QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013) - Grand Piano -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_452
イライジャ・ウッドっていうことだけで借りてみた。なんとなく『マニアック』的なものをを想像してたんだけど、やっぱり違ってた。普通のサスペンス・スリラーで、これなら『フォーン・ブース』の方がよっぽど面白い。悪役は今回もジョン・キューザック。


Grand_Piano_00

■ グランドピアノ 狙われた黒鍵 - Grand Piano - ■
2013年/スペイン・アメリカ/91分
監督:エウヘニオ・ミラ
脚本:デイミアン・チャゼル
製作:アドリアン・ゲラ 他
製作総指揮:ヌリア・バルス 他
撮影:ウナクス・メンディア
音楽:ビクトル・レイェス

出演:
イライジャ・ウッド(トム・セルズニック)
ケリー・ビシェ(エマ・セルズニック)
ジョン・キューザック(スナイパー)
タムシン・エガートン
アレン・リーチ
ドン・マクマナス
アレックス・ウィンター
ディー・ウォーレス



解説:
「[リミット]」のロドリゴ・コルテスが製作を務め、イライジャ・ウッドが演奏中に何者かに命を狙われる天才ピアニストを演じるスペイン・アメリカ合作のシチュエーション・スリラー。共演はジョン・キューザック。監督は、本作に登場する『ラ・シンケッテ』の作曲も手がけるなど音楽家としても活躍し、これが長編3作目となるエウヘニオ・ミラ。


あらすじ:
若き天才ピアニストのトム・セルズニック。あるトラウマを乗り越え、恩師パトリック・ゴーダルーの追悼コンサートで5年ぶりのステージに立つことに。そこに用意されていたのは、恩師が遺した最高級のグランドピアノ。ところが、トムは演奏を始めると、譜面に書かれた“1音でも間違えるとお前を殺す”という謎のメッセージに気づく。しかもそれは冗談などではなく、姿なきスナイパーの照準はしっかりとトムを捉えていた。動揺しながらも演奏を続け、やがて犯人に命じられるまま『ラ・シンケッテ』に挑むトム。しかしその曲は、パトリックとトム以外に演奏できる者はいないと言われ、彼のトラウマの原因ともなった難曲中の難曲だった ―

(allcinema)



関連記事
スポンサーサイト

『コレクター』(2012) - The Factory -

Posted by momorex on   0  2

entry-image_361
サイコな誘拐監禁殺人鬼と事件そのものよりも、家族より恋人との関係を大事にし始めた17歳の娘とうまく心を通わせることが出来ない両親の関係に重きを置いた作品。子供を無理矢理産ませて疑似家族を作ろうとしたこの事件は実話です(ヒエ~

The_Factory_00■コレクター - The Factory -■
 2012年/アメリカ/104分
 監督:モーガン・オニール
 脚本:モーガン・オニール 他
 製作:ジョエル・シルヴァー 他
 製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ 他
 撮影:クレイマー・モーゲンソー
 音楽:マーク・アイシャム
 出演:ジョン・キューザック(マイク・フレッチャー)
    ジェニファー・カーペンター(ケルシー)
    ダラス・ロバーツ(カール・ジュモー)
    メイ・ホイットマン(アビー・フレッチャー)
    ソーニャ・ヴァルゲル(シェリー・フレッチャー)
    マゲイナ・トーヴァ(ブリタニー)
    キャサリン・ウォーターストン(ローレン)
    ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ(ダリル)

解説:
「1408号室」「推理作家ポー 最期の5日間」のジョン・キューザックが、シリアル・キラーに娘を誘拐された刑事を演じるサイコ・スリラー。共演はジェニファー・カーペンター、ダラス・ロバーツ、メイ・ホイットマン。監督は俳優としても活動するオーストラリア出身のモーガン・オニール。
(allcinema)

あらすじ:
ニューヨーク州バッファロー。数年にわたり起きている連続娼婦失踪事件を捜査しているマイクとケルシー。上司から捜査終了を告げられたタイミングで、マイクの娘アビーが同様の手口で娼婦と間違われて連れ去られたことが発覚する ―


関連記事

『ペーパーボーイ 真夏の引力』(2012) - The Paperboy -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_352
冤罪疑惑のある警官殺し死刑囚、それを暴こうとする記者と死刑囚の獄中婚約者。これを手伝っていた青年は、答えの無い大人の世界を垣間見る― この映画で一番驚いたのは一見、娼婦まがいのやさぐれた女を演じたニコール・キッドマンと、すっごく気持ち悪い中年男を演じたジョン・キューザック。最近、彼はこっち方面に行ってるな・・・

The_Paperboy_04■ペーパーボーイ 真夏の引力 - The Paperboy -■
 2012年/アメリカ/101分
 監督:リー・ダニエルズ
 脚本:ピート・デクスター、リー・ダニエルズ
 原作:ピート・デクスター「ペーパーボーイ」
 製作:リー・ダニエルズ 他
 製作総指揮:マイケル・ベナローヤ
 撮影:ロベルト・シェイファー
 音楽:マリオ・グリゴロフ
 出演:ザック・エフロン(ジャック)
    マシュー・マコノヒー(ウォード)
    ニコール・キッドマン(シャーロット)
    ジョン・キューザック(ヒラリー)
    デヴィッド・オイェロウォ(ヤードリー)
    スコット・グレン(W.W)
    メイシー・グレイ(アニタ)

解説:
ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックら豪華俳優陣による鬼気迫る怪演が話題を集めた異色ミステリー。ピート・デクスターの同名ベストセラーを「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督が映画化。1960年代末期のアメリカ南部を舞台に、ひとつの冤罪疑惑を巡って、社会の闇と関係者たちの心に潜む狂気が露わとなっていくさまを、鬱屈した青春を送る青年の目を通して描き出す。
(allcinema)

あらすじ:
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。父親が発行するローカル新聞を配達する青年ジャック。ある日、大手新聞社に勤める兄ウォードが、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするため同僚を伴って帰省する。既に犯人のヒラリーは死刑が確定しているが冤罪の可能性があると言う。ヒラリーと獄中婚約をした美女シャーロットも訪れ、早速関係者への取材が始まるが ―


関連記事

『マルコヴィッチの穴』(1999) - Being John Malkovich -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_336
前半はコメディなんですよ。だって7と1/2階にある天井の低いフロアで皆、普通に働いてるんですよ?それにマルコヴィッチへ続く穴。単純に笑える。けれども後半は「え?ホントにこれでいいの?」となり、観終わった後、脱力して虚無感に襲われる。そんな映画です。

Being_John_Malkovich_05■マルコヴィッチの穴 - Being John Malkovich -■
 1999年/アメリカ/112分
 監督:スパイク・ジョーンズ
 脚本:チャーリー・カウフマン
 製作:マイケル・スタイプ 他
 製作総指揮:チャーリー・カウフマン 他
 撮影:ランス・アコード
 音楽:カーター・バーウェル
 出演:ジョン・キューザック(クレイグ・シュワルツ)
    キャメロン・ディアス(ロッテ・シュワルツ)
    キャサリン・キーナー(マキシン)
    ジョン・マルコヴィッチ(本人)
    オーソン・ビーン(レスター社長)
    メアリー・ケイ・プレイス(フロリス)
    チャーリー・シーン
    ショーン・ペン
    ブラッド・ピット

解説:
スパイク・ジョーンズの長編デビュー作で、“俳優ジョン・マルコヴィッチ”の頭へとつながる穴を巡る不条理コメディ。
(allcinema)

あらすじ:
ニューヨーク。売れない人形遣いのクレイグは妻ロッテにせかされて、ようやく定職に就くことに。マンハッタンにあるビルの7 1/2階にあるレスター社で書類整理を始めた彼は、ある日、資料室で小さな扉を発見。その扉の向こうには有名俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中に続くトンネルがあった ―


関連記事

『フローズン・グラウンド』(2013) - The Frozen Ground -

Posted by momorex on   4  3

entry-image_333
今度のニコラス・ケイジは“タフな良き人”刑事バージョン。対するジョン・キューザックは一見地味な中年だけど、実は連続殺人鬼という役どころ。刑事のケイジが心のねじ曲がったキューザックを追い詰めていく様子が見どころだけど、ドンパチも無い、爆発も無い、刑事の地味な捜査で突破口を開く様は、観ていて案外感動する。ぁっ、これは実話です。

The_Frozen_Ground_00■フローズン・グラウンド - The Frozen Ground -■
 2013年/アメリカ/105分
 監督:スコット・ウォーカー
 脚本:スコット・ウォーカー
 製作:マーク・オーデスキー 他
 製作総指揮:ジョージ・ファーラ 他
 撮影:パトリック・ムルギア
 音楽:ローン・バルフェ
 出演:ニコラス・ケイジ(ジャック・ハルコム)
    ジョン・キューザック(ロバート・ハンセン)
    ヴァネッサ・ハジェンズ(シンディ)
    ディーン・ノリス(ホーグスベン巡査部長)
    ラダ・ミッチェル(アリー・ハルコム)
    50セント(クレイト)

解説:
凍てつく冬のアラスカを舞台に、80年代に全米を震撼させた実在の連続猟奇殺人犯とその逮捕に執念を燃やす地元警察官の息詰まる攻防を描いたクライム・サスペンス。主演はニコラス・ケイジとジョン・キューザック、共演にヴァネッサ・アン・ハジェンズ。監督は本作が長編デビューのスコット・ウォーカー。
(allcinema)

あらすじ:
1983年、冬のアラスカ。モーテルで拘束され半狂乱の娼婦シンディが警察に保護される。彼女は客に暴行を受けた上、殺されそうになったと訴えた。だが、その客ボブ・ハンセンはベーカリーを営む模範的な市民であったため、市警は簡単な捜査で終わらせて事件化を見送る。同じ頃、身元不明の女性の遺体が次々と発見され、州警察のハルコムはシンディの件と関わりがあるのではと疑いを持ち始めるが ―


関連記事

『推理作家ポー 最期の5日間』(2012) - The Raven -

Posted by momorex on   0  0

文筆業のみを生業としたアメリカ初の作家エドガー・アラン・ポー。その死の真相は謎に包まれており、死因とそれにいたる経過は26もの説があるとされているが、本作では亡くなるまでの最期の5日間を愛のために生きた男としてポーを描く。切り裂きジャックを題材にした『フロム・ヘル(2001/ジョニー・デップ主演)』に似た雰囲気を持つ本作は、子供の頃読んだシャーロック・ホームズなどの懐かしい推理小説を思い出させた。

The Raven_002
■推理作家ポー 最期の5日間 - The Raven -■
 2012年/アメリカ/110分
 監督 :ジェームズ・マクティーグ
 脚本 :ハンナ・シェイクスピア、ベン・リヴィングストン
 製作 :アーロン・ライダー他
 製作総指揮:グレン・バスナー他
 撮影 :ダニー・ルールマン
 音楽 :ルーカス・ビダル
 出演 :ジョン・キューザック(エドガー・アラン・ポー)
     ルーク・エヴァンス(フィールズ刑事)
     アリス・イヴ(エミリー・ハミルトン)
     ブレンダン・グリーソン(ハミルトン大尉)
     ケヴィン・マクナリー(マドックス編集長)
     オリヴァー・ジャクソン=コーエン(カントレル巡査)
     サム・ヘイゼルダイン(アイヴァン)

解説:
世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったその死には今なお多くの謎が残され、様々な議論の的となっている。本作はそんなポーの謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、彼が自身の小説を模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていたという大胆な着想で描くゴシック・テイストのサスペンス・ミステリー。主演は「ハイ・フィデリティ」「1408号室」のジョン・キューザック、共演にルーク・エヴァンス、アリス・イヴ。監督は「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ。

あらすじ:
1849年、アメリカ合衆国ボルティモア。ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。現場に駆けつけたフィールズ刑事は、それが数年前に出版されたエドガー・アラン・ポーの推理小説『モルグ街の殺人』の模倣であることに気づく。ほどなく第2の模倣殺人が起こり、フィールズ刑事はポーに捜査への協力を要請。ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリーが、彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。しかも犯人はポーに対し、一連の事件を小説にして新聞に掲載すれば、今後出てくる死体にエミリーの居場所のヒントを残してあげようと戦慄の挑戦状も用意していた。為す術なく、犯人の要求に従い原稿を書くポーだったが-
 (allcinema)




アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴。警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められた上、煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは鍵が中からかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人。警官が到着するまで中にいた犯人はいったいどこへ?


The Raven_032以上はポー1841年発表の短編推理小説「モルグ街の殺人」の冒頭だ。
密室殺人を扱った最初の推理小説とも言われている「モルグ街の殺人」ではこの謎を追うのは素人探偵C・オーギュスト・デュパンだが、本作ではフィールズ刑事が担当する。どこかで読んだような事件だと気付いたフィールズは、それがエドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」であることに気付く。さっそくポーを引っ立て尋問しようとするも、当のポーは飲んだくれのへべれけだった..。しかしこの殺人事件は始まりに過ぎず、ポーを相手に困惑するフィールズの元へ第2の事件の報告が入る。

The Pit and the Pendulum睡魔に襲われた語り手が再び気を失い、また意識を取り戻すと、牢獄内にはわずかに明かりがともって周囲が見渡せるようになっていたが、しかし語り手は木の台に仰向けに縛り付けられてほとんど身動きが取れなくなっていた。
語り手の頭上には「時の翁」を描いた天井画があったが、しかしよく見ると普通「時の翁」が持っているはずの大鎌がなく、その代わりに先が鎌の形になった巨大な振り子を吊るしていた。そして振り子は前後に振幅しながら、縛り付けられている語り手の心臓めがけてゆっくりと降りてきた。

落とし穴と振り子



The Raven_037第2の殺人はますます猟奇性を帯び、またもやポーの作品「落とし穴と振り子」を模したものであったことから、フィールズは一転、ポーに捜査協力を依頼する。
この被害者には奇妙な赤い面が被せられており、その内側に「われわれ人間は夢と同じもので織りなされている」という一文が。この文がシェイクスピア作「テンペスト」に登場する魔法使いプロスペローの台詞だと分かったポー。そしてプロスペローとは自身の作品「赤死病の仮面」に登場する王の名であることから、次の惨劇の場所は舞踏会であると推理。折しもポーの秘密の恋人エミリーの父親ハミルトン大尉が開く、年に一度の仮面舞踏会が開かれようとしていた。

The Raven_022事情を説明しハミルトン大尉に舞踏会の中止を願い出たフィールズとポーだったが、舞踏会は予定通り開催。多くの警備員や警官も仮面を付け客の間に紛れたが、そこへ馬に乗った男が乱入、会場は騒然となる。
男を取り押さえ、これで一件落着と思いきや、男は犯人に雇われた陽動作戦のためのもの。その騒ぎの間にポーの大事な恋人エミリーがさらわれた。エミリーの行方と犯人を必死で追う2人を笑うかのように、ポーの作品を模したかのような殺人もやまない。その現場に残される犯人からのメッセージを頼りに、エミリーを探すポーと警察であったが-




本作は上の3作品の他にも「マリー・ロジェの謎」「ヴァルドマアル氏の病症の真相」「アモンティリヤアドの酒樽」「早すぎた埋葬」「黒猫」など多くのポーの作品が絡められ、それは新たなる殺人であったり、犯人の残した手がかりであったりしながら物語が進んでいき、犯人とエミリーに近づいていく。(Wiki:エドガー・アラン・ポー

The Raven_020エドガー・アラン・ポーは残された肖像画や逸話などから、神経質で随分ひねくれた変わり者の印象があるが、これらはポーが亡くなった後、ポーのライバルによる印象操作であったらしく、実際は人々に愛された心優しい男であったということだ。
本作でのポーはというと、飲んだくれの酒浸りな情けない男として登場するが、それは愛妻を亡くし悲しみのどん底からなかなか抜けられない様子を描いている。しかし新しい恋人エミリーの存在により、少しずつ上向こうとするポー。そこに起きたエミリーの誘拐は、ポーの生命の源を抜き取られたと同じで、ポーは命をかけて犯人を追い詰め、エミリー救出に全力をかける。

タイトル通り、これはポーの「最期の5日間」の話であり死ぬ運命は変えられないが、ポーの死の謎で言われているような“受動的”な死ではなく、愛する者のための“能動的”な死であったことが唯一の救いであったかもしれない。本作を観終わった後は、今まで感じてきた“陰鬱な男ポー”のイメージが“愛に生きた男ポー”に変わるのを実感できるかも。

VirginiaPoe原題は『The Raven』。1845年に発表されたポーの物語詩であり、意味は“大鴉(おおがらす:北半球に分布するワタリガラスの一種)”。詩の内容はWikiで確認してもらうとして、ポーはこの詩「大鴉」で有名になり人々にその名を広く知られるようになった。あらゆるところで掲載、模倣され、ポーに「大鴉」というニックネームさえ付いた。
ポーのそれまで発表された短編などは、特にヨーロッパでも大人気でポーの名を有名にしていたが、当時は著作権という観念が今ほど無く、自由勝手に何度も掲載、出版されていたためポーに印税などのお金は入らなく、ポーはいつもいつも極貧生活だった。
 -そして1847年、最愛の妻ヴァージニアが亡くなる。

本作になぜこのタイトル『大鴉』を付けたのか。
作中、大鴉が唯一しゃべる「Nevermore(二度とない)」という言葉。ポーは愛する恋人エミリーが出来た後も、結局は人生に全く希望を持てない様子で、全てになげやりにさえ見える。ポーの幸せはヴァージニアと共に去り、もう幸せは「Nevermore(二度とない)」。そして人のために自分の命を差し出したポーは二度と帰らない人となった。
ではまた

The Raven_01s

エドガー・アラン・ポーについてはこちらの記事もご参照ください。→『世にも怪奇な物語』






にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogramのブログランキング

関連記事

『“アイデンティティー”』(2003) - Identity -

Posted by momorex on   2  0

ここに集まったのではない。 ここに集められたのだ。



■“アイデンティティー” -Identity -■ 2003年/アメリカ/90分
 監督:ジェームズ・マンゴールド
 脚本:マイケル・クーニー
 製作:キャシー・コンラッド
 製作総指揮:スチュアート・ベッサー
 音楽:アラン・シルヴェストリ
 撮影:フェドン・パパマイケル
 出演:ジョン・キューザック(エド)
    アマンダ・ピート(パリス)
    ジョン・ホークス(ライリー)
    ジョン・C・マッギンリー(ジョージ・ヨーク)
    レイラ・ケンズル(アリス・ヨーク)
    ブレット・ローア(ティミー・ヨーク)
    レベッカ・デモーネイ(カロライン)
    ウィリアム・リー・スロット(ルー)
    クレア・デュヴァル(ジニー)
    レイ・リオッタ(ロード)
    ジェイク・ビジー(ロバート・メイン)
    アルフレッド・モリーナ(マリック医師)
    プルイット・テイラー・ヴィンス(マルコム・リバース)


解説:
嵐の夜、一軒のモーテルで身動きのとれない11人の男女が一人ずつ謎の死を遂げていく恐怖をミステリアスに描いたサイコ・スリラー。監督は「17歳のカルテ」「ニューヨークの恋人」のジェームズ・マンゴールド。巧みなストーリー展開と驚きの結末が評判となり全米でスマッシュ・ヒットを記録した。
(allcinema)

あらすじ:
identity_02雷鳴とどろくひどい嵐の夜。洪水により道路が寸断され、行き場の無くなった10人の男女が寂れたモーテルにたどり着いた。電話は通じず、10人には連続殺人を犯した護送途中の囚人も含まれ、モーテルに不穏な空気が漂う。
そんな中、10人のうちの1人である女優の惨殺死体が発見され、モーテルは一気にパニックに陥る。犯人は自分達の1人なのか?それとも外部の何者かなのか?
囚人が逃げたことを知り、それを追う護送警官と、元警官。
-そして第二の殺人が起きた



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。