QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこうみた!『複製された男』(2013) - Enemy -

Posted by momorex on   8  5

entry-image_483
ぅわわ、久し振りに出ましたよー。まさか、こんな作品とは!何かの陰謀なのか?エイリアンによる侵略なのか?さぁ、どうでしょーねー。今回は自分なりにオチをつけましたので、後半はネタバレ全開になっていると思います。未見の方はお気をつけを


Enemy_02-3

■ 複製された男 - Enemy - ■
2013年/カナダ・スペイン/90分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ハビエル・グヨン
原作:ジョゼ・サラマーゴ「複製された男」
製作:ニヴ・フィッチマン 他
製作総指揮:フランソワ・イヴェルネル 他
撮影:ニコラ・ボルデュク
音楽:ダニー・ベンジー 他

出演:
ジェイク・ギレンホール(アダム/アンソニー)
メラニー・ロラン(メアリー)
サラ・ガドン(ヘレン)
イザベラ・ロッセリーニ(キャロライン)
ケダー・ブラウン(警備員)
ミシャ・ハイステッド(暗室の女性)
メーガン・メイン(暗室の女性)
アレクシス・ウイガ(暗室の女性)



解説:
「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」でタッグを組んだジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしまい、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ。
(allcinema)

あらすじ:
大学の歴史講師アダムは借りて観た映画に自分とそっくりな男が出演しているのを見つける。驚きのあまり瓜二つなその俳優アンソニーについて調べ始めたアダムは、彼の連絡先を入手、連絡を取り会うことになる。顔や体型だけで無く、身体の傷跡までもが同じもう1人の自分に恐怖を感じたアダムは逃げ帰るが、アンソニーは彼に興味を持ち、アダムの恋人に目を付ける ―


関連記事
スポンサーサイト

『モスダイアリー』(2011) - The Moth Diaries -

Posted by momorex on   2  2

entry-image_294
けだるい美少女学園もの?・・違う。ヴァンパイア?・・違う。ぃゃ、確かに美少女が登場するヴァンパイアものらしいのだが、なーんか中途半端。美少女学園ものに必要な、ありがちな事は全部入れてあるのだけれど、時代が現代だからなのか、ミステリアスさが足りなくて、とても「ゴシック」ホラーとは呼べない。・・ぅ~ん・・・

The Moth Diaries_00■モスダイアリー - The Moth Diaries -■
 2011年/カナダ・アイルランド/82分
 監督:メアリー・ハロン
 脚本:メアリー・ハロン
 製作:カリン・マーティン 他
 製作総指揮:ノートン・ヘリック 他
 撮影:デクラン・クイン
 音楽:レスリー・バーバー
 出演:サラ・ボルジャー(レベッカ)
    リリー・コール(エネッサ)
    サラ・ガドン(ルーシー)
    スコット・スピードマン(デイビス先生)
    ジュディ・パーフィット
    ヴァレリー・ティアン
    メリッサ・ファーマン
    アンヌ・デイ=ジョーンズ
    ジュリアン・ケイシー

解説:
 「アメリカン・サイコ」のメアリー・ハロン監督が女子寄宿学校を舞台に、謎めいた転校生の登場によって親友との仲を引き裂かれていく思春期の少女の危うい心模様を、ゴシック・ホラーの要素を織り交ぜ、耽美的に綴った美少女ミステリー・ドラマ。出演は「Dr.パルナサスの鏡」のリリー・コール、「危険なメソッド」のサラ・ガドン、「スパイダーウィックの謎」のサラ・ボルジャー。
 (allcinema)

あらすじ:
父親自殺後、寄宿学校で学園生活を送るレベッカ。唯一の慰めは親友ルーシーの存在だったが、転校生エネッサとルーシーが仲良くなるに付け、孤独を感じていた。そんな中、学園内で自殺や事故など不可解な事件が起き始め、レベッカはエネッサへの嫉妬心も手伝って、全ての原因は彼女にあると訴えるが ―



関連記事

『コズモポリス』(2012) - Cosmopolis -

Posted by momorex on   4  0

entry-image_275
ぅわー・・・何を言おうとしているの・・・と思わずつぶやいてしまうストーリー。会話が多くてまるでデヴィッド・リンチ作品みたいと思いながら必死に話を追いかけるが、難しい。でも最後、ラストの主役エリックの表情から全て読み解けた「気が」した。睡魔と戦ってぜひ最後まで観て欲しい。

Cosmopolis_01

■コズモポリス - Cosmopolis -■
 2012年/フランス・カナダ/110分
 監督 :デヴィッド・クローネンバーグ
 脚本 :デヴィッド・クローネンバーグ
 原作 :ドン・デリーロ「コズモポリス」
 製作 :パウロ・ブランコ 他
 製作総指揮:Edouard Carmignac 他
 撮影 :ピーター・サシツキー
 音楽 :ハワード・ショア
 出演 :ロバート・パティンソン(エリック・パッカー)
     ジュリエット・ビノシュ(ディディ・ファンチャー)
     サラ・ガドン(エリーズ・シフリン)
     マチュー・アマルリック(アンドレ・ベトレスク)
     ジェイ・バルシェル(シェイナー)
     ケヴィン・デュランド(トーヴァル)
     ケイナーン(ブラザ・フェズ)
     エミリー・ハンプシャー(ジェイン・メルマン)
     サマンサ・モートン(ヴィジャ・キンスキー)
     ポール・ジアマッティ(ベノ・レヴィン)

解説:
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、アメリカ文学を代表する巨匠ドン・デリーロの同名小説を、主演に「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンを迎えて映画化した文芸サスペンス。金融界で時代の寵児となった青年を主人公に、その栄光からの転落を、彼がオフィス代わりにするハイテクリムジンの中を主な舞台に観念的かつスリリングに描き出す。


あらすじ:
ハイテク装備のリムジンをオフィス代わりに、国際情勢をチェックしては相場を的確に予見、若くして巨万の富を築き上げた青年、エリック・パッカー。ところが、そんなあらゆるものを手に入れた資本主義の申し子を、不穏な運命が待ち受けていた。その日、大統領のニューヨーク訪問を前に、街では大勢の市民がデモに繰り出し、床屋に向かったエリックのリムジンはなかなか目的地にたどり着けない。そんな中、人民元取引で壊滅的な損失を出したエリックの運命の歯車は大きく狂い始めるが-
 (allcinema)

関連記事

『アンチヴァイラル』(2012) - Antiviral -

Posted by momorex on   6  0

entry-image_262
え?他人が罹った病気のウイルスが売っている?それを買ってどうする?抗ウイルス剤でも作るのか?って、高いお金を出してそのまま自分に注射しているーー!どうしてもこれが理解できなくて、途中まで話が分からなかった。監督がデヴィッド・クローネンバーグの息子だって。はは~ん

Antiviral_00■アンチヴァイラル - Antiviral -■ 2012年/アメリカ/108分
 監督 :ブランドン・クローネンバーグ
 脚本 :ブランドン・クローネンバーグ
 製作 :ニヴ・フィッチマン
 製作総指揮:マーク・スローン 他
 撮影 :カリム・ハッセン
 音楽 :E・C・ウッドリー
 出演 :ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(シド)
     サラ・ガドン(ハンナ)
     マルコム・マクダウェル
     ダグラス・スミス
     ジョー・ピングー
     ニコラス・キャンベル
     シーラ・マッカーシー
     ウェンディ・クルーソン

解説:
鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督を父に持つブランドン・クローネンバーグの記念すべき長編デビュー作。セレブが感染したウイルスを自らの体内に取り込むマニア向け医療サービスが行われている近未来を舞台に、希少ウイルスの横流しを企んだ男が巻き込まれた戦慄の陰謀の行方を、シュールかつグロテスクなヴィジュアルとともにミステリアスに綴る。主演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。
 (allcinema)

あらすじ:
セレブから採取したウイルスの売買がビジネスになっている近未来。そのサービスを行うクリニックに勤めるシドは人気の高いウイルスを自らの身体に打ち、外部に持ち出して闇市場に横流しをしていた。ある日、セレブ中のセレブ、究極の美女ハンナのウイルスを自分に打ち持ち出すが、その後、ハンナが急死。そのウイルスは致死性の高いものだと判明する-


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。