QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シン・シティ』(2005) - Sin City -

Posted by momorex on   4  1

entry-image_478
動くアニメ、、ぁ、違う。アニメは元々動いてるわ。「動く人間コミック」こっちですね。度肝を抜かれたこの映像を初めて観た時は“すごい!こんなので映画が作れるんだ”と、ワケも分からず大はしゃぎした記憶が。動くアメコミの名に恥じず、出てくる人、出てくる人、カッコいいわ、綺麗すぎるわで、これは完璧なる「大人のための人間アメコミ」作品なのだ。

Sin_City_05-2


Sin_City_00

■ シン・シティ - Sin City - ■
2005年/アメリカ/124分
監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
脚本:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作:フランク・ミラー「シン・シティ」
製作:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー 他
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 他
撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:ジョン・デブニー 他

解説:
 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
(allcinema)


Opening/Ending
出演:ジョシュ・ハートネット(ザ・マン)

Episode1/ハード グッバイ
あらすじ: 醜い容姿を持つ屈強な大男マーヴ。ある夜、一夜を共にした高級娼婦ゴールディが彼の隣で殺され、その犯人に祭り上げられる。愛をくれた彼女の敵を討つため、また自分を陥れた者に復讐するため真相を調べ始めたマーヴだったが、彼の前には大きな何者かが立ちはだかっていた ―
出演:
ミッキー・ローク(マーヴ)
ジェイミー・キング(ゴールディ)
カーラ・グギーノ(ルシール)
イライジャ・ウッド(ケヴィン)
ルトガー・ハウアー(ロアーク枢機卿)
フランク・ミラー(神父)

Episode2/ビッグ ファット キル
あらすじ:顔を変えシン・シティに潜むドワイトは、恋人シェリーに付きまとうジャッキー・ボーイをある夜、きつく締め上げた。それでも足りないと思ったドワイトは手下と共に娼婦街に向かうジャッキー・ボーイを追う。この街の娼婦街はドワイトの元恋人ゲイルが束ねる治外法権の一画。娼婦の一人を拳銃で脅したジャッキー・ボーイは手下もろとも娼婦達に殺された。だがジャッキー・ボーイの正体が警官であった事から、警察vs娼婦軍団の戦いが火を噴き ―
出演:
クライヴ・オーウェン(ドワイト)
ロザリオ・ドーソン(ゲイル)
ブリタニー・マーフィ(シェリー)
デヴォン青木(ミホ)
アレクシス・ブレデル(ベッキー)
ベニチオ・デル・トロ(ジャッキー・ボーイ)
マイケル・クラーク・ダンカン(マヌート)

Episode3/イエロー・バスタード
あらすじ:心臓に持病を持つ刑事ハーティガンは、ある夜、連続養女殺人鬼を追い詰め大怪我を負わし、少女ナンシーを助け出す。だがその殺人鬼が街の有力者であるロアーク議員の息子だったことから、逆に彼は追い詰められ殺人犯の汚名を着せられて収監されることに ―
出演:
ブルース・ウィリス(ハーティガン)
ジェシカ・アルバ(ナンシー)
マイケル・マドセン(ボブ)
ニック・スタール(ロアーク・ジュニア)
パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)


関連記事
スポンサーサイト

『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013) - Grand Piano -

Posted by momorex on   0  0

entry-image_452
イライジャ・ウッドっていうことだけで借りてみた。なんとなく『マニアック』的なものをを想像してたんだけど、やっぱり違ってた。普通のサスペンス・スリラーで、これなら『フォーン・ブース』の方がよっぽど面白い。悪役は今回もジョン・キューザック。


Grand_Piano_00

■ グランドピアノ 狙われた黒鍵 - Grand Piano - ■
2013年/スペイン・アメリカ/91分
監督:エウヘニオ・ミラ
脚本:デイミアン・チャゼル
製作:アドリアン・ゲラ 他
製作総指揮:ヌリア・バルス 他
撮影:ウナクス・メンディア
音楽:ビクトル・レイェス

出演:
イライジャ・ウッド(トム・セルズニック)
ケリー・ビシェ(エマ・セルズニック)
ジョン・キューザック(スナイパー)
タムシン・エガートン
アレン・リーチ
ドン・マクマナス
アレックス・ウィンター
ディー・ウォーレス



解説:
「[リミット]」のロドリゴ・コルテスが製作を務め、イライジャ・ウッドが演奏中に何者かに命を狙われる天才ピアニストを演じるスペイン・アメリカ合作のシチュエーション・スリラー。共演はジョン・キューザック。監督は、本作に登場する『ラ・シンケッテ』の作曲も手がけるなど音楽家としても活躍し、これが長編3作目となるエウヘニオ・ミラ。


あらすじ:
若き天才ピアニストのトム・セルズニック。あるトラウマを乗り越え、恩師パトリック・ゴーダルーの追悼コンサートで5年ぶりのステージに立つことに。そこに用意されていたのは、恩師が遺した最高級のグランドピアノ。ところが、トムは演奏を始めると、譜面に書かれた“1音でも間違えるとお前を殺す”という謎のメッセージに気づく。しかもそれは冗談などではなく、姿なきスナイパーの照準はしっかりとトムを捉えていた。動揺しながらも演奏を続け、やがて犯人に命じられるまま『ラ・シンケッテ』に挑むトム。しかしその曲は、パトリックとトム以外に演奏できる者はいないと言われ、彼のトラウマの原因ともなった難曲中の難曲だった ―

(allcinema)



関連記事

『スティーラーズ』(2013) - Pawn Shop Chronicles -

Posted by momorex on   2  0

entry-image_347
『パルプ・フィクション』『スナッチ』などと同じタイプの、軽ーいタッチのライト版バイオレンス・コメディ・群像映画。2枚目俳優がどんどん出てきては、おバカ方面に完全に振り切って笑わせてくれる。間抜け面のポール・ウォーカーやブサイクなブレンダン・フレイザー、裸の女ゾンビを見たければぜひ観てみよう!

Pawn_Shop_Chronicles_00■スティーラーズ - Pawn Shop Chronicles -■
 2013年/アメリカ/112分
 監督:ウェイン・クラマー
 脚本:アダム・ミナロヴィッチ
 製作:ポール・ウォーカー 他
 撮影:ジェームズ・ウィテカー
 音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ
 出演:ヴィンセント・ドノフリオ(アルトン)
    シャイ・マクブライド(ジョンソン)
    ポール・ウォーカー(ロウドッグ)
    ケヴィン・ランキン(ランディ)
    ルーカス・ハース(ヴァーノン)
    ノーマン・リーダス(スタンリー)
    マット・ディロン(リチャード)
    イライジャ・ウッド(ジョニー)
    ペル・ジェームズ(シンディ)
    ブレンダン・フレイザー(リッキー)
    トーマス・ジェーン(The Man)

解説:
「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカーが「ワイルド・バレット」のウェイン・クラマー監督と再びタッグを組み、個性派キャストを起用して贈るハチャメチャ・クライム群像コメディ。田舎町の小さな質屋を中心に、一癖も二癖もある男たちが繰り広げる3つのイカれたエピソードがハイテンションに描かれていく。出演はポール・ウォーカーのほか、ブレンダン・フレイザー、イライジャ・ウッド、ヴィンセント・ドノフリオ、ノーマン・リーダス、マット・ディロン。なお、ポール・ウォーカーは日本での劇場公開を前に、2013年11月、突然の交通事故でこの世を去った。

あらすじ:
Pawn_Shop_Chronicles_34南部の田舎町。そこにアルトンが営む小さな質屋があった。強盗団のマヌケな男ヴァーノンは、これから強盗を働こうというのにショットガンを質に入れてしまい、仲間はカンカン。一方、質屋を訪れたリチャードは、かつて何者かに掠われた前妻の指輪を発見し、それを持ち込んだ男の家へと復讐に向かう。同じ頃、プレスリーのモノマネでドサ回りをしているツキに見放された文無し芸人リッキーも、営業のためにこの町へとやって来るのだが ―

(allcinema)



関連記事

『マニアック』(2012) - Maniac -

Posted by momorex on   6  3

entry-image_323
ようやく観ることが。イライジャ・ウッドが悪人に扮するのは『シン・シティ』で驚き済みだったが、こちらもなかなかの出来映え。この映画は殺人鬼目線のシーンが多くて(POV風)彼の息づかいや独り言がまるで自分のもののように錯覚する作り。でも決してショッキング映像の羅列ではなく、どうして彼がこうなったのかという所も描く殺人鬼物語です。

Maniac_01■マニアック - Maniac -■
 2012年/フランス・アメリカ/89分
 監督:フランク・カルフン
 脚本:アレクサンドル・アジャ 他
 オリジナル脚本:ジョー・スピネル
 製作:アレクサンドル・アジャ 他
 製作総指揮:アントワーヌ・ドゥ・カゾット 他
 撮影:マキシム・アレクサンドル
 音楽:ロブ
 出演:イライジャ・ウッド(フランク)
    ノラ・アルネゼデール(アンナ)
    ジュヌヴィエーヴ・アレクサンドラ(ジェシカ)
    リアーヌ・バラバン(ジュディ)
    アメリカ・オリーヴォ(フランク母)
    サミ・ロティビ(ジェイソン)

解説:
「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャが製作を務め、1980年のカルト・ホラー「マニアック」を、主演に「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイライジャ・ウッドを迎えて完全リメイクした衝撃の猟奇バイオレンス・ホラー。マネキンしか愛せず、若い女性を襲ってはその頭皮を剥ぎ取る凶行を繰り返す猟奇殺人犯が、初めて生身の女性に恋心を抱いた末に辿る歪んだ欲望の行方を、ショッキングかつスタイリッシュな映像で鮮烈に描き出す。共演は「幸せはシャンソニア劇場から」のノラ・アルネゼデール。監督は「P2」のフランク・カルフン。
(allcinema)

あらすじ:
ロサンジェルスでマネキン修復師として暮らす大人しい青年フランク。だが彼には連続殺人鬼としてのもう一つの顔があった。夜な夜な街を車で徘徊しては凶行に及ぶ彼は、被害者の頭皮を剥ぎ取り、自宅のマネキンに被せては悦に入るのだった。そんなある日、カメラマンのアンナと出会い、生まれて初めて生身の女性に恋心を持つが ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。