QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『内なる迷宮』(2012) - L'Etrange couleur des larmes de ton corps -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_489
iTunesで見つけた一応、ホラーに分類されている不思議・混乱型作品。作品冒頭から中盤にかけて観る者を翻弄する内容と仕掛けが用意されている。それを乗り越えた者だけがラストの種明かしを知ることが。観終わって調べてみると、現在進行形で開催されているインターネット映画祭「第5回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」出品作だった。


L'étrange couleur des larmes de ton corps_00

■ 内なる迷宮 - L'Etrange couleur des larmes de ton corps - ■
2012年/フランス/97分
監督:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルザーニ
製作:エリック・ユエリアン 他

出演:
クラウス・タンゲ
ウルスラ・ベデナ
ジャン・ミッシェル・ウォフク
シルヴィヴァ・カマルダ
サム・ルーウィック



解説:
2015年開催【第5回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)】コンペティション部門・長編作品に出品された不思議・難解系サスペンス・ホラー作品。監督は『ABC・オブ・デス』で“O”を担当したエレーヌ・カッテ。


あらすじ:
出張から戻り妻の失踪を知ったダン。混乱しながらも近所の住民に聞いて回り、警察に捜索願を出した彼だったが、真相に近付くにつれ深い闇がさらに彼を覆い始め ―


関連記事
スポンサーサイト

『牢獄処刑人』(2013) - On the Job -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_482
囚人殺し屋とそれを追う捜査官。でも真実の敵は簡単には手に届かないほどの大きなモノだった ―。フィリピン産「L.A.コンフィデンシャル」いいですよー。アメリカものに比べてもっと人間的で綺麗事など何処にも無い。前観た『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』も面白かったもんねー


On_the_Job_00

■ 牢獄処刑人 - On the Job - ■
2013年/フィリピン/116分
監督:エリック・マッティ
脚本:エリック・マッティ、ミチコ・ヤマモト
製作:エリック・マッティ

出演:
ジョエル・トレ(タタン)
ジェラルド・アンダーソン(ダニエル)
ピオロ・パスクアル(フランシス・コロネル・Jr.)
ジョーイ・マルケス(アコスタ)
レオ・マルティネス(パチェコ将軍)



解説:
驚きの実話をもとに警察内部の腐敗を痛烈に描き、国内で数々の映画賞に輝いたほか、海外でも評判を呼び、ハリウッドでのリメイクも決まったフィリピン発の話題の犯罪映画。

あらすじ:
中年のタタンとまだ若いダニエルの2人組は、白昼の繁華街で大胆不敵な殺しの仕事を遂行し、ひとときの自由時間を思い思いに味わった後、元の刑務所内へと戻っていく。実は囚人である彼らは、刑務所を隠れ家にして権力の手先として働く殺し屋だった。一方、大物議員の娘婿である若手エリート捜査官のフランシスと、たたき上げの刑事アコスタは、コンビを組んで事件の調査に乗り出すうち、警察組織の腐敗の実態を知るようになる ―

(WOWOW)


関連記事

『シン・シティ』(2005) - Sin City -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_478
動くアニメ、、ぁ、違う。アニメは元々動いてるわ。「動く人間コミック」こっちですね。度肝を抜かれたこの映像を初めて観た時は“すごい!こんなので映画が作れるんだ”と、ワケも分からず大はしゃぎした記憶が。動くアメコミの名に恥じず、出てくる人、出てくる人、カッコいいわ、綺麗すぎるわで、これは完璧なる「大人のための人間アメコミ」作品なのだ。

Sin_City_05-2


Sin_City_00

■ シン・シティ - Sin City - ■
2005年/アメリカ/124分
監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
脚本:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作:フランク・ミラー「シン・シティ」
製作:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 他
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 他
撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:ジョン・デブニー 他

解説:
 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
(allcinema)


Opening/Ending
出演:ジョシュ・ハートネット(ザ・マン)

Episode1/ハード グッバイ
あらすじ: 醜い容姿を持つ屈強な大男マーヴ。ある夜、一夜を共にした高級娼婦ゴールディが彼の隣で殺され、その犯人に祭り上げられる。愛をくれた彼女の敵を討つため、また自分を陥れた者に復讐するため真相を調べ始めたマーヴだったが、彼の前には大きな何者かが立ちはだかっていた ―
出演:
ミッキー・ローク(マーヴ)
ジェイミー・キング(ゴールディ)
カーラ・グギーノ(ルシール)
イライジャ・ウッド(ケヴィン)
ルトガー・ハウアー(ロアーク枢機卿)
フランク・ミラー(神父)

Episode2/ビッグ ファット キル
あらすじ:顔を変えシン・シティに潜むドワイトは、恋人シェリーに付きまとうジャッキー・ボーイをある夜、きつく締め上げた。それでも足りないと思ったドワイトは手下と共に娼婦街に向かうジャッキー・ボーイを追う。この街の娼婦街はドワイトの元恋人ゲイルが束ねる治外法権の一画。娼婦の一人を拳銃で脅したジャッキー・ボーイは手下もろとも娼婦達に殺された。だがジャッキー・ボーイの正体が警官であった事から、警察vs娼婦軍団の戦いが火を噴き ―
出演:
クライヴ・オーウェン(ドワイト)
ロザリオ・ドーソン(ゲイル)
ブリタニー・マーフィ(シェリー)
デヴォン青木(ミホ)
アレクシス・ブレデル(ベッキー)
ベニチオ・デル・トロ(ジャッキー・ボーイ)
マイケル・クラーク・ダンカン(マヌート)

Episode3/イエロー・バスタード
あらすじ:心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、ある夜、連続養女殺人鬼を追い詰め大怪我を負わし、少女ナンシーを助け出す。だがその殺人鬼が街の有力者であるロアーク議員の息子だったことから、逆に彼は追い詰められ殺人犯の汚名を着せられて収監されることに ―
出演:
ブルース・ウィリス(ハーティガン)
ジェシカ・アルバ(ナンシー)
マイケル・マドセン(ボブ)
ニック・スタール(ロアーク・ジュニア)
パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)


関連記事

「FARGO/ファーゴ」(2014-/TV)

Posted by momorex on   2  0

entry-image_475
ぅわー、面白かった!映画『ファーゴ』をどう膨らませるのかなーと思っていたけど、それは違っていて、あの雰囲気はそのままに話は別物、よりややこしそう。それでも中心は映画と同じく出来ない男レスター、出来る女警官モリー、殺し屋ローンの3人。ここミネソタの雪の中、彼ら登場人物がどんなとぼけた事をやってくれるのか今から楽しみ


Fargo-tv2014_00

■ FARGO/ファーゴ ■
2014年~/アメリカ
監督:アダム・バーンスタイン
脚本:ノア・ホーリー
原案:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作総指揮:ノア・ホーリー、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

出演:
マーティン・フリーマン(レスター・ナイガード)
ビリー・ボブ・ソーントン(ローン・マルヴォ)
アリソン・トルマン(モリー・シルヴァーソン)
コリン・ハンクス(ガス・グリムリー)



解説:
コーエン兄弟がアカデミー脚本賞を受賞した映画「ファーゴ」(1996年)がベースのクライムドラマ。
コーエン兄弟自身が製作総指揮として加わり、脚本ノア・ホーリーが映画で絶大な人気を得たアメリカ極寒の地の“ミネソタ・ナイス”と呼ばれる独特な田舎の純朴さとダークなユーモアをそのまま生かし、キャラクターとストーリーは本作のため新たに書き下ろした期待のドラマ

(スターチャンネル)

あらすじ:
ミネソタ州ベミジーに暮らす、うだつの上がらない保険勧誘員レスター。ある日、街で高校時代からのいじめっ子サムに会って怪我をさせられた彼は病院へ。待合室で一人ブツブツ言っていたところ、隣にいた見知らぬ男が声をかけてきた。一通りサムの話を聞いた男は「代わりにサムを殺してやろうか?」と ―


関連記事

『スリー・モンキーズ/Three Monkeys ~愚かなる連鎖~』(2008) - Üç maymun -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_468
慎ましくも勤勉であったはずのある一家が、少しずつ人の道から外れていく様子を描いた静かな作品。そこに横たわるものは金と快楽である点が人類普遍の問題であり、宿命であると言える。今の時代、「見ざる、聞かざる、言わざる」に徹する事が出来た者だけが生き残る権利を得られるのかも ―


Three_Monkeys_00

■ スリー・モンキーズ/Three Monkeys ~愚かなる連鎖~ - Üç maymun - ■
2008年/トルコ・フランス・イタリア/109分
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 他

出演:
ヤヴーズ・ビンゴル
ハティジェ・アスラン
アルジャン・ケサル



解説:
2014年のカンヌ映画祭で、ついにパルム・ドール獲得! (『ウインター・スリープ』) 2度のグランプリ(『冬の街』『昔々、アナトリアで』)、本作での監督賞受賞と、今や21世紀の映画界を代表する名匠ジェイラン監督の第5作。トルコ初のアカデミー賞外国語映画賞出品となった記念すべき傑作。


あらすじ:
街の有力者セルヴェットは車で人をはねて死なせてしまうが、選挙に出馬中という理由から大金と引き替えに運転手のエユップを身代わりに立てる。エユップの服役中、妻のハジェルは金の前払いを頼みにセルヴェットの元を訪れ、彼に誘惑されて関係をもってしまう ―

(Amazon)



関連記事

『プリズナーズ』(2013) - Prisoners -

Posted by momorex on   6  4

entry-image_453
久し振りに見応えを感じたクライム・サスペンス。小さな娘達の誘拐事件を中心に、2組の家族、捜査担当の刑事、犯人と思われる人物達の、日常が失われていく様子がリアルに描かれる。台詞を多く使わない主役2人の演技に引き込まれ、時間の長さは全く気にならない。メリッサ・レオもまたもやいい仕事をしていた。


Prisoners_07

■ プリズナーズ - Prisoners - ■
2013年/アメリカ/153分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:アーロン・グジコウスキ
製作:ブロデリック・ジョンソン 他
製作総指揮:エドワード・L・マクドネル 他
撮影:ロジャー・A・ディーキンス
音楽:ヨハン・ヨハンソン

出演:
ヒュー・ジャックマン(ケラー・ドーヴァー)
ジェイク・ギレンホール(刑事ロキ)
マリア・ベロ(グレイス・ドーヴァー)
テレンス・ハワード(フランクリン・バーチ)
ヴィオラ・デイヴィス(ナンシー・バーチ)
メリッサ・レオ(ホリー・ジョーンズ)
ポール・ダノ(アレックス・ジョーンズ)
ディラン・ミネット



解説:
前作「灼熱の魂」が高い評価を受けたカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って繰り広げられる、冷静沈着に捜査を進めていく刑事(ジェイク・ギレンホール)と、自らの手で一刻も早く我が子を見つけ出そうと暴走していく父親(ヒュー・ジャックマン)の対照的な姿をスリリングに描き出していく。共演はヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ。
(allcinema)

あらすじ:
ペンシルヴェニア州の田舎町で工務店を営むケラー。ある年の感謝祭の日、親しい隣人家族とお祝いをしている最中に、自宅に戻った幼い娘が隣人の娘と一緒に行方知れずになってしまう。捜査を担当した刑事ロキは誘拐の可能性を考え、不審なRV車の目撃情報を中心に調べ始める。RV車の運転手アレックスはすぐに見つかり逮捕するも、彼は10歳ほどの知能しかなく聴取は困難を極め、何も分からないまま釈放されてしまい ―


関連記事

「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014-/TV)

Posted by momorex on   0  0

entry-image_449
スターチャンネルで始まった猟奇殺人事件+@の犯罪ドラマ。刑事物として一言で括るには内容が重い、重い。主演はマシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソンで、どちらも真面目バージョンで登場。いつもと違う顔を見せてくれている。


True_Detective_03

■ TRUE DETECTIVE/二人の刑事 ■
2014年

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本:ニック・ピゾラット
製作総指揮:スティーヴ・ゴリン

出演:
マシュー・マコノヒー(ラスティン・コール)
ウディ・ハレルソン(マーティン・ハート)
ミシェル・モナハン
ケヴィン・ダン



解説:
本作は、ただ単に連続殺人犯を追い詰めていくだけの犯罪ドラマではない。捜査の過程で浮き彫りにされていくのは、貧困や差別、宗教、政治など平凡な田舎町に隠された日常の深い闇。そうした米国社会の病巣が異常な犯罪者を生み、人々の無知や無関心がその凶行を野放しにしてしまう。我々が目を背けてはならない現実を描いた重厚なミステリーなのだ。
(スターチャンネル)

あらすじ:
2012年ルイジアナ。かつて、同地で起きた猟奇的な殺人事件と同様に処理された死体が見つかる。警察は当時、捜査に当たって今は引退している2人の元刑事を警察署に呼び出した。当時の資料はハリケーン・カトリーナにより紛失していたからだった。
仲違いをして10年以上会っていないという2人は別々にやって来た。現捜査官はそれぞれから当時の捜査について詳しく聞き始めるが ―


スターチャンネル「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」公式サイト

関連記事

『ザ・コール 緊急通報指令室』(2013) - The Call -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_439
ハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。でも彼女を“主”に置きすぎて被害者少女役アビゲイル・ブレスリン以外の存在感が薄い、薄い。せっかくのサイコな犯人描写も中途半端で2時間火サス程度(ただし火サスは見たこと無い)。前半は良かったのになー。


The_Call_01

■ ザ・コール 緊急通報指令室 - The Call - ■
2013年/アメリカ/94分
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:リチャード・ドヴィディオ
製作:ジェフ・グラウプ 他
製作総指揮:ウィリアム・C・ギャロ 他
撮影:トーマス・ヤツコ
音楽:ジョン・デブニー

出演:
ハル・ベリー(ジョーダン)
アビゲイル・ブレスリン(ケイシー)
モリス・チェストナット(フィリップス巡査)
マイケル・エクランド(フォスター)
マイケル・インペリオリ(デナード)
デビッド・オタンガ(デヴァンス巡査)
ジャスティナ・マシャド(レイチェル)



解説:
「チョコレート」「クラウド アトラス」のハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。何者かに拉致され車のトランクに閉じ込められた少女からのSOSを受けた緊急電話911のベテラン・オペレーターが、一刻を争う緊迫の状況で通話だけを頼りに懸命の救出劇を展開するさまをスリリングに描き出す。共演は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「マシニスト」「リセット」のブラッド・アンダーソン。
(allcinema)

あらすじ:
911緊急通報指令室のベテランオペレーターのジョーダンは、ある夜、家宅侵入の通報を受けるが少しのミスから被害者誘拐、殺害事件と発展してしまい、そのトラウマから一線を退き教官となっていた。そんなある日、拉致されたらしい少女から911に救出コールが入る。その場に居合わせたジョーダンは、新人に代わってマイクを手に取るが ―


関連記事

『ヘッドハンター』(2011) - Hodejegerne -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_437
表の顔(ヘッドハンター)でも、裏の顔(美術品泥棒)でもきちんとしたマイルールを作り成功している男が、今まで触れることの無かった銃と妻の浮気疑惑の世界に翻弄されるサスペンス・ミステリー・ちょっとコメディ作品。鼻持ちならないイヤな感じの主人公がどんどん追い詰められて愛すべき主人公へと変貌していく様が楽しい。


Hodejegerne_00

■ ヘッドハンター - Hodejegerne - ■
2011年/ノルウェー・ドイツ/100分
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本::ウルフ・リューベリ 他
原作:ジョー・ネスボ「ヘッドハンターズ」
製作:マリアンヌ・グレイ
製作総指揮:アンニ・ファウルビー・フェルナンデス 他
撮影:ヨン・アンドレアス・アナスン
音楽:トロンド・ビャルクネス 他

出演:
アクセル・へニー(ロジャー)
ニコライ・コスター=ワルドー(クラス)
シヌーヴ・マコディ・ルンド(ダイアナ)
アイヴィン・サンデル(オヴェ)
ユーリー・ウルゴード(ロッテ)



解説:
ノルウェーの人気ミステリー作家J・ネスボのベストセラー小説をもとに、実は裏稼業で美術泥棒を営むビジネスエリートが、とんだ危難に陥って慌てふためくさまを、スリルとユーモア満点に活写。その予測不能の展開と、スタイリッシュで小気味の良いアクションが一躍評判を呼んで、ノルウェー映画史上最大の興収記録を樹立。世界の50カ国以上で公開され、ハリウッド・リメイクされることも決まるなど、大きな話題と注目を集めた。二つの顔を持つ主人公を愉快に好演するのは、「ナチスが最も恐れた男」のA・ヘニー。
(WOWOW)

あらすじ:
業界トップクラスで有能なヘッドハンター、ロジャー。だが彼はその表向きの顔と同時に、豪華な家や車、美しい妻との贅沢な暮らしのための美術品泥棒という裏の顔を持っていた。ある夜、妻の画廊オープンパーティーで知り合った元軍人の男クラスが有名な絵画を自宅に持っていると知り、早速盗みに入るロジャー。しかし彼はそこでクラスと妻の不倫の証拠を見つけてしまう。と同時に命を狙われ始め ―

英題:Headhunters

関連記事

『凍える夜に、盲目の殺し屋トポ』(2013) - Cold Comes the Night -

Posted by momorex on   0  1

entry-image_433
風貌が似ているものですから、『レオン』の年齢いったバージョンなお話かと思っていたら(また)違いました。主役は殺し屋トポというよりは、シングルマザーのクロエ。娘を一人で育てる彼女の戦いのお話だ。..けれども、彼女が真っ当で、誰もが賞賛する戦う母親か、といえばそれもちょっと違っていたりして一筋縄ではいかない。


Cold_Comes_the_Night_04

■ 凍える夜に、盲目の殺し屋トポ - Cold Comes the Night - ■
2013年/アメリカ/90分
監督:ジー・チャン
脚本:ジー・チャン 他
製作:マイネット・ルーイー 他
製作総指揮:スコット・ヘイル 他
撮影:ノア・M・ローゼンタール
音楽:ジェフ・グレイス

出演:
アリス・イヴ(クロエ)
ブライアン・クランストン(トポ)
ローガン・マーシャル=グリーン(ビリー)
アースラ・パーカー
レオ・フィッツパトリック
エリン・カミングス



解説:
『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン主演による犯罪サスペンス。
(キネマ旬報社)

あらすじ:
幼い娘を育てながら住み込みで管理をしているクロエのモーテルである夜、客が殺人事件を起こした。客の車は警察が押収したが、その車には犯罪絡みの現金が隠されていた。同じくモーテルに宿泊していたその客の連れ、トポは現金を取り戻すためクロエの娘を人質にして脅し、彼女に金の奪還を手助けすよう脅しつける ―


関連記事

『8mm』(1999) - 8mm -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_421
これは初めて観た時に衝撃を受けた作品で、「スナッフ・フィルム」なる物の存在を初めて知った作品でもある。公平で清く正しく生きてきた私立探偵ニコラス・ケイジがどんどんアブノーマルな裏世界に足を踏み入れ変わっていく様子、一見ふざけた遊び人風のポルノショップ店員ホアキン・フェニックスの真面目さ、富豪と関わる悪人役ジェームズ・ガンドルフィーニ、ピーター・ストーメアのえげつなさなど見どころが多い社会派サスペンスだ。

8mm_01■8mm - 8mm -■
1999年/アメリカ/123分
監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
製作:ギャヴィン・ポローン 他
製作総指揮:ジョセフ・M・カラチオロ
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:マイケル・ダナ

出演:ニコラス・ケイジ(トム・ウェルズ)
   ホアキン・フェニックス(マックス・カリフォルニア)
   ジェームズ・ガンドルフィーニ(エディ・プール)
   ピーター・ストーメア(ディーノ・ベルベット)
   アンソニー・ヒールド(ダニエル・ロングデール)
   キャサリン・キーナー(エイミー・ウェルズ)
   ジェニー・パウエル(メリー・アン・マシューズ)
   エイミー・モートン(ジャネット・マシューズ)

解説:
「セブン」のアンドリュー・ケビン・ウォーカーの脚本を「評決のとき」のジョエル・シューマーカー監督が映画化した、センセーショナルなショッキング・サスペンス。
(Oricon)

あらすじ:
ペンシルバニアで妻子と暮らす、真面目で丁寧な仕事が自慢の私立探偵ウェルズ。ある日、亡くなった富豪の金庫から少女が殺される場面を撮った8ミリフィルムが見つかり、富豪の未亡人から調査を依頼される。早速、手がかりを追ってロサンゼルスへ発ったウェルズだったが、調べる内にハリウッドの危険なアブノーマルな世界に足を踏み入れることになっていく ―


関連記事

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(2012) - The Place Beyond the Pines -

Posted by momorex on   5  2

entry-image_414
なんでしょう、この悲しい物語は...。またライアン・ゴズリングに騙された気がする。家族に恵まれず、不幸な子供時代を送ったであろう主人公ルークが、自分の息子と息子を産んだ女性を大事に思いたい気持ちはよく分かる。けれども彼女の今の生活を無視したやり方に大人になりきれていない、自己中心的な所が垣間見える。他にもやりようがあるだろうに、不器用すぎて泣けてくるわ・・・

■プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 - The Place Beyond the Pines -■
The_Place_Beyond_the_Pines_032012年/アメリカ/140分
監督・脚本:デレク・シアンフランス
製作:リネット・ハウエル 他
製作総指揮:マット・ベレンソン 他
撮影:ショーン・ボビット
音楽:マイク・パットン
出演:ライアン・ゴズリング(ルーク)
   ブラッドレイ・クーパー(エイヴリー)
   エヴァ・メンデス(ロミーナ)
   レイ・リオッタ(デルカ)
   ベン・メンデルソーン(ロビン)
   ローズ・バーン(ジェニファー)
   マハーシャラ・アリ(コフィ)
   デイン・デハーン(ジェイソン)
   エモリー・コーエン(AJ)

解説:
「ブルーバレンタイン」でコンビを組んだデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングの主演で贈るクライム・ドラマ。ある罪を巡る父親同士の因果が、その息子たちへと引き継がれて展開していくさまを、それぞれに視点を変えた3つの物語で描き出していく。共演はブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ。
(allcinema)

あらすじ:
曲芸バイクショー出演で各地を転々として暮らす天才ライダー、ルーク。ある町でかつての恋人ロミーナと再開、彼女が自分の子供を産んで育てていることを知る。彼女と息子を養うため、曲芸ショーを辞めて仕事を探すがうまくいかず、銀行強盗に手を染めるようになる。がある時、強盗後の逃走に失敗し、たまたま現場近くにいた新人警官エイヴリーと銃を持って対峙することに ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。