QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モーガン・ブラザーズ』(2013) - 100 Bloody Acres -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_498
「ぼんくら」という言葉しか浮かばない登場人物の面々・・・。ぼんくらをいかに面白くホラーで見せるのかがキモな作品のはずなのに、ちょっと途中かったるい。おバカさ加減がしつこくて、お兄ちゃんの秘密もやり過ぎで引いちまった。シッチェスにしてはあんまりだったかなー

関連記事
スポンサーサイト

『ブラッディナイト 聖し血の夜』(1974) - Silent Night, Bloody Night -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_486
なんかふざけたタイトルからサンタ殺人鬼みたいなモノを想像していたら、全く違いましたよ、お客さん(また)。この作品は不遇な取り扱いをされていたらしくて、傷だらけのフィルムをとにかく助けるためにDVD化されたサスペンス・ホラー作品。もの悲しい内容にフィルムの傷が似合っているとも言えて、独特の雰囲気を醸し出している。物語も面白くてこのままでは勿体ない。雰囲気を損なわないようにしつつ誰かリメイクしてくれないかなー


silent-night-bloody-night_02-2

■ ブラッディナイト 聖し血の夜 - Silent Night, Bloody Night - ■
1974年/アメリカ/87分
監督:セオドア・ガーシュニー
脚本:セオドア・ガーシュニー 他
原案:ジェフリー・コンヴィッツ 他
製作:ジェフリー・コンヴィッツ 他
撮影:アダム・ギファード
音楽:ガーション・キングズリー

出演:
パトリック・オニール
ジョン・キャラダイン
ジェームズ・パターソン
メアリー・ウォロノフ
ウォルター・エイブル
アストリッド・ヒーリン



解説:
マサチューセッツの小さな町にたたずむ謎の屋敷“バトラー・ハウス”。この屋敷を巡って繰り広げられる血で血を洗う惨劇を描いたオカルト・ホラー。共同で原作・脚本・製作を担当しているのは「センチネル」の原作者ジェフリー・コンヴィッツ。オリジナルは90分。
(allcinema)

あらすじ:
マサチューセッツ州の小さな町で、前の主であるバトラー氏が焼死した大きな屋敷バトラー邸が20年の時を経て売りに出された。売り主である孫のジェフリーに変わり、この地を訪れた弁護士は話を前に進め、市への売却が決定する。その夜、バトラー邸に愛人と共に宿泊した弁護士。だが、その家には斧を持ち、待ち構えている謎の人物が隠れていた ―


関連記事

『シアター・ナイトメア』(2014) - The Last Showing -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_476
ロバート・イングランドが主役なせいか、『クリープショー』の中の1話のような懐かしい感じのするホラー。キレた老映写技師が映画館に訪れた、なんの関係も無いカップルを恐怖のどん底に陥れる。流れに少し無理はあるものの、R.イングランドなんだからいいじゃない、ってな気楽な気持ちで観ると充分に楽しめると思う。


The_Last_Showing_04

■ シアター・ナイトメア - The Last Showing - ■
2014年/イギリス/89分
監督・脚本:フィル・ホーキンズ
製作:フィル・ホーキンズ 他
撮影:エド・ムーア
音楽:リチャード・ボジャース

出演:
ロバート・イングランド(スチュアート)
フィン・ジョーンズ(マーティン)
エミリー・バリントン(アリー)
マラカイ・カービー(クライヴ)
キース・アレン(コリンズ)



解説:
「エルム街の悪夢」シリーズで鉄爪の殺人鬼“フレディ・クルーガー”を戦慄的に演じ、ホラー映画史上に燦然と輝く屈指の人気キャラクターを生み出した怪優、R・イングランド。その彼が、本作ではデジタル時代のあおりで冷や飯を食わされた末、映画館そのものを自らが入念に計画したホラー映画撮影の惨劇の舞台に仕立てて人生の雪辱を図る老映写技師に扮して、会心の演技を披露。斬新なアイデアとスリリングな演出で観る者を恐怖のどん底へ突き落とすのは、これが長編4作目となる期待の俊英監督P・ホーキンズ。


あらすじ:
映画のデジタル化のあおりを受けて半ば御用済みの存在と化し、年下の支配人や同僚たちの冷たい視線を浴びながら、仕事先の映画館で日々肩身の狭い思いを味わう老映写技師のスチュアート。ホラー映画の深夜の特別上映が催される晩、彼はついに自分にクビを言い渡す支配人を始末する一方、映画を観に映画館へとやって来た若い恋人カップルをホラー映画の登場人物に見立てて、事前に入念に練った計画通りに映画の撮影を進めていく ―

(WOWOW)


関連記事

『ワナオトコ』(2009) - The Collector -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_469
3作目が待ち遠しい「ワナオトコ」シリーズ第1作。ワナオトコの痛いワナにおののき、アーキンの人の良さに泣ける楽しいホラー作品。


The_Collector-2009_00

■ ワナオトコ - The Collector - ■
2009年/アメリカ/89分
監督:マーカス・ダンスタン
脚本:マーカス・ダンスタン 他
製作:ジュリー・リチャードソン 他
製作総指揮:ミッキー・リデル 他
撮影:ブランドン・コックス
音楽:ジェローム・ディロン

出演:
ジョシュ・スチュワート(アーキン)
マイケル・ライリー・バーク
ダニエラ・アロンソ
アンドレア・ロス
マデリーン・ジーマ
カーリー・スコット・コリンズ
ロバート・ウィズダム
ファン・フェルナンデス
ヘイリー・アレクシス・プロス



解説:
「ソウ」シリーズの脚本家コンビが贈る、驚異のホラー・アクション大作。ワナオトコが仕掛ける 針、カミソリ、包丁、ワイヤーなど怒濤のデストラップは必見!激しすぎる描写でR-18指定に。
(Amazon)

あらすじ:
別れた妻子の金銭的危機を助けるために、内装業者アーキンは今の現場である宝石ブローカーの屋敷に夜間侵入、もう一つの仕事である金庫破りを決行する。ところが旅行で家人は不在のはずの家の中から叫び声のようなものや足音が聞こえ始め、脱出することに。だがドアには先ほどまで無かったいくつもの錠が設置され、窓には板が打ち付けられている。 慌てたアーキンを主の分からない足音が追うように近付いて ―


関連記事

『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_464
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思いきや、案外人間ドラマ的な部分もあり、ちと肩すかし。それでも充分手応えはありましたけどモ


Killers_02

■ KILLERS/キラーズ - Killers - ■
2013年/日本・インドネシア/138分
監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル)
原案・脚本:ティモ・ジャイアント、牛山拓二
製作:千葉善紀 他
製作総指揮:ギャレス・エヴァンス
撮影:グンナル・ニンプノ

出演:
北村一輝(野村)
オカ・アンタラ(バユ)
高梨 臨(久恵)
ルナ・マヤ(ディナ)
黒川芽以(みどり)
でんでん
レイ・サヘタピー



解説:
インドネシア映画「ザ・レイド」がセンセーションを巻き起こしたギャレス・エヴァンスが製作総指揮に名を連ね、日本とインドネシア両国の気鋭映画人の強力コラボで贈る戦慄のバイオレンス・ムービー。主演は北村一輝、共演にオカ・アンタラ、高梨臨。監督は2009年のスラッシャー映画「マカブル 永遠の血族」で世界的に注目を集め、ハリウッドのホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」、「V/H/S ネクストレベル」に立て続けに抜擢された期待の新鋭コンビ、モー・ブラザーズ。


あらすじ:
東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが ―

(allcinema)



関連記事

『暗闇にベルが鳴る』(1974) - Black Christmas -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_461
『エクソシスト』『悪魔のいけにえ』『ジョーズ』なんかと同じ頃に公開されたサスペンス・ホラー映画。有名なこれらの作品と比べてもひけをとらない内容で、ホラーと言うよりサスペンス寄りの殺人鬼もの。これを観て思いだしたのは『サイコ(1960)』かなー。


Black_Christmas_04

■ 暗闇にベルが鳴る - Black Christmas - ■
1974年/カナダ/98分
監督・製作:ボブ・クラーク
脚本:ロイ・ムーア
製作総指揮:フィンドレイ・クイン
撮影:レジナルド・モリス
音楽:カール・ジットラー

出演:
オリヴィア・ハッセー(ジェス)
キア・デュリア(ピーター)
マーゴット・キダー(バーブ)
ジョン・サクソン(フラー警部)
アンドレア・マーティン(フィル)
マリアン・ウォルドマン(マック寮母)
アート・ヒンドル(クリス)
リン・グリフィン(クレア)



解説:
クリスマス前後の女子学生寮を舞台に、奇怪なイタズラ電話に端を発した猟奇殺人を描いた恐怖映画。雪降るカナダの森閑とした風景と、O・ハッセーの恐怖におののく姿のみが印象に残る作品で、犯人に関する説明を一切省いた手法をどう受け取るかで評価は大きく分かれるだろう。
(allcinema)

あらすじ:
以前から気持ちの悪いイタズラ電話に悩んでいた女子学生寮で今年もクリスマスパーティが行われていた。だがその翌日、実家に戻るため父親と待ち合わせていたクレアが行方不明になったことを皮切りに、電話が頻繁にかかるようになったうえ、とうとう近所で女子中学生の遺体が発見される。警察は捜査に乗り出すが、寮では一人、また一人と正体の知れない男に学生達が殺されていき ―


関連記事

『13日の金曜日 序章』(1980) - Just Before Dawn -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_456
「なんですか?この邦題」シリーズ第2弾。本家とは全く関係ありません。と言っても本家より少し早めに世に出た作品で、“不条理に殺されていく若者系”としては思っていたよりよく出来ている。犯人である殺人鬼もなかなか不気味でいい感じ。何よりその背景が例のアレだからか、ゾッとする雰囲気も味わえる。


Just_Before_Dawn_05

■ 13日の金曜日 序章 - Just Before Dawn - ■
(序曲・13日の金曜日)
1980年/アメリカ/91分
監督:ジェフ・リーバーマン
脚本:マーク・L・アリウィッツ 他
製作:デヴィッド・シェルドン
撮影:ジョエル・キング
音楽:ブラッド・フィーデル

出演:
ジョージ・ケネディ
マイク・ケリン
グレッグ・ヘンリー
デボラ・ベンソン
クリス・レモン
ジェイミー・ローズ
ラルフ・シーモア



解説:
『スクワーム』のジェフ・リーバーマン監督によるスプラッターホラー。
(TSUTAYA)

あらすじ:
危険な何者かがうろついているという噂の山にキャンプに訪れた若者5人組。最初のうちは楽しんでいた彼らだったが、気付かないうちに一人、また一人と姿を消していき ―


関連記事

『ミック・テイラー 史上最強の追跡者』(2013) - Wolf Creek 2 -

Posted by momorex on   1  0

entry-image_451r
原題が『Wolf Creek 2』となっていたので、おや?と思ったらこれは『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』という映画の続編なんですね。どちらもホラーにカテゴライズされているけど実話ベースで、元ネタは「バックパッカー連続殺人事件」。犯人は終身刑で今も収監中...


Wolf_Creek2_04

■ ミック・テイラー 史上最強の追跡者 - Wolf Creek 2 - ■
2013年/オーストラリア/106分
監督:グレッグ・マクリーン

出演:
ジョン・ジャラット
ライアン・コール
シャノン・アシュリン



解説:
最凶の人間ハンター、ミック・テイラーの恐怖を描いたホラーアクション。
(allcinema)

あらすじ:
オーストラリアの大自然を満喫していたドイツ人バックパッカーのカップル。ある夜、国立公園内でキャンプしていたところを一人の男に注意される。街まで乗せていってやるとの申し出を丁寧に断った彼らは男の機嫌をそこねてしまい、あっという間に一人が殺され、残された彼女も逃げようとするが ―


関連記事

「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014-/TV)

Posted by momorex on   0  0

entry-image_449
スターチャンネルで始まった猟奇殺人事件+@の犯罪ドラマ。刑事物として一言で括るには内容が重い、重い。主演はマシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソンで、どちらも真面目バージョンで登場。いつもと違う顔を見せてくれている。


True_Detective_03

■ TRUE DETECTIVE/二人の刑事 ■
2014年

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ニック・ピゾラット
製作総指揮:スティーヴ・ゴリン

出演:
マシュー・マコノヒー(ラスティン・コール)
ウディ・ハレルソン(マーティン・ハート)
ミシェル・モナハン
ケヴィン・ダン



解説:
本作は、ただ単に連続殺人犯を追い詰めていくだけの犯罪ドラマではない。捜査の過程で浮き彫りにされていくのは、貧困や差別、宗教、政治など平凡な田舎町に隠された日常の深い闇。そうした米国社会の病巣が異常な犯罪者を生み、人々の無知や無関心がその凶行を野放しにしてしまう。我々が目を背けてはならない現実を描いた重厚なミステリーなのだ。
(スターチャンネル)

あらすじ:
2012年ルイジアナ。かつて、同地で起きた猟奇的な殺人事件と同様に処理された死体が見つかる。警察は当時、捜査に当たって今は引退している2人の元刑事を警察署に呼び出した。当時の資料はハリケーン・カトリーナにより紛失していたからだった。
仲違いをして10年以上会っていないという2人は別々にやって来た。現捜査官はそれぞれから当時の捜査について詳しく聞き始めるが ―


スターチャンネル「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」公式サイト

関連記事

『恐怖ノ黒鉄扉』(2013) - Los inocentes -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_445
出ました「恐怖ノ」シリーズ第3弾。といってもそれぞれ何の関連も無くて、シッチェス映画祭に出品されたということと、邦題の最初の3文字が一緒というだけの作品群。前2作品は結構こったお話のホラーだったけど、こちらはかなり単純で一言で言うなら「スペイン産13金」。ですので今回のレビューはさくっとネタバレしているかもしれません。


Los_inocentes_02

■ 恐怖ノ黒鉄扉 - Los inocentes - ■
2013年/スペイン/69分
監督:
カルロス・アロンソ、ディダック・セルベーラ、マルタ・ディアス、ローラ・ガルシア、ギリェム・エウヘニ、アンダー・イリアルト、ジェラール・マルティ、マーク・マルチネス、ルーベン・モンテロ、アルナウ・ポンス、マーク・プジョラ、ミゲル・サンチェス

出演:
マリオ・マルゾ、シャルロッテ・ベガ、アレックス・バトローリ、ディアナ・ゴメス、ジョアン・アマルゴス、エンリク・アウケル、バルバラ・メスタンサ、アレイシュ・メレ、パウラ・マリア、サムエル・ルビン、シャルロット・ヴェガ、アレックス・バトジョリ、ダニエル・ゴメス



解説:
『インポッシブル』『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ監督や『EVA<エヴァ>』のキケ・マイジョ監督らを輩出した、バルセロナ映画学校出身の12人の監督による共同監督作品でシッチェス映画祭に正式出品された80年代式スプラッターホラー。
(amazon)

あらすじ:
ドライブに出かけた9人の男女が道に迷った末、元ホステルの廃墟を見つける。ここでパーティをしようと盛り上がった彼らは酒や食べ物を買って廃墟に乗り込むが、このホステルでは15年前に一人の少年の死亡事故が起きてから不気味な噂が流れており ―


関連記事

『ザ・コール 緊急通報指令室』(2013) - The Call -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_439
ハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。でも彼女を“主”に置きすぎて被害者少女役アビゲイル・ブレスリン以外の存在感が薄い、薄い。せっかくのサイコな犯人描写も中途半端で2時間火サス程度(ただし火サスは見たこと無い)。前半は良かったのになー。


The_Call_01

■ ザ・コール 緊急通報指令室 - The Call - ■
2013年/アメリカ/94分
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:リチャード・ドヴィディオ
製作:ジェフ・グラウプ 他
製作総指揮:ウィリアム・C・ギャロ 他
撮影:トーマス・ヤツコ
音楽:ジョン・デブニー

出演:
ハル・ベリー(ジョーダン)
アビゲイル・ブレスリン(ケイシー)
モリス・チェストナット(フィリップス巡査)
マイケル・エクランド(フォスター)
マイケル・インペリオリ(デナード)
デビッド・オタンガ(デヴァンス巡査)
ジャスティナ・マシャド(レイチェル)



解説:
「チョコレート」「クラウド アトラス」のハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。何者かに拉致され車のトランクに閉じ込められた少女からのSOSを受けた緊急電話911のベテラン・オペレーターが、一刻を争う緊迫の状況で通話だけを頼りに懸命の救出劇を展開するさまをスリリングに描き出す。共演は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「マシニスト」「リセット」のブラッド・アンダーソン。
(allcinema)

あらすじ:
911緊急通報指令室のベテランオペレーターのジョーダンは、ある夜、家宅侵入の通報を受けるが少しのミスから被害者誘拐、殺害事件と発展してしまい、そのトラウマから一線を退き教官となっていた。そんなある日、拉致されたらしい少女から911に救出コールが入る。その場に居合わせたジョーダンは、新人に代わってマイクを手に取るが ―


関連記事

『戦慄の絆』(1988) - Dead Ringers -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_435
さーて、これは何が結合するのか?と思いながら興味ワクワクで観ていくと、、本作では“結合”がテーマではなく“分離”が主題だった。けれども!それには不安が伴いなかなかうまくいかない。そして最後にはやっぱり“結合”してしまうのだった。ということでやっぱりテーマはクローネンバーグ的“再結合”のお話でした。


Dead_Ringers_03

■ 戦慄の絆 - Dead Ringers - ■
1988年/カナダ/116分
監督・脚本・製作:デヴィッド・クローネンバーグ
原作:バリ・ウッド、ジャック・ギースランド
撮影:ピーター・サシツキー
音楽:ハワード・ショア

出演:
ジェレミー・アイアンズ(エリオット/ビヴァリー)
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド(クレア)
ハイディ・フォン・パレスク
バーバラ・ゴードン
シャーリー・ダグラス
スティーヴン・ラック
ジル・ヘネシー
ジャクリーン・ヘネシー



解説:
鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の描く心理サスペンス。紅い背景に様々な手術道具や人体解剖図が浮かび流れるオープニングなど、彼特有の雰囲気はあるものの、ホラー映画が多い彼の作品群の中では、それ以外の趣向を持った人でも十分に楽しめる、第1級のサイコ・スリラー作品に仕上がっている。主人公の一卵性双生児役を一人二役で演っているジェレミー・アイアンズが逸品。
(allcinema)

あらすじ:
幼い頃から人体解剖に興味を持っていた双子の兄弟エリオットとビヴァリーは長じて婦人科医となり開業する。華やかで弁舌巧みなエリオットと研究熱心で確かな腕を持つ内向きのビヴァリーはお互いをサポートしながら医師会で一目置かれる存在に。そんなある日、2人の医院に不妊治療を目的とした女優クレアが訪れる。奥手なビヴァリーが彼女を愛し始めたことから兄弟の均衡が崩壊し始め ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。