QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『呪いの深海獣』(1966) - Destination Inner Space -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_494-2
とっても楽しいモンスター・パニックSF映画です。モンスターは深海の半魚人じゃなくて、なんと宇宙から来たエイリアン!それもたった一人で地球で大暴れするという大きな使命を持っていた!(?)


Destination_Inner_Space-movie1966_00

■ 呪いの深海獣 - Destination Inner Space - ■
1966年/アメリカ/81分
監督:フランシス・D・ライオン
脚本:アーサー・C・ピアース
製作:アール・ライオン
製作総指揮:フレッド・ジョーダン
撮影:ブリック・マークァード
音楽:ポール・ダンラップ

出演:
スコット・ブラディ
シェリー・ノース
ゲイリー・メリル
ウェンディ・ワグナー
マイク・ロード
ジョン・ハワード
ウィリアム・ソールビー
ビフ・エリオット
ジェームズ・ホン



解説:
世界中で幻とされた深海モンスターホラーが、半世紀かけて遂に日本解禁!「アマゾンの半魚人」に並ぶ造形の出来の良さにファンが多い幻のカルト作で「呪いの城」と並列して製作された為、スタッフとキャストがほぼ同一。主演は「グレムリン」や「夜歩く男」「チャイナ・シンドローム」のスコット・ブラディ。 監督は「南海の冒険」や「呪いの城」「成層圏脱出」等、アメリカ映画の裏SFの歴史を担うフランシス・D・ライオン。
(amazon)

あらすじ:
深海に研究所を構えて海洋生物を研究していたチームがある日、巨大な潜水艦のようなものが近付いてくるのを発見。軍に連絡を入れ士官が調査のために深海研究所に訪れる。早速、調査を始めたところ、その潜水艦のようなものは宇宙から飛来した宇宙船と分かった上、宇宙船から持ち帰ったカプセルが割れて半魚人のような宇宙人が現れ ―


関連記事
スポンサーサイト

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013) - Under the Skin -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_491
これは一言で言うなら「釣り」のお話です。釣り人は地球外生命体、釣り餌はスカーレット・ヨハンソン、獲物は人間。釣り餌がよく出来ているから釣れるわ、釣れるわ、で地球外生命体うはうは状態。で捕った獲物をどうするのかというと、、
あ、結構ネタバレしてると思います!


Under_the_Skin-2013_01

■ アンダー・ザ・スキン 種の捕食 - Under the Skin - ■
2013年/イギリス・アメリカ・スイス/108分
監督:ジョナサン・グレイザー
脚本:ウォルター・キャンベル、ジョナサン・グレイザー
原作:ミッシェル・フェイバー「アンダー・ザ・スキン」
製作:ジェームズ・ウィルソン 他
製作総指揮:テッサ・ロス 他
撮影:ダニエル・ランディン
音楽:ミカ・レヴィ

出演:
スカーレット・ヨハンソン
ジェレミー・マクウィリアムス
ジョー・スズラ
クリシュトフ・ハーディック
ポール・ブラニガン
アダム・ピアソン
マイケル・モアランド
デイヴ・アクトン
ジェシカ・マンス



解説:
スカーレット・ヨハンソンがセクシーな美女に姿を変えた謎の地球外生命体を演じる異色のSFスリラー。道行く男たちを次々と飲み込んでいく孤独な捕食者のミステリアスな心の軌跡を、心象映像ベースのスタイリッシュな筆致で描き出す。原作はミッシェル・フェイバーの処女小説。監督は「セクシー・ビースト」「記憶の棘」の映像派、ジョナサン・グレイザー。
(allcinema)

あらすじ:
スコットランド。バンを運転し街で男に声をかけては家に誘う美しい女がいた。着いて行った男はそのまま姿を消すが、一人で歩いていた男や一人暮らしの男を狙っているという用意周到さで事件にもならない。だがある夜、顔に大きな腫瘍の出来た男に声をかけたことから、彼女の中で何かが変わり、ルール外の行動を取り始める ―


関連記事

『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014) - Transformers: Age of Extinction -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_425
『トランスフォーマー』4作目、新たなシリーズの1作目になるのかな。安定のベイ監督節(妙なコント要素)が前3作と同じように盛り込まれつつ繰り広げられるオートボット達と敵との戦いの迫力はさすが。マーク・ウォールバーグの参加もとてもうまくいっている。でもね彼の役名が「イェーガー」なんですよ、「イェーガー

■トランスフォーマー/ロストエイジ - Transformers: Age of Extinction -■
Transformers4_072014年/アメリカ/165分
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
製作:ドン・マーフィ 他
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 他
撮影:アミール・モクリ
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演:
 マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)
 ニコラ・ペルツ(テッサ・イェーガー)
 スタンリー・トゥッチ(ジョシュア・ジョイス)
 ジャック・レイナー(シェーン・ダイソン)
 T・J・ミラー(ルーカス)
 ケルシー・グラマー(ハロルド)
 ソフィア・マイルズ(ダーシー)
 リー・ビンビン(スー)

解説:
人気アクション・フィギュアを基にしたマイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション超大作の第4弾。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。共演はニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ。また、侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙が担当。
(allcinema)
あらすじ:
シカゴの戦いから5年。CIA特殊チームによるディセプティコン残党狩りが進められる中、人類のために戦ったオートボット達は巻き込まれないように身を隠す日々が続いていた。今やどのロボット生命体も人類の敵と位置づけられていたのだ。そんな中、テキサスで修理解体を営む発明家ケイド・イェーガーは、ボロボロの古いトラックを出先で見つけ手に入れる ―


関連記事

『スピーシーズ 種の起源』(1995) - Species -

Posted by momorex on   4  0

entry-image_407
“1作目は案外きちんと作られていたんだ”シリーズ。続編が出るたび、「ヘンなの」という感想のまま観なくなったシリーズ映画だったけど、久し振りに1作目を観てびっくり。ストーリーはきちんと流れ、有名なあんな人やこんな人も出ているし、『エイリアン』を彷彿とさせるシーンがあったり、何よりモンスターデザインはギーガーときた。

Species_03■スピーシーズ 種の起源 - Species -■
1995年/アメリカ/109分
監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:デニス・フェルドマン
製作:フランク・マンキューソ・Jr 他
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
音楽:クリストファー・ヤング
モンスター・デザイン:H・R・ギーガー
出演:ベン・キングズレー(フィッチ)
   マイケル・マドセン(プレス)
   アルフレッド・モリナ(スティーブン)
   フォレスト・ウィテカー(ダン)
   マージ・ヘルゲンバーガー(ローラ)
   ナターシャ・ヘンストリッジ(シル)
   ミシェル・ウィリアムズ(シル少女期)


解説:
宇宙からの情報を基に人類が作り出した生命体の暴走を描くSFスリラー。
(allcinema)

あらすじ:
宇宙の未知の存在からDNA塩基配列を含んだメッセージを受けたSETI(地球外文明探査)のチームは、人類のDNAと掛け合わせて新たな生命体を誕生させることに成功する。シルと名付けられた生命体は見かけは可憐な少女だったが、恐るべき力を宿していることが分かる。シルを抹殺することに決めたチーム。しかしシルは暴れだし、その混乱の中、研究所を逃げ出してしまう ―


関連記事

『スキンウォーカー・プロジェクト』(2013) - Skinwalker Ranch -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_406
よくあるPOV式+監視カメラホラー。その上、ほとんどが夜間で見えにくいったらありゃしない。んだけど、舞台は超常現象が多発し過ぎて今は誰も住んでいないとされる米ユタ州にある牧場「スキンウォーカー・ランチ」。せっかくの美味しい材料なんだから、POVとかB級風映画とかじゃなくて、大きくどーんとやって欲しかったなー。どーんと

Skinwalker_Ranch_01■スキンウォーカー・プロジェクト - Skinwalker Ranch -■
2013年/アメリカ/86分
監督・製作:デヴィン・マッギン
脚本:アダム・オーラー
撮影:マイク・ブラック
出演:ジョン・グライス
   エリン・ケイヒル
   スティーブ・バーグ
   カイル・デイビス


解説:
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「REC レック」シリーズで人気のPOV(Point of View=主観ショット)方式を用い、超常現象と謎の陰謀の恐怖を描いたホラー。「未体験ゾーンの映画たち 2014」上映作品。


あらすじ:
米ユタ州の牧場で、10歳の子どもが失踪する事件が発生。不可解な状況に、父親は超常現象を調査する科学チームに捜査を依頼する。捜査チームは事件の全貌を解明しようと動き始めるが、480エーカーの広大な土地を有するその牧場では、UFOやポルターガイスト、奇妙な生物の目撃談などが多数寄せられていたことがわかり ―

(映画.com)



関連記事

『寄生体X』(2012) - Dead Shadows -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_359
ゥワ~ン、面白くなかったよー 75分と短い中でなかなかモンスターが姿を現さないし、頭を剃った人の区別は付かないし、第一なんでモンスター化していくのか分からなかった~。なんなの、この中途半端な感じは。レンタルした私が悪いんですかーー

Dead_Shadows_01■寄生体X - Dead Shadows -■
 2012年/フランス/75分
 監督:ダヴィッド・ショレワ
 脚本:ヴァンサン・ジューレ
 製作:ダヴィッド・ショレワ 他
 撮影:トマ・ラメ
 音楽:ケヴィン・リープル
 出演:ファビアン・ウルフロム(クリス)
    ブランディン・マーミゲール(クレア)
    ジョン・ファロン(ジョン)
    ルーリク・サル(凶悪犯リーダー)
    ジョアンナ・セロー(ロール)
    シルヴァン・デュボワ(浮浪者)
    バイヤ・レハズ
    フランク・ペナウド

解説:
彗星の接近を引き金に惨劇の街と化した終末世界を描く、フランス発の異色SFアクション・ホラー。
(allcinema)

あらすじ:
かつてハレー彗星が接近した夜に両親を惨殺されたクリス。その10年後、彗星接近にお祭り騒ぎで若者が騒ぐ中、いち早く街の異変に気が付いた彼はなんとか脱出を試みようとするが ―


関連記事

『セール・オブ・ザ・デッド』(2008) - I Sell the Dead -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_335
“オブ・ザ・デッド”が付いているけれど、のんびりしたコメディチックなゴシック・ホラー。主役の2人の経験したことは、とても信じられない恐ろしく面白いものなのに、事実をそのままにポツポツ語られていくものだから、緊張感は無い ホラー性よりも登場人物のユニークさを楽しむ映画で、監督は『V/H/S シンドローム』4話目のグレン・マクエイド

I_Sell_the_Dead_05■セール・オブ・ザ・デッド - I Sell the Dead -■
 2008年/アメリカ/85分
 監督:グレン・マクエイド
 脚本:グレン・マクエイド
 製作:ラリー・フェセンデン 他
 撮影:リチャード・ロペス
 音楽:ジェフ・グレイス
 出演:ドミニク・モナハン(アーサー・ブレイク)
    ラリー・フェセンデン(ウィリー)
    アンガス・スクリム(クイント博士)
    ロン・パールマン(ダフィー神父)
    アイリーン・コルガン
    ジョン・スパーダコス
    ブレンダ・クーニー
    ダニエル・マンチ
    ジョエル・ガーランド
    ジェームズ・ゴッドウィン
    エイダン・レドモンド

解説:
テレビシリーズ「LOST」のドミニク・モナハン主演の“生きている死体”をめぐるホラー・コメディ。共演にラリー・フェセンデン、ロン・パールマン、アンガス・スクリムら。監督はこれが長編デビューとなるグレン・マクエイド。
(allcinema)

あらすじ:
18世紀アイルランド。牢屋で死刑を待っている死体泥棒アーサーの元にダフィー神父が訪ねてくる。死刑囚の最後の言葉を聞きに来たという神父に、アーサーは相棒ウィリーと経験した、死体泥棒にまつわる話を語り始める。それは、とても信じられないような奇妙で突飛なものだった ―


関連記事

『V/H/S ネクストレベル』(2013) - V/H/S/2 -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_327
「ホントにあった呪いのビデオ」豪華アメリカ版ぐらいの印象だった1作目がよりパワーアップ。理解しやすい内容に、短編ホラーのオムニバスとして観ても面白い。今回のビデオは全5本。普通の人々が突如現れた“何者”かに無残に襲われる姿を描く。

VHS2_01■V/H/S ネクストレベル - V/H/S/2 -■
 2013年/アメリカ/96分
 製作:ゲイリー・ビンコウ 他
 製作総指揮:サイモン・バレット 他



ジャンル系最強監督が放つ、過激描写MAXなネクスト・ホラー・レベル!
解説:
6組の若手ホラー作家が“ファウンド・フッテージ”スタイルで競作し反響を巻き起こした「V/H/S シンドローム」の第二弾。前作でメガホンを執ったアダム・ウィンガードとサイモン・バレットに加え、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のエドゥアルド・サンチェスとグレッグ・ヘイル、さらに「ホーボー・ウィズ・ショットガン」のジェイソン・アイズナーと「ザ・レイド」のギャレス・エヴァンスが参加。
 (allcinema)

あらすじ:
連絡の取れない大学生息子の調査を依頼された私立探偵の男と助手。早速、2人は息子の住む一軒家に侵入、大量に残されていたビデオテープを再生することに。だが、そこには想像を絶する狂気の映像が記録されていた ―


関連記事

『ダークスカイズ』(2013) - Dark Skies -

Posted by momorex on   4  2

entry-image_293
今度はどんなお化け屋敷かなっと軽い気持ちで観始めたが、これはっ・・ よくある心霊ホラー屋敷で始まり、途中でググッと意外な展開に。ストレスにさらされた現代の家族に降りかかる本当の恐怖と絶望。この家族に希望はあるのか― それはご覧になって確認を。

Dark Skies_03■ダークスカイズ - Dark Skies -■
 2013年/アメリカ/96分
 監督:スコット・スチュワート
 脚本:スコット・スチュワート
 製作:ジェイソン・ブラム
 製作総指揮:スコット・スチュワート 他
 撮影:デヴィッド・ボイド
 音楽:ジョセフ・ビシャラ
 出演:ケリー・ラッセル(レイシー)
    ジョシュ・ハミルトン(ダニエル)
    ダコタ・ゴヨ(ジェシー)
    ケイダン・ロケット(サム)
    J・K・シモンズ(ポラード)
    L・J・ベネット
    リッチ・ハッチマン

解説:
「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、ジェイソン・ブラムが、「レギオン」「プリースト」のスコット・スチュワートを監督に迎えて放つホラー・サスペンス。郊外住宅地に暮らす平穏な一家を襲った不可解な現象の顛末を心霊ホラー・タッチのアプローチで描き出す。出演はケリー・ラッセル、ジョシュ・ハミルトン。
 (allcinema)

あらすじ:
郊外の閑静な住宅街に暮らす夫婦と息子2人のバレット一家。失業中の夫を妻が支えるが、ある時から家の中で奇妙な現象が起き始める。最初は子供のイタズラかと思われたが、夜中に下の息子の脇に立つ不気味な人影を妻レイシーが目撃し ―


関連記事

『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』(2011) - L'arrivo di Wang -

Posted by momorex on   2  1

L'arrivo di Wang_01s
なんかトボけたエイリアンもの、香港の映画なのかなー、くらいに思っていた。ところが、イタリア映画ではないですか!それも主役の女性ガイアが綺麗で可愛い! 少し変わったアプローチのエイリアンものだが、予想を裏切らない展開に安心して観ることができるSF・コメディ作品。

L'arrivo di Wang_03■宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 - L'arrivo di Wang -■
 2011年/イタリア/83分
 監督 :アントニオ・マネッティ、マルコ・マネッティ
 脚本 :アントニオ・マネッティ、マルコ・マネッティ
 撮影 :アレッサンドロ・キオド
 音楽 :ピヴィオ、アルド・デ・スカルツィ
 出演 :エンニオ・ファンタスティキーニ(キュルティ)
     フランチェスカ・クティカ(ガイア)
     ジュリエット・エセイ・ジョセフ(アモニーケ)
     アントネット・モローニ(マックス)
     リ・ヤング(王さん)

解説:
その奇想天外で人を食ったアイデアとストーリー設定で評判を呼び、世界各国の映画祭で上映されてカルト的な人気と支持を得た、ユニークきわまりない低予算SFコメディ。
 (WOWOW)

あらすじ:
通訳の仕事をしているイタリア人女性ガイアは、ある日、正体の知れない組織から緊急の仕事を請け負うことに。政府の組織らしい車に乗せられ連れて行かれたのは地下の尋問室。そしてそこに対象として座っていたのは、見たこともない生物、エイリアンだった-


英題:The Arrival of Wang


関連記事

『パシフィック・リム』(2013) - Pacific Rim -

Posted by momorex on   4  12

Pacific Rim_000s
IMAX 3Dで観てきましたよ。『トランスフォーマー』と違って、無駄なドラマ部分はあまり無く、とにかくKAIJUとのバトル!バトル!バトル!! こんな巨大なエイリアンとロボットは初めて見たよー。最初は「巨大なもの恐怖症」の自分は観続けることが出来るかちょっと心配になったけど、大丈夫だった(ヨカッタ)。ストーリーは簡単で難しい部分は無いから、大人でも子供でも楽しめる。もうちょっとでパイロットと一緒に腕を振り回すところだった(アブナー

Pacific Rim_021

■パシフィック・リム - Pacific Rim -■ 2013年/アメリカ/132分
 監督 :ギレルモ・デル・トロ
 脚本 :トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
 原案 :トラヴィス・ビーチャム
 製作 :ジョン・ジャッシニ 他
 制作総指揮:カラム・グリーン
 撮影 :ギレルモ・ナヴァロ
 音楽 :ラミン・ジャヴァディ
 出演 :チャーリー・ハナム(ローリー・ベケット)
     菊地 凛子(森 マコ)
     イドリス・エルバ(スタッカー・ペントコスト)
     チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)
     バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴットリーブ)
     クリフトン・コリンズ・Jr(テンドー・チョイ)
     マックス・マルティーニ(ハーク・ハンセン)
     ロバート・カジンスキー(チャック・ハンセン)
     チャールズ・ルー、ランス・ルー、マーク・ルー(タン3兄弟)
     ロバート・マイエ(アレクシス・カイダノフスキー)
     ヘザー・ドークセン(サーシャ・カイダノフスキー)
     ロン・パールマン(ハンニバル・チャウ)
     ディエゴ・クラテンホフ(ヤンシー・ベケット)
     芦田 愛菜(森マコ幼少期)

解説:
日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション・エンタテインメント超大作。出演はチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン。また人気子役の芦田愛菜が菊地凛子の少女時代を演じてハリウッド・デビューを飾ったことも話題に。
 (allcinema)

あらすじ:
深海から突如現れた巨大エイリアン“KAIJU”。この凶悪なKAIJUは大都市を次々に襲撃、容赦なく破壊していく。そこで人類はこのKAIJUと戦うために世界中が力を合わせ、“イェーガー(ドイツ語で狩人)”という巨大ロボットを開発。2人のパイロットが操縦しKAIJUに向かっていく。がしかし、次々に現れるKAIJUは、その度にパワーアップ。次第にイェーガーでは太刀打ちできなくなっていく-



関連記事

『アポロ18』(2011) - Apollo 18 -

Posted by momorex on   5  1

Apollo18_0s
終わったはずのアポロ計画の後に極秘で打ち上げられたアポロ18号のミッションを飛行士の一人が全て記録していた。前半は宇宙版“ホントにあった呪いのビデオ”のように進んでいき、所々に得体の知れない何かが映り込んでいる。「あっ、ここにも、、おっ今っ・・」呪いのビデオで訓練してきた管理人にはおちゃのこ(古っ)だったが、さて、あなたはいくつ見つけることが出来るかな?・・あ、そういう映画ではなかった・・

Apollo18_00■アポロ18 - Apollo 18 -■ 2011年/アメリカ・カナダ/86分
 監督   :ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
 脚本   :ブライアン・ミラー
 製作   :ティムール・ベクマンベトフ 他
 製作総指揮:ロン・シュミット 他
 撮影   :ホセ・ダビ・モンテーロ
 音楽   :ハリー・コーエン
 出演   :ライアン・ロビンズ (ジョン・グレイ)
       ロイド・オーウェン (ネイサン・ウォーカー)
       ウォーレン・クリスティー(ベン・アンダーソン)
解説:
人類初の月面着陸という偉業を成し遂げた、アメリカ航空宇宙局によるアポロ計画。アポロ17号の飛行を最後にこの計画は終了したが、実は何を隠そう、18号も月面に到達し、そこで恐るべき出来事に遭遇していたのだった!? 近年になって偶然発見された秘蔵映像をもとにその知られざる真実に迫ると称する「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の宇宙版というべき低予算トンデモ映画。出演は「ミス・ポター」のL・オーウェンほか。


あらすじ:
1961年から72年にかけて計6回の有人月面着陸に成功した、アメリカ航空宇宙局(NASA)による夢のアポロ計画。しかしNASAは17号の飛行を最後に、当初20号まで予定されていた計画を打ち切ることを決定。それから歳月は流れて2011年、84時間にも及ぶNASAの秘蔵映像が、ネットの片隅で偶然発見されることに。そこには公式には存在しないはずのアポロ18号のミッションの一部始終が記録されていた-
 (WOWOW)


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。