QLOOKアクセス解析

momoな毎日

古いカルト映画から最新アクション、海外ドラマまでいろいろレビューしています。好物はオカルト、サイコ、殺人鬼、吸血鬼、廃病院、エイリアン、人魚、ローマ時代などなど。結果的にホラーものが増殖中。

このブログは引っ越しました。
http://momo-rex.com
個別ページは3秒後に移転先に自動転送されます。ビックリしないで・・・

移転先新着記事


カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

Posted by momorex on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・コール 緊急通報指令室』(2013) - The Call -

Posted by momorex on   2  1

entry-image_439
ハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。でも彼女を“主”に置きすぎて被害者少女役アビゲイル・ブレスリン以外の存在感が薄い、薄い。せっかくのサイコな犯人描写も中途半端で2時間火サス程度(ただし火サスは見たこと無い)。前半は良かったのになー。


The_Call_01

■ ザ・コール 緊急通報指令室 - The Call - ■
2013年/アメリカ/94分
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:リチャード・ドヴィディオ
製作:ジェフ・グラウプ 他
製作総指揮:ウィリアム・C・ギャロ 他
撮影:トーマス・ヤツコ
音楽:ジョン・デブニー

出演:
ハル・ベリー(ジョーダン)
アビゲイル・ブレスリン(ケイシー)
モリス・チェストナット(フィリップス巡査)
マイケル・エクランド(フォスター)
マイケル・インペリオリ(デナード)
デビッド・オタンガ(デヴァンス巡査)
ジャスティナ・マシャド(レイチェル)



解説:
「チョコレート」「クラウド アトラス」のハル・ベリー主演のサスペンス・スリラー。何者かに拉致され車のトランクに閉じ込められた少女からのSOSを受けた緊急電話911のベテラン・オペレーターが、一刻を争う緊迫の状況で通話だけを頼りに懸命の救出劇を展開するさまをスリリングに描き出す。共演は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「マシニスト」「リセット」のブラッド・アンダーソン。
(allcinema)

あらすじ:
911緊急通報指令室のベテランオペレーターのジョーダンは、ある夜、家宅侵入の通報を受けるが少しのミスから被害者誘拐、殺害事件と発展してしまい、そのトラウマから一線を退き教官となっていた。そんなある日、拉致されたらしい少女から911に救出コールが入る。その場に居合わせたジョーダンは、新人に代わってマイクを手に取るが ―


関連記事
スポンサーサイト

『ハウンター』(2013) - Haunter -

Posted by momorex on   2  4

entry-image_398
何度も繰り返される同じ日々。家族は誰も気が付かないまま毎日同じ事を繰り返しているけど、私だけがソレに気付いてしまった― てな話で、これの原因を探っていく少女が主人公。“同じ事が繰り返される”という設定だから途中で退屈にはなるんだけど、その原因は結構ひねってあって後半はまぁ楽しめるかな。少女リサ役は『サイン』の可愛い女の子“ボー”ことアビゲイル・ブレスリン。

Haunter_01■ハウンター - Haunter -■
2013年/カナダ・フランス/97分
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
脚本:ブライアン・キング
製作:スティーヴン・ホーバン
製作総指揮:ヴァンサン・マラヴァル 他
撮影:ジョン・ジョフィン
音楽:アレックス・カスキン
出演:アビゲイル・ブレスリン
   ピーター・アウターブリッジ
   ミシェル・ノルデン
   スティーヴン・マクハティ
   デヴィッド・ヒューレット
   ピーター・ダクーニャ
   サラ・マンニネン
   サマンサ・ワインスタイン


解説:
「CUBE」、「スプライス」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるスリラー。来る日も来る日も、自分が寸分違わぬ毎日を過ごしていることに気付いた少女が、思いがけない真実に行き当たる。出演は、10歳の時に「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアビゲイル・ブレスリン。「未体験ゾーンの映画たち 2014」上映作品。
(Movie Walker)

あらすじ:
弟の声で目覚めた少女リサは奇妙な事に気が付いていた。霧が深くて家族の誰も外に出られず、皆で摂る朝食、その後の会話、ランチ、ディナー、寝る前に見るテレビの内容、全てが昨日と同じなのだ。翌日も、またその次の日も、全く同じ事を繰り返しているというのに家族の誰もそれに気が付かない。自分たちは死んでしまったのではないかと一人訝るリサだったが、ある日、玄関の呼び鈴が鳴る ―


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。