ハーガ
 製作 :マルセル・サーミエント、ガディ・ハレル
 製作総指揮:クリストファー・ウェブスター 他
 撮影 :ハリス・シャラランブス
 音楽 :ジョセフ・バウアー
 出演 :シャイロー・フェルナンデス(リッキー)
     ノア・セガン(JT)
     キャンディス・アッコラ(ジョアン)
     ジェニー・スペイン(デッドガール)
     ノーラン・ジェラード・ファンク
     エリック・ポドナー
     アンドリュー・ディパルマ
     マイケル・ボーウェン

解説:
モテない変態高校生たちが、廃墟となった精神病院の地下で拘束された女性を発見し、彼女を性の奴隷として監禁したことから巻き起こる狂気と恐怖の物語を描く鬼畜系ホラー。出演はシャイロー・フェルナンデス、ノア・セガン、キャンディス・アッコラ。
 (allcinema)

あらすじ:
授業をさぼって郊外にある廃病院に忍び込んだ高校生リッキーとJT。ふざけている内に地下に迷い込んだ2人は、固く閉ざされた扉の中で拘束された全裸の女性を発見する。すぐに逃げだそうとしたリッキーを押しとどめたJTは、自分たちのオモチャにしようと提案するが-


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。