QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デッド/エンド』(2013) - Scenic Route -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_419
熱く夢を追い求めていたあの頃。それから何年も経ち、平凡に埋没した男と形を変えて青春を続けている男が久し振りに再会する。互いの理想と現実が合わせ鏡のように対峙した時、爆発する本音。キャッチコピーの『激突!』『ヒッチャー』『ブレーキダウン』はちと違うと思うけど、ありきたりの中盤に負けない面白いラストが待っていた。主演は意外なことに『トランスフォーマー』の男前レノックス大尉。

Scenic_Route_00■デッド/エンド - Scenic Route -■
2013年/カナダ/86分
監督:ケヴィン・ゴーツ、マイケル・ゴーツ
脚本:カイル・キレン
製作:ブライオン・ハンベル 他
製作総指揮:ジョシュ・デュアメル 他
撮影:ショーン・オディー
音楽:マイケル・アイジンガー
出演:ジョシュ・デュアメル(ミッチェル)
   ダン・フォグラー(カーター)
   ピーター・マイケル・ゴーツ
   クリスティ・バーソン
   ミラクル・ローリー

解説:
『激突!』『ヒッチャー』『ブレーキダウン』に続く、戦慄のロード・スリラー。
(Oricon)

あらすじ:
学生時代の親友2人が旅に出る。2人はミュージシャンを目指していたが、いつの間にか違う道を歩んでおり疎遠になっていた。そんな2人が久し振りに再会し、アメリカの広大な砂漠で車を走らせていたが、途中で車が故障、立ち往生してしまい ―


関連記事
スポンサーサイト

『ムービー43』(2013) - Movie 43 -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_311
「コメディ」カテゴリが無いからどこに入れようか迷ったけれど、結局「ホラー」に入れた 下品コメディがちょっと苦手な自分ですが、(ちょい理解出来ない部分を除いて)プッと時々笑えて結構面白かった。あれだけ、下品、最低、お下劣とあおられれば観たくなりますよねー。なんでも果敢に挑戦することは大事だなー。

Movie43_02
■ムービー43 - Movie 43 -■ 2013年/アメリカ/94分
製作:チャールズ・B・ウェスラー、ピーター・ファレリー 他
製作総指揮:ティム・ウィリアムズ、タッカー・トゥーリー 他

監督:
スティーヴン・ブリル、ピーター・ファレリー、ウィル・グレアム、スティーヴ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・ヴァン・タルケン、エリザベス・バンクス、パトリック・フォーシュベリ、ブレット・ラトナー、ラスティ・カンデッフ、ジェームズ・ガン
出演:
エリザベス・バンクス、クリステン・ベル、ハル・ベリー、レスリー・ビブ、ケイト・ボスワース、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、アンナ・ファリス、リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、ジャスティン・ロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、リーヴ・シュレイバー、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サーマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、キーラン・カルキン、デニス・クエイド、セス・マクファーレン、グレッグ・キニア

解説:
Movie43_17「メリーに首ったけ」のピーター・ファレリーが企画し、ハル・ベリー、ヒュー・ジャックマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、リチャード・ギアはじめ錚々たるハリウッド・スターが出演しながら、全米ではその出来の酷さからほとんど話題になることもなく、ひっそりと公開されて大コケし、世紀の失敗作となってしまったオムニバス・おバカ・コメディ。オープニングを含めた全12編のお下劣エピソードが、驚きの豪華キャストと下品な下ネタ・ギャグ満載で描かれていく。
(allcinema)

あらすじ:
大物プロデューサーのグリフィンのところに無理矢理押しかけた売れない脚本家チャーリー。「絶対に大ヒット間違いなし!」と売り込みをかけた彼の脚本には、とんでもないネタが詰め込まれていた ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。