QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牢獄処刑人』(2013) - On the Job -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_482
囚人殺し屋とそれを追う捜査官。でも真実の敵は簡単には手に届かないほどの大きなモノだった ―。フィリピン産「L.A.コンフィデンシャル」いいですよー。アメリカものに比べてもっと人間的で綺麗事など何処にも無い。前観た『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』も面白かったもんねー


On_the_Job_00

■ 牢獄処刑人 - On the Job - ■
2013年/フィリピン/116分
監督:エリック・マッティ
脚本:エリック・マッティ、ミチコ・ヤマモト
製作:エリック・マッティ

出演:
ジョエル・トレ(タタン)
ジェラルド・アンダーソン(ダニエル)
ピオロ・パスクアル(フランシス・コロネル・Jr.)
ジョーイ・マルケス(アコスタ)
レオ・マルティネス(パチェコ将軍)



解説:
驚きの実話をもとに警察内部の腐敗を痛烈に描き、国内で数々の映画賞に輝いたほか、海外でも評判を呼び、ハリウッドでのリメイクも決まったフィリピン発の話題の犯罪映画。

あらすじ:
中年のタタンとまだ若いダニエルの2人組は、白昼の繁華街で大胆不敵な殺しの仕事を遂行し、ひとときの自由時間を思い思いに味わった後、元の刑務所内へと戻っていく。実は囚人である彼らは、刑務所を隠れ家にして権力の手先として働く殺し屋だった。一方、大物議員の娘婿である若手エリート捜査官のフランシスと、たたき上げの刑事アコスタは、コンビを組んで事件の調査に乗り出すうち、警察組織の腐敗の実態を知るようになる ―

(WOWOW)


関連記事

『サイレント・ハウス』(2011) - Silent House -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_481
主人公サラが正体の分からない何者かから隠れて、逃げて、の緊張感で息も出来ないハラハラしたシーンが全編を覆うが、思ったよりも飽きずに一緒に逃げているつもりで最後まで観られる。リアルタイム進行型なんだ、なるほど。正体不明の何者かの“正体”はラストに分かる。これは結構新しい“ブツ”ではないだろうか?


Silent_House_00

■ サイレント・ハウス - Silent House - ■
2011年/アメリカ/86分
監督:クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
脚本:ローラ・ラウ
製作:アニエス・メントレ 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:イゴール・マルティノヴィッチ
音楽:ネイサン・ラーソン

出演:
エリザベス・オルセン(サラ)
アダム・トレーズ(サラの父)
エリック・シェファー・スティーヴンズ(叔父ピーター)
ジュリア・テイラー・ロス(ソフィア)
ヘイリー・マーフィ(少女)



解説:
ウルグアイ製の秀作シチュエーションホラー「SHOT/ショット」を「オープン・ウォーター」のC・ケンティスとL・ラウの夫婦監督がリメイク。手持ちカメラによるワンカット撮影、本編時間と劇中時間が重なるリアルタイム進行という特徴はそのままにディテールを磨き上げた。オルセン姉妹を姉に持ち、自身も「マーサ、あるいはマーシー・メイ」など活躍著しいエリザベス・オルセンが《何か》におびえるヒロインを熱演する。
(WOWOW)

あらすじ:
修理して売却するため、荒れ果てた湖畔の別荘を訪れたサラと父親、叔父の3人。窓は全て割られ、他人が勝手に入り込んでいたその建物を3人は調べ始めたが、ある部屋で父親が暴漢に襲われ負傷する。まだ何者かが潜んでいるのかと怯えたサラは、叔父と共に父親を助け逃げようとするが、叔父までもが何者かに襲われて ―


関連記事

『シン・シティ』(2005) - Sin City -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_478
動くアニメ、、ぁ、違う。アニメは元々動いてるわ。「動く人間コミック」こっちですね。度肝を抜かれたこの映像を初めて観た時は“すごい!こんなので映画が作れるんだ”と、ワケも分からず大はしゃぎした記憶が。動くアメコミの名に恥じず、出てくる人、出てくる人、カッコいいわ、綺麗すぎるわで、これは完璧なる「大人のための人間アメコミ」作品なのだ。

Sin_City_05-2


Sin_City_00

■ シン・シティ - Sin City - ■
2005年/アメリカ/124分
監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
脚本:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作:フランク・ミラー「シン・シティ」
製作:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 他
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 他
撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:ジョン・デブニー 他

解説:
 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
(allcinema)


Opening/Ending
出演:ジョシュ・ハートネット(ザ・マン)

Episode1/ハード グッバイ
あらすじ: 醜い容姿を持つ屈強な大男マーヴ。ある夜、一夜を共にした高級娼婦ゴールディが彼の隣で殺され、その犯人に祭り上げられる。愛をくれた彼女の敵を討つため、また自分を陥れた者に復讐するため真相を調べ始めたマーヴだったが、彼の前には大きな何者かが立ちはだかっていた ―
出演:
ミッキー・ローク(マーヴ)
ジェイミー・キング(ゴールディ)
カーラ・グギーノ(ルシール)
イライジャ・ウッド(ケヴィン)
ルトガー・ハウアー(ロアーク枢機卿)
フランク・ミラー(神父)

Episode2/ビッグ ファット キル
あらすじ:顔を変えシン・シティに潜むドワイトは、恋人シェリーに付きまとうジャッキー・ボーイをある夜、きつく締め上げた。それでも足りないと思ったドワイトは手下と共に娼婦街に向かうジャッキー・ボーイを追う。この街の娼婦街はドワイトの元恋人ゲイルが束ねる治外法権の一画。娼婦の一人を拳銃で脅したジャッキー・ボーイは手下もろとも娼婦達に殺された。だがジャッキー・ボーイの正体が警官であった事から、警察vs娼婦軍団の戦いが火を噴き ―
出演:
クライヴ・オーウェン(ドワイト)
ロザリオ・ドーソン(ゲイル)
ブリタニー・マーフィ(シェリー)
デヴォン青木(ミホ)
アレクシス・ブレデル(ベッキー)
ベニチオ・デル・トロ(ジャッキー・ボーイ)
マイケル・クラーク・ダンカン(マヌート)

Episode3/イエロー・バスタード
あらすじ:心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、ある夜、連続養女殺人鬼を追い詰め大怪我を負わし、少女ナンシーを助け出す。だがその殺人鬼が街の有力者であるロアーク議員の息子だったことから、逆に彼は追い詰められ殺人犯の汚名を着せられて収監されることに ―
出演:
ブルース・ウィリス(ハーティガン)
ジェシカ・アルバ(ナンシー)
マイケル・マドセン(ボブ)
ニック・スタール(ロアーク・ジュニア)
パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)


関連記事

『シアター・ナイトメア』(2014) - The Last Showing -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_476
ロバート・イングランドが主役なせいか、『クリープショー』の中の1話のような懐かしい感じのするホラー。キレた老映写技師が映画館に訪れた、なんの関係も無いカップルを恐怖のどん底に陥れる。流れに少し無理はあるものの、R.イングランドなんだからいいじゃない、ってな気楽な気持ちで観ると充分に楽しめると思う。


The_Last_Showing_04

■ シアター・ナイトメア - The Last Showing - ■
2014年/イギリス/89分
監督・脚本:フィル・ホーキンズ
製作:フィル・ホーキンズ 他
撮影:エド・ムーア
音楽:リチャード・ボジャース

出演:
ロバート・イングランド(スチュアート)
フィン・ジョーンズ(マーティン)
エミリー・バリントン(アリー)
マラカイ・カービー(クライヴ)
キース・アレン(コリンズ)



解説:
「エルム街の悪夢」シリーズで鉄爪の殺人鬼“フレディ・クルーガー”を戦慄的に演じ、ホラー映画史上に燦然と輝く屈指の人気キャラクターを生み出した怪優、R・イングランド。その彼が、本作ではデジタル時代のあおりで冷や飯を食わされた末、映画館そのものを自らが入念に計画したホラー映画撮影の惨劇の舞台に仕立てて人生の雪辱を図る老映写技師に扮して、会心の演技を披露。斬新なアイデアとスリリングな演出で観る者を恐怖のどん底へ突き落とすのは、これが長編4作目となる期待の俊英監督P・ホーキンズ。


あらすじ:
映画のデジタル化のあおりを受けて半ば御用済みの存在と化し、年下の支配人や同僚たちの冷たい視線を浴びながら、仕事先の映画館で日々肩身の狭い思いを味わう老映写技師のスチュアート。ホラー映画の深夜の特別上映が催される晩、彼はついに自分にクビを言い渡す支配人を始末する一方、映画を観に映画館へとやって来た若い恋人カップルをホラー映画の登場人物に見立てて、事前に入念に練った計画通りに映画の撮影を進めていく ―

(WOWOW)


関連記事

『ワナオトコ』(2009) - The Collector -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_469
3作目が待ち遠しい「ワナオトコ」シリーズ第1作。ワナオトコの痛いワナにおののき、アーキンの人の良さに泣ける楽しいホラー作品。


The_Collector-2009_00

■ ワナオトコ - The Collector - ■
2009年/アメリカ/89分
監督:マーカス・ダンスタン
脚本:マーカス・ダンスタン 他
製作:ジュリー・リチャードソン 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:ブランドン・コックス
音楽:ジェローム・ディロン

出演:
ジョシュ・スチュワート(アーキン)
マイケル・ライリー・バーク
ダニエラ・アロンソ
アンドレア・ロス
マデリーン・ジーマ
カーリー・スコット・コリンズ
ロバート・ウィズダム
ファン・フェルナンデス
ヘイリー・アレクシス・プロス



解説:
「ソウ」シリーズの脚本家コンビが贈る、驚異のホラー・アクション大作。ワナオトコが仕掛ける 針、カミソリ、包丁、ワイヤーなど怒濤のデストラップは必見!激しすぎる描写でR-18指定に。
(Amazon)

あらすじ:
別れた妻子の金銭的危機を助けるために、内装業者アーキンは今の現場である宝石ブローカーの屋敷に夜間侵入、もう一つの仕事である金庫破りを決行する。ところが旅行で家人は不在のはずの家の中から叫び声のようなものや足音が聞こえ始め、脱出することに。だがドアには先ほどまで無かったいくつもの錠が設置され、窓には板が打ち付けられている。 慌てたアーキンを主の分からない足音が追うように近付いて ―


関連記事

『オープン・グレイヴ-感染-』(2013) - Open Grave -

Posted by momorex on   2  3

entry-image_465
「穴の底」シチュエーション・スリラーかと思っていたら、また間違えました。記憶が無い5人の男女と話すことが出来ない1人の女性の疑心暗鬼に満ちたサスペンスに始まり、段々と明らかになる驚愕の事実へと向かうパニック・スリラーへ。邦題からゾンビものかとも考えたけどそれも違うよ。


Open_Grave_00

■ オープン・グレイヴ-感染- - Open Grave - ■
2013年/アメリカ/102分
監督:ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
脚本:エディ・ボーレイ 他
製作:ウィリアム・グリーン 他
撮影:ホセ・ダビ・モンテーロ
音楽:フアン・ナバーソ

出演:
シャールト・コプリー
トーマス・クレッチマン
ジョシー・ホー
ジョセフ・モーガン
エリン・リチャーズ
マックス・ロッツリー



解説:
「NAKED マン・ハンティング」「アポロ18」のゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ監督が、「第9地区」「エリジウム」のシャールト・コプリーを主演に迎えて贈るミステリー・スリラー。
(allcinema)

あらすじ:
雨の夜、記憶が無くなり自分の名前も思い出せない男が深い穴の底で目覚めた。辺りには大量の死体が無造作に投げ入れられており、思わず助けの叫び声を上げる。そこへ1本のロープが降りてきて無事に穴の外に出た男は、深い森を彷徨ったあげく、一軒の家を見つけた。中には5人の男女がいたが、4人は彼と同じく記憶が無く、1人の女性は口がきけなかった ―

Grave :墓、死体を埋める穴

関連記事

『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_464
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思いきや、案外人間ドラマ的な部分もあり、ちと肩すかし。それでも充分手応えはありましたけどモ


Killers_02

■ KILLERS/キラーズ - Killers - ■
2013年/日本・インドネシア/138分
監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル)
原案・脚本:ティモ・ジャイアント、牛山拓二
製作:千葉善紀 他
製作総指揮:ギャレス・エヴァンス
撮影:グンナル・ニンプノ

出演:
北村一輝(野村)
オカ・アンタラ(バユ)
高梨 臨(久恵)
ルナ・マヤ(ディナ)
黒川芽以(みどり)
でんでん
レイ・サヘタピー



解説:
インドネシア映画「ザ・レイド」がセンセーションを巻き起こしたギャレス・エヴァンスが製作総指揮に名を連ね、日本とインドネシア両国の気鋭映画人の強力コラボで贈る戦慄のバイオレンス・ムービー。主演は北村一輝、共演にオカ・アンタラ、高梨臨。監督は2009年のスラッシャー映画「マカブル 永遠の血族」で世界的に注目を集め、ハリウッドのホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」、「V/H/S ネクストレベル」に立て続けに抜擢された期待の新鋭コンビ、モー・ブラザーズ。


あらすじ:
東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが ―

(allcinema)



関連記事

『暗闇にベルが鳴る』(1974) - Black Christmas -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_461
『エクソシスト』『悪魔のいけにえ』『ジョーズ』なんかと同じ頃に公開されたサスペンス・ホラー映画。有名なこれらの作品と比べてもひけをとらない内容で、ホラーと言うよりサスペンス寄りの殺人鬼もの。これを観て思いだしたのは『サイコ(1960)』かなー。


Black_Christmas_04

■ 暗闇にベルが鳴る - Black Christmas - ■
1974年/カナダ/98分
監督・製作:ボブ・クラーク
脚本:ロイ・ムーア
製作総指揮:フィンドレイ・クイン
撮影:レジナルド・モリス
音楽:カール・ジットラー

出演:
オリヴィア・ハッセー(ジェス)
キア・デュリア(ピーター)
マーゴット・キダー(バーブ)
ジョン・サクソン(フラー警部)
アンドレア・マーティン(フィル)
マリアン・ウォルドマン(マック寮母)
アート・ヒンドル(クリス)
リン・グリフィン(クレア)



解説:
クリスマス前後の女子学生寮を舞台に、奇怪なイタズラ電話に端を発した猟奇殺人を描いた恐怖映画。雪降るカナダの森閑とした風景と、O・ハッセーの恐怖におののく姿のみが印象に残る作品で、犯人に関する説明を一切省いた手法をどう受け取るかで評価は大きく分かれるだろう。
(allcinema)

あらすじ:
以前から気持ちの悪いイタズラ電話に悩んでいた女子学生寮で今年もクリスマスパーティが行われていた。だがその翌日、実家に戻るため父親と待ち合わせていたクレアが行方不明になったことを皮切りに、電話が頻繁にかかるようになったうえ、とうとう近所で女子中学生の遺体が発見される。警察は捜査に乗り出すが、寮では一人、また一人と正体の知れない男に学生達が殺されていき ―


関連記事

『処刑島 みな殺しの女たち』(2012) - Black Rock -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_459
いやいや、こんなヒドイ映画を初めて観た(ほめてません)。女性が襲われて反撃、勢い余って殺してしまった男の仲間とのサバイバルバトル?悪いのはあなたでしょ、アビーさん。


Black_Rock_00

■ 処刑島 みな殺しの女たち - Black Rock - ■
2012年/アメリカ/83分
監督:ケイティ・アセルトン
脚本:マーク・デュプラス
製作:ケイティ・アセルトン 他
撮影:ヒラリー・スペラ
音楽:ベン・ラヴェット

出演:
ケイト・ボスワース(サラ)
ケイティ・アセルトン(アビー)
レイク・ベル(ルー)
ウィル・ブーヴィエ(ヘンリー)
ジェイ・ポールソン(デレク)
アンセルム・リチャードソン(アレックス)



解説:
無人島を舞台に男と女の生死を賭けたサバイバルバトルが展開するサスペンススリラー。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
幼馴染みの親友2人の関係修復のため、週末無人島旅行を計画したサラ。最初はギクシャクしていたものの徐々に溝が埋まりつつあった矢先、突然男達3人が姿を現した ―


関連記事

『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013) - Grand Piano -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_452
イライジャ・ウッドっていうことだけで借りてみた。なんとなく『マニアック』的なものをを想像してたんだけど、やっぱり違ってた。普通のサスペンス・スリラーで、これなら『フォーン・ブース』の方がよっぽど面白い。悪役は今回もジョン・キューザック。


Grand_Piano_00

■ グランドピアノ 狙われた黒鍵 - Grand Piano - ■
2013年/スペイン・アメリカ/91分
監督:エウヘニオ・ミラ
脚本:デイミアン・チャゼル
製作:アドリアン・ゲラ 他
製作総指揮:ヌリア・バルス 他
撮影:ウナクス・メンディア
音楽:ビクトル・レイェス

出演:
イライジャ・ウッド(トム・セルズニック)
ケリー・ビシェ(エマ・セルズニック)
ジョン・キューザック(スナイパー)
タムシン・エガートン
アレン・リーチ
ドン・マクマナス
アレックス・ウィンター
ディー・ウォーレス



解説:
「[リミット]」のロドリゴ・コルテスが製作を務め、イライジャ・ウッドが演奏中に何者かに命を狙われる天才ピアニストを演じるスペイン・アメリカ合作のシチュエーション・スリラー。共演はジョン・キューザック。監督は、本作に登場する『ラ・シンケッテ』の作曲も手がけるなど音楽家としても活躍し、これが長編3作目となるエウヘニオ・ミラ。


あらすじ:
若き天才ピアニストのトム・セルズニック。あるトラウマを乗り越え、恩師パトリック・ゴーダルーの追悼コンサートで5年ぶりのステージに立つことに。そこに用意されていたのは、恩師が遺した最高級のグランドピアノ。ところが、トムは演奏を始めると、譜面に書かれた“1音でも間違えるとお前を殺す”という謎のメッセージに気づく。しかもそれは冗談などではなく、姿なきスナイパーの照準はしっかりとトムを捉えていた。動揺しながらも演奏を続け、やがて犯人に命じられるまま『ラ・シンケッテ』に挑むトム。しかしその曲は、パトリックとトム以外に演奏できる者はいないと言われ、彼のトラウマの原因ともなった難曲中の難曲だった ―

(allcinema)



関連記事

『ホラー・ストーリーズ 2』(2013) - Horror Stories II -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_450
1作目も面白かったけど、2作目になって全体的にスケールアップ。だけど、アジアホラー独特のどろっとした怨霊、幽霊系はなりを潜め、派手に、ハリウッドっぽい作りになったと思う。特に最後の「脱出」と全体を閉めるラストは。
ネタバレしているおそれあり


Horror_Stories2_00

■ ホラー・ストーリーズ 2 - Horror Stories II - ■
2013年/韓国/95分
監督:ミン・ギュドン 他

出演:
パク・ソンウン
イ・セヨン
ソンジュン
イ・スヒョク
ペク・ジニ
キム・スルギ
チョン・インスン
コ・ギョンピョ
キム・ジウォン
イム・ウォニ
キム・イェウォン



解説:
オムニバスホラー『ホラー・ストーリーズ』の続編。
(TSUTAYA)

あらすじ:
保険会社に勤める透視能力を持つセヨン。彼女は上司に指示されて、過去の保険金支払い済み案件の資料に目を通し始めるが、資料に手を触れた途端、案件に纏わる事件が見え始める ―


関連記事

「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014-/TV)

Posted by momorex on   0  0

entry-image_449
スターチャンネルで始まった猟奇殺人事件+@の犯罪ドラマ。刑事物として一言で括るには内容が重い、重い。主演はマシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソンで、どちらも真面目バージョンで登場。いつもと違う顔を見せてくれている。


True_Detective_03

■ TRUE DETECTIVE/二人の刑事 ■
2014年

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ニック・ピゾラット
製作総指揮:スティーヴ・ゴリン

出演:
マシュー・マコノヒー(ラスティン・コール)
ウディ・ハレルソン(マーティン・ハート)
ミシェル・モナハン
ケヴィン・ダン



解説:
本作は、ただ単に連続殺人犯を追い詰めていくだけの犯罪ドラマではない。捜査の過程で浮き彫りにされていくのは、貧困や差別、宗教、政治など平凡な田舎町に隠された日常の深い闇。そうした米国社会の病巣が異常な犯罪者を生み、人々の無知や無関心がその凶行を野放しにしてしまう。我々が目を背けてはならない現実を描いた重厚なミステリーなのだ。
(スターチャンネル)

あらすじ:
2012年ルイジアナ。かつて、同地で起きた猟奇的な殺人事件と同様に処理された死体が見つかる。警察は当時、捜査に当たって今は引退している2人の元刑事を警察署に呼び出した。当時の資料はハリケーン・カトリーナにより紛失していたからだった。
仲違いをして10年以上会っていないという2人は別々にやって来た。現捜査官はそれぞれから当時の捜査について詳しく聞き始めるが ―


スターチャンネル「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」公式サイト

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。