QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シン・シティ』(2005) - Sin City -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_478
動くアニメ、、ぁ、違う。アニメは元々動いてるわ。「動く人間コミック」こっちですね。度肝を抜かれたこの映像を初めて観た時は“すごい!こんなので映画が作れるんだ”と、ワケも分からず大はしゃぎした記憶が。動くアメコミの名に恥じず、出てくる人、出てくる人、カッコいいわ、綺麗すぎるわで、これは完璧なる「大人のための人間アメコミ」作品なのだ。

Sin_City_05-2


Sin_City_00

■ シン・シティ - Sin City - ■
2005年/アメリカ/124分
監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
脚本:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作:フランク・ミラー「シン・シティ」
製作:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 他
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 他
撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:ジョン・デブニー 他

解説:
 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
(allcinema)


Opening/Ending
出演:ジョシュ・ハートネット(ザ・マン)

Episode1/ハード グッバイ
あらすじ: 醜い容姿を持つ屈強な大男マーヴ。ある夜、一夜を共にした高級娼婦ゴールディが彼の隣で殺され、その犯人に祭り上げられる。愛をくれた彼女の敵を討つため、また自分を陥れた者に復讐するため真相を調べ始めたマーヴだったが、彼の前には大きな何者かが立ちはだかっていた ―
出演:
ミッキー・ローク(マーヴ)
ジェイミー・キング(ゴールディ)
カーラ・グギーノ(ルシール)
イライジャ・ウッド(ケヴィン)
ルトガー・ハウアー(ロアーク枢機卿)
フランク・ミラー(神父)

Episode2/ビッグ ファット キル
あらすじ:顔を変えシン・シティに潜むドワイトは、恋人シェリーに付きまとうジャッキー・ボーイをある夜、きつく締め上げた。それでも足りないと思ったドワイトは手下と共に娼婦街に向かうジャッキー・ボーイを追う。この街の娼婦街はドワイトの元恋人ゲイルが束ねる治外法権の一画。娼婦の一人を拳銃で脅したジャッキー・ボーイは手下もろとも娼婦達に殺された。だがジャッキー・ボーイの正体が警官であった事から、警察vs娼婦軍団の戦いが火を噴き ―
出演:
クライヴ・オーウェン(ドワイト)
ロザリオ・ドーソン(ゲイル)
ブリタニー・マーフィ(シェリー)
デヴォン青木(ミホ)
アレクシス・ブレデル(ベッキー)
ベニチオ・デル・トロ(ジャッキー・ボーイ)
マイケル・クラーク・ダンカン(マヌート)

Episode3/イエロー・バスタード
あらすじ:心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、ある夜、連続養女殺人鬼を追い詰め大怪我を負わし、少女ナンシーを助け出す。だがその殺人鬼が街の有力者であるロアーク議員の息子だったことから、逆に彼は追い詰められ殺人犯の汚名を着せられて収監されることに ―
出演:
ブルース・ウィリス(ハーティガン)
ジェシカ・アルバ(ナンシー)
マイケル・マドセン(ボブ)
ニック・スタール(ロアーク・ジュニア)
パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)


関連記事
スポンサーサイト

『エンジェル ウォーズ』(2011) - Sucker Punch -

Posted by momorex on   7  1

戦う者の人生は、戦わぬ者の人生よりはるかに美しい。武器は揃っている。さぁ、戦って

Sucker Punch_044


■エンジェル ウォーズ - Sucker Punch -■
2011年/アメリカ・カナダ/120分
監督:ザック・スナイダー
原案:ザック・スナイダー
脚本:ザック・スナイダー、スティーヴ・シブヤ
製作:ザック・スナイダー、デボラ・スナイダー
製作総指揮:ウェスリー・カラー、クリストファー・デファリア他
音楽:タイラー・ベイツ、マリウス・デ・ヴリース
撮影:ラリー・フォン

出演
エミリー・ブラウニング(ベイビードール)
アビー・コーニッシュ(スイートピー)
ジェナ・マローン(ロケット)
ヴァネッサ・ハジェンズ(ブロンディ)
ジェイミー・チャン(アンバー)
カーラ・グギーノ(ベラ・ゴルスキー博士)
オスカー・アイザック(ブルー・ジョーンズ)
ジョン・ハム(大富豪 / 医師)
スコット・グレン(ワイズマン/賢者/バスの運転手)

解説:
「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が、5人のセクシー美女を主人公に描く痛快ファンタジー・バトル・アクション大作。全てを奪われ精神病院送りとなった少女が、そこで出会った4人の美女と共に自らの運命を変えるため、空想世界を舞台に壮絶な闘いを繰り広げるさまを、ザック・スナイダー監督ならではのこだわりのヴィジュアル表現で描き出す。
 (allcinema)

あらすじ:
Sucker Punch_009妻を死に追いやったものの遺産を相続できないと知った醜悪な継父。猛り狂った継父が原因で妹を死なせてしまった少女ベイビードールは、継父の策略で精神病院へと送られ、ロボトミー手術を受ける手はずまで整えられてしまった。
恐ろしい手術を何とか回避して逃げ出すために空想世界に飛び込んだベイビードール。そこには一人の男が待っており、「さぁ武器は揃っている。自由を得るためには自ら戦え。」と伝えられ-


原題: Sucker Punchは「不意打ち」の意




アリス イン ナイトメア」というゲームをご存じだろうか。
2000年10月6日にエレクトロニック・アーツより発売された3Dホラーアクション・アドベンチャーゲームで、日本語版1作目は2001年1月にWindows版PCゲームとして発売された。
元になるお話はルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』で、これらの後日談として描かれている。
続編「アリス マッドネス リターンズ」は2011年に満を持して発売された。こちらはPS3、XBoxにも移植。
アリス イン ナイトメア/アリス マッドネス リターンズ


火事で愛する家族を失ったアリスは精神が崩壊し、精神病院に入院している。
死んだように日々を過ごすアリスだったが、白いうさぎの声に導かれ、
残忍なハートの女王が支配する不思議の国へと入り込む-。


story04
雰囲気は原作の世界観を元にホラー要素を加えたアレンジが施され、ディズニーアニメーションのアリスのような明るい雰囲気は皆無。ナイフなどを武器におどろおどろしいトランプ兵や公爵夫人と戦うアリス。血が飛び交い、身体が切断されるなどの描写のため、R指定を受けているゲーム。

本作『エンジェル ウォーズ』は、監督によると「マシンガンを持った『不思議の国のアリス』」ということだが、「アリス イン ナイトメア」とした方がより分かりやすく説明できると思う。
邦題の‘エンジェル ウォーズ’や解説にあるような‘セクシー美女’から想像されるものとは、ちょっと違う。もっと純粋で、自由を得るために大人を手玉に取った、というか取ろうとがんばる少女達の物語だ(少女でいいのかな..?)。

今回はビジュアル重視の画像レビューです。未見の方はご注意下さいますようお願いいたします。



    



現実世界
継父によって母親を死に追いやられ、幼い妹と二人きりになってしまった少女ベイビードール。母親の遺書に「全ての遺産は娘二人に」とあったため、怒り狂った継父は殺さんばかりに姉妹を追い詰める。
妹を助けるためにベイビードールが継父に向けて放った銃弾。しかしそれが妹の命を奪ってしまった。継父はここぞとばかりに彼女を精神病院に隔離し、金の力でロボトミー手術を受ける手はずを整えてしまう。
手術まで5日。その話を聞いていたベイビードールの意識は、突如、空想の世界へと跳ぶ-。
Sucker Punch_006 Sucker Punch_007 Sucker Punch_015


空想世界の入り口:クラブ(売春宿)
ショーを売り物にしている、クラブとは名ばかりの売春宿に連れてこられたベイビードール。
オーナーはブルーと呼ばれる男。新人は「大富豪」と呼ばれる紳士に供されるルールがある。見世物であり、品定めの場でもあるダンスのレッスン室に連れてこられたベイビードール。マダム・ゴルスキーに突然踊ってみるように言われ集中していると、音楽に乗せ身体が動き出し、次のステージへと跳ぶ-。
Sucker Punch_025 Sucker Punch_031 Sucker Punch_035


ステージ1:山寺
跳んだ先は雪深い山寺。そこには住職ならぬ一人の男がいた。
「何か用か」と尋ねられ「出口を探している」と答えるベイビードール。男は自由への切符を手に入れるためには5つのアイテムが必要だと言う。
Sucker Punch_038 Sucker Punch_039 Sucker Punch_040
そのアイテムとは「地図、 、 ナイフ、 、 最後の一つは自分で考えろ」。
そのアイテムを手に入れるためには、自らが武器をとり戦わなくてはならないと。さぁ、武器はここに揃っている。戦え。武器をとれ
Sucker Punch_043

Sucker Punch_048 Sucker Punch_056 Sucker Punch_060

この山寺のステージでは、戦いをそそのかす「男」が現れる。
その男は自分の欲しい物は自分の力で手に入れろ、と指南する。このステージでの敵は日本の武士のようなモンスター。ほとんどゲームの格闘シーンのようで見応えがある。監督はゲームではない、と言っているようだが..。
この女子もがんばっている。

死闘を終えたベイビードールは武器を手に入れ、クラブへと戻る。


ステージ2:戦場
武器を手に入れたベイビードールは売春宿脱出の仲間をクラブで見つけ、アイテムを探すための戦いを一緒にやっていくことになった。音楽と共にダンスを始めるとアイテムを探すステージへ移動できることを確認。今回のステージより、仲間4人と共に空想空間へ跳ぶ。
今回のステージは第2次世界大戦の(ような)戦場。ゾンビと化したナチスの持つ地図を手に入れることがミッションだ。
例の男からの助言は力を合わせろ
Sucker Punch_069

Sucker Punch_072 Sucker Punch_081 Sucker Punch_094


ステージ3:塔
今回のミッションは、ウルク=ハイが守るドラゴンの子供から2つのクリスタルを盗むこと。2つのクリスタルをこすることでが生まれる。今回の助言は守れもしない約束はするな
Sucker Punch_110

Sucker Punch_112 Sucker Punch_115 Sucker Punch_130
誰がなんと言っても、これは『ロード・オブ・ザ・リング』のあの場所ですよね。敵もウルク=ハイですし。しかし本当の敵はウルクではなく、大物が待っている。


ステージ4:列車
ほとんど『チャーリーズ・エンジェル』のようになってきた。
今回、男からのミッションは爆弾が仕掛けられた暴走列車に乗り移り、爆弾魔ロボットをやっつけ爆弾を解除し、ナイフを手に入れること。
Sucker Punch_153

Sucker Punch_147 Sucker Punch_151 Sucker Punch_154






さて、アイテム3つ目まできましたが、内容紹介はこの辺までにしておきましょう。

この作品は上記の通り、いくつものステージに分かれ、それぞれに異なるミッションが遂行されるが、どれも見応えがあり目が釘付けになる。スナイダー監督らしく、どんな小さなシーンであっても力強く、映像と音楽が一体になって迫ってくる。
しかも、派手シーンばかりがいいのではない。
ゆっくり動くカメラを追っていくと、あれっ、と思うような仕掛けがいくつか仕込まれている。不思議の空想世界なので、何が起きてもおかしくはない。
Sucker Punch_067


    




本作ではアイテムの他にも音楽が重要な役割を担っている。曲に合わせてダンスが始まると共に、空想世界へ飛び立つ。その力強いシーンを盛り立てている。
異世界の雰囲気が漂う序盤のベイビードールがカバーする「Sweet Dreams (Are Made of This)」やビョークの歌う「Army of Me (Sucker Punch Remix)」、クイーン「I Want It All / We Will Rock You Mash-Up」など、音楽センスは抜群だ。
評論家による映画作品そのものの評価はよくないらしいが、サウンドトラックはチャート入りしている。




監督 ザック・スナイダー
ZachSnyderMarアメリカ合衆国ウィスコンシン州グリーン・ベイ出身。
ロンドンのヒーサリーズ・スクールで絵画を学び、カリフォルニア州パサデナの名門アート・センター・カレッジ・オブ・デザインにおいて大胆な映画制作スタイルを確立する。ミュージック・ビデオやCMのディレクターとして数多くの賞を受賞。『ゾンビ』のリメイク作品『ドーン・オブ・ザ・デッド』で長編映画デビュー。妻のデボラ・スナイダーと共に、自身の製作会社クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズを設立した。(Wiki)
■主な作品
・ドーン・オブ・ザ・デッド -Dawn of the Dead (2004) 監督
300 〈スリーハンドレッド〉 -300 (2007) 監督・脚本
・ウォッチメン -Watchmen (2009) 監督
・ガフールの伝説 Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole (2010) 監督
・マン・オブ・スティール -Man of Steel (2013) 監督

『300』が大好きで、公開時は、うはうは言いながら映画館に駆け付た管理人です。
  wp58




エミリー・ブラウニング(ベイビードール)
Sucker Punch_103オーストラリアの女優。
1998年にジュディ・デイヴィス主演のテレビ映画『The Echo of Thunder』でデビュー。2001年の『The Man Who Sued God』で映画デビュー。翌年公開の『ゴーストシップ』で注目を集める。
2005年に『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のPRで共演のリアム・エイケンとブラッド・シルバーリング監督と共に来日した。また、同作品で放送映画批評家協会賞の若手女優賞にノミネートされた。(Wiki)
■主な出演作品
・ゴーストシップ -Ghost Ship (2002)
・黒の怨 -Darkness Falls (2003)
・レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
 - Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events (2004)
ゲスト -The Uninvited (2009)
・スリーピング ビューティー/禁断の悦び -Sleeping Beauty (2011)

監督はベビイドール役にアマンダ・セイフリード(『赤ずきん』)を希望したそうだ。結果オーライかと思う。






自分の人生を生きていくことをすっかりあきらめ、いいなりになっていた彼女達が、自ら立ち上がり武器を持ち、自由を得る戦いに赴くことを決意する。しかし、勧善懲悪の単純なサクセスストーリーではない。
ベースになっている「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」や、似ていると感じる「アリス イン ナイトメア」や『アリス・イン・ワンダーランド(2010)』も同じく、自分の意志で進む道を追求していく物語だ。
本作『エンジェル ウォーズ』の彼女達も、自分の道を切り開き、どんな結果になろうとも歩き続けて行く。
その後ろ姿は力強い。

ではまた

Sucker Punch_141



2012.10.4追記
facebookに画像集をあげました。『エンジェル ウォーズ』画像集

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

関連記事

『人喰い人魚伝説』(2000/TV Movie) - She Creature -

Posted by momorex on   4  2

伝説の人魚が牙をむく

SeeCreature_07



SeeCreature_21

■人喰い人魚伝説 -She Creature-■
2000年TV映画/アメリカ/89分
監督:セバスチャン・グティエレス
脚本:セバスチャン・グティエレス
製作:ルー・アーコフ他
音楽:デヴィッド・レイノルズ
撮影:トム・キャラウェイ
出演:カーラ・グギーノ(リリー)
   ルーファス・シーウェル(アンガス)
   リア・キルステッド(人魚)



解説:
伝説の人魚が自分を見世物にしようとした興行師一行を次々襲うサスペンス・ホラー。オリジナルは56年の「怪物の女性/海獣の霊を呼ぶ女」。監督は「裏切りのKiSS」のセバスチャン・グティエレス。出演は「スパイキッズ」のカーラ・グギーノと「ROCK YOU![ロック・ユー!]」「ダークシティ」のルーファス・シーウェル。
 (allcinema)

あらすじ:
SeeCreature_0820世紀に入って間もなくの頃のアイルランド。興行主アンガスはサーカスや偽物の「ゾンビ、人魚」などを客に見せる見世物小屋を運営していた。明日は出稼ぎ先のアメリカに出発という前夜、なりゆきから小屋に来ていた奇妙な老人の屋敷に人魚役の恋人リリーと一緒に招かれた。
「人魚は本当にいる。妻は人魚に殺された」とおかしな話を始めた老人。最初はバカな話と取り合わなかった2人だったが、では、と奥の部屋に案内され、水槽の中の鎖で繋がれた人魚を見せられる-





決してB級ホラーではございません。
TV映画ではあるけれど、きちんと作られ、俳優も豪華なゴシック・ホラーとなっております。

まず設定は1900年初頭のアイルランド。
街には馬車が通り、海には帆船。一般大衆にとっては、まだろうそくの時代だ。
アイルランドでは少し前に大飢饉がおき、多数のアイルランド人がアメリカ大陸へと移住している。
本作のアンガス達一行も一山当てにアメリカへ旅立とうとしていた。しかし出し物はいまいちパッとしない。そこに天から降ったような本物の「人魚」を見せられ、目がキラキラ。
その目がキラキラからギラギラになり、物語は興業一家を破滅へと誘っていく-。

元から目がキラキラの興行主アンガス ルーファス・シーウェル
SeeCreature_04決して人は悪くないが、欲に負けてしまって老人の屋敷から「人魚」を盗み出してしまった。あれほど老人が忠告したのに_。
演じたのはちょこちょこ見かけるルーファス・シーウェル。
イギリスの俳優で、ブロードウェイの舞台にも立っている。映画では『ダークシティ(1998)』『ROCK YOU!(2001)』『ツーリスト(2010)』などに出演。最近のドラマ『ダークエイジ・ロマン 大聖堂(2010)』では途中まで主役のトム役を、『ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン 3つの事件(2011)』では主役を演じた。

恋人リリー カーラ・グギーノ
SeeCreature_09不吉な予感がするからと、「人魚」を連れて行くのを止めたリリー。船が出帆してからは何かと「人魚」の世話をした優しい彼女だったが-。
シン・シティ(2005)』では指を食われた囚われの女を演じたカーラ・グギーノ。本作でも人魚に喰われてしまうのか!?
最新作は『ニューイヤーズ・イヴ(2011)』のモリセット医師。



本作は1956年製作のアメリカ映画『怪物の女性/海獣の霊を呼ぶ女』のリメイク作。
なんともおどろおどろしいタイトルだが、こちらは人魚というよりも「半魚人」の恐怖を描いたモンスター映画だ。
この検索結果でだいたいイメージして頂けると思う。
内容は

海辺のロッジで新婚カップルが殺害され、現場には海草と奇妙な足跡が残されていた。精神科医テッドは、助手の美女を相手に怪しげな催眠実験を行う男をマークするが……。(映画.com)


というもので、1930~1950年代に量産されたモンスター映画の中の1本のようだ。
脚本家でもある監督セバスチャン・グティエレスは、本作『人喰い人魚伝説』の他にも『ゴシカ(2003)』『スネーク・フライト(2006)』の脚本も手がけている。



mermaid「人魚」を扱った作品は、アニメだと割とたくさんあるようだが、映画となると案外少ない。
有名どころはトム・ハンクス主演『スプラッシュ(1984)』。他にも香港映画『人魚伝説(1994)』、『愛しのアクアマリン(2006)』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011)』などがあり、どれもファンタジーとして描かれ、人間界では立場の弱い人魚(女性)を守る男性をイメージされているように思われる。
しかし日本の作品でこんなものが
 『ザ・ギニーピッグ マンホールの中の人魚』1988年/監督、原作、脚本:日野日出志

 ※注)ファンタジーではありませんので、決して検索しないでください。



本作の人魚は元モデルのリア・キルステッドが演じており、非常に美しい。非常に美しいのだが、なぜかゾクっとする怖さがある。一つは表情のない顔のガラス玉のような目。そしてもう一つは美しいはずの人魚のしっぽだ。
SeeCreature_05通常、人魚のしっぽといえば「リトル・マーメイド」のアリエルや『スプラッシュ』の薄いレースのようなさらさらした感じを想像する。が、本作の人魚のしっぽは、なんていうか爬虫類や昆虫を思わせるもので、それが特に空中で動く様はまるで太い蛇のよう。それも二つに分かれている。

 おわかり頂けるだろうか。

それを船に持ち込んだアンガス。タイトルに「人喰い」と壮大なネタバレがあるからもうお分かりかと思うが、鎖から放たれたこの蛇人魚は人を襲いはじめ、船上は修羅場と化す。しかもこの人魚は人を操る技を持ち、船長を支配。かくして船はアンガスが夢見たアメリカではなく、恐ろしい場所へと舵を切る-。

おぉー。どうやらこの作品を定期的に繰り返し観たくなるのは、この「しっぽ」とゴシックの組み合わせのせいかもしれない。「見世物小屋」というのも何か悪いことをしているようで、一人で電気を消して観るのに適しているように思われる。
が、本作の最後部分はちょっと残念な『スピーシーズ』的B級臭が漂う。しかしそれに目をつぶっても、この「しっぽ」の造形にはあまりある恐怖がある。
「フランケンシュタイン」のゴシック作家メアリー・シェリーが出てくる映画、その名も『ゴシック(1986/ケン・ラッセル監督)』。本作はこんな感じの作品が好きな方にオススメしたい映画です。
■ゴシック -Gothic- (1986年/イギリス)
 監督: ケン・ラッセル
 出演: ガブリエル・バーン, ジュリアン・サンズ,
    ナターシャ・リチャードソン


1816年のある日、ディオダディ荘で『フランケンシュタイン』『吸血鬼』を生み出したという怪奇談義を舞台に繰り広げられる近代ホラー。監督は鬼才ケン・ラッセル。
スイス郊外にあるバイロン伯爵の壮大な屋敷にやって来た3人の客。詩人シェリーと愛人メアリー、彼女の義理の妹クレア。その夜、この屋敷の侍医でもあるポリドリと共にディナーパーティが開かれる。それは文学史上最も重大な一夜になる事を、未だ誰も知らなかった。
幻想と怪奇の世界を独特の映像美で綴る恐怖映画の傑作!! (Amazon)
このブログの記事『ゴシック』(1986)


これも久しぶりに観たくなってきた。しかしTSUTAYAには無いようだ。。
ではまた

SeeCreature_11

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。