QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KILLERS/キラーズ』(2013) - Killers -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_464
もうすぐ続編公開『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスが製作総指揮、監督がモー・ブラザーズ、おまけに日本が絡んだバイオレンス作品という事で、虎視眈々とレンタルが開始されるのを待っていた管理人。全編が真っ赤に染まる狂気の世界が繰り広げられるのかと思いきや、案外人間ドラマ的な部分もあり、ちと肩すかし。それでも充分手応えはありましたけどモ


Killers_02

■ KILLERS/キラーズ - Killers - ■
2013年/日本・インドネシア/138分
監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル)
原案・脚本:ティモ・ジャイアント、牛山拓二
製作:千葉善紀 他
製作総指揮:ギャレス・エヴァンス
撮影:グンナル・ニンプノ

出演:
北村一輝(野村)
オカ・アンタラ(バユ)
高梨 臨(久恵)
ルナ・マヤ(ディナ)
黒川芽以(みどり)
でんでん
レイ・サヘタピー



解説:
インドネシア映画「ザ・レイド」がセンセーションを巻き起こしたギャレス・エヴァンスが製作総指揮に名を連ね、日本とインドネシア両国の気鋭映画人の強力コラボで贈る戦慄のバイオレンス・ムービー。主演は北村一輝、共演にオカ・アンタラ、高梨臨。監督は2009年のスラッシャー映画「マカブル 永遠の血族」で世界的に注目を集め、ハリウッドのホラー・アンソロジー「ABC・オブ・デス」、「V/H/S ネクストレベル」に立て続けに抜擢された期待の新鋭コンビ、モー・ブラザーズ。


あらすじ:
東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが ―

(allcinema)



関連記事
スポンサーサイト

『V/H/S ネクストレベル』(2013) - V/H/S/2 -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_327
「ホントにあった呪いのビデオ」豪華アメリカ版ぐらいの印象だった1作目がよりパワーアップ。理解しやすい内容に、短編ホラーのオムニバスとして観ても面白い。今回のビデオは全5本。普通の人々が突如現れた“何者”かに無残に襲われる姿を描く。

VHS2_01■V/H/S ネクストレベル - V/H/S/2 -■
 2013年/アメリカ/96分
 製作:ゲイリー・ビンコウ 他
 製作総指揮:サイモン・バレット 他



ジャンル系最強監督が放つ、過激描写MAXなネクスト・ホラー・レベル!
解説:
6組の若手ホラー作家が“ファウンド・フッテージ”スタイルで競作し反響を巻き起こした「V/H/S シンドローム」の第二弾。前作でメガホンを執ったアダム・ウィンガードとサイモン・バレットに加え、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のエドゥアルド・サンチェスとグレッグ・ヘイル、さらに「ホーボー・ウィズ・ショットガン」のジェイソン・アイズナーと「ザ・レイド」のギャレス・エヴァンスが参加。
 (allcinema)

あらすじ:
連絡の取れない大学生息子の調査を依頼された私立探偵の男と助手。早速、2人は息子の住む一軒家に侵入、大量に残されていたビデオテープを再生することに。だが、そこには想像を絶する狂気の映像が記録されていた ―


関連記事

『ザ・レイド』(2011) - The Raid -

Posted by momorex on   4  0

The Raid_05s8割方がアクションシーンという壮絶バトル作品。急襲作戦で優勢なはずだったSWATチームが大勢の敵の返り討ちに遭い、またたくまに劣勢になる。彼らはこの恐怖のビルから脱出出来るのか?その方法は銃ではなく最終的には自らが持つ技に頼ることになる。きびきびと、次々に繰り出される拳や蹴りに目が釘付けになること受け合い。

The Raid_01■ザ・レイド - The Raid -■
 2011年/インドネシア・アメリカ/101分
 監督 :ギャレス・エヴァンス
 脚本 :ギャレス・エヴァンス
 製作 :アリオ・サガントロ
 撮影 :マット・フラネリー
 音楽 :マイク・シノダ 他
 出演 :イコ・ウワイス(ラマ)
     ヤヤン・ルヒアン(マッド・ドッグ)
     ジョー・タスリム(ジャカ)
     ドニー・アラムシャー(アンディ)
     レイ・サヘタピー(タマ・リヤディ)
     ピエール・グルノ
     テガール・サトリヤ

解説:
“シラット”と呼ばれる東南アジアの伝統武術を駆使した超絶アクションが、世界中の映画ファンの間で話題騒然となったインドネシア発のノンストップ・バトル・アクション。麻薬王が支配する高層アパートに強制捜査(レイド)に入ったSWAT隊と、各階で待ち受ける無数のギャングとの壮絶な死闘を、多彩かつハードなアクションと容赦のないバイオレンス描写で描き出していく。主演は実際にシラットの使い手でもあるイコ・ウワイス。本作の監督を務める英国の新鋭ギャレス・エヴァンスに見出され、前作「ザ・タイガーキッド ~旅立ちの鉄拳~」で俳優デビューを飾り、2作目となる本作で一躍世界的アクション・スターの仲間入りを果たした。共演もそれぞれ格闘家としての実績を持つヤヤン・ルヒアン、ジョー・タスリム。
 (allcinema)

あらすじ:
インドネシア、ジャカルタのスラム街には麻薬王タマ・リヤディが支配する廃屋寸前の高層アパートがそびえる。警察はリヤディ逮捕のために悪の巣窟となったその建物への強制捜査(Raid)に乗り出す。チームは新人警官ラマを含む20人のSWAT隊員。彼らは各フロアを順次制圧しながらリヤディのいる階を目指して上っていくが、大勢のリヤディ手下が襲ってくる上に退路を断たれてしまい-

インドネシア原題:Serbuan maut


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。