QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NY心霊捜査官』(2014) - Deliver Us from Evil -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_487
楽しみにしてたんですよね、主演はエリック・バナだし。TVドラマみたいな邦題がついているけれど、原題を意訳すると「悪魔への扉」とでも言いましょうか、懐かしい感じのするオカルト・ホラーです。宗教心の無い私ですけど、こういった場合は神様の存在は必要なものなんだな、と思いましたです。原作者の実体験のお話ですよ・・・


Deliver_Us_from_Evil_01

■ NY心霊捜査官 - Deliver Us from Evil - ■
2014年/アメリカ/118分
監督:スコット・デリクソン
脚本:スコット・デリクソン 他
原作:ラルフ・サーキ「エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル」
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン 他
撮影:スコット・キーヴァン
音楽:クリストファー・ヤング

出演:
エリック・バナ(ラルフ・サーキ)
エドガー・ラミレス(ジョー・メンドーサ神父)
オリヴィア・マン(ジェン・サーキ)
ショーン・ハリス(サンティノ)
ジョエル・マクヘイル(バトラー)
クリス・コイ
ドリアン・ミシック
マイク・ヒューストン
オリヴィア・ホートン
ダニエル・サウリ



解説:
霊感を持つ現役のニューヨーク市警巡査部長ラルフ・サーキの手記『エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル』を「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン監督で映画化した異色の実録ホラー・サスペンス。その特殊能力ゆえに不可解な心霊事件に遭遇してしまった主人公が、事件解決のために恐るべき悪霊に立ち向かっていく姿を描く。主演は「ミュンヘン」のエリック・バナ、共演にエドガー・ラミレス、オリヴィア・マン。
(allcinema)

あらすじ:
ニューヨーク市警サーキ刑事は鋭い勘の持ち主で、その週も勘に従いいくつかの事件を受け持った。それは動物園で幼い息子をライオンの檻に投げ込んだ若い母親ジェーンと、自宅で妻へ酷い暴力を振るうDV男の事件だった。一見、なんの関係もないかに見えたこの2つの事件に、ある繋がりを発見したサーキは、ジェーンを心配して現れた教区の神父メンドーサと出会うことにより、自分の不思議な力を知ると共に、これら事件の裏に蠢く巨大な悪の存在と対峙することになる ―


関連記事
スポンサーサイト

『フッテージ』(2012) - Sinister -

Posted by momorex on   0  3

entry-image_353
今度のイーサン・ホークは住宅ローンと目に見えない“何か”にとことん追い詰められる作家役。前半はいいですよー、怖いです。暗ーい家の中でイーサン・ホークがギィっとかギャッっとか驚かされまくり でも後半、彼がビクビクし過ぎて疲れてきたのに平行して“何か”の正体がチラチラ現れ出した頃から失速・・・・・残念なことに。

Sinister_01■フッテージ - Sinister -■
 2012年/アメリカ/110分
 監督:スコット・デリクソン
 脚本:スコット・デリクソン 他
 製作:ジェイソン・ブラム 他
 製作総指揮:スコット・デリクソン 他
 撮影:クリストファー・ノアー
 音楽:クリストファー・ヤング
 出演:イーサン・ホーク(エリソン・オズワルト)
    ジュリエット・ライランス(トレイシー)
    マイケル・ホール・ダダリオ(トレヴァー)
    クレア・フォーリー(アシュリー)
    フレッド・ダルトン・トンプソン(保安官)
    ジェームズ・ランソン(副保安官)
    ヴィンセント・ドノフリオ(教授)

解説:
スランプ中のノンフィクション作家が、執筆のために家族に内緒で惨劇の舞台となった一軒家に引っ越したことから想像を絶する恐怖に見舞われるさまを描いたホラー・サスペンス。主演は「トレーニング デイ」「ビフォア・サンセット」のイーサン・ホーク。監督は「エミリー・ローズ」「地球が静止する日」のスコット・デリクソン。
(allcinema)

あらすじ:
Sinister_11かつてベストセラーを出したノンフィクション作家エリソンは長いスランプに陥っていた。妻子を持ち、家のローンに追われる彼は新作執筆のため、地方にある曰く付きの一軒家に居を移す。その家は未解決の一家首吊り事件が起きた現場であった。早速、調査を開始した彼は屋根裏部屋に置かれた映写機と数本の8ミリフィルムを発見。その内の1本を確認した彼は、その内容が一家首吊り事件の記録映像であることに気づき驚嘆する ―


関連記事

『エミリー・ローズ』(2005) - The Exorcism of Emily Rose -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_134
信じるも、信じないも、あなた次第です

The Exorcism of Emily Rose_000
■エミリー・ローズ - The Exorcism of Emily Rose -■
2005年/アメリカ/120分
監督:スコット・デリクソン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
製作:ポール・ハリス・ボードマン、ボー・フリン
製作総指揮:アンドレ・ラマル、テリー・マッケイ他
撮影:トム・スターン
音楽:クリストファー・ヤング

出演:
ジェニファー・カーペンター(エミリー・ローズ)
ローラ・リニー(エリン・ブルナー弁護士)
トム・ウィルキンソン(ムーア神父)
キャンベル・スコット(イーサン・トマス検事)
コルム・フィオール(カール・ガンダーソン)
ジョシュア・クローズ(ジェイソン)
メアリー・ベス・ハート(ブリュースター判事)
ダンカン・フレイザー(カートライト博士)

解説:
実話を基に、悪魔に取り憑かれてこの世を去った少女の数奇な運命を辿っていくオカルト・ホラー。悪魔祓いによって少女を死なせたとして法廷に立たされた神父と女性弁護士の真実を巡る緊迫の裁判劇を描く。監督は「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」のスコット・デリクソン。出演は「愛についてのキンゼイ・レポート」のローラ・リニーと「エターナル・サンシャイン」のトム・ウィルキンソン。また、新進女優のジェニファー・カーペンターがタイトルロールを熱演。
 (allcinema)

あらすじ:
奨学金が下り、晴れて大学生となったエミリー・ローズ。夢に向かって楽しい学生生活を送っていたある日の夜、焦げ臭い匂いと共に目が覚めたエミリーは、奇妙な現象に襲われる。それ以後、幻覚、幻聴に悩まされ、精神科で治療を受けるも一向によくならず実家に帰される。
両親に相談された地元の神父ムーアは、悪魔憑きだと確信。エクソシスムを行い悪魔を祓おうとするがエミリーは衰弱の後、死亡する-




エクソシスム(悪魔祓い)を題材にした映画作品は1973年から始まる『エクソシスト』シリーズから、最近では『ザ・ライト -エクソシストの真実-(2010)』、モキュメンタリー調の『ラスト・エクソシズム(2010)』などがある。これらのほとんどは、悪魔に憑かれた少女を助けるべく悪魔と戦う神父とその家族の物語になっている。
The Exorcism of Emily Rose_08が、この『エミリー・ローズ』は、悪魔祓いで助けられず少女を死なせてしまった神父が法に基づき訴追され、結果行われた裁判がその主な舞台となっているところで他の作品とは少し違っている。

神-。悪魔-。
その目に見えないが故に人々の信仰と恐怖の対象となっているもの。
神の僕である神父と悪魔の戦いの結果が法廷で裁かれるという、夢と現実を一緒にしたような、ある種、不思議なこの現象は実話に基づいている。

アンネリーゼ・ミシェル事件 (1952-1976)/ドイツ
アンネリーゼは16歳の頃から震えなどの異変が身体に出始め、「てんかん」と診断。薬を処方され暫くは落ち着いていたが、やがて普通のてんかんの症状を逸した症状が出始め、幻覚を見たり、身体を何かに持ち上げられベッドに何度も叩きつけられるような事が起き始める。
The Exorcism of Emily Rose_10薬を飲んでも治まらず、やがて虫を食べるようにもなり、自傷行為が酷くなる。とても本人の声とは思えない声で汚い言葉を吐いたり、彼女が知りもしないラテン語を喋るようにもなった。彼女は自分が悪魔に取り憑かれたのだと考えた。
両親が教会に悪魔祓いを依頼するが拒まれ、1975年、22歳の時にようやく悪魔祓いの許可が出る。カトリックのエルンスト・アルト司祭(41歳)とアーノルト・レンツ(67歳)がエクソシズム(悪魔祓い)を行う。司祭が「お前は誰だ?」と心に思うと、悪魔は返事をし、名を名乗った。アンネリーゼにはなんと6体もの悪魔が取り憑いていた。この際の肉声テープも存在する。
Wiki:アンネリーゼ・ミシェル


上記、アンネリーゼの悪魔に取り憑かれた様子は映画『エクソシスト』のリーガンのようだ。
本作でのエミリーの様子は、裁判で両親の、友人の、被告ムーア神父の証言という形で詳細に語られていく。
The Exorcism of Emily Rose_01最初は、学生寮の自分の部屋で焦げ臭い匂いがして夜中の3時に目が覚めた彼女(「夜中の3時」には意味があり、キリストが絶命した昼の3時の対角であることから悪魔の行動が活発になる時間ということらしい)。火事かと思い廊下に出るが何事もない。しかし人のいない廊下に不気味なものを覚え慌てて部屋に戻る。が、異変はさらに続く。テーブルの上にあるものが勝手に縁まで移動し床に落ちびっくりしているところに、ベッドに何者かが乗ってくる。さらには身体の上に目に見えぬものが乗りかかり首を絞めてくる-。
こうして始まった不気味な現象は、幻覚、幻聴までも伴い、見えない何かの強力な力のせいなのか身体が硬直しあらぬ方向へと折れ曲がる。精神科で検査し投薬を受けるが直ることはなく、実家に戻ることになったエミリー。
しかしますますひどくなる病状に、敬虔なカトリック信者である両親は神父に相談。様子を見に来たムーア神父と両親はエミリーが悪魔に憑かれているとの判断を下すのだった。

  


The Exorcism of Emily Rose_05過失致死で訴追されたムーア神父を弁護するのは弁護士エリン・ブルナー。野心家でやり手のブルナーは、つい最近も殺人を犯して死刑になっておかしくないほどの人間を無罪に持ち込んでいる。今回の件も神父を弁護することで世間の注目を浴び、名声を得ることも目的の一つとして弁護を引き受けた。彼女自身は神を信じてはいない。

ところで、神を信じないということは悪魔も信じない、という事になる。反対に悪魔の存在を知らしめる、という事は同時に神の存在を信用したことになる。今回の裁判ではここが重要なポイントになってくる。
あくまでもエミリーは精神疾患であり、服薬を止め病状を悪化させ死に至らしめた事を追求してくる検事側。対する弁護士ブルナーは、被告人が悪魔祓いを行ったことを正当化するため「悪魔の存在」を証明することが必要になってくる。
神も悪魔も信じないブルナー。しかし裁判が進むにつれ、夜中の3時に目が覚めるようになり、誰もいないはずの自分の部屋に得体の知れない何かの影が横切る。そして散歩に出た時にたまたま拾ったペンダントに自分のイニシャルを発見したブルナーは、少しずつ神についての心情が変化していく。

裁判が進み、次々に明かされるエミリーの状態。証拠物件として提出されたレコーダーには、悪魔祓いの様子がそのまま録音されていた。
 「お前の名を名乗れ!」
   1・2・3・4・5・6・・
 「神のもとに、名乗ることを命ずる!」
   カイン(アダムとエヴァの息子。弟のアベルを殺し、人類最初の殺人者とされる。)
   ネロ(キリスト教徒を迫害し、後世、「暴君」と評されたローマ皇帝)
   ユダ(十二使徒のひとり。キリストを裏切った。)
   レギオンの一人(悪霊)
   ベリアル(よこしまな者)
   ルシファー(堕天してサタンとなったとされる地獄の王)

The Exorcism of Emily Rose_04ヘブライ語、ラテン語、アラム語など古代の言葉を操り口汚くののしるエミリーは、とうとう6人の悪魔の名を叫ぶ。しかし同時に、これらの名は普通の学生であれば知識として知っている名であり、各種の古代語もエミリーは高校、大学で授業をとっていたと検事が明かす。
エミリーの手足に現れたのは聖痕(スティグマータ)であったと証言する神父に、それは暴れた時、または自傷行為によって付いた傷だと反撃する検事。

  


両親、神父、友人、精神科医、弁護士、検事..。
それぞれの立場から観察する対象エミリー。それは愛する娘であり、迷える子羊であり、患者であり、被害者である者。エミリーは亡くなった。どうして亡くなったのかを語りたいために神父はこの裁判に臨んだ。どちらにせよエミリーは帰っては来ない。今回の一件で救われたのは、いったい誰であったのだろうか?それは最後に枕でゆっくり眠ることが出来るようになった人であろう。

恐れおののいて 自分の救いを達成しなさい
  -ピリピ2章12-18節- 


 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。